ドラマル

『科捜研の女19』22話のネタバレ感想!大和田伸也の髪型が凄い!新境地に挑戦?

2019年11月28日に放送されたドラマ『科捜研の女19』22話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

22話では、工場勤務の古田憲一(今野浩喜)が遺体で発見される!
マリコらは、古田が会っていた人気推理小説家・高柳龍之介(大和田伸也)を訪ねる…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』22話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『科捜研の女19』22話のあらすじネタバレ

推理小説家・高柳龍之介(大和田伸也)は、1文字も書けません。
実体験が足りず、殺人事件を我が身をもって体験すべきと考えます。

そんな中、空き地で遺体が発見され、自動車部品工場の従業員・古田憲一(今野浩喜)と判明します。
近くから児童向け推理小説『あおぞら探偵団』が見つかり、前日の日付で著者の高柳のサインが書かれていました。
高柳は児童向けがヒットし、大人向けのミステリーに進出、『殺人トリックの魔術師』と呼ばれる人気推理小説家でした。

古田の死因は転落による脳挫傷、死後、空き地に遺棄されました。
高柳邸で写真を見たマネージャー・石川日菜子(吉本菜穂子)は、古田に覚えがありました。
新刊購入者限定サイン会に、デビュー時の児童書を持って来たことに違和感があったのです。
高柳は推理を巡らせ遺体に砂が付着していたことを言い当て、法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を驚かせます。

古田の部屋から手紙、お絵かきボード、そして『あおぞら探偵団』の残り3巻が見つかります。
手紙には古田への憎しみ綴られていました。
古田は人を殺した過去があり、仮釈放中でした。
強盗に入り、誤って窪塚織物の社長を殺してしまったのです。
遺族の窪塚信吾(山本道俊)の筆跡は、手紙と一致しませんでした。
一方、古田から採取した砂が、海の砂と判明します。
同じ頃、高柳はテレビに生出演、犯罪を犯しても捕まらないと豪語します。

『あおぞら探偵団』の学校のモデルが丸太町小学校と判り、防犯カメラには古田が映っていました。
驚くことに、小学校に侵入する高柳も映っていたのです。
取り調べ中、高柳は犯人の心情が分かると浮かれ、その上、刑事の気持ちになりたいと場所の交換を求めます。
この行動からロールレタリングに気づきます。
ところが、古田の筆跡は手紙とは別人でした。

東山刑務所でボランティアの面接員をしていた和尚・辻正孝(佐川満男)と筆跡が一致します。
当初、古田はロールレタリングを嫌がります。
育児放棄にあい学校にも行けず、読み書きができなかったのです。
しかし、口述筆記で被害者の心情を言葉にするうち罪を悔い、国語の勉強を始めます。
そんな古田に、辻が『あおぞら探偵団』を勧め、すっかり夢中になり高柳の著書全て読破すると誓います。
お絵かきボードは、本人が漢字の練習に使っていたのです。

古田が丸太町小学校から有栖川古墳に移動したと判明、有栖川古墳は『あおぞら探偵団』の舞台でした。
科捜研は聖地巡礼と気づきましたが、作中で転落死しそうな場所が特定できず、高柳に尋ねることにします。
しかし、嫌疑不十分で既に帰されていました。
マリコは祇園のクラブまで押しかけます。
場所は神社で、高柳が撮影した写真をもとに挿絵が描かれていました。
左大文字が見え、境内の立て砂に海の砂が使われている白波神社と特定。
急行した科捜研は、石段に血痕を発見します。

血痕は古田の血液と判明。
周辺から見つかった複数の下足痕は、工場から支給された安全靴と一致、サイズは古田と違っていました。
事件当日、神社を通り抜ける工員3人の姿が防犯カメラに映っていました
神社で『あおぞら探偵団』を読んでいた古田は、3人に小説を奪われます。
取り返そうと工員の1人と揉み合いになり、石段から転落したのです。
その後、3人は空き地に死体を遺棄しました。
3人は連行され、石段を見下ろす高柳は古田の生涯を嘆きます。

高柳の新連載が始まり、主人公は人を殺した過去を持つ男でした。
生き方を改めるため夜間学校に通い、出会った仲間たちと事件に関わって行く物語です。
古田が歩んだかもしれない未来を書いたと思うマリコでした。

『科捜研の女19』22話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

「そこに愛はあるんか?」のCMでお馴染みの今野浩喜が死体役ですか。
活躍著しい今野浩喜が何故。
最初は驚きましたが、ドラマを最後まで見て納得の素晴らしい役でした。

今野浩喜演じる古田憲一は、育児放棄にあい学校にも行かせてもらえず、読み書きができませんでした。
日本は江戸時代から識字率が高く、にわかには信じ難かったです。
ただ、子供の虐待のニュースは後を絶たず、あり得なくはないと、後から思い返しました。

そんな古田が、1冊の本と出会い、生活を一変させるほどの感動を覚えます。
ところが、その本が切っ掛けで亡くなってしまい、何ともやるせなくなりました。
そんな感動するほどの本に出会ったことがなく羨ましくも思いますが、道半ばで亡くなっては意味がありません。
児童向けしか持っていませんでしたが、大人向けのミステリーも読みたかったに違いありません。
そのために、漢字を学習していたのだと思います。

何とも言えない後味の悪さが残り、児童相談所の権限を強化すべきではないかと思うようになりました。

大和田伸也の髪型が凄い!新境地に挑戦?

大和田伸也の髪型が凄すぎて、「新境地に挑戦か?」という声まであがっています。

大和田伸也さんが演じたのは、人気ミステリー作家・高柳龍之介。殺された古田が会っていたことで登場しました。

仮面ライダーゼロワンの世界で撃たれた大和田伸也さん。
今期は、『ニッポンノワール』での元警察庁長官として、主人公・清春の前にラスボス感を漂わせて君臨していますが、今回の役はいろんな意味で強烈でしたね。

『科捜研の女19』23話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』23話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 フリーライターの広辺誠児(森下じんせい)が絞殺された。臨場した榊マリコ(沢口靖子)は、遺体の下から1999年12月31日付けのチケットを見つける。その券面には京都府警の刑事だった火浦義正(升毅)の指紋が付着していた。火浦の関与も疑われたが、土門薫(内藤剛志)はそれを否定。火浦は19年前に警察を辞め、その年に死亡していたのだ。
 広辺は生前、1999年の大みそかに発生した『ミレニアム集団自殺』と呼ばれる大学生10人の服毒自殺を調査していたことが分かる。20年前の集団自殺と今回の絞殺事件の間に、何か関係はあるのか?
 さらに被害者のシャツから火浦の指紋が検出。このシャツは今年発売されたもので、実は火浦が今も生きていることを示していた!
 火浦と同期で刑事拝命も同時だったにもかかわらず、多くを語りたがらない土門。ただならぬ気配を感じたマリコは、火浦の19年前の足取りを追うべく、遺体発見現場の滋賀県へ向かう。
 担当した警察官によれば、2000年9月に河川敷のテント小屋でホームレスが焼死し、所持品の免許証から、遺体を火浦と断定したという。
 焼死した人物と火浦がすり替わった可能性を疑うマリコ。顔写真の照合から、火浦は野本泰治名義で免許を取得していることが判明。火浦は焼死した野本の戸籍を乗っ取り、成りすましていたのだ。宇佐見裕也(風間トオル)らは火浦の現住所を訪ねるが、すでに姿を消した後だった。そんななか、土門は自ら捜査を外れてしまい…。
 20年前にいったい何があったのか? 知られざる土門の過去、そして元妻の存在が明らかに…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0023/