ドラマル

『科捜研の女19』21話のネタバレ感想!今週はドクターKの後はドクターXだった回

2019年11月21日に放送されたドラマ『科捜研の女19』21話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

21話では、おもちゃドクターの久保井俊平が鉄道模型コレクター殺害の容疑者に!
マリコはおもちゃを解剖・鑑定して、衝撃の真実を暴く…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』21話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』21話のあらすじネタバレ

本城テック副社長・本城雄作(尾崎右宗)が、自宅離れの自室で刺殺体で見つかります。
青と赤の鉄道模型が走り続けていました。
雄作は胸を一突きされ、凶器は幅6mmの先の尖った棒状のもので見つかっていません。
右手の指にも傷があり、プラスチック片を検出。
現場で見つかったおもちゃの車のタイヤのホイールと材質が一致します。
雄作は鉄道模型のコレクターで、おもちゃの車は持っていません。
青の鉄道模型の表面から、身元不明の指紋を検出。
しかも、故障で事件の前日には動いていませんでした。
採取した桜の木の皮と藁の茎の一部は、犯人の付着物と見られ、こも巻きが行われた場所を通った可能性がありました。

事件の日、こも巻きしたのは公民館前だけです。
公民館には、ボランティアで修理をするおもちゃ診療所がありました。
法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)は、保育園を抜け出して来たハル(靍井孝太)に出会います。
タイヤはハルのトラックのものでした。
ジュエリー職人のハルの母・椎名小百合(遊井亮子)が、診療所のドクター・久保井俊平(西村まさ彦)に預けたのです。

身元不明の指紋が久保井と一致、雄作に呼ばれ青の鉄道模型を修理しました。
久保井は本城テックの下請けとして、機械部品工場を経営。
雄作の気まぐれで契約を打ち切られ廃業、恨みを持っていました。
工場からハルのトラックが見つかり、血液反応があり雄作とDNA型が一致。
しかし、凶器は見つけられないと、久保井は嘯くのでした。

久保井の自宅にあった兎のぬいぐるみに凶器があると睨むマリコ。
物理研究員・橋口呂太(渡部秀)が手にした折、久保井が怒鳴りつけました。
解剖医・風丘早月(若村麻由美)がぬいぐるみを解剖、凶器は見つかりません。
マリコは念の為、全てのぬいぐるみを調べます。
おもちゃ診療所の倉庫にある大量のぬいぐるみを、X線により非破壊検査。
恐竜のぬいぐるみに隠された工具を見つけます。
工具に付着した血液が雄作と一致、工具は傷の形状とも一致し、更に久保井の指紋も検出されます。
工具は精密加工用のヤスリで、主にジュエリー職人が愛用するものでした。

社長で雄作の父・雄大(白井滋郎)は、雄作の妹・郁江(大家由祐子)が生んだ孫・遼馬(有村春澄)を溺愛。
郁江が跡継ぎにと画策する中、雄作はハルを引き取ろうとします。
小百合はシングルマザーで、ハルの父は雄作でした。
事件の日、断りに部屋を訪ね久保井に会います。
トラックの修理を依頼、雄作がトラックを取り上げた時、指を負傷しました。

部屋を後にした久保井が、タイヤを取りに戻ると、雄作は亡くなっていました。
小百合の犯行と察し、ヤスリを引き抜きます。
久保井の娘と孫は事故で亡くなり、孫は女の子で同じハルという名前でした。
娘と孫の分まで幸せになって欲しくて、庇いました。
久保井は鉄道模型が気になりつつも、慌てて逃げます。
修理時、赤の鉄道模型が青の前を走っていましたが、遺体発見時は逆になっていたのです。

赤の鉄道模型の内側からジュエリーショップ店長・高槻岳人(松木賢三)の指紋を検出。
高槻はダイヤを鑑定、赤の鉄道模型に雄作がダイヤを隠しているのを知っていました。
修理を依頼されたネックレスを紛失、解雇を恐れ同じものを作り誤魔化すことにします。
そのためには、ダイヤが必要で盗みに入ります。
ところが、雄作に見つかり犯行に及びました。

ハルが懐かず嫌われていると思っていた久保井でしたが、それは勘違いでした。
兎のぬいぐるみには録音機能があり、マリコがぬいぐるみの手を押すと、「おじいちゃん遊ぼう」とハルの声が再生されます。
久保井はぬいぐるみを抱きしめ、涙を流し感謝するのでした。

『科捜研の女19』21話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

ラストがドラマ『遺留捜査』のようで、思わずポロッと来てしまいました。
西村まさ彦演じる久保井の警察に対する不敵な態度と、兎のぬいぐるみを抱きしめて涙を流しながら感謝する態度とのギャップに涙を誘われてしまいました。

本編中に鉄道模型のコクレター・雄作のことを「いい年をして」と父・雄大が言っていたことに耳が痛かったです。
受験生の頃、よく親に言われました。
『ジャンプ』、『サンデー』、そして『マガジン』、毎週のように買って部屋に積み上げていた漫画を、そう言って怒られては、よく捨てられました。

ほとんど雄大は本編に関係ありませんでしたが、なんとなく、郷愁を感じてしまう話でした。

今週はドクターKの後はドクターXだった回

西村まさ彦さん演じるおもちゃドクターこと久保井俊平(通称・ドクターK)が、「ドクターKは失敗しないので」なんて、後番の『ドクターX』感を出しちゃったから、ふざけた回かと思いきや泣けるいい話でしたね。

ドクターKは子どもたちからも孫からも好かれていました。
最初は犯人臭がプンプンしていましたが、いい人で良かった!

『科捜研の女19』22話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』22話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 工場に勤務する古田憲一(今野浩喜)の遺体が空き地で発見された。後頭部の傷から転落死とみられたが、現場や遺体の状況から何者かにより運び込まれたことが疑われる。所持品にあった児童書『あおぞら探偵団』は、『殺人トリックの魔術師』と呼ばれる人気推理小説家・高柳龍之介(大和田伸也)のデビュー作で、事件当日の日付で作者のサインも入っていた。
 榊マリコ(沢口靖子)と土門薫(内藤剛志)は、高柳からサイン会に来た被害者の様子を聞くが、相手は推理作家だけあり意図が先読みされて…!? まるで捜査状況を把握しているような高柳から「子どもを探すといい」とアドバイスを受けるマリコたち。
 被害者の同僚たちによれば、職場に時おり古田を訪ね、初老の男が来ていたと言う。また被害者の自宅からは子ども向けのお絵描きボードが見つかる。古田の家に子どもが出入りしていたなら、高柳の言葉が的中した形だ。
 さらに古田は9年前に殺人を犯し、仮釈放中だったことも判明。自宅からは恨みを綴った手紙が見つかり、復讐殺人も疑われる。しかしそれを被害者遺族は否定し、筆跡鑑定でも裏付けがとれる。では、いったい誰が恨みの言葉を書いたのか…?
 やがてマリコらは、児童書『あおぞら探偵団』に隠された大きなヒントを見つけ出すのだが…。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0022/