ドラマル

『科捜研の女19』20話のネタバレ感想!菌がテーマの回!ヒヨリタケの菌糸が証拠に?

2019年11月14日に放送されたドラマ『科捜研の女19』20話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

20話では、パン工房で店主・長内の遺体が見つかり、榊マリコら科捜研の面々が臨場!
現場の証拠は納豆菌と乳酸菌、菌たちが語る事件の真相とは…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』20話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』20話のあらすじネタバレ

ベーカリーオサナイの店主・長内保男(小川剛生)が、店内で遺体で見つかります。
第一発見者は、ヨーグルト研究科で保男の妻・花野(大路恵美)。
15時半頃、パンの発酵に使うヨーグルト酵母を届けに来て、倒れている保男を見つけます。
死因は頭部打撲による硬膜外血腫、後頭部に陥没骨折があり傷口の形状が製パン台の角と一致。
店内の除菌剤とは違う市販の除菌スプレーの成分を、工房から検出。
来客用の室内履きには、稲藁が付着していました。
パソコンからは、納豆研究家・登矢奈津(西尾まり)を繰り返し検索した痕跡が見つかります。
奈津は、7年前に別れた保男の妻でした。
犯人が隠滅したのか、証拠らしい証拠がない中、法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)は菌に着目。
死の直前に焼いていたパンから納豆菌を見つけます。
パン工房にはタブーのはずの納豆菌が何故。

事件当日、仕事で京都にいた奈津は、12時頃、保男に電話、その後フードプロデューサー・冨川隆吾(斉藤陽一郎)とドライブに出かけていました。
ベーカリーオサナイのパン職人・照屋淳平(谷口知輝)は朝から竹富山に、販売員・東野悦子(鈴川法子)は自宅にいました。
照屋と悦子は、保男と言い争う花野を目撃。
保男は、隠れて奈津と連絡を取っていました。
保男の連れ子・翔(折原海晴)を我が子同然に育てて来た花野は、奈津に奪われることを怖れていたのです。

そんな花野の嘘を、化学研究員・宇佐見裕也(風間トオル)が暴きます。
酵母は発酵が落ち着いてから花野が店に届け、その酵母に強力粉を加えパン作りに使えるようにするのは保男の役目でした。
科捜研が臨場した16時頃、酵母は発酵中で泡立っていました。
強力粉を加えると、再発酵するのです。
酵母から強力粉を検出、花野が店に来た時、保男は生きていたことになります。

事件当日の朝、花野は翔宛の宅配便を受け取ります。
中に翔の名札のついた藁納豆と手紙があり、手紙には納豆教室で一緒に撮った写真も添えてありました。
花野の知らないところで、翔と奈津が会っていたのです。
12時頃、酵母を店に届け、感情的になった花野はカウンターに藁納豆を投げつけ、直ぐに店を出ました。
翔が帰宅する前に話し合おうと、15時半頃、店に戻り、倒れている保男を見つけたのでした。

花野の証言が事実なら、納豆菌がカウンターから飛んだことになります。
マリコは店をを再現、納豆菌飛散シミュレーションを行います。
しかし、パン生地から納豆菌は出ませんでした。

そんな中、映像データ担当・涌田亜美(山本ひかる)が、冨川が奈津とは別の女を助手席に乗せている防犯カメラ映像を見つけます。
冨川は途中、奈津をドラッグストアで降ろしていました。

ドラッグストアの防犯カメラ映像には、除菌スプレーを買う奈津が映っていました。
奈津は、藁納豆を引き取りに、店に出向きます。
納豆菌を持ち込まないよう着替え、除菌スプレーで手を消毒。
店に入ると、既に保男は亡くなっていました。
製パン台の藁納豆に気づき、除菌スプレーで痕跡を消し持ち出したのです。

藁納豆から竹富山に生息するヒヨリタケの菌糸が見つかり、照屋は犯行を認めます。
オープン予定の2号店は、照屋が任されるはずでした。
ところが、突如花野の店にすると言われ逆上、保男を突き飛ばしてしまいます。
奈津が14時に来ることを思い出し、納豆菌を生地に仕込み罪を着せようとしました。

藁納豆をそのままにしていれば、花野が疑われ奈津は翔を取り戻せたかもしれません。
そうしなかったのは、納豆教室で納豆を食べた翔が、ママにも食べさせたいと言ったからです。
翔から花野を奪えないと、奈津は思ったのでした。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』20話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

一時期あまり見かけなくなった大路恵美が、最近、露出が増えとても嬉しいです。
2000年頃に放送していたドラマ『剣客商売シリーズ』の三冬を演じるのを、数年前にCSで観ていました。
凛とした爽やかな女剣士で、三冬を演じた歴代の女優の中でも一二を争う素晴らしい三冬でした。

本編での役は自身の子供はいない夫の連れ子の母親。
前妻に子供を奪われたくない心情が、ひしひしと伝わって来ました。
三冬の印象が強かったせいか、母親を演じる年齢になったのかと驚きました。

レギュラーなんて贅沢は言いませんが、どんな役でも良いので定期的に観たい。
そう思わせてくれる素晴らしい演技でした。

菌がテーマの回!ヒヨリタケの菌糸が証拠に?

菌づくしの回でしたね。

被害者・長内保男がパン職人(酵母菌)。
現妻・花野がヨーグルト研究科(乳酸菌)。
前妻・登矢奈津が納豆研究科(納豆菌)。
と、3つの菌のうちのどれかが犯行と関係があるとミスリード。
完全に騙されました。

まさか第4の菌。
酵母菌でも納豆菌でも乳酸菌でもなく、キノコ・ヒヨリタケの菌糸(日和菌)が犯人を特定する証拠となるとは、急展開での犯人(照屋淳平)特定でしたね。

『科捜研の女19』21話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』21話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 本城テック副社長の本城雄作(尾崎右宗)が自室で刺殺体として見つかった。雄作は鉄道玩具コレクターで、榊マリコ(沢口靖子)らが臨場したときも周回軌道を鉄道模型2台が走行していた。現場に凶器はなかったものの、被害者の血液が付着したおもちゃの車のタイヤが発見される。鉄道関連のおもちゃしかない部屋に、なぜそんな物があるのかと橋口呂太(渡部秀)は首を傾げる。
 さらに走っていたおもちゃの電車1台は事件前日まで壊れて動かなかったという証言もあがり、その表面からは身元不明の指紋が検出された。誰かが修理し、その時に事件が起きたのか…!?
 現場にあった微物の鑑定結果から、おもちゃをボランティアで修理してくれる、“おもちゃ診療所”の存在が浮かび上がる。さらに。現場にあったおもちゃのタイヤは、市内の宝飾店に勤務するジュエリーデザイナー・椎名小百合(遊井亮子)が息子のために、診療所の“ドクター”・久保井俊平(西村まさ彦)に修理を頼んだトラックの部品と判明。久保井は5年前まで本城テックの下請けをしていたが、雄作の気まぐれから契約を切られた事実も分かるが…!?
 疑惑が久保井に集まる中、彼の直していたおもちゃをマリコが鑑定・解剖すると、新たな事実が分かって…!? おもちゃが語った衝撃の真相とは?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0021/