ドラマル

『科捜研の女19』19話のネタバレ感想!藤倉刑事部長の鑑識姿がカッコいい!平野巡査との絆も胸熱

2019年11月7日に放送されたドラマ『科捜研の女19』19話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

19話では、藤倉刑事部長の親友の警察官巡査・平野頼通が不審遺体を見つける!
現場鑑定から疑惑が向けられる平野だが、被害者と面識はないと言い…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』19話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』19話のあらすじネタバレ

上京中央警察署に視察に訪れ、取巻きに囲まれ見送られる京都府警刑事部長・藤倉甚一(金田明夫)。
一介の巡査に馴れなれしく話しかけられ、日頃笑うことのない藤倉が笑顔を見せます。
鑑識係に証拠品を返却に来ていた法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)は、その光景に驚かされます。
藤倉と巡査・平野頼通(菅原大吉)は、小・中・高と通じて同級生で、高校卒業後、藤倉は奈良県警の鑑識、平野は京都府警の地域警官として共に一般採用されます。
藤倉はノンキャリアとして京都府警初の刑事部長に出世、平野は昇進試験も受けず巡査に拘り続けます。
ふたりは地位や立場を越え、親友だったのです。

荒神橋交番から巡回に出た平野は、夜になり資材置場の小屋で深田明良(永沼伊久也)の遺体を発見します。
半開きの扉を不審に思い、小屋に入りました。
深田は、昨年、特殊詐欺の受け子をし逮捕、最近は焼き鳥屋の店員をしていました。
死因は脳挫傷、致命傷は後頭部の傷、死亡時刻は通報直前の午後8時から9時、傷口の形状から凶器はモンキーレンチと判明。
現場から発見されたガラスパイプはタバコなどの吸引に用いられ、大麻と唾液が検出、唾液のDNA型が深田と一致します。
更に、パイプから平野の指紋も見つかります。

平野が深田を恫喝していたとの同僚の女性巡査・高萩幸乃(白石糸)からの証言もあり、藤倉は自ら捜査を外れます。
しかし、鑑識係の報告書に違和感を覚え、その夜、密かに犯行現場に確認に訪れ、マリコと遭遇します。

深田がバイトしていた焼き鳥屋の店長・本原邦彦(坪田秀雄)とバイト店員・庄司研作(竹下健人)の証言通り、特殊詐欺の情報を得るため協力者になるよう強要したと、平野は認めます。
しかし、平野は深田が大麻を吸っていたことは否定、証言通り深田の血液と毛髪から大麻は検出されませんでした。
パイプの血痕のDNA型が平野と一致、マリコは平野の右手の傷を思い出します。

藤倉の違和感に着目したマリコは、採取した証拠品を犯行現場に戻し事件当夜を再現。
藤倉に鑑識員をやらせ、証拠を採取させます。
マリコは作業中の藤倉の汗に関心を寄せます。
藤倉の違和感の正体を明らかにするため、マリコは鑑識作業をさせました。
その結果、本来の『現場物品採取表』と藤倉の採取表に差異が出ます。
遺体から遠ざかるように証拠品は順に採取採番され、一番遠いパイプは最後の「サ」になるはずが、本来の採取表は「エ」になっていました。
更に、採取表には書き直した痕跡があったのです。

科捜研で消された文字を復元し、パイプが2本あったことが判明します。
鑑識員・菅野芳樹(小澤亮太)が汗で汚染、ミスした記録が残り昇進に影響すると考えパイプを隠しました。

パイプに残っていた唾液は汚染されておらず、DNA型が本原と一致します。
家宅捜索の結果、血痕のついたモンキーレンチが見つかります。
本原が雇ってきた店員の中には、昔の仲間と縁が切れず薬物を所持し続ける者もいました。
経営が芳しくなく、薬物を巻き上げネットで販売、それが深田に見つかります。
金を渡し店を辞めさせましたが、犯行当夜、深田に呼び出されます。
自首を勧められ、本原は咄嗟に犯行に及びました。

平野がパイプに触れたのは、高萩が恫喝と勘違いした時でした。
深田が大麻に手を出したと思い、掴みかかりパイプが割れ右手を負傷しました。
疑いが晴れるにもかかわらず、パイプについて黙っていたのは、深田が大麻を吸っていると警察が断定するためです。
亡くなった深田に弁明の機会はなく、名誉を守るのが手向けと平野は考えたのでした。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』19話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

スノボード元五輪代表・国母和宏に元タレント・田代まさしと立て続けの薬物報道に、あまりにタイミングよく放送された19話。
話の主要なテーマではありませんが、殺害事件に薬物が関係していてビックリしました。

そんな事件を解決するために、刑事部長・藤倉を扱き使うマリコ。
ドラマ冒頭で『白い巨塔』の如く、取巻きに見送られる藤倉を見て、「刑事部長ともなれば雲の上の存在」とマリコが言っていたのを思い出し笑ってしまいました。

ドラマとは全く関係ないのですが、白石糸が演じる女性巡査の姿を見て、昔の警察官や自衛官の募集ポスターが思い浮かびました。
いかにも爽やかそうな女性と男性のペアが、真面目そうに目標に向かうと言わんばかりに見上げていたように思います。
なんとなく、懐かしくなりました。

藤倉刑事部長の鑑識姿がカッコいい!平野巡査との絆も胸熱

刑事部長・藤倉甚一(金田明夫)の久しぶりの鑑識姿がカッコよかったですよね。
そして、親友の巡査・平野頼通(菅原大吉)とのお互いを信頼しあった絆も良かった。

階級にこだわらないライバル!
そして、小中高と一緒で立場が変わった今も親友であり続ける二人って何かカッコいい!
平野巡査や藤倉刑事部長のような熱い人達が警察官だと安心しますね。

それにしても、あの藤倉刑事部長の汗も検証の一つだったとは。
さすがマリコさん!
視聴者は置いてけぼり、藤倉刑事部長だけがマリコさんの推理を理解できる展開でしたね。

『科捜研の女19』20話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』20話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 パン工房で男の遺体が見つかり、榊マリコ(沢口靖子)ら科捜研の面々が臨場する。被害者はこのベーカリーの店主・長内保男(小川剛生)。後頭部に裂傷と陥没があり、作業台の角に本人の血痕が付着していたことから、そこに頭をぶつけたものとみられた。
 第一発見者は保男の妻・長内花野(大路恵美)。ヨーグルト研究家で、パン発酵に使うヨーグルト酵母を届けに来て遺体を見つけたという。夫とその連れ子である翔(折原海晴)の3人で円満な家庭を築いていた花野は悲しみに暮れる。
 犯人が証拠隠滅を図ったらしく証拠は極めて少なかったが、被害者が死亡する直前に焼いていたパンからは納豆菌が検出された。繁殖力が高く熱にも強い納豆菌は、酵母菌で生地を発酵させるパン作りの天敵。にもかかわらず、なぜベーカリーに持ち込まれたのか不審に思うマリコたち。
 そんな折、被害者の前妻であり、納豆研究家として有名な登矢奈津(西尾まり)が京都に滞在中だと判明。しかし奈津は、仕事上、保男のベーカリー2号店に関する電話はしたが、私的なつながりは一切断ち、離婚以降は全く会っていないと主張する。
 一方、保男の店に務めるパン職人と販売員から、翔を実の子のように可愛がっていた花野が、前妻・奈津のことで保男ともめていたという証言が…。
 ベーカリーにあってはならない納豆を何者かが持ち込んだ。それがどうしても気になるマリコは、科捜研のメンバーたちとともに、納豆菌がパンに入った理由を徹底的に検証! さらにヨーグルトの酵母菌からも意外な事実が見えてきて…!? 
 菌たちが語る事件の真相とはいったい…?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0020/