ドラマル

『科捜研の女19』18話のネタバレ感想!マリコがヤキモチ?ドモマリに萌えるラストが話題!

2019年10月24日に放送されたドラマ『科捜研の女19』18話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

18話では、詩津香らの突入失敗で爆発が起きる中、犯人は卓海を連れ逃亡する。
卓海を救出するためマリコが犯人のもとに乗り込むが、逆に人質に…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』18話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』18話のあらすじネタバレ

銀行強盗犯・ケン(藤本涼)に撃たれた警部補・土門薫(内藤剛志)は、ベスト型・防弾衣に守られ無事。
爆液を浴びた巡査部長・蒲原勇樹(石井一彰)でしたが、爆発はせず、立ち上がって犯人を追跡。
しかし、コウスケ(柴田善行)とシンジ(池内万作)は、杉原修(一條俊)・穂奈美(大脇あかね)夫妻の小学生の息子・卓海(浅海翼)を人質に逃走しました。
廃材置き場の爆発は中和途中のPLXで、爆発は小規模で済みました。
一方、ケンは死亡、被害者対策班班長・玉城詩津香(浅野ゆう子)が撃ったのは1発、何故か銃創は2ヶ所ありました。
ケンの致命傷は胸の傷と判明、その傷から爆発物の一部を摘出、詩津香の弾丸は致命傷ではなかったのです。

マンションの住民は京南署の道場に集められ、杉原夫妻の聴取は詩津香の夫・雄一(山崎銀之丞)が担当。
夫妻に犯人との面識はありませんでした。
協力者の存在を疑う土門は、派遣行員・伊藤敏江(押谷かおり)を道場で聴取。
しかし、雄一の愛人でエスマイル不動産の社員・古雅ゆかり(篠原真衣)も大量の現金持ち込み日は知っていました。

化学研究員・宇佐見裕也(風間トオル)が、ケンの足の爪の砂を関西原料株式会社のろ過砂と特定、ケンは浄水場のろ過砂の汚れを調査するアルバイトでした。

工事現場に潜伏するコウスケ(柴田善行)とシンジ(池内万作)、そして人質の卓海。
卓海が泣き止まず、ランドセルから携帯ゲーム機を取り出すシンジ。
ランドセルの連絡先に、電話番号が3つあることにコウスケが気づきます。

杉原夫妻から犯人の微物を採取に道場を訪れた法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)。
修が犯人に没収されずに隠し持っていた携帯の電源を入れると、1件の留守電が残っていました。
京南署を出る修、不審に思い後を追って来たマリコ。
修の携帯に犯人から連絡があり、マリコは低血糖症の処方薬・ゲルカゴールが手に入ると話し、卓海に代わり人質になると志願します。
修がレンタカーを借りる間、マリコは解剖医・風丘早月(若村麻由美)に連絡し薬を手配、河端病院で受け取りました。

倉庫に到着した修とマリコ。
卓海と薬を交換する最中、突如警報が鳴り動揺する犯人に突進する修。
コウスケは薬のアンプルを落とし割ってしまいます。
修は卓海を奪うもシンジにナイフで刺され、再び卓海は連れ去られます。
後を追ったマリコは車に乗り込み卓海を奪い返そうとするも、そのまま犯人は急発進します。

科捜研はマリコのスマホ追跡、しかし犯人に電源を切られます。
卓海のゲーム機から突如ビープ音が鳴ります。
マリコが再起動し音は鳴らなくなり、Wi-Fiの接続メッセージが表示されます。
そして、ゲーム機から科捜研にメールを送ります。
そんな中、コウスケが低血糖の痙攣発作を起こします。

風丘からゲーム機にメールが届き、指示された診療所でコウスケを治療するマリコ。
風丘の連絡を受けた土門と詩津香が診察室に突入、犯人を逮捕しマリコと卓海を無事救出します。

入院する修のもとに、土門と蒲原が逮捕状を持って現れます。
犯人が車があると知っていたのは、卓海に聞いたのだろうと修は聴取で話しました。
しかし、卓海は話していないと言います。
ケンのバイトする会社と修の勤める会社は系列会社で、営業不振で解雇されることになった修にケンが接触。
明星銀行京南支店に10日に大量の現金が集まることを、マンションの理事長として知っていた修は、ケンに教え犯行を企てます。
スマホ・データを復元した結果、2人のメールの遣り取りが見つかりました。

異動先は未定でしたが、詩津香は今回の失態で異動が決まります。
気に入った土門は、捜査一課に来ることを望むのでした。

『科捜研の女19』18話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

土門はベスト型・防弾衣を着ていたので、気にもしていませんでしたが、爆液を浴びた蒲原が無事でホッとしました。

犯人たちは、銀行強盗の後、どうするつもりだったのでしょうか。
犯行を繰り返すつもりでいたのでしょうか。
例え1人頭1千万円手に入ったとしても、一生遊んで暮らせる額でもなく、銀行強盗するにはあまりにもリスクが大き過ぎます。

最初は不倫ネタは、必要ないかと思っていました。
緊張の連続の中、詩津香・雄一夫妻の不倫が原因の夫婦喧嘩が、良い感じにアクセントになって笑えました。

マリコがヤキモチ?ドモマリに萌えるラストが話題!

玉城詩津香(浅野ゆう子)の「人の夫に手を出すなら、ちゃんと家庭を壊しなさい。ちゃんと悪人になって不幸になる覚悟をしなさい。それでも一緒にいたいと思える男とそういうことしなさい」という夫の不倫相手・古雅ゆかり(篠原真衣)への説教がカッコよかったですよね。

そしてそれを受けて…(いつものドモマリシーンにて)
マリコ「もしかして彼女に惚れちゃった」
土門「そうかもしれんな」
という土門の言葉を聞いた時のマリコさんが、ヤキモチを焼いたように見えましたよね。

続いて…
土門「刑事としてな!」
といった後の、嬉しそうなマリコさんの顔(笑)。
両想いなんだから、もう付き合えばいいのに、ていうか結婚すればいいのにと思ってしまいますよね。

さて、前回・今回と非常にワクワクさせられる回でした。
あんだけマリコさんが大袈裟にリアクションしていたのに、蒲原くんがまさかの無傷での生還、卓海の父・杉原修(一條俊)が犯人と共謀と、予想しがたいまさかの展開が面白かったですね。

『科捜研の女19』19話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』19話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 榊マリコ(沢口靖子)は、府警本部の刑事部長・藤倉甚一(金田明夫)に、地域課巡査の平野頼通(菅原大吉)が親しげに声をかけるのを見た。小中高が一緒で親友だという2人。片や、警察組織の頂へ昇りつめた藤倉と、対照的に地域課の仕事にこだわってきた平野の友情は、階級や立場を越え、変わらず続いていた。
 巡回中の平野巡査が資材置き場で若い男の遺体を発見。被害者は深田明良(永沼伊久也)で、死亡推定時刻は遺体発見の直前だった。死因は脳挫傷で致命傷は後頭部の傷。傷口の形状から凶器はモンキーレンチと推定されたが、現場に該当する物はなく犯人が持ち去ったらしい。深田は特殊詐欺で逮捕され、執行猶予中だったことも分かる。
 現場で鑑識係の発見した血液の付着したガラス棒を鑑定する科捜研の面々。大麻などを吸引するパイプの一部と分かり、被害者の唾液と、被害者以外の指紋が検出されるが、その指紋はなんと平野巡査のものだった!
 平野は被害者と面識はなく、パイプにも見覚えがないというのだが、その態度にマリコは不審を抱く。同じ交番に勤務する同僚巡査からは、平野が被害者を恫喝していたという証言もあがり…!?
 平野と関係の深い藤倉は捜査を外されるが、捜査資料に疑問を抱いて独断で現場へ向かい、鉢合わせたマリコと再検証を行う。やがてマリコは、藤倉が現場に来た理由に思い当たり、すべての証拠を元の現場に戻してとある前代未聞の試みに出る!そして見えてきたのは、あまりに意外な真相で…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0019/