ドラマル

『科捜研の女19』15話のネタバレ感想!風丘先生に離脱フラグ?ファンから悲しみの声殺到!

2019年8月29日に放送されたドラマ『科捜研の女19』15話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

15話では、人気料理研究家・森本雪絵の夫・純一が殺害される!
マリコらは、ぬか漬けを科学で鑑定して犯人に迫る…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』15話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』15話のあらすじネタバレ

フォレストルーツの社長・森本純一(戸井勝海)が、殺害され社長室で発見されます。
第一発見者は同社の専務・三島忠之(武野功雄)、出張から戻った純一を午後1時半頃訪ねると床に倒れていました。
フォレストルーツは、『ぬか漬けの女神』と呼ばれる料理研究家・森本雪絵(森口瑤子)の関連商品を販売する会社です。
殺害された純一は、雪絵の夫でした。
雪絵のアシスタント・野村俊哉(少路勇介)が、警部補・土門薫(内藤剛志)の許可を得、ぬか床を届けに収録現場に赴きます。
付いて行った土門たちが、純一が殺害されたことを伝えましたが、雪絵に動揺する素振りはありませんでした。

純一の遺体を鑑定した結果、死因は左側頭部の陥没骨折による脳挫傷でした。
傷口から凶器は直径14cmの丸い物と推定されましたが、社長室にそのような物はありませんでした。
犯行のあったビルの出入口は正面と裏の2ヶ所あり、防犯カメラは設置されていません。
裏口は夜間のみ施錠され、誰にも見られず裏口から社長室に侵入することは可能でした。
胃からは、ミニトマト、ズッキーニ、人参が検出され、現場に残っていたミニトマトとズッキーニはぬか漬けでした。

大原の古民家に雪絵を訪ねた榊マリコ(沢口靖子)は、ぬか漬けで個人を特定することを思いつきます。
発酵食品であるぬか漬けは、毎日混ぜる人の手に付く微生物が影響し、1つとして同じものは存在しません。
従業員のマイぬか床を鑑定した結果、現場にあったぬか漬けは、柳原彩花(仲村瑠璃亜)のものと判明します。
柳原は純一の愛人で、午前11時半頃、ぬか漬けキットの成果を報告するため、ぬか漬けを食べさせに社長室を訪ねます。
しかし、柳原は人参を漬けていませんでした。

傷口から採取した微物から、凶器はスキレットと推定されます。
雪絵のDVDの炒りぬかハンバーグは、スキレットとオーブンで調理していました。
事件当日に収録した番組も炒りぬかハンバーグでしたが、スキレットを使用していませんでした。
京都府警はスキレットを捜索するも見つからず、雪絵はなくしたと話します。

ぬか漬け作りに嵌るマリコでしたが、微生物にしか興味がなく味は気にしていませんでした。
研究員たちと試食しようとぬか床から出したナスは、変色していました。
鉄の成分が変色を防ぐため錆びた釘を入れますが、雪絵の著書には書かれていませんでした。
ところが、アイドル・河合ルミ(坂ノ上茜)がSNSに投稿した写真の番組で使用したナスは、変色していませんでした。

番組プロデューサーの許可を得て河合が持ち帰ったぬか床から、スキレットが発見されます。
純一の遺体が発見された騒動の時、野村は雪絵が疑われると思い、思わず現場にあったスキレットを隠します。
純一に会っていないと話していた雪絵は、事件当日、スキレットを借りていた純一を訪ねていました。
純一は量販店で千円もしないスキレットを、ハンドルカバーを付け1万円で売るつもりでした。
野村がスキレットを発見した時、ハンドルカバーが付いており、カバーをエプロンのポケットに入れます。
ハンドルカバーを鑑定した結果、三島の常在菌が付着していました。

ライセンスの件で雪絵と純一は揉めていましたが、雪絵の漬けた人参を食べた純一は考えを変えます。
雪絵のぬか漬けは、柳原の漬けたものと違い母から受け継がれた森本家の味でした。
そして、三島にぬか漬けのライセンス契約を辞めることを告げます。
三島にとって、ぬか漬けの女神・雪絵のブランドラインナップにぬか漬けだけないことはあり得ないことでした。
会社は倒産寸前で、人生をかけこれまで純一に尽くして来た三島は憤り犯行に及んだのでした。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』15話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

マリコが鑑定に使用していたぬか漬けキットは約20個ほどありましたので、他に事業所がないと仮定して従業員は約20人と考えられます。

冠番組と数冊の著書、そして大して売れていない『ぬか漬けの女神』雪絵のブランド商品で、20人を雇用するのは無謀過ぎます。
最近、某国会議員にロックオンされたマツコの噂されるギャラ(番組1収録につき500万円)並に、冠番組で貰っていない限り無理だと思います。

倒産寸前の状況で、ぬか漬けを売りにしているタレントのブランドラインナップに、ぬか漬けがないというのがあり得ないのは、よく理解できます。

風丘先生に離脱フラグ?ファンから悲しみの声殺到!

風丘早月(若村麻由美)を見送るマリコさんの視界映像が、まるで死んでしまう人を見つめるような演出で、放送後ファンから悲痛の声が殺到しています。

予告では、早月に銃口が向けられ打たれるようなシーンも…
一体どうなるのか?卒業詐欺であってくれというファンの声は届くのでしょうか?

『科捜研の女19』16話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』16話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 解剖鑑定書を届けに来るはずの解剖医・風丘早月(若村麻由美)がなかなか現れず、到着を待っていた榊マリコ(沢口靖子)ら科捜研メンバーたち…。そんなとき、京都市内のホテルのラウンジバーで発砲事件が起き、拳銃を持った何者かが立てこもったという知らせが入る。早月がそのホテルでスイーツを購入する予定だったと知ったマリコは嫌な予感を抱き、すぐにバーの防犯カメラ映像を送ってもらう。
 すると、防犯カメラには予想どおり早月の姿が…! 実は、早月はスイーツを購入したあと乗り込んだエレベーターで、不審な男2人に遭遇。エレベーターの隅で、若い男・古森謙一(忍成修吾)が拳銃を手に、マスク姿の男・館林穣治(三浦浩一)を脅していることに気づいたのだ。しかも、脅されている館林がペン型インスリン注入器を落としたのを目撃。早月は彼が糖尿病患者であることを見抜き、その注入器を届けるため、ラウンジバーに入っていく彼らの後を追い、自ら人質となったのだった。バーは現在、エアコンが故障して休業中で、早月のほかに、修理業者・樋口清史(下元佳好)、ホテルスタッフ・原田千里(小松美月)、その階にいた司法浪人生・陣野宇彦(花田だいき)、主婦・横井敏美(氏家恵)らが人質としてとらわれることに…。

 映像を確認したマリコたちは、早月が何やらゆっくり口や指を動かしていることに気づく。それは真っ先に防犯カメラを調べるであろう、科捜研への早月からの“メッセージ”だった。早月は古森に気づかれないよう、防犯カメラを通し、ジェスチャーで単独犯であること、人質は自分を含めて6人であることなど現場の状況を伝えていたのだ。
特殊班捜査係の広橋翔大(合田雅吏)が古森と交渉を開始し、狙撃班がスタンバイする緊迫の状況の中、マリコたちは次々と届く、早月からの命がけのメッセージを読み解こうと独自の調査を続ける。ところがその矢先、現場から銃声が響き…!? はたして、マリコたちは早月を救うことができるのか…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0016/