ドラマル

『科捜研の女19』14話のネタバレ感想!人気声優・三石琴乃がラジオパーソナリティ役で登場!

2019年8月22日に放送されたドラマ『科捜研の女19』14話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

14話では、三石琴乃さんが登場という神回!
内科医院の元院長・瀬田一郎が自室で殺害される。容疑者は、故人の秘密を墓場まで守る葬儀プランナー・神城峰子だが…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』14話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』14話のあらすじネタバレ

瀬田内科医院の元院長・一郎(鶴田忍)が、離れの自室で殺害されます。
第一発見者の妻・春子(梅沢昌代)が夜9時半ごろ大きな物音を聞き、駆けつけた時には既に亡くなっていました。
春子の聞いた物音は、犯人と争った際、本棚が倒れた時のものと思われました。
京都府警警部補・土門薫(内藤剛志)が『葬儀契約書』を発見、一郎本人が生前予約したものでしたが、家族の誰も知りませんでした。

司法解剖に向かう榊マリコ(沢口靖子)と解剖医・風丘早月(若村麻由美)のもとに、突如、神城葬儀社代表・神城峰子(中島ひろ子)が現れます。
一郎はすみやかに火葬することを望んでおり、遺体を引き取り来ました。
早月は指定葬儀社から噂を聞いており、神城を知っていました。
同業者からは『秘密屋』と呼ばれ、故人の秘密を遺族にバレないようにする葬儀社として有名でした。
検死の結果、死因は先が丸く細い凶器で側頭部を強打されたことによる脳挫傷で骨折が見られました。

現場の入口付近で発見された微物は、マニキュアのトップコートと判明、孫・和真(大地伸永)の提出したものと一致します。
ところが、一郎の部屋には入っていないと言っていました。
和真はギターを弾き、爪を保護するためトップコートをします。
日頃、スマホでラジオを聴いていましたが、成績が上がるまで母・弥生(西村亜矢子)にスマホを取り上げられます。
愛聴する番組にネタを送っており、ネタが読まれるのを期待しラジオを借りに部屋に入りました。
土門に事件当日変わったことが無かったか尋ねられ、庭のカエルの置物と目が合ったと答えます。
いつも横を向いているカエルの置物が、正面を向いていました。

カエルの置物は隠し扉を開閉するためのもので、隠し扉から一郎の血液が検出されます。
また、カエルの置物から、神城が事件当日葬儀で使用した花の組み合わせと同じ花粉が検出されます。
神城は、一郎の指示で生前予約の打ち合わせを内密に行っており、隠し扉から離れの部屋に出入りしていました。
一郎を訪ねた時、既に亡くなっており、家族に知らせるため本棚を倒しました。

死者になる自身と向き合うため、マリコは神城に渡された葬儀契約書に記入します。
翌朝、所長・日野和正(斉藤暁)がマリコの契約書を見て、一郎の契約書に副葬品を記入するページがないことに気づきます。
筆圧痕鑑定の結果、副葬品は赤いピンヒールと判明、凶器の可能性がありました。

マリコは土門と火葬場へ急行、赤いピンヒールを回収、鑑定の結果、側頭部の傷と一致します。
更に、赤いピンヒールには血液指紋が残っており、家政婦・加藤佐奈(飯島順子)が逮捕されます。
佐奈は掃除の際キャッシュカードを見つけ、以来、度々一郎の預金を引き出します。
部屋に忍び込んでいるところを一郎に見つかり、赤いピンヒールで殴打しました。

マリコは神城の反対を押し切り、一郎の秘密を明かします。
一郎は、僕(しもべ)ネーム『毒医者藪太郎』で知られるラジオ番組『カレンの華麗なるお仕置き』の有名なリスナーでした。
愛人に送っていたとされたハガキは、番組に投稿するネタでした。
赤いピンヒールは、最優秀僕リスナーに贈られるカレン様の愛用品です。
春子が葬儀中に愛人と思っていた人物は、ラジオパーソナリティー・日向寺カレン(三石琴乃)でした。

日向寺カレンは、新聞で訃報を知り、葬儀に駆けつけました。
カレンから一郎の最後のハガキの内容を教えられていたマリコは、秘密を明かすことに決めたのでした。
ハガキには、番組のラバーバンドをしている和真に気づき、厳格な祖父を辞め家族に秘密を明かすと書かれていました。
神城は、契約を変更しようとした一郎の真意を知ります。

『科捜研の女19』14話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

誰にでも墓場まで持って行きたい秘密はあるはずです。
昨年、テレビ朝日のドラマでデジタル遺品を削除する『dele』がありました。
死後残ったデータについて、色々と考えさせられました。
この時は、データだけなら今から気をつけておけば、なんとかなるかなと思っていました。

本編に出てきた『秘密屋』はデジタル遺品に限らず、故人のあらゆる秘密を守ってくれます。
いちいち色々と気をつけて生きていくのも面倒だし、認知症になるかもしれません。
実際に秘密屋があるなら、利用を検討したいと思いました。

人気声優・三石琴乃がラジオパーソナリティ役で登場!

『美少女戦士セーラームーン』の主人公・月野うさぎ、『新世紀エヴァンゲリオン』の葛城ミサト、『ドラえもん』ののび太のママなど、幅広いキャラクターを演じてきた人気声優・三石琴乃の登場が話題に!

三石琴乃さんは、今回の被害者・瀬田一郎(鶴田忍)が毒医者ヤブ太郎というペンネームで手紙を送っていた、「カレンの華麗なるお仕置き」というラジオ番組を努めるラジオパーソナリティ・日向寺カレン役で登場しました。

『科捜研の女19』15話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』15話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 “ぬか漬けの女神”として有名な料理研究家・森本雪絵(森口瑤子)の夫で、所属事務所の社長でもある純一(戸井勝海)が、オフィスで殺害されているのが見つかった。
 榊マリコ(沢口靖子)らが鑑定したところ、死因は後頭部を丸い形状の凶器で殴打されたことによる脳挫傷と判明。胃の内容物から、死の直前にニンジン、ミニトマト、ズッキーニのぬか漬けを食べたことが明らかになる。
 夫の死を知らされても雪絵は顔色ひとつ変えないばかりか、純一が最後に食べたぬか漬けは自分が作ったものではないと主張する。雪絵はぬか床の管理を徹底するため、純一の実家である古民家に暮らしていて、夫とは別居中。ここ数日間、顔を合わせていないというのだ。
 ぬか漬けは発酵食であるため、たとえ同じ材料、同じ工程で作ったとしても、かき混ぜる人間の手についた微生物によって違う味に変化することを、雪絵から聞いたマリコ。ならば、ぬか床の微生物の“組成比”から犯人を特定できるのではと思いつき、社員たちがそれぞれ管理している“マイぬか床”を調査することに…。すると意外な人物が捜査線上に浮かび上がって…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0015/