ドラマル

『科捜研の女19』13話のネタバレ感想!宇佐見さんのお茶への愛情に注目!

2019年8月15日に放送されたドラマ『科捜研の女19』13話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

13話では、老舗茶寮の職人が殺害される!
マリコと科捜研のお茶の専門家・宇佐見が、奥深き茶の世界を科学で分析する。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』13話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』13話のあらすじネタバレ

宇治平等院鳳凰堂近くにある宇治茶の老舗『久住茶寮』の職人・橋本俊介(川野直輝)が、宇治川のほとりで他殺体で発見されました。
榊マリコ(沢口靖子)宇佐見裕也(風間トオル)涌田亜美(山本ひかる)が臨場し、洛北医科大学の風丘早月(若村麻由美)の検視や科捜研の鑑定の結果、死因は鈍器で頭部を殴打されたことによる急性硬膜下血腫とわかります。
しかし、殴打されてから死亡するまで1時間ほど時間があり、下足痕の鑑定などから別の場所で襲われた後、自力で移動し発見現場で絶命したものと考えられました。
胃の中には胡桃入りのお餅が残っていて、ズボンのすその折り返し部分に5種類の茶葉が残っていたのですが、職場である『久住茶寮』が扱っている茶葉とは一致しませんでした。

土門薫(内藤剛志)と蒲原勇樹(石井一彰)が『久住茶寮』主人の久住博之(藤田宗久)と妻の花枝(萩尾みどり)に事情を聴いたところ、橋本は元『久住茶寮』職人の角倉長治(松澤一之)との間にトラブルを抱えていたことがわかります。
角倉はギャンブルが好きで、久住に足を洗うと約束したのですが、賭けマージャンをやっているところを橋本に見つかり、5年前に解雇されたという過去がありました。

そこに角倉が、1年前から京都で緑茶カフェ『かどくら庵』をやっていることがわかり、カフェで使われている茶葉を調べるために、マリコは科捜研のお茶博士・宇佐見とともに店を訪ねるのですが、特売の市販品で美味しいお茶をいれていた角倉に、茶のブレンド、合組を教えてもらおうとする宇佐見は角倉に、茶の道をなめていると言われ意気消沈してしまい、科捜研でもお茶をいれなくなってしまいます。

角倉のカフェで出された胡桃餅と、カフェにある全ての茶葉を色彩色差計を使って科捜研で調べるのですが、茶葉は被害者に付着していたものとは一致せず、胡桃餅もカフェで食べたとは特定できませんでした。

そんな中『宇治茶グランプリ』が開催され、その会場に角倉が現れ、それを見つけた花枝が土門に連絡し駆けつけるのですが、取り逃してしまいます。
久住が合組して出品したお茶は不評で、防犯カメラで確認したところ角倉が控え室の茶筒を差し替えているように見えたため、それで不味いお茶が出品されたのだと考えます。
『宇治茶グランプリ』で優勝した『一煎庵』の主人・尾形祥吾(吉田輝生)が角倉と遭遇していたのが防犯カメラに残っていたため話を聞くと、角倉に声をかけると立ち去って行ったとのことでした。

被害者の靴底に付着していた肥料から、それを使っているのは京都では松宮茶園という茶畑だとわかり、マリコとマリコに促されて宇佐見が急行します。
現地で茶農家の松宮智和(福本清三)に確認したところ橋本とは面識がなかったのですが、宇佐見が他と違う茶畑を見つけ、そこは角倉に貸していることがわかり、さらに茶園内にある小屋で作業をしていることもわかります。
小屋の中にあった茶葉を調べると、被害者に付着していた茶葉と一致しました。

急ぎ角倉の身柄を確保するために、土門と蒲原がカフェに向かうと店は閉まっていて、そこにいた『かどくら庵』出資者の稲山雅代(楠見薫)に雀荘で見かけると聞いて行ってみると角倉がいて、また逃げようとしたところを取り押さえ、取り調べを始めます。

角倉の小屋で発見された茶葉の容器からは、被害者の橋本のものばかりが検出されて、所長の日野和正(斉藤暁)も見覚えのある容器の日付の文字を鑑定した結果、やはり橋本の文字と一致しました。

グランプリ会場の控え室にあった茶葉は、角倉が入れ替えたものだと考えられていたため、宇佐見が小屋にあったものと照合したのですが一致せず、『久住茶寮』にあったものと一致したことから、ある可能性に気づいたマリコは、なんとフラスコやビーカーなど、科学分析で使う道具を使ってマリコらしくお茶をいれて、マリコがお茶をいれたことに驚く取調室の土門たちに飲ませ、角倉に久住博之が味覚障害があるのではないかと聞きます。

また、久住本人は味覚障害には気付いてなく、橋本が角倉に合組を教わって久住が合組した茶葉をこっそり直していて、グランプリのお茶も橋本が合組したものを角倉がすり替えようとしていたのだが、尾形に声をかけられてそれが出来なかったのではないかと訊ねます。

土門はそれなら被害者と協力関係にあるのになぜ逃げたのかと問うのですが、そこに宇佐見が入ってきて、角倉はたとえ自分が疑われても久住に味覚障害があることを、そして誰よりも久住本人には知らせたくなかったのだと話します。
角倉の茶園を見て宇佐見は、角倉がお茶と真剣に向き合っている人だということ、そしてだからこそ味覚障害がとても残酷なことを知っていることを見抜いていました。

橋本がグランプリ用の合組が出来たので味をみて欲しいと角倉を訪ねるのですが、客に呼ばれていたので後でということになって、角倉は飲みに行ってしまい0時頃戻ると入口に茶筒が置いてあったので、それをすり替えようと会場に持参したと話します。

その茶筒をマリコが調べると、シミと血痕が付着しているので鑑定すると、シミは茶筒の中のお茶のもので血痕は橋本のものだと判明します。

犯人に辿り着く決め手を欠いて科捜研のメンバーが行き詰まっていると、橋口呂太(渡部秀)がお茶をいれると言い出し、お気に入りの硬水の水でいれようとするので慌てて宇佐見がお茶をいれるには軟水が良いと説明します。
そこでマリコがシミのお茶がどんな水で作られたかを鑑定すれば良いと閃きます。

鑑定の結果、一致した水の販売元の情報から稲山が使っている水だとわかり、凶器が稲山が持っているトロフィーの形状と一致していることも突きつけ自白を引き出します。

稲山は角倉と雀荘で知り合い、カフェ開店資金を出し楽しくやっているところに橋本が現れてから角倉が冷たくなったので、当日出会した橋本を探るために自分の家に連れて行き、角倉を『久住茶寮』に戻すという話を聞いてトロフィーで殴ったことを認めました。
その後橋本は角倉のところに茶筒を置き絶命した場所に歩いて行きました。

角倉は久住に許してもらえるように頭を下げ続けると言い、出がけに宇佐見にとっておきの合組を教えると話すのですが、宇佐見は自分で研究すると答えました。
しばらく止まっていた宇佐見のお茶いれがまためでたく始まった科捜研でした。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』13話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

無限に可能性のある自然界では、たったひとつの道でさえ極めることはできません。
ただ、極めようとチャレンジしていくことで、より高みに至れることは確かです。

果てしなく続く道ですから、どこかで満足して立ち止まってしまうとすぐに誰かに追い越されていき、いつの間にか高いところにいると思っていたのがそうではなくなってしまっていることに気づくことになります。

常にさらなる高みを目指してチャレンジしていくことが人生を楽しむコツでもありますね。

宇佐見さんのお茶への愛情に注目!

宇佐見さんのお茶にかける情熱が分かる回でした。「お茶もう淹れられない」と激凹みの宇佐美さんが可愛かった!

科捜研の女グッズで宇佐見さんのお茶を販売して欲しいですね。

『科捜研の女19』14話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』14話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 内科医院の元院長・瀬田一郎(鶴田忍)が、自室で何者かに殺害された。夜9時半ごろ大きな物音がしたため、妻の春子(梅沢昌代)が様子を見に来て遺体を発見したという。死因は、側頭部を細い凶器で強打されたことによる脳挫傷。犯人と争った際に本棚が倒れたのか、現場の部屋には本が散乱しており、春子が聞いた物音もそのときのものと思われた。
 臨場した榊マリコ(沢口靖子)たちは、室内から1通の”葬儀契約書”を見つける。一郎本人が生前予約したらしいが、春子はもちろん、同居する息子・彰(阪東浩考)、その妻・弥生(西村亜矢子)、孫・和真(大地伸永)も寝耳に水の話のようだった。
 直後、司法解剖に入ろうとするマリコの前に、葬儀プランナー・神城峰子(中島ひろ子)が現れる。峰子は一郎が葬儀の生前契約を結んだ相手で、一郎が死後すみやかに火葬するよう望んでいたことを明かし、解剖が終わり次第、遺体を預かると申し出る。解剖医・風丘早月(若村麻由美)によると、峰子は墓場まで持っていきたい秘密を遺族に絶対バレないようにする葬儀プランナーとして有名で、同業者の間で”秘密屋”と噂されているという。一郎には、家族に隠し通したい秘密があったのか…!? それは、いったいどんな秘密だったのか…!?
 そんな中、現場に落ちていた透明な微物が、マニキュアのトップコートの破片だと判明。マリコは峰子の爪が割れていたことを思い出すが…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0014/