ドラマル

『科捜研の女19』12話のネタバレ感想!諸星を見たマリコさんの心の声「ツンデレね!」

2019年8月8日に放送されたドラマ『科捜研の女19』12話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

12話では、被害者と容疑者を結ぶ、奇跡のような接点にマリコが迫る!
現場に残された3つのY、そして手帳に記された赤い宝石が示す意味とは…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』12話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』12話のあらすじネタバレ

神社の境内で、大阪の宝石店の警備スタッフ・春田光彦(モト冬樹)が脇腹を刺されて倒れているところを現場を通りかかったカップルに発見されました。
春田は幸い一命は取り留めたのですが、昏睡状態が続いています。

榊マリコ(沢口靖子)橋口呂太(渡部秀)涌田亜美(山本ひかる)が臨場したところ、現場には花びらや赤い小さな実が散乱しており、春田が花束を手に持った状態で倒れていたことから、犯人に襲われた際、持っていた花束を振り回したと考えられました。
また、地面には春田が書いたと思われるアルファベットのYが3つ『YYY』と書き残されていたほか、『赤い宝石』という言葉が春田の手帳の事件当日のところに書き込まれていました。

土門刑事(内藤剛志)と蒲原勇樹(石井一彰)が花束を販売したフラワーショップ『香坂』を突き止め、花束を持っていた春田の写真を店主の香坂めぐみ(大村彩子)に見せるのですが、記憶にはありませんでした。
また、香坂が花束の中にあったペッパーベリーの実を『赤い宝石』と名付けていたことがわかります。

科捜研の鑑定の結果、持っていた花束から血痕が検出され、傷害や恐喝などで4度の逮捕歴がある諸星大地(石垣佑磨)のものだと判明します。
蒲原は諸星が所属していた半グレグループのリーダーの小杉富生(木内義一)を訪ね、諸星の居場所を聞き出します。
花束の血痕のDNAが一致しているにもかかわらず、諸星に春田のことを聞いても、知らないとシラを切るばかりです。

そんな折、春田が5年前まで摂津医科大学付属病院の臨床検査技師長をしていたことがわかります。
土門が5年前春田が辞めるのを引き止めていた現技師長の染谷妙子(原扶貴子)を訪ね事情を聞いている時に、ヤクザが仲間の面会に来てイザコザを起こしている場面に遭遇して、春田と諸星の接点に目星をつけました。

7年前の乱闘事件で諸星が怪我をして、春田の働く病院に担ぎ込まれた可能性があると土門が話すと、何かに気づいたマリコは急ぎ諸星の血液を調べて、Yが抗体を表すものだと突き止めます。
諸星の血液は、『抗Dヒト抗体』が人命救助ができるほどの高い値で含まれていたことがわかります。
この抗体を多量に含む血液からは『抗Dヒト免疫グロブリン製剤』を作ることができ、この製剤は、第一子を身篭った時にできる、第二子を授かりづらくする抗体を無効化できるものでした。

このことを諸星に突きつけても、諸星は春田との関係を話すことはありませんでした。

その後、春田の意識が戻り、土門とマリコが諸星の抗体のことや、関係を問い質しても知らないと話します。
そこで、一過性の健忘かと考えたマリコが脳指紋検査をするように依頼するのですが、これも断られます。

科捜研のメンバーが春田の不可解な行動を話し合っていると、蒲原が小杉からの情報をもとに調べた結果、諸星が摂津医大病院に6年間毎月血液を提供していたという情報をもたらします。
その結果、『抗Dヒト免疫グロブリン製剤』の研究は臨床段階に入り、これまで何人もの子供が命を救われていました。

涌田が6年前は、諸星が重要参考人になったキャバクラオーナー殺人事件の後ではないかと話したことで気づいたマリコは、土門と共に春田を訪ねて諸星の弱みを握っているのではないかと核心に触れる質問をすると、春田はようやく真実を話し始めました。
春田は諸星を訪ね血液の提供を依頼するのですが断られ、その後に諸星が出したゴミの中から殺人の凶器を見つけ出し、それで諸星を脅して血液の提供を強制していました。

6年間脅され続けた諸星が耐えられなくなって、事件当日持っていた花束を春田に叩きつけてイラつきを解消して立ち去った後に諸星が戻ってきて刺されたと春田は話しました。
そして、6年前の殺人事件の凶器を提出することを約束します。

しかし土門は、諸星が花束を持っていたという発言が気になり、フラワーショップ『香坂』で確認すると、花束を買っていったのは諸星だとわかり、香坂が『抗Dヒト免疫グロブリン製剤』の被験者だったこともわかり、人の血液から作られる製剤なので、ペッパーベリーの赤い実を見るとそのことを思い出すことから『赤い宝石』と名付けたこともわかりました。

6年前の殺人事件の凶器を鑑定した結果、諸星の指紋の他に正体不明の指紋が検出され、春田の口を封じる動機のある人物がもうひとりいることが明らかになります。

マリコが春田に刺された時に刺された諸星の顔を確認したかと聞くと、見たわけではないことがわかり、何か覚えていることがないかと詰問すると、匂いがしたと話したので、脳指紋検査を実施して反応があった匂いには蒲原も記憶がありました。
そこでナイフについていた指紋と、春田が刺された翌日にクリーニングに出されたジャケットの血痕を照合した上で、元半グレグループのリーダ小杉を問い詰めると、諸星の様子がおかしく後をつけると春田に会って、事件のことを話していたので犯行に及んだと自供しました。

諸星は、当初は春田に脅されるままに仕方なく血液を提供していましたが、病院で喜ぶ家族の姿を見たり、香坂からのサンクスレターを読んで、差出人に会って生まれた子供にも会ったことで、どんどん変わっていく自分に苛立っていました。
そして最後は、脅されていた春田が意識不明だと知っていながら、自らの意思で血液の提供に医大を訪れていました。

医大を訪れていた諸星を京都府警から大阪府警に身柄を引き渡す前に、もう一度春田に会わせ、そこで諸星は血液を提供します。
その時ペッパーベリーの花言葉を『輝く心』だと春田から聞きます。

花束を買っていった諸星が、殺人犯だったことを香坂に伝えにいくマリコと土門でしたが、その諸星が血液の提供者であることはもちろん話せず、なんとも切ない真相、結末になりました。

マリコは「宝石の素になるのは地中のマグマで、それはとても危険な存在だけど、ある条件の下で結晶化すれば、輝く存在に変わることができる」と語ります。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』12話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

本来人間が夢として目指すべきものは、誰かの幸せを実現していくことなのですが、そんなことは考えることもなく刹那的に生き、誰かを傷つけてばかりの人もいるでしょう。
また、何かを目指していても、本来目指すべき夢とは違う、手段や過程などを夢と勘違いして目指して、多くの人や自然を傷つけている人もいます。
自然界に生まれた存在には、全て本来の夢を実現できる能力が備わっています。

自然界で生きる存在として、本来目指すべきことに気づくことがまず何よりも大切なことでしょう。
悲しいことに、教育では自然界の摂理などを体系的に学ぶ機会はほとんどないでしょう。
仮に真理が語られていても、それを実際に行動して背中を見せながら、噛み砕いて気づかせることが出来なければ届いていきません。

いちばんこの教育に適しているのは家庭ですから、大人がもっともっと深く自然界のことを学び気づいていくことです。

今回もとても大切なことが伝えられていましたが、それにどれだけの大人が自然界の真理として気づけたでしょう。
まさに、子供たちの明るい未来のために、ひとりでも多くの大人に気づいて欲しいですね。

諸星を見たマリコさんの心の声「ツンデレね!」

石垣佑磨さん演じる諸星大地の心の葛藤が見ごたえありましたね。

マリコさんと土門さんの前で、図星をつかれて花壇を荒らしまくる姿はまるで子ども!
マリコさんは心の中で、「なんてツンデレな子なの!」と呟いたことでしょう。

今回は、殺人犯である諸星を見ていて、誰かのためになることをすることの幸せについて考えさせられましたね。

『科捜研の女19』13話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』13話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 宇治川のほとりで、宇治茶の老舗“久住茶寮”の職人・橋本俊介(川野直輝)の遺体が発見された。榊マリコ(沢口靖子)らが検視した結果、死因は鈍器で頭部を殴打されたことによる“急性硬膜下血腫”と判明。しかし、殴打されてから死亡するまで1時間ほど空いており、どこか別の場所で襲われた後、自身の足で移動し、遺体発見現場で息絶えたものと思われた。また、遺体のズボンのすそ部分に数種類の細かい茶葉が付着していたが、職場である“久住茶寮”が扱っている茶葉とは一致しなかった。
 “久住茶寮”主人・久住博之(藤田宗久)とその妻・花枝(萩尾みどり)に事情を聴いたところ、元職人・角倉長治(松澤一之)が捜査線上に浮上。ギャンブル好きの角倉は、足を洗うと久住らに約束したにもかかわらず、こっそり賭けマージャンに興じているところを橋本に見つかり、5年前に解雇されたという。 
 その角倉が、1年ほど前から京都で緑茶カフェを開いていたことが判明! カフェで使われている茶葉を調べるため、マリコはお茶に詳しい宇佐見とともに店を訪ねるが、宇佐見は角倉から「茶の道をなめている」とたしなめられてしまい、すっかり消沈してしまう…。
 そんな中、“宇治茶グランプリ”が開催され、久住は自身が合組(ごうぐみ=ブレンド)した茶を出品する。ところがその会場に角倉が現れて…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0013/