ドラマル

『科捜研の女19』10話のネタバレ感想!どもマリのお寿司デートに湧く!

2019年7月18日に放送されたドラマ『科捜研の女19』10話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

10話では、マリコが日本の伝統文化・寿司に科学で迫る!
頑固なこだわりを持つ寿司職人が殺される前に食べた寿司を握ったのは誰なのか?

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』10話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』10話のあらすじネタバレ

榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研のメンバーが臨場した寿司店は予約1年待ちという人気店で、店主の若杉登(渡辺哲)が店内で絞殺されていました。
若杉は寿司に強いこだわりを持つ頑固な職人だったようです。

遺体のそばには『○友部夏雄、×丸福昌、×野田元、△市川敬介 京極ホテル ホテル事業統括部 飲食企画課』と書かれている握りつぶされた紙がありました。
また、カウンターには数貫食べた形跡のあるにぎり寿司の盛り合わせが残されていました。

科捜研メンバーたちの鑑定の結果、凶器は幅15mmでオレンジ色の材質がポリプロピレンでできているものであること、若杉の胃の内容物を調べたところ、カウンターに残されていた寿司を数貫だけ食べたのは、若杉本人であることが判明します。
しかし、若杉がにぎったものではないことが、普段作っているシャリと現場に残されていたものとでは使用している酢の種類が違うことからわかりました。
さらに、〇×の印がつけられた紙は、京極ホテルの担当者がどの職人の店を出店すべきか悩み、若杉に頼み新進気鋭の寿司職人たちの実力を評価したものだということも突き止めました。

若杉が最後に食べた寿司を握った人物が、このリストの中にいるかもしれないと考えたマリコたちが4人の職人たちがにぎる寿司を調べると、現場に残された寿司とよく似た酢やワサビを使う寿司職人・野田元(藤重政孝)が浮上しました。
その野田を聴取した結果、マリコは野田が卒業した寿司職人養成学校に入校して、講師の鶴橋善也(井田國彦)や校長の入間千加子(清水美沙)に話を聞きます。

鶴橋が凶器に使われたネックストラップをなくしたと言っていたので調べてみると、若杉に寿司職人生命を絶たれていたことがわかり恨みから犯行に至ったのではないかと事情聴取をしますが、アリバイがあることが証明されます。

次に現場に残されていた『こはだ』をしめていた酢が、きび酢であることを宇佐見裕也(風間トオル)が突き止めたことで、マリコは奄美大島へ飛んで千加子の実家のことや、こはだをきび酢を使ってしめることを父に教えられていたことを突き止め、千加子が現場に残っていた寿司を作ったことを明らかにします。
千加子は若杉の偏見を解くために、にぎり寿司を作って若杉を訪ねていたことを話します。

千加子からネックストラップを提出してもらって、マリコが鑑定すると、鶴橋の汗が付着していました。
自分のものだと提出した千加子の嘘を暴くために、防犯カメラの映像を解析して千加子がネックストラップを捨てた場所を特定して見つけます。
そのことを千加子に突きつけると、若杉の店に落として、そのことに気づいて戻ると若杉が殺されていて、自分のストラップが使われていたので学校や生徒のことを考えて自分のストラップを捨てて、鶴橋のストラップを代わりに使っていたとのことでした。

千加子がストラップだけ捨てて、IDケースはそのまま使っていることに気づいた土門薫(内藤剛志)はマリコにケースの鑑定を依頼します。
すると、そのケースからからしの成分が見つかり、からしを使う寿司を作る友部に辿り着き犯行の自供を引き出します。

若杉に京極ホテルプロデュースの出店にひとりだけ評価されたことのお礼に行った際に、その評価は無効だと言われたこと、失望したと言われたこと、寿司職人としての評価は×だと言われたことで殺人に至り、千加子に罪をなすりつけようとしたものでした。

校長を辞め、経営から退くことを告げる千加子に、マリコは若杉が評価していたことを伝えて翻意させます。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』10話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

自然界での進化は、現状維持や現状の延長線上にはありません。
今までの常識を疑ってみて、常識を超えたところにチャレンジを進めていってこそ実現していくものですね。

性別や国籍を超えて、寿司職人を目指す人たちにチャンスを与えようとしている千加子を、科捜研の科学の力で応援したコラボレーションは素晴らしかったですね。
きっと多くの人が勇気をもらい、未知へのチャレンジを決意し、動き出したのではないでしょうか。

どもマリのお寿司デートに湧く!

土門さんが、マリコさんをお寿司デートに誘い話題に!
壊滅的調理スキルのマリコさんが「わたしが作る」って言いださなくてよかった。

もちろん土門さんの奢りでしょうね。
デートの様子も見たかった!

『科捜研の女19』11話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』11話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 京都・嵐山にある“静嵐寺”で、前頭部から血を流した“嵐徳寺”の住職・和田淳雄(阿部達雄)の遺体が発見された。静嵐寺の住職は昨年、他界し後継者もいなかったため、師匠に当たる和田が時折、静嵐寺を訪問していたらしい。遺体発見と同時に、本堂に安置されていた市指定文化財の仏像がなくなっていることも発覚! 被害者は、仏像を狙った強盗犯と鉢合わせしてもみあいとなり、縁石に頭を打ち付けたものと思われた。
 鑑定をはじめた榊マリコ(沢口靖子)たちは、遺体からアウトドア用品などに使われる緑色の繊維片を発見。“条件認証”を使って、付近の防犯カメラから緑の衣料品を身に着けた人物の探索を開始する。
 すると、緑のリュックを背負ったあやしい男の存在が浮上。足取りを追ったところ、そのリュックの男は事件後、京都観光の定番“保津川下り”に乗船したらしいことがわかる。マリコは観光客でにぎわう川下り船に乗り込み、男の痕跡を探ることに。ところがその結果、強盗殺人犯とは思えない、驚愕の足取りが明らかになっていき…!?
 一方、土門刑事(内藤剛志)は静嵐寺の檀家5人組が被害者ともめていたことを突き止める。被害者の妻・芽衣子(磯山さやか)はその5人組のひとり、久野幸子(峯村リエ)から事件当日の朝、電話があったと証言して…。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0011/