ドラマル

『科捜研の女19』9話のネタバレ感想!村上新悟のイケボにメロメロにさせる!

2019年7月11日に放送されたドラマ『科捜研の女19』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、科捜研に「観光名所に爆弾を隠した」というメッセージ入りの動画が届く!
京都の観光スポットを辿っていくマリコたちが辿り着いた真相とは…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』9話のあらすじネタバレ

京都の名所を訪れた観光客たちに、京都らしさを感じさせる『音』を専用アプリで体験してもらう『京都サウンドAR』というプロジェクトを進めていいる「京都観光促進センター」の石橋響一(小林健)と園崎乙弥(松田悟志)が京都府警を訪れ、共同で開発に当たっていた音響の研究家・尾藤奏吾(村上新悟)が失踪して、さらに、センターのサイトに『京都観光サウンドARプロジェクトをただちに中止しろ。さもないと7月5日、恐ろしいことが起きる」という脅迫メールが届いたということでした。

そんな矢先に、科捜研に爆弾が爆発する瞬間を収めた動画が送り付けられます。
動画には『市内の観光名所に爆弾を隠した。リミットは本日17時。それまでに見つけ出し解除しないと自動的に爆発する。爆弾の場所は、ARサウンドスポットに聞け。まずは一条戻橋からだ』というメッセージがありました。

早速、榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研のメンバーや捜査一課、機動隊、爆弾処理班が出動することになります。

その後もマリコたちは犯人から次々と送り付けられてくるメールに従って、あちこちの観光名所を巡ってARサウンドを分析して、その分析結果を頼りに懸命に爆弾を捜索するのですが、爆弾は見つからず、どんどんタイムリミットが迫ってきていました。

そんな中、土門薫(内藤剛志)は尾藤に経費の不正流用疑惑があること、尾藤が失踪直後からクレジットカードや交通系電子マネーを使用していないこと、そして尾藤が究極の音と考えていた静寂の音を探して、足しげく通っていた場所があったことなどを突き止め、犯人がその場所にマリコたちを誘導しているのではないかと考えます。

このことから、土門は尾藤の助手で付き合っていた木内鳴実(柊子)を追求して真実を話させ、マリコたちは、尾藤がすでに殺されていてどこかに埋められているのではないかと気づき、遺体から発生する物質に反応して地中に埋められた遺体を発見するNRN検出機を使って嵐山の竹林の中から遺体を発見し、解剖の結果、遺体は撲殺されたもので歯の治療記録から尾藤だと判明しました。

この一連の事件は、失踪した尾藤を探して欲しいと警察に言ったが動いてくれなかったので、科捜研に動いてもらうために木内が起こしたものでした。

また、尾藤を殺した犯人は、ARサウンドプロジェクトを一緒にやっていた園崎乙弥(松田悟志)でした。

園崎は経費の使い込みを尾藤になすりつけ、そのことを尾藤が知り、上司に告発すると言われたことで衝動的に犯行を犯したものでした。

マリコは、サウンドスペクトログラムの映像が明らかに竹林だとわかるはずの園崎が知らないと言ったことで、園崎を疑い、竹林に遺体があると確信したようでした。

遺体と一緒に埋められていた音響機器に残された音声に、園崎の携帯電話の着信音が録音されていたことで園崎の犯行が明らかになりました。

木内が最初に警察に訴えてきた時に、しっかりと対応していれば、今回の事件を木内が起こさずに済んだことを悔やむマリコと大門でした。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』9話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

ARサウンドの音源を様々な手法で分析して、その音に込められたメッセージを解き明かしていく様子は見応えがありました。

音源の一部の音を削除してノイズだけを抜き出して、その音源の場所を特定したり、ノイズのサウンドスペクトログラムから文字を浮かび上がらせたり、画像をサウンドスペクトログラム化して作られた音だと解析したり、最先端の技術は本当に素晴らしいですね。
日進月歩で進化している科学を実感できる内容でした。

まだまだ、人間が自然界を解明できている部分はごく僅かですから、日常からもどんどん解明を進めていきたいですね。

村上新悟のイケボにメロメロにさせる!

村上新悟さんのイケボにメロメロにされちゃう視聴者が続出しました。

村上新悟さんは、音響の研究家・尾藤奏吾という役でしたが、職業と名前がバッチリでしたね。真っ直ぐな生きざまやこだわりがカッコ良かった。

「初夏の夜の静寂…」あの台詞はイケボじゃないと言えない?

『科捜研の女19』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 寿司店の店主・若杉登(渡辺哲)が、店内で絞殺されているのが見つかった。若杉は寿司に強いこだわりを持つ頑固な職人として知られており、彼の店は予約1年待ちという人気店だった。
 カウンターには、数貫、食べた形跡のある江戸前寿司の盛り合わせが残されていた。また、店内のゴミ箱から、4人の男の名前の上に〇や×の印がつけられている紙が見つかった。
 榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研メンバーが被害者の胃の内容物を調べたところ、カウンターに残された寿司数貫を食べたのは被害者本人であることが判明。しかし、若杉が普段作っている“シャリ”と比較したところ、現場に残されていた寿司とは使用している酢の種類が違うことがわかる。さらに、〇×の印がつけられた紙は、若杉が気鋭の寿司職人たちの実力を評価したものだということも突き止めた。若杉はどの職人の店を出店すべきか悩むホテルの担当者に頼まれ、候補者4人を査定していたらしい。
 被害者が最後に食べた寿司を握った人物が、このリストの中にいるかもしれない…。そう考えたマリコたちは、4人の職人たちの握る寿司を鑑定してみることに…! すると、現場に残された寿司とよく似たシャリやワサビを使う寿司職人・野田元(藤重政孝)が浮上。手がかりを求め、マリコは野田が卒業したという寿司職人養成学校の校長・入間千加子(清水美沙)や、その講師・鶴橋善也(井田國彦)らに話を聞くが…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0010/