ドラマル

『科捜研の女19』8話のネタバレ感想!蒲原ビームが発動!まるでマリコさん?

2019年6月6日に放送されたドラマ『科捜研の女19』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、休暇先でマリコの相棒を務めた刑事・熊谷馨(平岡祐太)に殺人疑惑が!
京都と和歌山で起きた2つの事件の真相とは…。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ビデオパス」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』8話のあらすじネタバレ

京都で強盗傷害事件、和歌山で少女連れ去り事件を起こして逃走していた新浜陽一(小柳友)が、京都市内で刺殺体となって発見されました。

和歌山から榊マリコ(沢口靖子)橋口呂太(渡部秀)涌田亜美(山本ひかる)も戻って来てさっそく鑑定、解析に取りかかります。
新浜は笠倉桃香(小南希良梨)のリュックの中に隠した大切なものを取り戻すため、逮捕される危険を冒してまで彼女を連れ回したに違いないと、榊マリコ(沢口靖子)たちはにらんでいたのですが、それらしき所持品は見つかっていません。

亜美の調査で、殺される前に新浜が強盗傷害事件を起こした場所にいたことがわかり調べ直すと、当初被害者とされていた、経営コンサルタント会社の顧問税理士の結城隆司(内野謙太)とタクシー運転手の永井孝良(北口ユースケ)は新浜の仲間だということがわかります。
さらに、新浜が映っていた防犯カメラに、和歌山県警の刑事・熊谷馨(平岡祐太)も映っていました。

熊谷に詳細を聴くために、マリコは京都府警捜査一課の刑事蒲原勇樹(石井一彰)と再び和歌山に行きます。
まず和歌山で桃香から事情を聴くと、新浜の大切なものはUSBメモリだったことがわかり、その後熊谷に新浜たちとの関係やこれまでの経緯を聴きます。

しかしそこに、永井が他殺体で発見されたという連絡が入ります。
その現場から、新浜が探していたUSBメモリが見つかりました。
また、近くの倉庫で爆発物が作られていたこともわかり、マリコたちは最新兵器などを使い、爆発物の行方を追います。

また、新浜が所持していた紙や、USBの映像解析の結果、国会議員の飛内文枝(湖条千秋)と和歌山県警幹部の梅木悠三(浜田晃)の癒着が明らかになり、今日そのふたりが、同じ式典に来賓で招かれていることと、そこに爆弾が仕掛けられていることも予測されました。

現場に駆けつけたマリコたちは、酒樽の中に爆弾を見つけるのですが、爆弾処理班の到着を待てない状況で、爆弾を無線電波遮断幕で包み爆破を回避します。

3人の幼馴染で、ひとり残った結城は、熊谷に紹介されて幼い頃お世話になっていた『ゆうがお食堂米田』の米田夫妻が、自殺に追い込まれた原因を作った、飛内と梅木への復讐のため爆弾を使おうとしたのですが、これは証拠を元に告発しても警察幹部が絡んでいるから、握りつぶされると考えていたからでした。

取り調べで、コンサルタント会社社長の金子康晴(川鶴晃裕)が飛内の指示で、新浜と永井を殺害したことが明らかになります。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』8話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

人間界は、権力や財力などの力をどんどん集中させていこうとする傾向にありますが、これは様々な矛盾や歪な状態を生み出していきます。

自然界では本来、分散させて個々が協力し合ってこそ、美しく整った状態が保てるものです。
このことは、植物たちの営みや、一箇所に集め過ぎると腐敗していく自然現象を見ても明らかなことですね。

不必要な恨みつらみや、不自然さを生み出さないためにも、人間界はもっと力を分散させていく方向に舵を切っていくことが大切だと気づかせてくれた素晴らしい内容でした。

蒲原ビームが発動!まるでマリコさん?

蒲原ビーム凄かったですね。

まるでマリコ?と思うような、石井一彰さん演じる蒲原勇樹の目力に注目が集まりました。蒲原くん大活躍の今回は、蒲原回といってもよかったのではないでしょうか。

しかし、あまりの活躍に、ネットでは蒲原くんの卒業フラグ?
と不安視する声も上がっています。

『科捜研の女19』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 榊マリコ(沢口靖子)と土門薫(内藤剛志)のもとに、“京都観光促進センター”の園崎乙弥(松田悟志)から相談が舞い込んだ。園崎らは、京都の名所を訪れた観光客たちに、京都らしさを感じさせる“音”を専用アプリで体験してもらう“京都サウンドAR”というプロジェクトを進めていたのだが、共同で開発に当たっていた音響の研究家・尾藤奏吾(村上新悟)が失踪。さらに、センターのサイトに「プロジェクトを中止しないと恐ろしいことが起きる」という謎の脅迫メールが届いたという。
 その矢先、爆弾が爆発する衝撃の瞬間を収めた動画が、何者かによって科捜研に送り付けられた。動画にはなんと、「市内の観光名所に爆弾を隠した」というメッセージが入っており、爆弾の場所は園崎たちが名所に設置した“ARサウンドスポット”で確認しろ、とも記されていた。犯人は殺傷力の高い爆発物を、大勢の人出でにぎわう有名スポットのどこかに仕掛けたらしい…。
 マリコたちは犯人から次々と送り付けられてくるメールに従って、あちこちの観光名所をめぐり、ARサウンドを分析。その分析結果を頼りに懸命に爆弾を捜索するが、どんどんタイムリミットが迫ってきて…!? そんな中、土門は尾藤に経費の不正流用疑惑があることを知り…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0009/