ドラマル

『科捜研の女19』4話のネタバレ感想!マリコさんはやっぱり猫が好き回!

2019年5月9日に放送されたドラマ『科捜研の女19』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、全財産8億円を猫のももちゃんに相続するという遺言を残していた著名な絵本作家・早乙女由子(室井滋)が殺害される。
果たして、ももちゃんは8億円を相続できるのか?由子を殺したのは誰なのか?

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』4話のあらすじネタバレ

『バクのだいぼうけん』で有名な絵本作家・早乙女由子(室井滋)が、頭部を殴られて殺害されました。
由子は心臓に持病があって、2カ月前から入院していたが、事件当日は一時帰宅していました。
臨場した科捜研のメンバーの榊マリコ(沢口靖子)橋口呂太(渡部秀)涌田亜美(山本ひかる)は凶器のトロフィー、現在は製造されていないガムの包み紙、キャットルームにいた由子の愛猫『ももちゃん』を発見します。
キャットルームには、ももちゃん5ケ条が掲げられていました。その内容は、
私はセレブなお嬢様猫、心して仕えなさい。

  1. 食事は新鮮な材料を使い、毎日心を込めて作りなさい。
  2. 私は箱入り娘よ、お屋敷から出さないで。
  3. ブラッシングする時は、豚毛のブラシで丁寧に優しく撫でてちょうだい。
  4. 気が向いた時は、お気に入りのおもちゃで遊んであげるわ。ありがたく、お相手しなさい。
  5. 幻のマタタビが食べたいわ。探してきなさい。

というものでした。

その現場に駆けつけた由子の顧問弁護士によると、由子は余命宣告を受けていて、死後全財産8億円をももちゃんに相続させるという遺言を残していたということです。
それは『負担付死因贈与』という贈与方法で、由子はももちゃん5ケ条に則って世話をするという条件付きで、ペットシッターの稲葉剛(笠松将)に遺産をすべて譲る契約を交わしていたようです。

マリコたちの鑑定で、由子の耳と猫についていた微物がハンドクリームだとわかり、そのハンドクリームの中に人の汗の成分と緑の色素があったことから、犯人は色のついた汗をかく『色汗症』の可能性があると推測して、事件関係者になる稲葉、由子の弟の早乙女修一郎(谷口高史)妹の松原英恵(川俣しのぶ)編集担当者の水野幹夫(小久保丈二)の汗を鑑定することになります。ところが全員色汗症ではありませんでした。

捜査一課刑事の土門薫(内藤剛志)は、由子がももを飼いはじめてから3ヶ月しか経っていないのに、ももに遺産をすべで相続させることと、由子の指名で稲葉がペットシッターになっていたことに疑問を感じて、ももを飼うようになった経緯と由子と稲葉の接点を探っていきます。

科捜研に連れて来られたももが、科捜研のメンバーの宇佐見裕也(風間トオル)がいつも食べていたレシピ通りに作った贅沢な餌を食べず、洛北医科大学教授の風丘早月(若村麻由美)が持ってきた市販の餌を美味しそうに食べていること、ももの肉球に市販の安い餌が付着していたこと、稲葉が由子と言い争っていたという目撃証言があったことから、稲葉に疑惑の目が向きますが色汗症でもなく、過去の接点も見つからず犯人だと特定することはできません。

そんな中、蒲原勇樹(石井一彰)がももを辿っていき、由子の元夫である銅版画家の滝俊介(諏訪太朗)に行き着きました。
ももは元々滝のところにいて『みかん』という姉妹猫がいたのですが、みかんは行方不明になっていました。

滝が由子に、遺産相続の契約書の書き直しを迫っていたことや、滝が色汗症であること、被害者の由子に付着していたハンドクリーム、ももの肉球についていたキャットフードが滝のところにあったことから、滝が犯人ではないかと科捜研の一同も考えるのですが、滝にはアリバイがあり、殺害は不可能だということがわかります。

不思議なことだと科捜研のメンバーは考えあぐねていましたが、マリコは猫の入れ替わりの可能性に気づき、猫の鼻紋を調べ、由子のところにいた猫がももではなく、みかんだということが判明します。

防犯カメラに姿があったことから追求して、ももとみかんを入れ替えたのは稲葉だということが判明しますが、その理由はももが目を離した隙に逃げ出して、妊娠して帰ってきたので、自分の怠慢を指摘されることを恐れ、前に話に聞いていた滝さんのところにいるみかんと入れ替えたというものでした。
しかし稲葉は由子を殺していませんでした。
稲葉が入れ替えたももが持ち出したおもちゃから、由子の血痕がついた指紋が検出され、鑑定の結果編集担当の水野幹夫(小久保丈二)の指紋だとわかりました。

鑑定結果を示し水野を追求したところ、水野は由子殺害を白状します。
その経緯は『バクのだいぼうけん』の主人公バクにはモデルがいて、それがペットシッターの稲葉だとわかるのですが、それを公表してしまうと絵本の読者のイメージが壊れてしまうので、公表しなくても感謝の意を届けるために『負担付死因贈与』を水野が由子に提案しました。

しかし、最新刊に献辞を入れると由子が言い出し、水野は自分の名前が入るのだと思っていたのですが、実際には公表しないと約束した稲葉へのものだったことに憤り殺害に及んでしまったようです。

起訴猶予になった稲葉ですが、契約条件を守れず8億円の遺産は受け取れませんでしたが、ももと生まれてきた子猫を引き取ることになりました。
マリコは稲葉に、由子が大切にしていた幼い頃の稲葉にもらったガムの包み紙と最新刊の献辞をを見せて、稲葉が忘れていた幼い頃の冒険心を思い出して欲しかったのではないかと伝えると、とても分かり辛かった由子の稲葉へのメッセージがようやく届きました。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』4話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

由子の人生を変えてくれた稲葉との出会いへの感謝の思いは、なかなかわかりづらいものでした。
このように人間同士の交流は、言葉や行動によって行われるのですが、真意がそのまま届いていないことの方が多いでしょう。

言葉も意思の疎通の手段としてとても便利なものですが、ほんの一言で強固な思い込みを創ってしまうこともありますから、丁寧に扱っていく必要がありますね。
届ける側も受け取る側も、もっと五感を研ぎ澄まして感じ取っていくことの大切さを教えてもらえました。

マリコさんはやっぱり猫が好き回!

猫好きにはたまらない「猫=マリコさん」の回でしたね。

猫ちゃんの真似をするマリコさんが、日野所長になでなでしてもらったり、呂太くんの方へ跳びすりすりするという沢口靖子がまるで猫な可愛いシーンがあり、放送後、「可愛すぎる!」と話題を集めました。

土門さんもマリコさんのことを、まるで猫のようだと思っているようでしたね。

『科捜研の女19』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 焼けた廃倉庫の中から、全身が炭化した遺体が発見された。榊マリコ(沢口靖子)らの鑑定の結果、70歳過ぎの白人男性とわかる。犯人は被害者を薬で眠らせた上で、倉庫に火を放ったようだった。また、現場の近くで古いモノクロ写真が落ちているのが見つかった。そこには、日本人の青年2人とセーラー服の日本人少女が写っていた…。
 遺体の頭蓋骨をもとに、マリコは被害者の“復顔像”を作成。その画像を手に土門刑事(内藤剛志)らが聞き込みしたところ、殺された白人男性は事件当日、京都市内の土産物店で抹茶クッキーを購入。その後、投資会社社長・平松恭一郎(寺田農)に面会を求めていたことがわかる。さらに、モノクロ写真の分析を進めた結果、写っていた青年のひとりが、京野菜農家の後藤了胤(大出俊)であることまでわかった。後藤は1968年、自身の生家である寺の境内で何者かに刺されて重傷を負った過去があったが、犯人は見つからず事件は迷宮入りしたという。半世紀前の傷害事件は、今回の殺人に関係しているのだろうか…!? 
 謎が深まる中、土産物店には平松の妹・及川さくら(中田喜子)が勤めていた事実が浮上! 殺された白人男性と後藤、平松、さくらの関係は…!? そして、被害者が京都に来た目的とは…!?  捜査が進むにつれ、半世紀前、若者だった彼らを翻弄した、とある事件が浮かび上がっていく…!

出典:URL