ドラマル

『科捜研の女19』1話のネタバレ感想!ルヴァンとの科捜研コラボCMが面白いと話題!

2019年4月18日に放送されたドラマ『科捜研の女19』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話の見どころは、インパクト抜群の橘つかさ(檀れい)の馬乗りからの首絞め!
いったいどんな事件が起きたのでしょうか?
舞妓さんも登場で1話から京都を感じられそうな展開です。

関連記事

『科捜研の女19』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『科捜研の女19』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「ビデオパス」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』1話のあらすじネタバレ

京都府警科学捜査研究所(通称:科捜研)のテレビに、京都のローカル番組の「ほっこり散歩」が映し出されている時、芸妓の鶴藤(浦まゆ)とまめ房(片山萌美)が出演中に喧嘩を始めます。

そこに科捜研の所長兼文書研究員の日野和正(斉藤暁)と京都府警捜査一課の刑事蒲原勇樹(石井一彰)が現れ、連続婦女絞殺事件の容疑者である荒木田修(鈴木拓)が京都駅の防犯カメラに映っていたとのニュース報道にチャンネルを切り替えます。
科捜研で防犯カメラ映像に映っている荒木田の靴を鑑定すると、駅売り専用の靴で荒木田が逃走した警察署の近くの駅で盗まれていることが判明します。

荒木田の捜索をしている最中に置屋「錦井」で鶴藤の変死体が発見され、榊マリコ(沢口靖子)と橋口呂太(渡部秀)が向かいます。

鶴藤のご遺体は、洛北医科大学解剖医の風丘早月(若村麻由美)と榊マリコ(沢口靖子)が鑑定して、首を絞められたことによる窒息死の他に、心臓破裂も死因の可能性があると考えます。
マリコは心筋の細胞で心筋の組織学検査をします。
宇佐見裕也(風間トオル)は爪の付着物成分分析をします。
橋口は首の索条痕鑑定を行います。
日野は下足痕鑑定をします。
防犯カメラ映像解析は涌田亜美(山本ひかる)です。

被害者の爪の白い微物の成分は、被害者以外の白粉でした。
また、被害者の長襦袢から手に塗る御香の塗香(ずこう)の成分が検出されました。
索条痕に合致する凶器は現場にはありませんでした。
下足痕の鑑定では、前歴のある下足痕が見つかり、それが荒木田のものと一致しました。
防犯カメラの映像解析でも、荒木田が映っているものが発見されます。
その時蒲原勇樹(石井一彰)が荒木田の手口と同じことに気づきます。

科学警察研究所の主任研究員・橘つかさ(檀れい)が京都府警刑事部長の藤倉甚一(金田明夫)と一緒に科捜研に現れます。荒木田の事件は、警察庁広域重要指定事件になっているので、科警研のつかさが来ていました。

マリコの心筋の鑑定では、鶴藤の心臓は元々軽い心筋梗塞があって、強い圧迫で心破裂を起こしやすくなっていたようです。
直接の死因が窒息ではなく、胸部圧迫による心破裂の可能性があるという所見になりました。
しかし、つかさが異論を唱え、マリコが論破された形になりますが、マリコは疑問が残っているから鑑定は続けると考えます。

そして今度は、つかさの異論を論破する鑑定をマリコは見つけます。
それを受けて、つかさはもう一度全ての鑑定賞を精査することにします。

その後新たに発見された腰紐が、被害者の索条痕と一致して、そこから採取された指紋は久口と荒木田のものでした。
また、長襦袢の両肩から採取された土と荒木田の靴から採取された土が一致したことから、つかさは犯人は荒木田だと断定します。

土門薫(内藤剛志)からの情報で涌田が防犯カメラの映像の中から荒木田を見つけます。
この情報を犯罪予測システムに落として、荒木田の潜伏先を割り出すことをマリコは思いつきます。
そして、照明設備のないところの捜索に、熱画像直視装置を導入することもマリコが閃きます。
この捜索で、暗闇に隠れていた荒木田を見つけ逮捕します。

荒木田逮捕を受けて、つかさは科捜研のメンバーに敬意を表しますが、マリコは未熟だと言い放ちます。

翌日荒木田が犯人だと決着しそうになった時に、置屋「錦井」の女将小峰(立石涼子)が京都府警を訪れ、久口慎二(渋江譲二)がまめ房にプレゼントしたかんざしを見つけて、まめ房が殺したのだと思い言い出せなかったこと、鶴藤を心臓マッサージしたことを明かします。
また、荒木田は殺害は認めたものの、胸には乗らなかったこと、鶴藤が手足をほんの少し動かしただけで抵抗しなかったことを供述します。

この小峰と荒木田の供述と鶴藤の顎に内出血の跡があったことから、マリコとつかさは可能性を閃き、脳と脳幹を調べ、鶴藤は脳幹部損傷による脳死状態になっていて、直接の死因は脳の損傷だとわかります。

このことから直接の死因の原因になったのは、鶴藤とまめ房の喧嘩だとわかります。

つかさは最後にマリコを認め東京に戻っていきます。

マリコの最後の言葉は、
「大切なことを変えないために、私たちは変わり続けなければならないのかもしれない。」
でした。

スポンサーリンク

『科捜研の女19』1話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

花街にも変化の波は訪れているようですが、変えてはいけない大切なものもありますね。
しかし、榊マリコ(沢口靖子)の最後の言葉にもありますが。
人間の身体のように、表面的に変化していないように見えても、内側は激しく変化し続けているのが自然界の姿です。

変えてはいけない大切なものを守るためには、果てしなく変化、進化し続けていく必要があります。
花街と科学のように、相反するものも根底で繋がっているのが自然界の面白いところですね。

1話で最も話題になった出来事

ルヴァンとの科捜研コラボCMが面白いと話題!

初回放送は、ルヴァンとのコラボCMが本編よりも面白く全部持っていったと話題を集めました。

金麦VSルヴァンはルヴァンパーティーの勝ちかな。ルヴァンのCM科捜研バージョンを見た人は「食べたくなった!」という声殺到!これはCM効果抜群ですね。わたしも来週はルヴァン片手に視聴しようかと思います。

『科捜研の女19』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『科捜研の女19』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 廃工場で、男性の撲殺死体が見つかった。被害者の手指には絵の具が付着していたほか、現場の壁には描き終えたばかりと思われる、見事な馬の絵が残されていた――。
 榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研メンバーが現場を調べていると、その廃工場で知人と会う約束をしていたという女性が現れた。彼女は美術評論家の古町雫(真飛聖)と名乗り、雫が遺体を確認したところ、被害者は世界的に有名な覆面画家・実相寺梵(吉田ウーロン太)だと判明する…! 実相寺梵は日本人であること以外、プロフィールを一切明かしていない謎の存在で、キャンバスだけでなく、廃墟や街角の壁にゲリラ的に絵を描くことで知られていた。
 壁に残された馬の絵を見た雫は、間違いなく実相寺の作品だと断言するものの、実相寺本人のことは“渡辺さん”という苗字以外は知らないと言い、マリコたちは遺体の身元すらつかめず、行き詰ってしまう。
 実は、雫は実相寺とは美大時代の知り合いだったが、留学を機に15年以上、音信不通になっていたという。だが、3日前に実相寺から突然、電話があり、事件当日の昼間に再会。その際、実相寺に「廃工場で新作を描いているから夜7時に見に来てくれ」と頼まれたと打ち明ける。
 そんな雫の証言からヒントを得たマリコは、“あるモノ”を鑑定することで、謎に包まれたアーティスト・実相寺梵の身元を突き止めようとするが…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0002/