ドラマル

『神ちゅーんず』6話のネタバレ感想!藤原ルミ(星名美怜)回!凜との過去が明らかに!

2019年5月11日に放送されたドラマ『神ちゅーんず』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、凜とルミの過去が明らかに!
こじれた二人の関係は修復されるのか?

関連記事

『神ちゅーんず』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『神ちゅーんず』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「dTVチャンネル」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『神ちゅーんず』6話のあらすじネタバレ

DTMユニット『神ちゅーんず』に橘梓(真山りか)がバックダンサーで加入すると、笠原遥(小林歌穂)と大宮やえ子(安本彩花)もダンサーに駆り出されて、ハードなダンス特訓が始まっていました。
自称『親衛隊』の澤田正樹(板垣瑞生)も新生クラブの部室にちょいちょい顔を出すようになって、神ちゅーんずの活動は活発になってきているのですが、十倉凜(柏木ひなた)は浮かない表情で沈んでいます。

そのわけは、軽音楽部のバンドを藤原ルミ(星名美怜)が脱退したと聞いたことでした。
音楽素人の凜をバンドに誘ってギターを教えてくれたルミは、凜にとって大事な存在でした。
しかし凜が軽音楽部を逃げ出して以来、関係はこじれたままでした。

そんな中、永莉テイラー(中山莉子)のツテで、ミュージックビデオの撮影の日程が決まるのですが、凜は楽曲のアレンジでメンバーに誘いたい人がいるからと、撮影の延期を頼みます。

凛はルミへの想いを曲と歌詞に込めてルミに渡すと、ルミはまた凛と一緒に音楽をやりたくて、編曲担当として神ちゅーんずに参加することになりました。
ルミが加わった神ちゅーんずの快進撃が始まる予感が漂ってきています。

そして、凛が想いを寄せている正樹は、梓と付き合っているのかと思いきや、梓に凛のことが好きかもと想いを漏らしてしまいます。

『神ちゅーんず』6話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

一旦こじれた関係を修復していくのは、新たに関係を築いていくことよりはるかにエネルギーが必要になるものでしょう。
しかし、それも囚われやこだわりの影響によるものが多くなるものですね。

心に感じている素直な気持ちや想いを、そのまま伝えていくことが過去を超えていく最良の道かもしれません。

凛とルミは一緒にやりたいという同じ思いを持ちながら、過去の出来事に囚われすぎて素直な気持ちを伝えられなくなっていました。
それを見事にふたりとも乗り越えていく姿には感動しました。素直がいちばんですね。

藤原ルミ(星名美怜)回!凜との過去が明らかに!

6話は星名美怜さん演じる藤原ルミ回でしたね。
凜ちゃんとルミちゃん仲直り出来て本当に良かった。これでようやく神ちゅーんずが羽ばたく準備が整いましたね。

『神ちゅーんず』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『神ちゅーんず』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 神ちゅーんずの初めての曲『あなたのダンスで騒がしい』のミュージック・ビデオが遂に完成する。さっそくネットで公開すると、笠原遥(小林歌穂)が仕込んだ“必殺技”の効果で、再生回数は瞬く間に上昇。業界人の関心も集め、なんと、いきなりのロックフェス出演が決定する!
 急きょ曲作りに追われる十倉凜(柏木ひなた)とメンバーを、裏方としてサポートする澤田正樹(板垣瑞生)。しかし、その中に橘梓(真山りか)の姿はなかった…。
 神ちゅーんずの注目度が高まる一方で、ネットにはアンチも登場。藤原ルミ(星名美怜)が脱退した旧バンドメンバーからの謂れのない批判もあり、曲作りに集中できなくなった凜は、つい自ら反論コメントをネットに書き込んでしまい…。
 そんな中、梓が突然の脱退を表明?神ちゅーんずに激震が走る!?

出典:https://www.asahi.co.jp/kamitunes/