ドラマル

『仮面同窓会』5話のネタバレ感想!串刺しジョージは誰?八真人またはストーカー男?

2019年6月30日に放送されたドラマ『仮面同窓会』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、洋輔が日比野真理と関係を持つ里内彩香(華村あすか)を訪ねる。
そして、串刺しジョージが和康の殺害現場にいた上原加奈子に迫り…。

関連記事

『仮面同窓会』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『仮面同窓会』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『仮面同窓会』5話のあらすじネタバレ

樫村殺しを新谷洋輔(溝端淳平)の仕業と確信しつつ、その一方で、その前段階の「仮面同窓会」という名の樫村拉致の悪戯行為については、皆川希一(佐野岳)主導の計画であったことを上原加奈子(雛形あきこ)に漏らしていた大見和康(木村了)。その和康がビル屋上から落下して死にます。警察は、自殺と他殺の両面から捜査を進めます。

洋輔には、和康に歩道橋から落とされそうになったところからの記憶がありません。樫村殺しを洋輔の仕業と決めつけ、それで洋輔に詰め寄る和康に抵抗している最中に記憶が飛んで、洋輔は、マンション自室で目覚めます。
そして、訪ねて来た竹中美郷(瀧本美織)に和康の死を知らされます。自身の指先に付着する血痕と、そして、洗面所に残留する血痕を目にします。幼い頃、転落死している兄・雅之(小林喜日)の「お前が殺したんだ」という言葉も、幻聴で聞こえて来ます。
洋輔、警察への出頭を考えますが、それを美郷が「行ったら犯人にされる」と、必死で止めます。

和康が死んだ翌日、洋輔の勤務先に刑事がやって来ます。
狐狸山警察署に任意同行すると、防犯カメラが捉えたという洋輔の後を追う和康の姿を見せられます。それに気付いていなかった洋輔は、和康の落下死する時刻のアリバイとして、美郷の家にいたと言います。美郷との口裏合わせが出来ています。

和康の葬式に、希一、片岡八真人(廣瀬智紀)、洋輔、そして、加奈子がやって来ます。
和康から「仮面同窓会」のことを聞き出していた加奈子は、和康の死の直前、「希一に殺される。そして、あんた(加奈子)も殺される」と電話で遣り取りしていました。その電話の後、和康に会おうと向かったところで、横断歩道上で和康を襲う串刺しジョージこと、ストーカー男に遭遇します。

ただ、串刺しジョージが美郷にストーカー行為を働く男であることは、洋輔ほか誰も知りません。ともあれ、串刺しジョージの犯行現場を加奈子はスマホで動画撮影していました。洋輔が気を失っている横で、串刺しジョージが和康を襲っていました。

そういうことではありますが、いずれにせよ、警察の調べにより、和康の部屋から樫村の時計が発見されたことで、樫村を殺した罪の意識で和康は自殺したという筋書きが世間的に出来上がり、どうやらそれで決着しそうな雰囲気になっています。

その頃、祖父江兼一(吉田甘路)より、里内彩香(華村あすか)に関する有益情報が洋輔に入ります。彼女は、串刺しジョージに顔をざっくり切られて自殺未遂しているということです。

病院勤務の美郷による情報で、彩香が、恵清会病院外科病棟に入院中だと分かります。洋輔は彩香に面会して、つい最近、江藤なるみ(松本妃代)にも会ったことを話します。そして、真理のことについて聞きたいと言ったところで、半狂乱になる彩香。

その裏側では、和康に襲い掛かるところを動画に撮られた串刺しジョージが、加奈子の部屋を急襲します。
部屋を飛び出したところで転倒して気絶し、そのまま、部屋内に引きずり込まれます。そんなわけで、音信不通になった加奈子の居場所を希一が八真人に尋ねますが、八真人は、知っているわけがないと返答します。――希一は、八真人に対して、加奈子と組んで自分に復讐しているものかと疑い始めています。

病院の廊下。美郷は、江藤なるみと対面します。彩香が串刺しジョージに顔を傷付けられて自殺未遂していること、それから、今井奈緒(久住小春)も襲われたことを確認します。
なるみは、イジメが原因ではないと力説します。

ただ、この3人組は気になる落書きをしていました。「日比野真理は、淫乱ビッチ!! 電話一本でやらせてくれる!/090-2……」という落書きを目撃された3人は、真理に水をかけられています。そんな会話を、洋輔は壁の陰で聞いています。

帰路、なるみが串刺しジョージに追われ、車道の向こうの逆側の歩道にいた洋輔と美郷に近付こうとして、車道に飛び出した瞬間、走行車両に轢かれます。車にハネられたなるみは、ピクリとも動きません。

スポンサーリンク

『仮面同窓会』5話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

原作では、和康の死後、ここで一転して、六畳一間の和室の押し入れに隠れ住む洋輔の「寄生虫」、長兄の稔彦が登場します。

稔彦の存在を美郷に見られます。で、洋輔の二重人格の疑いが晴れてゆきます。独り言では無く実在の兄との会話だと分かります。そうなれば、生き残っている仲間の中に、樫村と和康殺しがいるはずという流れになります。が、ドラマでは、原作にはいない加奈子が大活躍します。希一を脅して、口止め料の3千万円を簡単に奪ったり、和康を襲う串刺しジョージの動画を撮ったり、縦横無尽な行動をします。で、最後に加奈子は、串刺しジョージに襲われます。

加奈子は串刺しジョージに殺されるのか、または、仲間に参入するのでしょうかね。長兄の稔彦の代替要員としての加奈子という役回りなら、加奈子は、串刺しジョージ側の人間になるものと思われます。

黄色のレインコートは誰?八真人またはストーカー?

黄色のレインコートを来た目立ちすぎの串刺しジョージが誰なのかが話題です。

原作通りならばまとめ記事に書いたあの人ですが、ネットでは、片岡八真人(廣瀬智紀)かストーカー男(永井大)では?と言われています。

背丈で言えばどちらも当てはまりますが、歩き方はストーカー男でしたね。

正直、日比野真理(吉田志織)の件に上原加奈子(雛形あきこ)は関わっていないと思うので、串刺しジョージに殺されたのは意外でした(まだ生きてる?)。

上原加奈子は原作では出てこないので、いつ退場してもいいのかもしれません。
しかし、殺しの現場を見られただけで、串刺しジョージが上原加奈子を殺したなら、日比野真理の復讐という大儀が揺らいだ気がします。

『仮面同窓会』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『仮面同窓会』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

洋輔(溝端淳平)と美郷(瀧本美織)は、卒業直前に自殺した日比野真理(吉田志織)の墓参りに訪れる。そこに居合わせたのは、花を持った八真人(廣瀬智紀)だった。「真理の自殺の本当の原因を知りたい」と問う美郷をはぐらかすばかりの八真人。洋輔もさらに八真人を問い詰めるが、「お前にも話したくない過去があるだろ」と、亡くなった洋輔の兄・雅之のことを持ち出し、話す気配はない。その瞬間、「お前が殺した」と幻聴が聞こえた洋輔は、人が変わったような異様な表情で八真人に迫る…。

洋輔は最近自分を苦しめるようになった幻聴の原因を探ろうと、意を決して心療クリニックを訪れる。医者に「身近な誰かに話すだけでも気持ちが楽になる」とアドバイスを受けた洋輔は、美郷に18年前の兄の死について語り始めた。

出典:http://www.tokai-tv.com/kamendosokai/story/