ドラマル

『仮面同窓会』3話のネタバレ感想!距離感おかしい雛形あきこ!旦那を心配する声も!

2019年6月15日に放送されたドラマ『仮面同窓会』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、豹変した洋輔が、加奈子(雛形あきこ )・職場上司・ストーカー男(永井大)に襲い掛かる。洋輔は多重人格者なのか?
そしてある日、八真人のもとに樫村の遺書と思われる手紙が届き…。

関連記事

『仮面同窓会』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『仮面同窓会』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『仮面同窓会』3話のあらすじネタバレ

体育教師・樫村貞茂(渡辺裕之)殺しの犯人と疑い、それで新谷洋輔(溝端淳平)のマンションを訪れた美術教師の上原加奈子(雛形あきこ)。
狐狸山高校同窓会の会場脇で、皆川希一(佐野岳)、片岡八真人(廣瀬智紀)、大見和康(木村了)、それに、洋輔が加わって、何やら相談事をしているのを加奈子は見咎めていました。あるいは、関係している希一に言われて、洋輔の殺人関与を探りに来たのでしょうか。
加奈子は洋輔の部屋に入るなり、兄・雅之(小林喜日)の転落死(18年前)についても、あれは事故ではなく、突き落としたのではないかと詰め寄ります。で、トラウマになっている兄の死を突き付けられて、洋輔は逆上します。思わず加奈子の首を絞めるという暴挙に出ます。我に返った洋輔が手を放した隙に加奈子はその場を立ち去り、事なきを得ます。

洋輔は一番の親友だと思っている八真人に会い、殺人現場(静池)付近でスポーツカーの目撃情報があったということから希一に対する疑いをぶつけます。が、八真人は希一と和康が、逆に、洋輔にハメられたと思っていることを伝えます。
洋輔を除く3人にとっては「鉄の結束」を固める為の「仮面同窓会」なのでしたが、洋輔だけは、結構根強い樫村に対する「復讐心」があって、それが爆発したものかと疑っているわけです。

そんな頃、竹中美郷(瀧本美織)からの急報で彼女の勤務先病院に駆け付けると、美郷の自転車のサドル、タイヤチューブが切り裂かれています。仕方が無いので、そのまま会社の車で美郷を自宅に送り届けます。
その後も、再びSOSが入ります。やはり、ストーカー男(永井大)に付き纏われている美郷。
ストーカー男からの攻撃を受けて反撃に転ずる洋輔。石を振り上げ、ストーカー男に襲い掛かる洋輔。美郷が、必死にそれを止めますが、「見たか、これがお前の本性だ」とストーカー男が言い放ちます。豹変する洋輔の二面性を指摘します。そういう美郷絡みのトラブルに巻き込まれて、結局、3人と会う約束の場所に行けなかった洋輔。それで、ますます疑われることなる洋輔。希一が会社にやって来て、怒りを爆発させます。

その昔。
希一(幼少期=海津陽)、和康(幼少期=松本新仁郎)、洋輔(幼少期=柴崎楓雅)の3人が見守る中で、八真人(幼少期=田代輝)が本屋で万引きをします。それを知った兄の雅之がそれを咎めて、一緒に謝りに行くから万引きした者は名乗り出るように言います。
しかし、それに反発する希一が日頃の雅之の態度に対する仕返しをしようと言い出します。
洋輔も、優秀な兄と比較されることで苦しんでいましたから、その計画に乗ります。が、今になってみると、兄がいなくなれば良いと思っていた自分が許せません。だから、兄の死は自分のせいだとトラウマになっているわけです。
そんな洋輔を気遣ってか、あれ(崖下への転落死)は事故だと、洋輔に言い聞かせる八真人。「あれは、俺たちだけの秘密だ」とも八真人は言います。

その頃、清掃仕事(アルバイト?)をしている和康に接近する加奈子。樫村殺しを希一の犯行と考え始めている加奈子は、希一に虐げられている者同士の和康と組んで希一をゆすり、それで希一から金品を巻き上げようと考えているようです。が、希一に従属してきた和康は何も知らないと言って、加奈子から逃れます。このあたり、いろいろな思惑が交錯しています。

八真人の職場(大学の就職支援課)に宛名も差出人名も無い封筒が届き、その中に樫村の遺書らしきものが入っています。
「私は償いきれない罪を犯しました。1人の少女を裏切り、ひどくひどく傷つけました。ごめんなさい。許してください。命で償います。樫村貞茂」。
それを見た八真人は即座に、洋輔にメール連絡します。
勤務中の洋輔のスマホに、遺書の画像添付で「樫村の遺書が見つかった」という文面が送られて来ます。

スポンサーリンク

『仮面同窓会』3話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

おそらく、裏切りをした1人の「少女」とは、高校卒業直前に校舎から飛び下り自殺した日比野真理のことに違いなく、ストーリーが核心に近付きました。

樫村は、真理の飛び下り自殺の直前に会っていたという噂もあります。それにしても、目隠しをされて、後ろ手に縛りあげられている状態で樫村の遺体は発見されているわけですから、「自殺」ではないのは明らかです。

つまり、誰かに「遺書」を書くことを強要されて、その後、殺されたことになります。筆跡鑑定で樫村本人の字であることが明らかになるはずなので、速やかに、その「遺書」を警察に届けることで、早期に問題は解決します。

真犯人があぶり出されるはずなのですが、八真人も洋輔も、そうはしないのでしょうね。特に八真人は、日比野真理の件が露見するのは困ると考えるのでしょうしね。それで、警察に隠すことで、より悪い方向に引っ張られてゆくのでしょうね。

因みに原作では、八真人による盗撮騒ぎが雅之殺し(転落死)に至る発端でしたが、ドラマでは八真人の本屋での雑誌万引きということになっていて、まあ、このあたり、子供の盗撮よりは万引きの方がリアリティーが増すことになるのでしょうかね。

距離感おかしい雛形あきこ!旦那を心配する声も!

妖艶な美術教師・上原加奈子を演じる雛形あきこさんの衝撃シーンに、リアル旦那さんを心配する声がネットではつぶやかれています。

新谷洋輔(溝端淳平)に殺されかけても、全く懲りた様子のない加奈子。
金銭目的でオラオラ系の皆川希一(佐野岳)と繋がっているようですので、希一の弱みを握って揺すろうとしているんでしょうか…。
距離感がおかしく、ついつい余分なことを言ってしまうので、彼女の命が心配ですね。

『仮面同窓会』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『仮面同窓会』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

事件の真相を巡り、互いに疑心が生まれつつある洋輔(溝端淳平)たち「仮面同窓会」のメンバー。そんな中、八真人(廣瀬智紀)のもとに樫村(渡辺裕之)の遺書と思われる手紙が届いたと連絡が入る。

洋輔に先んじてたまり場に集まった希一(佐野岳)、和康(木村了)と八真人。すると樫村拉致の際に洋輔に名前を口走られ、メンバーの中で一番動揺していた和康は、洋輔が自分たちを裏切り、手紙も洋輔が書いたものだと主張する。

そこへ洋輔がやって来た。洋輔は、手紙の中に書かれていた「ひとりの少女を裏切った…」という一文に対する意見を伝える。その少女とは、高校卒業間際に自殺した日比野真理(吉田志織)のことではないかと話す。すると、それを聞いた他の3人の表情が曇り…。

そのたまり場でのやりとりを、加奈子(雛形あきこ)がじっと耳を傾けていた。4人が何かを隠していることを悟った彼女は、和康に対してある行動を起こす…。

出典:http://www.tokai-tv.com/kamendosokai/story/