ドラマル

『仮面同窓会』2話のネタバレ感想!怖いけど面白いと好評!新谷洋輔は二重人格?

2019年6月8日に放送されたドラマ『仮面同窓会』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、洋輔たちが拉致した樫村貞茂が、翌日なぜか静池で遺体として発見された。
動揺する4人は、濡れ衣を着せられないようアリバイの口裏合わせをするが…。

関連記事

『仮面同窓会』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『仮面同窓会』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『仮面同窓会』2話のあらすじネタバレ

新谷洋輔(溝端淳平)は高校同窓会で、皆川希一(佐野岳)、片岡八真人(廣瀬智紀)、大見和康(木村了)と再会しました。
そして、「仮面同窓会」と銘打ち、体罰教師・樫村貞茂(渡辺裕之)への復讐を決行します。
ただし、復讐といっても、それは単に悪戯行為のつもりでした。
樫村を拉致し、廃工場で天突き体操をさせたりして、いたぶるだけのはずでした。が、樫村は、翌日、廃工場から2km離れた静池で遺体となって発見されます。

急遽、希一の声掛けで溜り場の廃パチンコ店に集合した洋輔、八真人、和康。警察に樫村の拉致がバレたら樫村殺しの犯人にされますから、アリバイの口裏を合わせです。
八真人の提案で、事件時、洋輔の車で街に出掛け、そして、どこも満席だったので、結局その日は洋輔の部屋で飲み明かしていたことにします。

樫村の葬儀場では、上原加奈子(雛形あきこ)が、険悪な雰囲気で樫村の妻と対峙。その後、加奈子は希一と密会し関係を重ねています。

樫村の葬儀に参列していた竹中美郷(瀧本美織)は、そこで希一の姿を目撃したこと、そして、美郷の勤める大学病院で樫村の司法解剖が行われ、その検視内容を偶然聞いてしまったことを洋輔に告げます。
誰も樫村の葬式には出ない約束だったのに、何故、希一が葬儀に出席したのか疑問です。また、検視では、目隠しされたうえに後ろ手に縛られていたということですから、これはもう事故だったことにはなりません。
その報告を受けた洋輔は、その夜1人で樫村を放置した廃工場へ向かいます。すると、そこには希一、八真人、和康が先着していました。彼らは、自分たちが廃工場にいたという痕跡が残っていないか、それを確認に来ていました。で、誰も行かないと約束していたのに、希一だけが樫村の葬式に行ったことについては、警察の動きを知る為だと希一は弁明します。

その後、刑事2人が洋輔のアパートにやって来て、樫村の葬式参加者として「記帳」されている人、全員への聞き込みをしているのだと言われ驚きます。洋輔は、出席していませんが、その場では、つい出席していたことにして話を合わせます。

刑事が去った後、洋輔は美郷と待ち合わせて喫茶店へ。そして、念の為、葬式に行った美郷に確認します。「俺、葬式に行ってないよね」と尋ねると、「変なの」と美郷が返します。で、出席していた希一が冗談で自分(洋輔)の名前を書いたのかなと推察します。
そんな場面に、不意に、ストーカー男(永井大)が出現します。ストーカー男に追われて、ビルの外階段を駆け上がる洋輔と美里。追い詰められたところで、ストーカー男に首を圧迫されて気を失う高所恐怖症の洋輔。

その瞬間、洋輔の脳裏に、走馬灯のように過去が蘇ります。

日頃、兄の雅之(小林喜日)の高圧的態度にイラついていた洋輔ら4人組は、そんな兄に仕返しをしようということになります。
洋輔が迷子になったことにして、驚かそうという計画です。
3人は、雅之に洋輔がいなくなったと伝える一方で、洋輔は崖下に帽子を落としてから身を物陰に隠します。崖下の帽子は、洋輔が崖から落ちたという偽装工作です。
それで、兄をビックリさせるだけと思っていましたが、物陰にいて、「わーっ」と言う兄の叫び声と落下音(水音)が聞こえたので崖上に戻ると、雅之は、そこから落下死していたのでした。
そんな現場では、「人殺し、帽子を投げた洋輔が殺した」と言う子(希一?)がいる一方で、「俺たちだけの秘密にしよう。俺たち、親友だろ」と言う子(八真人?)がいました。因みに、崖下に帽子を投げるよう指示したのは洋輔に対して「人殺し」と言った子です。

ともあれ、樫村殺しは、洋輔のウッカリで名前を知られた和康が身の危険を感じての犯行なのか。更には、八真人にも疑いが広がります。
八真人と付き合っていた日比野真理(吉田志織)が卒業直前、校舎の屋上から飛び下り自殺していて、その原因が樫村の真理への暴行ではないのかと噂されたりしていましたから、それで、真理の復讐として、八真人が樫村殺しをした可能性があるわけです。そういうのが洋輔サイドの推測でしたが、希一、八真人、和康サイドでは、洋輔に疑いの目を向けています。

そんな折、洋輔の部屋に美術教師の上原加奈子がやって来ます。
あの同窓会で4人が妙な計画を立てていたのを、横で立ち聞きしていた加奈子。加奈子は、兄の雅之殺しも、樫村殺しも洋輔ではないのかと問い詰めます。
たまらずに、発作的に、加奈子の首に手をかける洋輔。その突然の豹変ぶりに、「あなた、誰?」と加奈子が小さく叫びます。洋輔の二重人格性が示唆されます。

スポンサーリンク

『仮面同窓会』2話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

刑事が訪ねて来て葬儀の記帳者全員に聞き込みをしていると言われたら、即座に、「自分は葬儀に行っていない」と反応すべきなのに、何故、すぐにバレそうな嘘を言うことになったのでしょうかね。

やはり洋輔は、自身の二重人格性を承知していて、それで、美郷に「俺、葬式に行ってないよね」と尋ねたりしているわけで、つまり、洋輔が殺しの真犯人であろうということで先に話が進みます。
その流れに身を任せるのが、この種のミステリーを楽しむコツになんでしょうね。

怖いけど面白いと好評!新谷洋輔は二重人格?

溝端淳平さん演じる新谷洋輔の二重人格、多重人格者説が浮上しています。

上原加奈子(雛形あきこ)に追い詰められて、豹変した洋輔の姿は、まるで殺人者といえる程、狂気に満ちていましたね。

ストーカー役を演じる永井大さんの動きも怖かったですが、覚醒した洋輔は恐ろしすぎる。気の強そうな上原加奈子もタジタジでしたからね。

さて、『仮面同窓会』というタイトルは、洋輔の別の顔(仮面)を象徴するものなのか?
それとも、ネットで怪しまれている竹中美郷(瀧本美織)のことなのか?
続きが気になりますね。

『仮面同窓会』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『仮面同窓会』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

樫村(渡辺裕之)が殺害された事件を洋輔(溝端淳平)たちの犯行と疑う加奈子(雛形あきこ)が洋輔のマンションにやってきた。洋輔は加奈子から、18年前に起きた兄の事故死を問い質された瞬間に豹変する。加奈子はなんとか逃げ出し事なきを得たが、我に返った洋輔は…。前日の出来事を引きずった洋輔は、会社でも動揺を隠せない。するとそんな様子を咎めた上司に対し、洋輔は再び我を忘れ掴みかかってしまう。周りに唖然とされた洋輔はその場にいられなくなり、トイレへと駆け込み呆然自失となる。

翌日、洋輔は八真人(廣瀬智紀)を呼び、最近の希一(佐野岳)の行動に対する疑いをぶつける。しかし八真人は、希一、和康(木村了)が逆に洋輔に嵌められたと思っていると話し、互いに疑っても得はないと忠告する。

希一への疑惑は晴れたが、では事件の真相は何なのか?悶々とする日々を送る洋輔に、美郷(瀧本美織)からSOSの連絡が入る。仕事を切り上げ急いで美郷が勤務する病院に駆けつけると、そこで目にしたのは…。

出典:http://www.tokai-tv.com/kamendosokai/story/