ドラマル

『仮面同窓会』1話のネタバレ感想!HYDEがエンディングに登場!コラボ映像にネット湧く!

2019年6月1日に放送されたドラマ『仮面同窓会』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、主人公の新谷洋輔(溝端淳平)が、同窓会で10年ぶりに幼馴染3人と再会!
昔話に花が咲く4人だったが、話はいつしか元体育教師・樫村(渡辺裕之)への復讐計画に…。

関連記事

『仮面同窓会』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『仮面同窓会』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『仮面同窓会』1話のあらすじネタバレ

住宅設備機器を扱う営業マン、新谷洋輔(溝端淳平)。高校卒業後、故郷を離れ就職したのですが、仕事のミスが重なり、折角離れていた地元に異動です。
異動先の地元支店でも、上司から「新入社員の方が優秀」と罵倒され、その都度、かつて暴力教師から「兄貴の方が優秀だった」と怒鳴り付けられた悲しい記憶が蘇ります。

そんな苦しい日々が続くある日の帰宅途中、洋輔はストーカー(永井大)に追われる女性を助けます。なんと、その女性は高校時代の憧れの同級生、竹中美郷(瀧本美織)でした。
偶然の再会を喜ぶ洋輔は、美郷に同窓会に誘われます。
この頃、洋輔が地元に舞い戻ったのに合わせたかのように狐狸山の都市伝説「串刺しジョージ」が復活しています。若い女性が襲われています。で、一部の人間には、これが洋輔の仕業と思われています。

狐狸山高校創立70周年記念、60期卒業生同窓会。父親の会社を引き継いで皆川不動産社長になっている皆川希一(佐野岳)、大学職員として働いている片岡八真人(廣瀬智紀)、会社をクビになりニートの大見和康(木村了)と再会。
憎き暴力教師、樫村貞茂(渡辺裕之)も出席していて、洋輔に、トラウマが蘇ります。
カンニングがバレて、それで校庭で天突き体操千回以上をやらされ、それに耐えられずに吐いていた洋輔。

樫村と不倫関係だった美術教師・上原加奈子(雛形あきこ)も同窓会に出席しています。実は、美術教師・加奈子は、いま、皆川希一とも関係しています。

同総会終了後、希一、八真人、和康の3人は、樫村拉致という悪戯に洋輔を誘い込みます。
希一の会社が管理している物件のひとつ、廃業したパチンコ店内での秘密会議で「樫村をやる」ということが決します。
洋輔は、会社の車を持ち出して拉致に協力することになってしまいます。
下見をして、林を抜けたところを襲うことになります。

ジョギング中の樫村を仮面を付けた4人が襲います。樫村の頭に袋を被せテープで縛り上げます。そのまま、持ち主が蒸発して放置されている廃工場に連れ去って、樫村をいたぶります。

悪戯計画はそこまでで、あとは、樫村を放置して立ち去れば、樫村は自らテープを剥がして自由になれるはずでした。が、その時、2つのミスが生じます。
樫村の前では名前を決して言うなと約束していたのに、洋輔がカズと和康を呼んでいます。また、洋輔は樫村に顔を見られています。
頭に被せた袋がめくり上がって、その隙間から、樫村は洋輔と目を合わせています。もし、脱出した樫村が警察に通報すれば、最初に洋輔と和康が捕まりそうです。

翌日早朝、樫村を捨て置いた廃工場とは別の離れた場所、静池で樫村の遺体が発見されます。そのテレビニュースを洋輔が見て驚いているところに、警官が来訪します。

スポンサーリンク

『仮面同窓会』1話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

竹中美郷役の瀧本美織さんには最初から怪しい雰囲気が出ていて、ある意味、展開が分かり易くなっているように思いました。
なにより、ストーカー男に追われているとして、いきなり、洋輔にぶつかって行くのは妙です。また、「警察に相談した方が良いかも知れませんね?」と洋輔が言っていますが、この場合、「相談」ではなく、即、「通報」しないといけません。速やかに通報して、ストーカー男の確保を警察にして貰うのが良いはずです。が、そういうことになっていません。それどころか、高校時代の同級生と分かり、来週の同窓会への出席を促されます。で、出席するつもりが無かったのに、洋輔は、同窓会出席の運びになります。

ですが、美郷は、同窓会の席上でも、皆と一定の距離を置いていて、誰とも親しく言葉を交わしていません。洋輔に気付いて小さく手を振るだけで、あとは、一人ぼっちで立っています。洋輔を同窓会に誘ったからには、同窓会の中心に美郷がいるものと思われましたので、一人ぼっちが際立って妙に感じました。
美郷が高校時代の洋輔の憧れの人で、それならばクラスの人気者のはずと思われるのに、美郷の周囲に人がいません。孤立状態の妙な雰囲気が、美郷がキーパーソンであることを伺わせます。

HYDEがエンディングに登場!コラボ映像にネット湧く!

『仮面同窓会』の主題歌を担当する歌手のHYDEさんがエンディング映像に登場して話題を集めました。

抜群の歌唱力+俳優張りのルックスを併せ持つHYDEさん!
なんと主演の溝端淳平さんと瀧本美織さんを脇に、センターポジションでエンディング主題歌「ANOTHER MOMENT」を披露してくれています。本当にカッコいい!

ドラマ本編にもHYDEさんが登場!
なんてことがあったら、面白いですよね。

『仮面同窓会』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『仮面同窓会』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

高校の同窓会で久々に再会した洋輔(溝端淳平)や希一(佐野岳)ら4人は、「仮面同窓会」と称し、高校時代に受けた体罰の仕返しに元教師の樫村(渡辺裕之)を拉致し、廃工場で天突き体操をさせた。その樫村が翌日、別の場所で遺体で発見される。その夜、希一の召集でたまり場に集まった洋輔、和康(木村了)、八真人(廣瀬智紀)。暗く重い雰囲気が流れる中、警察に拉致がバレたら樫村殺しの濡れ衣を着せられると考え、アリバイの口裏を合わせる約束をする。

一方、美郷(瀧本美織)の勤める大学病院では、樫村の司法解剖が行われていた。美郷はその検視内容を偶然きいてしまう。

樫村の葬儀に参列した美郷は、そこでなぜか希一の姿を目撃する。樫村の検視結果と、葬儀での出来事を洋輔に伝える美郷。その報告を受け動揺した洋輔は、その夜一人で樫村を放置した廃工場へと向かう。すると、そこにいたのは…?

出典:http://www.tokai-tv.com/kamendosokai/story/