ドラマル

2019年12月4日

ドラマ『女子高生の無駄づかい』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『女子高生の無駄づかい』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

岡田結実さん主演の連続ドラマ『女子高生の無駄づかい』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※『女子高生の無駄づかい』全話ネタバレ完了済み(2020年3月7日)。

見逃し配信をチェック

当記事には、『女子高生の無駄づかい』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「U-NEXT」で第1話から最終回までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『女子高生の無駄づかい』の基本情報

概要(見どころ)

漫画家・ビーノが描く人気作品『女子高生の無駄づかい』がついにドラマ化。
「バカ」「ヲタ」「ロボ」など個性的なあだ名の女子高生たちが、女子高という独特な世界の中でただ毎日を淡々と過ごしていくというシュールなギャグコメディー作品です。

『女子高生の無駄づかい』は、2019年にはアニメ化もされ、いま多くの世代から注目されています。キラキラしたイメージを抱きがちなJK(女子高生)生活を思いっきり無駄に、残念にしていく彼女たちの生活を見て、思わずくすっと笑ってしまう物語です。

キャスト一覧

  • 田中望(たなか・のぞむ):岡田結実
    あだ名:「バカ」、クラス全員のニックネームの考案者で問題児
  • 菊池茜(きくち・あかね):恒松祐里
    あだ名:「ヲタ」、漫画家になるのが夢、ボカロPの鬼ファン
  • 鷺宮しおり(さぎのみや・しおり):中村ゆりか
    あだ名:「ロボ」、常にポーカーフェイス、笑いのツボが不明
  • 山本美波(やまもと・みなみ):福地桃子
    あだ名:「ヤマイ」、重度の中二病、寂しがり屋
  • 一奏(にのまえ・かなで):浅川梨奈
    あだ名:「マジメ」、真面目な性格、いつも首にヘッドホンをかけている
  • 百井咲久(ももい・さく):畑芽育
    あだ名:「ロリ」、一見反抗期だが根はいい子、祖母が大好き
  • 久条翡翠(くじょう・ひすい):井本彩花
    あだ名:「マジョ」、人見知りなコミュ障、ホラーやオカルト好き
  • 佐渡正敬(さわたり・まさたか):町田啓太
    あだ名:「ワセダ」、さいのたま女子高校1年2組の担任、某有名大学卒業の27歳独身彼女なし、JD好き
  • 鈴木正義:横山涼
    交番に勤務する警察官
  • シーキョン:内藤理沙
    さいのたま女子高等学校の養護教員
  • 教頭:大倉孝二
    さいのたま女子高等学校の教頭
  • 染谷リリィ:小林由依(欅坂46)※3話から登場
    小悪魔系百合ガール、オスアレルギー、女の子が好き
  • 小手伸也(ロボっ子に3話から登場)
    お嬢の家庭教師
  • 琥珀:喜多乃愛(3話から登場)
    翡翠の双子の妹
  • 高橋:望月歩
    ロボに密かに思いを寄せる残念な男子高校生
  • 青山:水沢林太郎
    高橋の親友
  • ピーナッツP:彦摩呂(6話から登場)

スタッフ一覧

  • 原作:女子高生の無駄づかい
    作者:ビーノ
    出版社:KADOKAWA
    雑誌・レーベル:角川コミックス・エース刊
  • 監 督:山本大輔、日暮謙、中島良、洞功二
  • 脚本:田辺茂範(劇団・ロリータ男爵)、矢島弘一(劇団・東京マハロ)、角田貴志(劇団・ヨーロッパ企画)、山田由梨(劇団・贅沢貧乏)、安藤奎(劇団・アンパサンド)、玉田真也(劇団・玉田企画)
  • 音楽:田渕夏海、中村巴奈重
  • 主題歌
    曲名:STARTING OVER
    歌手:Little Glee Monster
    レーベル:Sony Music Labels
  • ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
  • プロデューサー:貴島彩理(テレビ朝日)、本郷達也(MMJ)、布施等(MMJ)
  • 制作:テレビ朝日、MMJ

各話の視聴率

『女子高生の無駄づかい』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話1月24日3.2%
2話1月31日3.5%
3話2月7日4.5%
4話2月14日4.0%
5話2月21日2.7%
6話2月28日4.0%
7話・最終回3月6日4.3%

スポンサーリンク

『女子高生の無駄づかい』の最終回ネタバレ(予想)

さいのたま女子高校(通称・さいじょ)に通うJK(女子高生)たちが、ただただ無駄に毎日を過ごしていくギャグコメディーである本作品。
主人公の田中望=「バカ」(演・岡田結実)は、あだ名の通り清々しいほどのバカで空気の読めない問題児です。物怖じしない性格も手伝って、小学生の頃からの友人であるアニメやBLが大好きなツッコミ役の菊池茜=「ヲタ」(演・垣松祐里)や、頭脳明晰だが感情希薄な鷺宮しおり=「ロボ」(演・中村ゆりか)ら、クラスメイトたちに次々とあだ名を付けていきます。

原作やアニメ版では上記主要キャラクターの他にも、童顔で小柄な「ロリ」や中二病を患っている「ヤマイ」、優等生の「マジメ」などが初期から登場し、それぞれの人間関係や親交を深めていく様子が描かれていますが、ドラマ版のキャストは公開されていません。

そんな中、キャストが発表されているキャラクターに、彼女たちの担任教師であり自称JD(女子大生)好きの佐渡正敬=「ワセダ」(演・町田啓太)と、原作では途中から登場するホラーやオカルトを好むコミュ障の九条翡翠=「マジョ」(演・井本彩花)がいます。

原作1巻でさいじょに入学したキャラクターたちが最新巻では2年生に進級しているということや、初期から登場しているキャラクターではなく途中から登場する「マジョ」の存在が公開されていることから、ドラマでは主要キャラ3人と極度の人見知りである「マジョ」が仲良くなっていく様子が描かれると考えられます。

また、現在登場することが公開されているキャラクターだけでストーリーが進行するとなると、入学から2年生に進級するまでの1年間を描くのは難しいので、人見知りでコミュ障だった「マジョ」が心を開いていくまでを、ドラマではより細やかに見られるんじゃないかと期待しています。最終回では主要キャラクターたちと仲良くバカなやり取りをしていることでしょう。

『女子高生の無駄づかい』各話のあらすじ

2020年1月24日からテレビ朝日系にて放送開始された岡田結実さん主演の連続ドラマ『女子高生の無駄づかい』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

1話の見どころは、佐渡先生が初めて教室に入り、女子大生好きの話をする所です。
とても真顔で、物凄く長いセリフで、内容は女子高生と教師の恋愛はあり得ないと言う内容ですが、いい話風に語っていた所が面白いです。

関連記事

『女子高生の無駄づかい』1話のネタバレ感想!ぶっ飛びキャラが面白い!岡田結実のバカっぷりが見事

2話のあらすじネタバレ

2話の見どころは、茜が好きな低所得Pの正体が佐渡先生だと分かった所です。
1人部屋でボヤきながら開き直ってみたり、いつも冷静な佐渡先生の違う一面が見れた場面でした。

関連記事

『女子無駄』2話のネタバレ感想!ロリが可愛いと話題に!野生のばあちゃんのMPは異常?

3話のあらすじネタバレ

3話の見どころは、マジョとファミレスで望達が話をする所です。
オカルト好きでなかなか人と話す事が出来ないマジョを望達は友達だと言って受け入れた所に、いつもおバカな事をしている望達の優しさが見えた場面でした。

関連記事

『女子高生の無駄づかい』3話のネタバレ感想!欅坂46の小林由依が登場しファン歓喜!リリィ回は次回?

4話のあらすじネタバレ

4話の見どころは、美波の不思議な物語を保健の先生ことシーキョンがじっと聞き、教室に戻す為に話を合わせた所です。
こんな方法で話を終わらせる事が出来るんだと納得した場面でした。

関連記事

『女子高生の無駄づかい』4話のネタバレ感想!小手伸也が七変化?原作再現度が高い美容師で登場!

5話のあらすじネタバレ

5話の見どころは最後、望がヘルメットを被り佐渡先生に質問した所です。
そう言われてみるとと思う質問で、答えられない佐渡先生の対応を見てこんな先生いるなと思い出した場面でした。

関連記事

『女子高生の無駄づかい』5話のネタバレ感想!久条翡翠の回!マジョ×ロリが最高!

6話のあらすじネタバレ

6話の見どころは、佐渡先生が低所得Pとして初めて茜と再会し、茜が困惑した所です。
憧れか好きか分からずどう接していいか分からない茜を見て、もしかするとこれから恋愛に発展していくのかもしれないと予感させる場面でした。

関連記事

『女子高生の無駄づかい』6話のネタバレ感想!ロボの発言は伏線だった!彦摩呂がはまり役で登場!

7話(最終回)のあらすじネタバレ

7話の見どころは、2年の教室で席が1つだけ空いていて、望だけ駄目だったんだなと思い見ていましたが、教室を間違えて、しかも隣の席の女子をロボだと思って話し掛けていた所で、やっぱり望は最後まで面白いと思った場面でした。

関連記事

『女子高生の無駄づかい』7話(最終回)のネタバレ感想!「ロボっこ」の作者はヲタだった!放送は50年後?