ドラマル

『時効警察はじめました』6話のネタバレ感想!ダークサイド彩雲を卍固め!吉岡里帆が泥パックで闇落ち

2019年11月22日に放送されたドラマ『時効警察はじめました』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、看板選手・丸山(佐々木大輔)がリングの上で亡くなった時効事件に迫る!
霧山と三日月、彩雲は、「気合プロレス」の一般練習生となって捜査を始めるが…。

関連記事

『時効警察はじめました』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『時効警察はじめました』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『時効警察はじめました』6話のあらすじネタバレ

三日月しずか(麻生久美子)らが駐車違反を取り締まっていると、チンピラに絡まれます。そこに、彩雲真空(吉岡里帆)が通り掛かって、乱暴を働くチンピラを「ドロップキック」からの「4の字固め」で仕留めます。
署内で彩雲の武勇伝が語られ、そして、プロレスが話題になります。

倒産寸前の「気合プロレス」を人気団体に成長させたCEO(最高経営責任者)の枕木葵(寺島しのぶ)。エンターテインメント(人間関係のドラマ仕立て)重視で隆盛を極めることになるこの団体には、ここに至る以前の時効事件がありました。――看板選手に成長した丸山真剣(佐々木大輔)が、チャンピオンの土倉髑髏(男色ディーノ)に挑み、ベルト奪取に成功。
しかし、葵が新チャンピオンの丸山にトロフィーを手渡した時、なんと、丸山は立ったまま絶命していました。「弁慶の立ち往生」です。
死因は試合が始まる前の、頭部強打による脳内出血。試合中に血が脳内に少しずつ広がって死に至った模様です。通常の場合、死後硬直は二時間後から。しかし、筋量が多い人が激しい運動をした後ですと、即座に死後硬直が起こり得ます。

丸山の頭部に、試合前に負ったと見られる「3」字形の傷痕(きずあと)があったことで、本件は殺人事件として捜査されました。
対戦相手の土倉、団体CEOの葵、レフリーのレッドシューズ猿又(柳葉敏郎)、そして、現エースの高原本気(HARASHIMA)ら所属レスラーが被疑者とされましたが、真相は解明されず時効。

霧山修一朗(オダギリジョー)と三日月は、プロレスにハマッている彩雲に案内され「気合プロレス」を訪問。保管されていた丸山の遺品も返却します。そこで話を聞きますが、霧山は、葵の「~って言うの?」という口癖に引っ掛かります。これは他人に同意を求める言葉であって、どうやら本音は別のところにあると思われます。

事件当時、最強ヒールとして他団体のマットでも大暴れしていた土倉髑髏。丸山の死後、レスラーを廃業してナイトメア保育園で働く土倉に話を聞く霧山と三日月。――現エースの高原が丸山の弟子であり、そして、丸山が高原以外のレスラーを敵視していたことが明らかになります。で、土倉は、試合前にドラマ的に盛り上げようということで、テレビクルーを引き連れて丸山の控室に乱入。ところが、「手前なんざ、三途の川にぶん投げてやる」と叫ぶ土倉に対して、「そういうの、もう好いから。恥ずかしくないの」と丸山が冷静な対応。妙な雰囲気になります。
その後、トイレに行きたくなって、ちょっと姿を消したら、その姿をくらました時に丸山を再襲撃したと疑われて、「いの一番」に被疑者にされていた土倉。

プロレス道場の一般練習生になって、熱心にプロレス道場に通う彩雲と、それに霧山と三日月。霧山が靴を履き替え道場の中に入ろうとして、モノに蹴躓(けつまず)きます。葵の前に勢いよく進み出る形になってしまいます。
すると、咄嗟に霧山のバックを取った葵が、「ジャーマンスープレックス」を放ちます。霧山を後頭部から落下させます。体が勝手に反応したと言って葵が謝ります。よろけて立ち上がった霧山が、葵の杖を借ります。即、葵が杖を奪い返しますが、霧山の掌には、「3」の字が浮かび上がります。

十文字疾風(豊原功補)に尾行の練習をさせられていた彩雲は、その場から逃走。霧山が、「誰にも言いませんよカード」を相手に渡すところを見たいという一心で、霧山が向かったプロレス道場に駆け付ける彩雲。
途中、犬が急に飛び出して来て転倒。雷鳴が鳴って突然の豪雨。そこで、顔に泥を塗って、彩雲はゾンビ以来の大変身。そういう姿に変身して、「おりゃー」と大爆走。序(ついで)に、ダンボール箱の切れ端で、偽の「誰にも言いませんカード」を作ります。

霧山と三日月が、葵への最後の訪問。――あの時、土倉が控室を追い出されて、その後、葵は、もう一度丸山を説得しようと控室に入りました。ドラマ仕立てプロレスへの協力をお願いしました。
客を喜ばせてこそのプロ、それがプロレスというのが葵の信念。そこで、「学芸会」と言われてキレた葵がトロフィーで丸山の頭部を強打。「~って言うの?」という葵の口癖は、「ユー・ノー?」と言うアメリカ人の口癖が葵に染み付いたものだろうと察知した霧山。「でしょう」、「だよね」という感じで使う「ユー・ノー?」は、アメリカ生活が永かった葵だからこその癖。青春時代をアメリカで過ごしていた葵は、「ユー・ノー?」の意味で、「~って言うの?」を帰国後の今も口癖にしていたのでした。

実力主義のストロングスタイルを求めていた丸山に、ドラマ仕立てプロレスを「学芸会」と言われて殺意を抱いた葵。アメリカでの武者修行でアメリカンスタイルのプロレスを学んできた葵にとって、それは最大の侮辱の言葉。
なにより、アメリカのメジャー団体(UWE)に所属していた葵。アメリカで学んだエンターテインメント重視のプロレスを「気合プロレス」でやろうとしていた葵。プロレスにおけるドラマとは葵にとって青春そのもの。それが屈辱されて許せなかった葵。
控室にあったトロフィーで丸山の頭部を殴りつけた葵。丸山の頭部の傷痕の「3」は、実は「気合プロレス」認定ヘビー級チャンピオントロフィーに刻まれている「KWE:Kiai Wrestling Entertainment(気合・レスリング・エンターテインメント)」の「E」なのでした。この「E」の文字がトロフィーから欠損しています。で、今、この「E」は葵の杖の柄頭にあります。
丸山殺害の証拠になる「E」を肌身離さず杖として常に持ち歩いていた葵。威厳を高める為の杖ではなく、証拠を隠す為の杖だったことになります。
「スープレックス」で投げられた後、葵の杖を借りた際、霧山の掌には「E」の文字が浮かび上がっていました。それは、「3」ではなく、「E」なのでした。

葵と霧山の問答の間、「お嬢、もう終わりにしよう」と素足の猿又が階段を下りて来ます。――あの時、丸山と葵が揉み合う物音を聞いて、猿又が控室に飛び込みました。そして、葵が突き飛ばされているのを見た猿又が丸山に掴み掛りますが、トップレスラーとレフリーの戦いですからどうしょうもなく、葵は、咄嗟に、トロフィーを振りかざして丸山の後頭部を殴り付けました。葵は、丸山が死んだものと思いましたし、「後は俺に任せて、二階に行け」と猿又に言われて、その場を離れていましたから、その後、試合をしている丸山の姿に驚きます。丸山は死を覚悟してリングに上がっていました。

――葵が立ち去った控室内で、丸山は意識回復して立ち上がっていました。「サル、止血をしてくれ、もうすぐ試合だ」と言って猿又に止血を求め、それでメインイベントを務め上げました。頭部を葵に殴打されて昏倒した丸山は、それでもメインイベントでのタイトル戦を放棄せず戦い抜いて、それで見事、チャンピオンベルトを奪取していたのです。丸山も心からプロレスを愛していたのです。レッドシューズ猿又は、丸山の死後、自身のトレードマークだった赤い靴を履くことを封印。素足のレフリー、シューレス猿又を名乗ることになります。

リングに上がる葵、猿又、そして霧山と三日月。そこに、「ちょっと待ったー、コラー」と顔面を泥でペインティングした彩雲が乱入します。ダンボール箱の切れ端で作ったニセの「誰にも言いませんよカード」を取り出します。そんな無茶苦茶をする彩雲を懲らしめようと、「卍固め」を繰り出す三日月。

霧山の正規のカードを受け取った葵が、「善人ぶっていて、実は、私が一番のヒールだったって言うの」と呟きます。

スポンサーリンク

『時効警察はじめました』6話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

「プロレスが好きで、テーマにしました」と言う大九明子監督。DDTプロレスが、出演から技の指導まで全面協力ということで見事です。

アベマTVの傘下グループ会社になっているDDTの現役レスラーが、結構、演技が上手なのに驚きましたが、考えてみれば、ドラマ仕立てのエンターテインメントを標榜しているDDTなのですから、演技が出来て当たり前ということなのでしょうね。
逆に、ちゃんとセリフが言えることに驚いていては失礼なんでしょうね。

他のメジャー団体ですと、何を言っているのか分からないのをレスラーのウリにしているケースがあったりしていることを思いますと、DDTの立ち位置は、今後、かなり面白くなるのかなという気がしました。DDTが、レスラーをタレントとして自立(確立)させるという道を作ることになるのでしょうかね。

ダークサイド彩雲を卍固め!吉岡里帆が泥パックで闇落ち

ダークサイド彩雲が突き抜けてましたね。
彩雲?吉岡里帆?の心の声(叫び)が聞こえてくるような回でした。

吉岡里帆さん体張りましたね。
冒頭のドロップキックからの四の字。
麻生久美子さんとのプロレスバトル。
泥パックをして闇落ち姿になるも三日月に卍固めで制される(でもギブしない)。
なんだか彩雲が少し可哀想になってきました。

本人もいっていましたが、彩雲は只々、誰にも言いませんよカードを霧山が渡すところが見たいだけ!
それをさせてくれぬ十文字そして三日月。
まるで、世間から「出番多すぎ」とバッシングを受けていることに対して、抗うような闇落ちっぷりでした。

彩雲(吉岡里帆)頑張れ!
彩雲が視聴者に「彩雲いいじゃん!」と評価され、「誰にも言いませんよカード」を見れることを心より願います。

『時効警察はじめました』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『時効警察はじめました』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 最近ツイてない三日月しずか(麻生久美子)は、うっかり霧山修一朗(オダギリジョー)のメガネまで壊してしまって大焦り。そんなとき、新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)らが大流行中だという「開運メガネ」をかけ、「効果絶大らしい」と勧めてきた。ビビッときた三日月は霧山に「買いに行こう」と誘いかけるが、霧山は微妙な反応…。ところが、この開運メガネを売り出した「桃瀬メガネ」のカリスマ社長・桃瀬多恵子(檀れい)が“ある時効事件”と関係がある人物だと聞くや俄然、興味を示しだす。

 その時効事件とは…桃瀬の夫で、メガネがトレードマークの一発屋歌手・蝙蝠ユキオ(前野健太)が、ワンマンライブの開始直前に殺された事件。現場には「犯人はメガネ」という血文字のダイイングメッセージが、そして蝙蝠の胸にはつなぐと平行四辺形になる“奇妙な4つの穴”が残されていた。だが、凶器が特定できないばかりか、疑わしき関係者は全員メガネをかけており、捜査は難航。当時はメガネをかけていなかった多恵子には疑いがかかることもなく、事件は時効を迎えてしまっていた…。

 この事件を“趣味”で調べることにした霧山は、三日月と共に多恵子のもとへ。多恵子は自分のことを「本当はツイてない女」と言い、実際に目の前でツイてない出来事が多恵子に次々と降りかかる。だが、霧山はどうにも懐疑的で…。そんな中、蝙蝠が売れてから調子に乗り、健気に支え続けてきた多恵子という妻がいるにもかかわらず、愛人を12人も作る“13股ライフ”を満喫していたとの証言が浮上! さらに多恵子とは別に、被疑者となりうる人物も新たに浮かび上がってくる。そんな中、鑑識課の又来康知(磯村勇斗)が“ある場所”に“意外な人がいる”と、霧山に電話を寄越し…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story/0007/