ドラマル

『時効警察はじめました』5話のネタバレ感想!趣里が可愛いすぎる!演技と声にも絶賛の声

2019年11月15日に放送されたドラマ『時効警察はじめました』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、彩雲が親友・夏歩(趣里)の父親の死にまつわる時効事件の捜査を依頼される!
彩雲から相談を受けた霧山は、お笑いに詳しい同僚・サネイエ(江口のりこ)も巻き込み…。 

関連記事

『時効警察はじめました』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『時効警察はじめました』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『時効警察はじめました』5話のあらすじネタバレ

彩雲真空(吉岡里帆)が刑事だと知ったSNS上での親友・夏歩(趣里)から時効捜査を依頼されます。――夏歩の父は、ラジオの生放送中(1994年)に死亡した村瀬ベルギーワッフル(水川かたまり)です。その頃の村瀬は、お笑いコンビ(マリリン)の相方・栗原くりごはん(鈴木もぐら)と人間関係が最悪。当時のマリリンのマネージャー・中村(野間口徹)の証言では、村瀬というのは誰とも親しく交わらない天才肌の芸人。その一方、栗原はテレビに一刻も早く出たいと考えていて、それも対立の原因ということになります。来るべきコントブームに備えて力を蓄えておきたい村瀬と、テレビでの人気を優先させたい栗原との対立です。

極度のアレルギー体質だった村瀬の死因はアナフィラキシーショックで、実際に胃の中からは、ソバの成分が検出されていました。村瀬は本番前にラムネ三粒を口に入れ、そしてコップの水を飲んでいましたが、どこで村瀬にとっての禁忌(アレルギー)物質であるソバを食べることになったのか、それが良く分かりません。――関係性が良くなかったこともあって、栗原による殺人も疑われましたが、楽屋が別だったこと、生放送中の犯行は不可能ということで時効。しかし夏歩は、今では毎日の帯番組の情報バラエティーの司会をやって人気者になっている栗原こそが父親殺しの真犯人だと確信しています。

とにかく、親友の依頼に応えようと、彩雲は、霧山修一朗(オダギリジョー)にこの話を持ち掛けます。霧山は三日月しずか(麻生久美子)や、お笑いに詳しいサネイエ(江口のりこ)を巻き込み、捜査開始。――彩雲はSNS上での遣り取りだけだった夏歩に実際に会い、双方の可愛さを確認します。その時、丸いモノを口に入れると直ぐに飲み込んでしまうという夏歩の妙な癖を見付けます。

本番中(栗原の情報バラエティー番組)のスタジオ裏に霧山と三日月が入ります。プロレス超解説者のユリオカ超特Qが、気合プロレス人気を徹底解析しています。そのスタジオに彩雲と夏歩も来ていて合流。本番終了後の栗原の楽屋で、夏歩が「あなたは人殺し」と言います。村瀬の娘であることも栗原に告げます。で、あまりに無礼な物言いということで、栗原の個人事務所社長・安田能収(前野朋哉)に追い払われる失礼な四人。で、楽屋を出て廊下を歩いている際、「きのこ(木能古真朱)」という名のADがスタッフに呼ばれて、夏歩の横を通り抜けますが、それだけで、体の痒(かゆ)みを訴える夏歩。

お笑いに詳しいからと霧山に呼ばれていたサネイネを加えて五人、三日月、彩雲、夏歩が、霧山の小さなアパートの部屋に集まります。出待ちリスナーの中に、後にダンディ坂野として売り出すことになる人もいて、この人が「げっ、げっ、げふ」をヒントにした「ゲッツ!」で人気者になっているというのが話題になります。
更には、村瀬の死後、「くりごはんデカ、私が犯人です」という葉書がラジオ番組に殺到。それで警察捜査は攪乱。どう殺したのかを言い合う葉書職人たちによって、番組は「大喜利」化してしまいます。名物コーナーになります。
その後、お笑いコンテストチャンピオン。歌も出して紅白出場。毎年恒例の長時間番組のマラソンランナーにも抜擢。今でもギャラの半分を村瀬の娘の夏歩に送り続けているという美談もマスコミによって紹介され、スターの地位を確立させた栗原。

事件当日のラジオ音源を聴いてみると、お世辞にも面白いとは言えない栗原の持ちギャグを、突如繰り出そうとする村瀬の様子が残されています。ところが夏歩は、村瀬が栗原のつまらないギャグ、「ゲッ、ゲッ、元気ですか?」を言う筈がないと主張。――五人の散会時、「便サン(便所サンダル)」を踏んで痒いと騒ぐ夏歩。便サンではなくゴム草履(ぞうり)だと霧山。ここまでで、DNA的なことなのか、丸い固形物の丸呑み、キノコがダメ、ゴムがダメということで、父の村瀬の資質をそのまま娘の夏歩が受け継いでいることが判明します。

霧山と三日月が、栗原の海の見える自宅に向かいます。安田社長が同席しています。この安田、村瀬が死んだ当時は、見習の構成作家。伝説の葉書職人から放送作家を経て今や社長。村瀬のネタ帳が見付かっていないが、という霧山の問い掛けに、「へえ~」と言葉を濁す安田。

改めて、霧山、三日月、彩雲、夏歩が、テレビ局の楽屋にいる栗原と安田社長に対面。――安田社長は、栗原が村瀬の飲み水を炭酸水に変えていたことを知っていました。その炭酸水を栗原が振っていたのも見ていました。で、炭酸が吹きこぼれて床にシミを作っていました。

殺害に至るキッカケは単純。――初めて書いたネタを村瀬にプレゼンした栗原。「こりゃあひどい、二度と書くな」と村瀬。ネタを一蹴されて怒りに震えた栗原は村瀬の殺害を計画。
そんな中、村瀬は、栗原のネタが大いにスベることで、ネタを書くことの難しさを理解出来ればと、それで、殺害された当日のラジオでは、栗原のネタに付き合うことにしていました。

栗原のやったことは、丸めたソバ粉をラムネでコーティング。ソバ粉入りラムネを作った栗原。ラジオ放送ではあっても、ネタに合わせた舞台衣装に必ず着替えていたマリリン。
そして、衣装担当の栗原が、村瀬の衣装(ズボンのポケット)にソバ粉入りラムネが三粒だけ入ったケースを忍ばせていました。で、ブースに入る直前、ポケットのラムネケースの存在に気付き、それをつい無意識に口にしていた村瀬。あとは、ラムネが溶ける時間を早める仕掛けが必要で、それが炭酸水。丸いモノを丸呑みしてしまうという村瀬の癖を知っていた栗原は、ネタが終わる前に村瀬を死なせる必要から、炭酸水を用意。炭酸水の中にふわふわラムネを入れると、一気に、炭酸が吹き上がります。これと同じ現象が、村瀬の胃の中で起こり、「げっ、げっ、げっぷ」と言って死んだ村瀬。これは、栗原のギャグの真似ではなく、単なる死に際のげっぷなのでした。

――で、死んでしまった村瀬を追い掛けても仕方ないと考えて、村瀬の死後、栗原の片棒を担ぐことになってしまっていた安田。これが無かったら、俺たちはやって来られなかったと村瀬のネタ帳を霧山に差し出します。ネタ帳が、そのまま霧山から夏歩に渡ります。父のネタ帳を見る夏歩。安田が夏歩に土下座謝罪。

葉書をモチーフにハイブリッドカードになっている「誰にも言いませんよカード」を栗原に渡そうとする霧山。が、「こんなの渡したくない、世間に(栗原の悪事を)広めてやりたい」と、夏歩が、それを奪い取ります。「もう時効なんだし、これまで金銭的支援もして来たじゃないか」と栗原。「その金は私自身、ビタ一文使ってねえし~」と夏歩。毎年、こどもの日に全国の養護施設に若手芸人を送り込んでいた夏歩。

「安田、お前もなんか言え」と言う栗原に、「この事実を世間は知らなくても私たちは知っている。もう私はブレーンは続けられない。あんたの言葉に笑う者は一人二人と減って行き、やがて誰も笑わなくなる。そうなったら芸人は死んだも同然」と言葉を返す安田社長。

夏歩の目に、「あーっ、極楽極楽」と言っている父の姿が、室内脇のマッサージチェアに浮かび上がります。Vサインを送る父。それで口角を上げるよう促す父。夏歩が、「誰にも言いませんよ」カードを霧山に返します。戻されたカードに霧山が押印して、栗原に渡します。神妙な顔でそれを受け取る栗原。

その神妙な顔を見た夏歩が、「ざまあみろ!」と言い、そして、「やばい、初めてあんたが面白い」と言葉を続けます。「笑われてる」と横から安田社長が状況説明をします。

『時効警察はじめました』5話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

ストーリー展開としては誠にシンプルで、一切、ヒネリはありません。多くの芸人さんの顔見世という感じになっています。ドラマ構成で勝負しようということではないので、これでは、監督の自己満足という感じに見えそうというのが難点です。監督と親しくしている芸人を集めてみましたという感じになっていてるのが、ドラマ本来の姿からは残念ということになりましょうかね。

また、なによりも、父を殺した殺人犯(コントの相方)を最後には笑って許す夏歩というキャラ設定も良く分かりませんでしたが、しかしまあ、この殺人犯の相方は、毎月、経済支援の為の金を相方の娘の夏歩に送っていて、しかも、その額がギャラの半額ということで、それを受け取っている夏歩は、その金で若手芸人の活動の場を全国に広げているということで、そのあたり大枠としては良い話。

趣里が可愛いすぎる!演技と声にも絶賛の声

夏歩を演じた趣里さんのぶっとんだ役の可愛さが目立ちましたね。

今期は『モトカレマニア』にも出ていますが、声に特徴があることに気づきませんでしたね。今回の役に合わせているのかな?

幾重にも変わる趣里さんの表情!
丸いもの食べた後に、「あっ」と口を開けてしまう習性が可愛らしかったし、ラストの父・村瀬ベルギーワッフル(水川かたまり)との泣きシーンでの表情が良かったですよね。

水谷豊さんと伊藤蘭さんの娘さんということで、何かと注目をされている趣里さんですが、名脇役として様々な役で活躍していきそうですね。

『時効警察はじめました』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『時効警察はじめました』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 エンターテインメント重視のプロレスを取り入れるというCEO・枕木葵(寺島しのぶ)の英断で、倒産寸前の状態から人気プロレス団体へと成長した「気合プロレス」。実はこの成功劇の途中には、世が騒然となる事件が起こっていた。それは25年前――看板選手の丸山真剣(佐々木大輔)がチャンピオン・土倉髑髏(男色ディーノ)に挑み、ベルト奪取に成功した「気合プロレス」タイトルマッチでの出来事。会場が沸きに沸く中、葵がトロフィーを渡そうとすると、丸山が立ったまま息絶えていることが判明したのだ! 死因は頭部強打による脳内出血。遺体の頭部を調べたところ、試合前に負ったと思われる「3」の形に似た奇妙な傷跡があったため、本件は殺人事件として捜査されることに…。土倉、葵、現在はシューレス猿又(柳葉敏郎)と名乗っているレフェリーのレッドシューズ猿又、高原本気(HARASHIMA)ら所属レスラーが疑われたが、真相は解明されず、時効を迎えてしまっていた。

 この事件を“趣味”で調べることにした霧山修一朗(オダギリジョー)と助手の三日月しずか(麻生久美子)は、最近プロレスにハマッている新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)に案内され「気合プロレス」を訪問。葵と事件について話した霧山は、丸山のことを話すときに出る“ある口癖”が引っかかり…。

 その矢先、今では「気合プロレス」のエースである高原が丸山の弟子だったこと、さらに丸山が高原以外のレスラーを一方的に敵視していたという内部情報が浮上。霧山と三日月も彩雲に続いて「気合プロレス」の一般練習生となり、外からはなかなか見えない人間関係を探り始める。すると、丸山が葵ともたびたび衝突していたことが判明。だが、葵はその件についてはだんまりを決め込むばかりで…!? そんな中、新たな疑惑を招くような言葉が、高原から飛び出す――。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story/0006/