ドラマル

『時効警察はじめました』1話のネタバレ感想!変わらぬオダギリジョーが要!「ダスン」で場が締まる?

2019年10月11日に放送されたドラマ『時効警察はじめました』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、ほぼ同時刻に別の場所で起こった神沼絹枝と要玲蔵の密室殺人事件を捜査!
霧山は、絹枝の娘で、玲蔵の妻でもあった神沼美沙子(小雪)のもとを訪ねるが…。

関連記事

『時効警察はじめました』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『時効警察はじめました』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝動画」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『時効警察はじめました』1話のあらすじネタバレ

時効になった事件を趣味で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が、総武警察署の食堂従業員(礼子)から、冷蔵庫にあったという遺留品ダンボール箱を渡されます。「要玲蔵(かなめたまぞう)」という氏名が、「要冷蔵」と読み間違えられて、当時の時効15年を経過後10年、食堂冷蔵庫に放置。

要玲蔵(村松利史)とは、乱れた女性関係から「総武のウタマロ」と呼ばれた男。25年前、彼の元愛人で新興宗教「阿修羅の水」の教祖・神沼絹枝(伊勢志摩)が、外側から施錠(手動ロック)された水産加工会社(要水産)の冷凍倉庫で凍死していて、そして、彼女の死とほぼ同時刻、被疑者の要玲蔵も、自宅(密室)にて一酸化炭素中毒死。――監視カメラでは、絹枝が冷凍倉庫に入って行く様子が確認されます。施錠された冷凍倉庫での凍死と密封状態の自室での中毒死。この二つの密室殺人事件は既に時効です。

霧山は、交通課課長補佐の三日月しずか(麻生久美子)を伴って捜査を開始。刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)も興味を示しています。
まず、初代教祖の絹枝の娘でウタマロの妻でもあった「阿修羅の水」二代目教祖・神沼美沙子(小雪)の元を訪れます。――美沙子とは高校で同級生でだった信者・花崎新一(六角精児)が、教団門前で霧山と三日月を出迎えます。美沙子に直接、要玲蔵の遺品を返却します。

その後、相棒を彩雲に代えて、元担当刑事だった麦藁(根岸季衣)に会いに行く霧山。既に引退して山中に暮らす麦藁は、時効管理課長の熊本(岩松了)の先輩です。新人時代の熊本の指導係だったのが麦藁刑事。――麦藁は、25年前の事故と言われているものは、実は、玲蔵が絹枝を殺した事件、それに、絹枝が玲蔵を殺した事件なのだと言います。
動機は、絹江側からすると教団存続資金が欲しかったから。当時、資金繰りに行き詰っていた絹江。そこで、当時高校生の娘の美佐子を玲蔵と結婚させました。それで、玲蔵が死ねば、膨大な遺産が転がり込むという算段でした。
一方、玲蔵の動機は食品偽装の弱みを握られたから。期限切れのシールを張り替えたり、鮮度の偽装をしていた要水産オーナーの玲蔵。この偽装を裏で仕切っていたのが絹江でした。が、それをネタに絹江にゆすられていた玲蔵。そこまで分かっていながら、結局、物証が無く時効。

なお、偽装に使われていたのが、今は食品衛生法で禁じられていますが、当時は、一酸化炭素ボンベを使った鮮度偽装。一酸化炭素ガスを吹きかけることで、例えば、マグロの鮮度が上がったように見えたわけです。

美沙子のセーラー服姿の高校時代。――修学旅行での玲蔵へのお土産が「イカ」でした。これを炭火で焼いて一酸化中毒死ということになっていますが、実は、これは絹江が実行犯。冷凍倉庫にあった一酸化炭素ボンベを仕掛けたのが絹江です。そのうえで、冷凍倉庫内の玲蔵の金庫から金を奪おうとしていた絹江でしたが、美佐子の導きで秘かに後を追って来た玲蔵に外からロックを掛けられ、冷凍倉庫に閉じ込められ凍死します。
絹江が冷凍室に入っていく姿は監視カメラに残されていますが、美佐子に絹江の企みを聞かされた玲蔵が外からロックする場面は監視カメラ映像に残っていません。それは、当時の動画記録がビデオテープだったからです。一旦、一つのテープで最後まで撮り終えてしまうと、そこから巻き戻しになります。で、再度映像が記録されるまで三分を要します。

冷凍倉庫が解体され、残されていた隠し金庫横から一片のメモが出てきます。1994.2.25(修学旅行時)という日付が打ち込まれている「生干しイカ」購入のレシートの裏に記された、「1233」という手書きのメモ数字。が、これは霧山が美佐子から自供を得るために偽装したもので、実際のメモには、「1234」と書かれていました。これは12時34分を意味していて、そこから三分間は、監視カメラに記録されません。その理屈を美佐子に教えたのが高校時代に科学部だった花崎でした。
美佐子は、その三分間(空白時間)を使うことで、監視カメラに映ることなく冷凍倉庫内に置かれている金庫から金を奪うことができると母親の絹江を唆(そそのか)していました。
金庫には非合法な商売で溜め込んだ隠し財産が眠っています。その金庫の暗証番号・遺留品の手書きメモに残されていた「9171」という数字を母に教えたのも美佐子です。
絹江は、時計が一分間、美佐子によって進められているとは知らずに、12時33分に倉庫に入ったので、その様子は記録に残りました。が、その直後にやって来た玲蔵と美佐子の姿はテープの巻き戻し中の為、記録に残りませんでした。
だから、冷凍庫を外からロックする玲蔵も映っていません。それで、密室事故(殺人)が演出されました。
ただし、幸運にも、タイムレコーダーが監視カメラ映像に映り込んでいたので、それで正確な時間(12時33分)が分かりました。絹江の腕時計は、タイムレコーダーの示す時刻より一分、進んでいました。

冷凍庫をロックした玲蔵は自宅に戻り、再び、美佐子の北海道修学旅行土産のイカを炭火で焼き始めます。で、炭火ではなく、ボンベから放出された一酸化炭素で中毒死します。
炭火の不完全燃焼による一酸化炭素中毒死と見られていましたが、実は、絹江が仕掛けたボンベから噴射されたガスが死因です。ボンベ類は、玲蔵の殺害後に美佐子が始末しています。証拠隠滅しています。
つまり、玲蔵と絹江の相打ちのように見えますが、お膳立てしたのは全部、美佐子です。
玲蔵のやっていることは社会的にも許されませんし、愛人だった玲蔵に高校生だった娘を差し出した母に対しても、それが憎いのは当たり前。

「誰にも言いません」の3D(三次元)カードを美佐子に渡す霧山。――「結婚しませんか?」と美佐子が霧山に言います。「考えておきます」と応じる霧山の首筋を叩いて、蚊を潰す三日月。

後日、「阿修羅の水、神沼美沙子さん結婚/ノーカット放送」ということで、そのニュースがネット配信されます。
「あなたが一番好きな人は花崎さんですか?」と問う記者に「いえ、この世で一番好きな人は別にいます」と応じる美佐子。――ネット配信に見入る時効管理課の面々。「結婚相手は花崎ではなく、霧の中です」と美佐子。何のことか分からない時効管理課の面々だが、「霧山君なら分かるんじゃない?」と三日月に言われ、「いや、全然分からない」と自ら首筋を叩いて、蚊を潰す霧山。それを横目で睨む三日月。

スポンサーリンク

『時効警察はじめました』1話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

主犯は教祖、神沼美沙子(小雪)で、その協力者が信者の花崎新一(六角精児)ということが半ば分かってしまう予告になっていて、つまり、これは、謎解きではなくコメディー(ギャグ)を楽しんで欲しいということなのでしょうね。
そもそもテレビドラマって、ここまでフザケて好いんだということで、出演者も挑戦者的な気分でやっているようですから、もう、視聴者としては、あまり細かいことは考えずに、それにノルほかありません。訳の分からなさとか、細かい間違いも、ワザとやっていて、それも笑って貰おうという戦略なのでしょうね。

ただ、ドラマでは、玲蔵と絹江という悪党どもの同士討ちという表現になっていますが、どう考えても、この二つの事件の主犯は美佐子です。
実際に殺害を実行したと言いましょうか、手を下したのは確かに玲蔵と絹江なのですが、しかし、それは全て、美佐子が仕組んだこと。

同士討ちがあり、そして、美佐子がこの二つの事件の「共犯者」ということでしたが、やはり、主犯が美佐子で共犯者(協力者)が花崎というのが正しいように思いましたね。

変わらぬオダギリジョーが要!「ダスン」で場が締まる?

過去作よりも更にワチャワチャ感(悪乗り)があがっているような…
そこを主人公の霧山修一朗を演じるオダギリジョーさんの変わらぬ(演技はむしろパワーアップ)存在感が、要所要所で場・雰囲気を締めてくれてます。

ここまで、彩雲(吉岡里穂)や三日月(麻生久美子)が話題を集めがちですが、やっぱり時効警察はオダギリジョーが主人公だから見れるし良い!まあ言うまでもないか…。

オダギリジョーの「ダスン」だからこそ、場が締まる。
「誰にも言いませんよカード3D」も霧山らしくてツボでしたね。そうくるかね…笑。

『時効警察はじめました』放送中のCMが、オダギリジョー地獄なのも笑える!

『時効警察はじめました』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『時効警察はじめました』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)や鑑識課の若きエース・又来康知(磯村勇斗)も夢中になっているミステリー作家・日下部秋斗(向井理)。“ミステリーの貴公子”ともてはやされる彼は、小説を出せばすべてベストセラー、おまけに写真集やCDまで出すなど、アイドル的人気で世を席巻している。そんな彼には、時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が思わず興味を抱く過去があった。実は秋斗の父で、有名ミステリー作家だった日下部光晴(古舘寛治)は25年前、自宅の書斎で発生した密室殺人事件で死亡。やがて庭から凶器のナイフが見つかり、殺人と目されたが、完全密室のトリックも犯人も解き明かすことはできず、事件は時効を迎えていたのだ――。

 当然のごとく、霧山はこの事件を調べることに。助手の三日月しずか(麻生久美子)だけでなく、色めき立った彩雲や康知にまで付き添われ、秋斗のもとを訪ねる。すると秋斗は自ら、霧山の捜査に協力すると言い、今も事件発生時のまま保存してある書斎へ案内。事件現場の状況や、父への尊敬の念、そして自分にはすでに密室の謎が解けていることなどを、とうとうと語る。だが、霧山は秋斗が嘘をついていると直感。だが、どの発言が嘘なのかまでは特定できず…!?

 そんな中、霧山は秋斗の担当編集者・芝浜保(マギー)から、秋斗と光晴の親子仲が最悪だったという情報を入手。さらなる謎解きの手がかりをつかもうと、再び秋斗を訪ね、即席推理を披露する。ところが、それが“嘘の推理”であることを、秋斗はまんまと見破ってしまい…!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story/0002/