ドラマル

『ミス・ジコチョー』4話のネタバレ感想!パンサー・菅とドランクドラゴンの鈴木拓がゲスト出演!見つけられた?

2019年11月8日に放送されたドラマ『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、とある病院で心臓手術の結果、患者が死亡した!医療ミスなのか?
真奈子は病院の隠蔽と感じるが証拠が無く大苦戦。手術の再現実験に挑むが…。

そして、パンサー の菅良太郎さんとドランクドラゴンの鈴木拓さんがゲスト出演!
菅さんはすぐにわかるが、鈴木拓さんは見つけられるでしょうか?

関連記事

『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ミス・ジコチョー』4話のあらすじネタバレ

「意見あり得ないという事故が実際に起こると仮定する『失敗の逆演算』こそが失敗を起こらなくする」という失敗学の講義中、東京第一大学工学部教授・天ノ真奈子(松雪泰子)にテレビドキュメンタリー作成のため密着カメラが撮影を行っていました。その様子を助手・野津田燈(堀井新太)、秘書・辻留志保(須藤理彩)、助手・西峰郁美(高橋メアリージュン)はいつもと様子が違うと笑って見ています。

テレビの撮影ディレクター榎波(中村靖日)は研究室で天ノ教授が国立工学創造センター長・南雲喜里子(余貴美子)と共同開発しているエモーショナルカメラの説明を聞きながら、以前天ノ教授が関わった爆発事故の事故調などが撮影できると絵になると話していると、失敗学の観点を活かしてほしいと医療ミスの事故調への参加依頼が入ります。

今回の事故調は、心肺停止で救急搬送された患者が応急手当で心拍回復後に検査を受け、急性心筋梗塞と診断され、直後に4時間にわたる緊急手術を受けICUに移されたものの死亡した、という案件。
ご遺体を火葬しようとする直前に遺族が患部に貼られていたガーゼを剥がすと、皮膚が広範囲に赤黒く変色していたため、医療ミスによる死亡を疑い週刊誌に訴えたのです。

事故調は病院の事務長海崎(田山涼成)が進行、遺族が撮影した写真が不鮮明であり、ご遺体が既に火葬されていて調査が進んでいないことを説明します。
委員長は弁護士の守康(寺脇康文)主導で行われ、病院は写真が不鮮明で不信感を抱いていること、執刀医は20年のキャリアがあり緊急手術も度々手掛けているため今回に限ってミスにより患者を死亡させることはあり得ないと語り議論をまとめようとします。
天ノ教授は過去に起きた医療ミス事例を挙げて反論しますが、守康は医療ミスの9割以上は過失がなく、患者とのコミュニケーション不足と過剰な期待が原因であると反撃、天ノ教授を医療の知識が無いのに口を出すなと牽制します。

患者遺族に会いたいと言う天ノ教授に守康は反対しますが天ノ教授は結局遺族と面会し、患者の妻から病理解剖は医師に反対されて行わなかったと知らされます。一方写真を撮った息子(菅良太郎)からは裁判で賠償金が得られるのかと尋ねられ、違和感を持ちます。

次に病院の手術室を見学し、手術中看護師が詳細にメモを取っていること、手術室には監視カメラがあり術後一週間は映像が自動的に保存されていることを確認。事務長からは医師が3,4時間の手術を一日に2,3回行うと聞きます。
次に執刀医で心臓外科医の椎名(山中聡)からは手術後の傷に記憶がないこと、病理解剖の説明に関しては自分ではなく、別の担当医が行ったこと、彼は医師を辞め、現在は製薬会社に勤めていると証言を得ます。

続いて担当看護師2人に面会、手術の内容はメモの通りで患者の傷については記憶がないことを確認、更に当日別室で手術の様子を見ていた当直の麻酔医(鈴木拓)からも手術にミスはなく、傷にも覚えがないと証言を得ます。
事務長は事故調が立ち上がったのは手術の10日後で保存されていた映像も消去されており、個人が保管していなければ存在しないと告げられたのでした。

病院に守康弁護士が現れ、病院側の対応が完璧である一方、患者の息子は勘当されていて20年以上疎遠であったのに突然葬儀に現れ、更に現在は借金も抱えていて行動が不審だと言われ、事故調のルールを守るよう文句を言われてしまいました。

事務長の手配で、手術後退職していた仙谷医師(野間口徹)に面会した天ノ教授は、患者の傷について心当たりはなく、病理解剖についても自分は止めるように言った訳ではなく、ご遺体に更に傷をつけるのは可哀想だと遺族側が言ったと証言します。
しかし手術後ICUに戻った時間については本来の4時12分ではなく4時45分だったと証言し、天ノ教授に再度聞かれて慌てて訂正しました。手術後医師を辞めたのは、偶然手術の後になっただけだと言います。現在勤めている製薬会社は以前から病院に出入りしている業者でした。

天ノ教授が研究室へ戻るとそこには南雲教授がおり、テレビクルーにエモーショナルカメラの説明をしていました。どうやらテレビが密着取材を行いたかったのは南雲教授の方で、天ノ教授は2番手だったらしく、母娘で口喧嘩を始めてしまいました。挙句に南雲教授は今回の事故調は病院が正当性をアピールするために天ノ教授を客寄せパンダにしているのだ、と捨て台詞を残して去っていきました。

天ノ教授は自分あてに届いた「写真は本物だ」というメールが気になっており、返信メールを送って返事を待っていますが未だ梨のつぶてです。
研究室メンバーは天ノ教授を励まそうと研究室で飲み会を始めますが、そこで助手の野津田は同僚の西峰から、秘書の辻留は宇宙工学の研究者として将来を嘱望されながら、同級生だった天ノ教授をサポートするため秘書をしていること、そのため天ノ教授も辻留には頭が上がらないことを聞きます。

天ノ教授は酒の肴として野津田がしめさばをあぶっている様子を見て、今回の医療ミスは手術中に使用する電気メスによる火傷跡ではないか、とひらめきました。

事故調メンバー立会いのもと、手術室で再現実験を行いますが、天ノ教授が立てた仮説「手術中に電気メスにより術衣に火がついて火傷を負った」の再現はなりません。
結果、守康弁護士他のメンバーからは写真の患者の傷は捏造である可能性が高いと決めつけられてしまいました。

再現実験に失敗し、恒例の激辛料理を食べる天ノ教授は助手と秘書に失敗して落ち込んでいると思われて、守康弁護士は病院と癒着している、結果が見えているのだから手を引くように言われますが、天ノ教授はリベンジを誓います。
曰く退職した仙谷医師の証言から実際の手術状況はメモとは違っている、この間に何かがあったと確信している様子です。例の写真に関するメールには未だ返信が無く、天ノ教授は挑発するように再度返信、相手の返事を待ちます。

そんな中、事故調では調査の中間発表のため大々的に記者会見を行います。
事故調メンバーでは病院のミスは認められないという方向で話をまとめようとし、天ノ教授も意見を求められます。すると例のメールに返信があり、しかも内容は手術中に術着が炎上するという衝撃的な映像でした。その映像を他のメンバーに諮らないまま流してしまい、会見場は大混乱になりました。

スポンサーリンク

『ミス・ジコチョー』4話のネタバレ感想

50代女性

yuki

今回はそもそも医師以外には対応が難しい医療ミス案件で、しかも遺体の写真を撮影した遺族の息子がお金目当てで病院を強請っているのでは、という天ノ教授にとっては圧倒的に不利な案件なので、今までのように一発逆転でスッキリ的展開にはなり辛いと思います。

終盤に向かって少し天ノ教授に有利に展開しつつあるものの、炎上映像を送ってきたと思われる退職した仙谷医師も一癖ありそうだし、次回きちんと結論が出せるのか不安です。

パンサー・菅とドランクドラゴンの鈴木拓がゲスト出演!

前話のにゃんこスターのアンゴラ村長こと佐藤歩実さんの出演に続き、パンサーの菅良太郎さんとドランクドラゴンの鈴木拓さんが出演!
毎回お笑い芸人が何人か登場する流れなんでしょうかね?

菅さんは、今回の事故調査対象となっている方の遺族ということで、ガッツリと出演されていたのでよくわかりましたが…
鈴木拓さんは、事情聴取(真奈子の聞き取り)時に少し出ただけだから、きづかなかった人も多いかもしれませんね。

さて、真菜子にメールを送っているのは鈴木拓さんなんでしょうか?
それとも、仙石(野間口徹)なのでしょうか?
事件の解明は、真菜子がメールの相手に辿り着けるかといったところなんでしょうかね。

『ミス・ジコチョー』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

医療事故編の後編。とある病院で心臓手術の結果、患者が死亡。調査に乗り出した真奈子(松雪泰子)は病院の隠蔽があるのでは?という疑惑を感じるが証拠は無く、事故調査委員会の委員長である守康(寺脇康文)ともなにかにつけて対立し、大苦戦。手術の再現実験も失敗したが、謎の電子メールで送られてきたのは、手術中に心臓が突如炎上する動画だった。心臓が燃えた理由は何か?隠された真実を求めて、真奈子の反撃が始まる。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/jikocho/html_jikocho_story.html