ドラマル

2021年10月1日

『じゃない方の彼女』ネタバレ!ドラマ最終回までのあらすじ・視聴率・結末考察

ドラマ『じゃない方の彼女』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

濱田岳さん主演の連続ドラマ『じゃない方の彼女』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『じゃない方の彼女』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「Paravi」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。またParaviでは、オリジナルストーリー「じゃない方の夜」も独占配信中。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『じゃない方の彼女』の基本情報

概要(見どころ)

『じゃない方の彼女』は、『共演NG』『あなたの番です』『漂着者』を手掛けた秋元康が企画・原作を務めるオリジナルの不倫コメディドラマです。

真面目な大学准教授の主人公・小谷雅也(濱田岳)が、愛する美人妻・麗(小西真奈美)がいながら、偶然出会った天然魔性系の女子大生・野々山怜子(山下美月)に惹かれて、振り回される姿を描いた物語です。

キャスト一覧

  • 小谷雅也(こたに まさや):濱田岳
    総和学院大学文学部歴史学科・准教授、普通の人生を送ってきた「じゃない方」の男性
  • 野々山怜子(ののやま れいこ):山下美月(乃木坂46)
    総和学院大学心理学部心理学科・2年、天然魔性系女子大生
  • 小谷麗(こたに れい):小西真奈美
    雅也の年上の美人妻、ヨガインストラクター
  • 小谷弘子(こたに ひろこ):YOU
    雅也の母親、恋愛小説家
  • 小谷沙織(こたに さおり):宝辺花帆美
    雅也と麗の娘、小学2年生
  • 片桐修一(かたぎり しゅういち):山崎樹範
    総和学院大学文学部歴史学科・講師、雅也の大学時代の先輩
  • 橋本彩菜(はしもと あやな):東野絢香
    怜子の中学からの幼馴染で大学の同期
  • 後川誠:豊田裕大
    彩菜の彼氏
  • 金沢省吾:辻岡甚佐
    総和学院大学経済学部経済学科・2年、怜子に好意を寄せる

スタッフ一覧

  • 原作・企画:秋元康
  • 監督:三木康一郎、根本和政、岸川正史
  • 脚本:服部隆、モラル、青塚美穂
  • 音楽:小山絵里奈
  • 主題歌
    曲名:エキストラ
    歌手:Thinking Dogs
    レーベル:Sony Music Labels Inc.
  • チーフプロデューサー:阿部真士
  • プロデューサー:中川順平、木下真梨子、森田昇、清家優輝、岸川正史
  • 制作:テレビ東京、ファインエンターテイメント
  • 製作著作:「じゃない方の彼女」製作委員会

各話の視聴率

『じゃない方の彼女』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※『じゃない方の彼女』は、ビデオリサーチによる視聴率の発表がないため、SNS(Twitterつぶやき数など)の反響をもとに、視聴熱を5段階(★)で発表します。

各話放送日視聴率
1話10月11日★★★★★
2話10月18日★★★★★
3話10月25日
4話11月1日
5話11月8日
6話11月15日
7話11月22日
8話11月29日
9話12月6日
10話・最終回(仮)12月13日

『じゃない方の彼女』の最終回ネタバレ・結末考察

愛する妻と娘に囲まれて、普通に幸せな人生を送ってきた大学准教授の小谷雅也(濱田岳)に、人生の転機が訪れる。

雅也が務める大学に通う女子大生・野々山怜子(山下美月)との偶然の出会いが連続し、互いに気になる存在に。
不倫はダメだと分かっていながらも、10歳以上年の離れた天然魔性の教え子・怜子の言動に心惹かれ、恋の沼にどんどん落ちていってしまいます。

愛する美人妻と妻じゃない方の運命の相手…
特別目立つことのない人生を送ってきた「じゃない方」の男・雅也は、果たしてどちらを選ぶのか?

最終回、不倫が妻・麗(小西真奈美)にばれて、気持ちの決断を迫られた雅也。大いに悩みますが、結局は麗を選び、怜子は「じゃない方」だと言う結論に至ります。

一度は家族を捨てでも一緒になりたいと思った怜子に、別れを告げるため、走り出す雅也。
が、怜子の隣には同級生の金沢省吾(辻岡甚佐)の姿が。実は自分も「じゃない方」だったのだと、ようやく気づいた雅也なのでした。という結末になると予想します。

『じゃない方の彼女』各話のあらすじ

2021年10月11日からテレビ東京系にて放送開始された濱田岳さん主演の連続ドラマ『じゃない方の彼女』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

特別目立つことのない人生を送ってきた、いわゆる「じゃない方」男性の大学准教授の小谷雅也(濱田岳)。
ヨガインストラクターをしている美人妻・麗(小西真奈美)と小学2年生の娘・沙織(宝辺花帆美)に囲まれ、何不自由ない日々を過ごしていました。

そんなある日、一人でスーパーの買い出しに行っていたところ、エレベーターが突然故障。
同乗していた若い女性・野々山怜子(山下美月/乃木坂46)と二人きりになってしまい、気まずい空気が流れます。
その気まずい沈黙を紛らすべく、他愛のない世間話を交わす二人。
間もなくして故障が解消され、エレベーターから出られることに。怜子は立ち去り際、魅惑的な笑顔を雅也に向けました。

その数日後、今度は大学のエレベーター内でばったり出くわす二人。
そこで二人は、同じ大学の教師(文学部歴史学科の准教授)と生徒(心理学部心理学科の2年生)であると知り、びっくり。
怜子はまた立ち去り際に、とびっきりの笑顔を雅也に向けました。その可憐にときめいてしまった雅也は、立ち去る怜子の後姿を、思わず目で追ってしまうのでした。

週末、雅也が家で本を読みながらくつろいでいると、麗から「盆栽教室いかないの?」とせっつかれます。
盆栽教室は、休日家でゴロゴロしている雅也を厄介払いするために、麗が勧めたもの。その日も、麗のヨガ教室の生徒を呼んでホームパーティーをするから、家に居られると困るという。
そのため、雅也は気が進まないながらも盆栽教室へ行くことに。

盆栽教室のエレベーター前で、またもや怜子と鉢合わせ。
怜子は2か月前に盆栽教室に通い始め、これまでは平日コースだったのを、今日から休日コースに変更したとのこと。
妙な偶然が重なり、雅也は驚きが隠せませんでした。

盆栽教室の後、(ホームパーティーのため)自分の夕飯は用意されてないだろうと思った雅也は、コンビニに買い物へ。
すると怜子がやってきて、一緒に夕飯を食べに行こうと半ば強引に誘ってきました。

向かった先は、怜子行きつけの定食屋。
怜子と同じサンマ定食を注文します。
食事中、怜子は「3回偶然が重なると、それはもう奇跡。運命の出会い」という持論を展開し、雅也に思わせぶりな言動をします。雅也はそれにどぎまぎしながらも、自分は妻子持ちだからそういう関係にはなれないよ…と弱々しく否定しました。
しかし怜子は、せっかくの運命をふいにしてしまうのはもったいないからと、別れ際に、雅也の頬にキスして去っていったのでした。

雅也は、怜子とのことがバレやしないかと不安に襲われながら帰宅。
すると、麗が夕飯を用意して待っていました。しかも、献立はサンマ。
雅也は慌てて、男友達とファミレスで食事してきたと嘘をつきます。が、口調はどもり顔は青ざめ、あきらかに怪しい様子。
それでも麗はそのことには触れず、ただ一言「サンマ、食べないの?」と。
かくして、雅也はその日二度目のサンマを食したのでした。

2話のあらすじネタバレ

野々山怜子(山下美月/乃木坂46)から不意にキスをされ、それが頭から離れず、つい怜子のことばかり考えてしまう小谷雅也(濱田岳)。
その後も怜子は、雅也の飲みかけの缶コーヒーを飲んだり、連絡先を交換しようとせがんだりと、グイグイ距離感を縮めてきます。おかげで雅也は、これはもう家族を裏切っていることになるのでは…?と気が気ではない日々を送ります。

そんなある日、麗(小西真奈美)から、結婚式の引き出物で貰ったカタログギフトを一緒に選ぼうと声かけられます。
麗と娘の沙織(宝辺花帆美)とでワイワイ話し合いながら、家族でキャンプに行くのが密かな夢だったという雅也希望のバーベキューセットに決定。久しぶりに家族みんなで和気あいあいと団らんできたことに幸せを噛み締めます。
ご無沙汰だった麗とも久しぶりにキスを交わしました。

大事な家族は絶対に裏切れないと再認識した雅也は、翌日、相変わらずグイグイ話しかけてくる怜子に、勇気を振り絞って「教員と生徒としての距離感を保ってほしい」と告げました。怜子は、一瞬傷付いたような表情を見せると、「わかりました」とだけ答えて去って行きました。

数日後、カタログギフトで注文したバーベキューセットが到着。
開けてみると、それは家族用ではなく、ソロキャンプ用のミニチュアサイズでした。
これに呆れた麗は、本当はキャンプなんて興味無かったと本音を暴露。さらには、普段からの雅也への不満が爆発。
雅也はショックを受けます。

その日の夜、雅也は盆栽教室の飲み会に参加。
遅れて怜子もやってきました。
日中の麗との夫婦喧嘩でつい飲みすぎてしまった雅也は、帰宅途中の公園で酔い覚ましをすることに。
すると怜子が水を持って声かけてきました。
あと1時間もしたら、怜子は二十歳の誕生日を迎えるという。家に帰って一人で誕生日を迎えるのは寂しいから、ここで雅也と乾杯してお酒解禁を祝いたい、とねだります。
「お願い…一人にしないで…」と迫られた雅也は、その願いを無下にはできず、付き合うことに。
近くでシャンパンを買ってきて、0時ジャストに怜子の誕生日を祝ったのでした。

しばらくすると見回りの警官がやってきて酒盛りを注意されます。
すると怜子は、雅也の手を引いて逃げ出しました。

翌朝、雅也は、見知らぬ部屋で目が覚めます。
隣には下着姿の怜子が眠っており、自身も下着姿。床には脱ぎ捨てられた服や、酒の空き缶等が散乱していました。
雅也はこの部屋が怜子のアパートだと察し、このとんでもない状況に顔が真っ青になるのでした。

3話のあらすじネタバレ

『じゃない方の彼女』3話のあらすじネタバレは、2021年10月25日(月)23:06の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。