ドラマル

『癒されたい男』5話のネタバレ感想!喫茶店での妄想が面白い!倉持由香の昭和カオル子が可愛い!

2019年5月8日に放送されたドラマ『癒されたい男』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、令和の10連休中に純喫茶で豊満ヒップの店員・昭和カオル子(倉持由香)とわがままBODYの平成ギャル・渋谷ナウ子(橋本梨菜)に秋山が出会う。
時代を超えたタイプの違う美女を前に、秋山が見当違いな妄想で勝手に癒されます!

関連記事

『癒されたい男』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『癒されたい男』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『癒されたい男』5話のあらすじネタバレ

改元前の大型連休を前にして、浮き足立つ秋山寛(鈴木浩介)の職場。
いつもは厳しい鴻池太郎(半海一晃)部長も、無理はするなと、桶狭間秀人(高崎翔太)たちに「残りの仕事は連休明けで大丈夫だから」と余裕をみせました。

そして連休に突入し、令和となった5月1日。
とくに予定のない秋山は適当に街をブラついて、喫茶店に入りました。

そこは昭和レトロな雰囲気漂う喫茶店で、出迎えてくれたのはやはり昭和系美女のウェイトレス・昭和カオル子(倉持由香)推定年齢28歳。
カオル子は露出の少ない制服に身を包み、客との距離を適度に保つ、奥ゆかしい女性でした。けれど、その奥ゆかしさに反したカオル子の魅惑的な豊満ヒップに、秋山は心奪われます。

メニューを開いて、カオル子から数ある珈琲の説明を受ける秋山。
その中に一杯5000円もの高級珈琲を見て驚きます。それはさすがに高すぎると、ふつうに800円の珈琲を頼もうとするも、カオル子に見つめられ、つい見栄を張って高級珈琲を注文してしまいます。

そんなとき鴻池部長から電話が掛かってきました。
手違いで、得意先へ送る企画書の期限が今日であると、今になって発覚したとのこと。鴻池は秋山に送付のお願いをすると、一方的に電話を切ってしまいます。

秋山は、企画書に必要な一部のデータを桶狭間が持っていることを思い出し、桶狭間に連絡をとって、自分に送ってもらうよう頼みました。

そしてノートPCを開いて作業にあたる秋山。
頼んでいた高級珈琲が運ばれてきます。いざそれを味わおうとした瞬間、客とぶつかったカオル子が反動で秋山に倒れ込み、珈琲をぶちまけてしまいました。
カオル子は平謝りすると、お詫びにと「もう一杯…半額の2500円でいかがでしょうか?」と伺いました。じっと秋山を見つめるカオル子。そのカオル子の瞳に吸い込まれるように、秋山は「はい」と答えてしまうのでした。

秋山は気を取り直して、作業を進めるべく桶狭間からのデータを受信しようとしますが、この喫茶店にWi-Fiがないことに気付きます。

ふと見渡すと、別テーブルにあるモバイルWi-Fiに目が止まりました。
そのテーブルにいたのは、カオル子とは正反対で肌を露出した派手めの平成風ギャル・渋谷ナウ子(橋本梨菜)推定年齢20歳。
わがままボディで魅力的な女性ではあったものの、恥じらいも無く肌を露出させ、まるでパパ活でもしていそうな軽さは、秋山の好みに反するものでした。
とはいえWi-Fiを使いたい秋山は、何か自然なキッカケでナウ子と接触できないかと思案しました。

すると、ナウ子の足元にイチゴ柄のハンカチが落ちていることに気付きます。
これは使える!と、秋山はそれを拾い上げると、ナウ子に差し出しました。

けれどナウ子は、自分のじゃないと否定した上で、それはハンカチじゃないと指摘しました。
広げてみると、それは女性物の下着。秋山は慌ててそれをズボンのポケットに仕舞い込むと、変質者と思われないようにと早々に本題を切り出しました。
「Wi-Fiを貸してほしい」と。

ナウ子は話の急展開に戸惑いつつも、すんなり承諾し、なおかつ設定も手際よくやってくれました。
その間、秋山に体を寄せるようにぐっと距離を縮めてきたナウ子。その距離は昭和カオル子の半分。どぎまぎしながらも時代を感じる秋山でした。そして、気さくで意外と親切なナウ子に胸をときめかせます。

けれど、運ばれてきた2杯目の高級珈琲を、何の断りも無くナウ子に飲み干され、愕然とする秋山。
肩を落としていると、壇ノ浦リサ(宇野実彩子)からラインが。
そこには秋山への労いの言葉と、カオル子やナウ子から体を寄せられデレデレになっている秋山を隠し撮りした写真がありました。
秋山は恐怖に駆られ、あたりを見渡すと、パーテーション越しの隣の席にリサの居た形跡が。さらにはリサから伝票を回され、秋山はその理不尽さに憤りました。

そして、カオル子から「もう一杯…半額でいかがでしょうか?」と聞かれ、またもや「はい」と答えてしまう秋山。
結局、珈琲一杯に一万円を払うことになってしまった秋山でした。

『癒されたい男』5話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

今回は、新しい時代を迎えた今にふさわしく昭和と平成にフィーチャーした妄想でした。
男女の距離感を、その時代の年数64年(cm)と31年(cm)に喩えた表現が何とも粋。たしかに昭和に比べたら、今の男女間の距離はその半分と思えるほどにぐっと縮まったのかな。
そして昭和カオル子を演じた倉持由香さんのヒップ、すごかったです…!

今回のリサもなかなかの鬼畜っぷりで(褒め言葉ですよ!)。「変なオジサン」と見えかねない写真を隠し撮りして脅しつつ、秋山に伝票を回すというそつの無さ。さすがリサ!
伝票の中身はドラマでは明かされなかったけれど、きっと一杯5000円の珈琲で間違いないでしょう。
それにしても一杯5000円もする珈琲って、どんな味するんでしょうね。

喫茶店での妄想が面白い!倉持由香の昭和カオル子が可愛い!

昔懐かしい喫茶店での秋山の妄想が面白い回でしたね。
64の距離を守る昭和カオル子(倉持由香)、31へと距離を縮めた平成ギャル・渋谷ナウ子(橋本梨菜)も対極的で良かったですよね。

秋山がどっちかを選ぶという妄想シーンがありましたが、放送後の視聴者は、どうやら倉持由香さん演じる昭和カオル子を選ぶ方が多かったようです。

一番の面白いシーンはなんといっても、コーヒーをこぼして倉持由香が鈴木浩介の股間をごしごしごしと拭くところでしたね。
実際にあんなことされたら秋山じゃなくてもその後、妄想がスタートしちゃうでしょ!

『癒されたい男』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『癒されたい男』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

課長補佐の秋山寛(鈴木浩介)は、日々ストレスを抱えていた。ある日秋山は、健康診断の再検査の為、会社指定の病院に行くことに。なぜか指定病院は女性だらけの産婦人科だった。そこで出会った、白衣の天使・純白萌子(渡辺舞)とインテリメガネの網タイツの女医・網目ハク子(森咲智美)に妄想は膨らみ癒される秋山だったが、同じ会社の社員が、健康診断で妊娠が発覚したことを耳にする。
思い当たる節がある秋山は、妊娠は、部下の壇ノ浦(宇野実彩子)ではないかと心配するあまり、妄想が止まらなくなってしまい…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/iyasaretai/story/