ドラマル

『癒されたい男』3話のネタバレ感想!壇ノ浦リサの処世術に感服

2019年4月25日に放送されたドラマ『癒されたい男』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、新規契約獲得のため、戦場(大手企業)へと飛び込み営業をかける秋山。
そこで出会った天使の受付嬢とクールビューティー秘書を前に、秋山の脳内妄想が始まる!

関連記事

『癒されたい男』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『癒されたい男』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『癒されたい男』3話のあらすじネタバレ

相変わらず契約が全く取れない秋山寛(鈴木浩介)のチーム。
部長の鴻池太郎(半海一晃)は、それを激しく責めると、今すぐにでも契約を取って来いと檄を飛ばしました。

そこで秋山は、これまで根気よく接触を図りながらも、まったくアポの取れない手強い大手企業・帝王不動産へと、飛び込み営業に行きました。

その受付ロビーでは、秋山と同じように営業を仕掛けて、無残に返り討ちにされたであろう傷付いた企業戦士たちの姿で溢れていました。
けれど、そんな傷ついた戦場の男たちを優しい笑顔で癒すナイチンゲールのような受付嬢・窓口キラ子(水越朝弓)がいました。
キラ子が笑顔で、傷だらけの企業戦士へ声をかけると、それまで項垂れていた者たちもたちまち元気を取り戻します。その品があって親しみのある癒しの笑顔は、これまで数多くの受付嬢を見てきた秋山の中でも最高ランク。
また、口説き落とそうとする不埒な輩(爆弾)が近づくも、やり過ごし、動じることなく適切に対処していくキラ子。その受付嬢としての理想的な対応にも感銘を受ける秋山でした。

武器を持たない(アポのない)薄弱な戦士である秋山は、キラ子に勇気をもらい面会を打診するも、あえなく被弾、拒否されてしまいます。
けれどキラ子の、まるで励ますかのような優しい視線に癒される秋山。おかげで秋山は被弾の痛みに打ちひしがれることなく、清々しくその場を立ち去ったのでした。

職場に戻ると、実は先方の担当者が壇ノ浦リサ(宇野実彩子)の知り合いだったことが判明します。
そこでリサに頼んでアポを頼むと、先方はすんなり受諾。
秋山はリサと桶狭間秀人(高崎翔太)を連れて、ふたたび帝王不動産を訪れました。

知り合いだというリサのおかげで対話はとんとん拍子に進み、社長への面会を果たします。

いよいよ、敵の本丸である社長室へと乗り込む秋山たち。
秋山は、そこでお茶を出してくれた美人社長秘書・社内イチ子(松田佳央理)の、冷たくも艶かしい色香とチラ見せファッションに目を奪われてしまいます。
イチ子は交渉の場にも同席し、鋭い目線を向けながら意見を述べていきます。社長も何かとイチ子に意見を求め、この場の決定権はイチ子にあるようでした。その姿は、まるで男たちを支配する美しき女帝。
その美しさに妄想が膨らみボーっとしてしまう秋山。
そんな放心した秋山をよそに、リサは着々と交渉を進めると、とんでもない安値で商談成立させてしまいます。
秋山が妄想から我に返ってそれに気づくも、後の祭りでした。

利益がほぼ出ない安値では、また鴻池部長からこってり絞られることが予想され、その価格実現のために、次は下請けとの価格交渉を命じられるに違いないと覚悟した秋山。
リサはその惨劇を見越してか、あらかじめ打診していた有給で明日から休むと、堂々と宣言します。

まるで味方から背中を打たれてしまった秋山。
その深い傷を癒すべく、受付に向かうも、定時を過ぎていたため、そこに癒しの女神はいませんでした。
秋山は肩を落とします。
けれど、無愛想な警備員のいる受付に、妄想の力で癒しの女神の姿を重ねると、その笑顔に明日への活力を貰う秋山でした。

スポンサーリンク

『癒されたい男』3話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

手強い取引先に容赦なく切り捨てられ、傷つく企業戦士たる営業の人たち。そして、そんな傷ついた企業戦士を優しい笑顔と言葉で癒してくれる、まるで女神のような受付嬢。
王道な妄想であるがゆえに、心にスッと入ってきました。
殺伐とした戦場には、癒しの存在が必要不可欠ですね!企業の顔と言われる受付嬢の大切さ、存在の大きさを改めて実感。
同性であっても、物腰の柔らかい対応、可愛らしい笑顔には癒されますしね。

今回の話では、壇ノ浦リサの実はデキる働きぶりにも目を見張るものがありました!
守りの堅い取引先担当者のアポをあっさりとってみたり、相手のキャラに合わせてそつなく交渉したり、放心してる上司に代わって粛々と提案を進めたり、危険を感じたときには身を潜めて(有給取って)みたり。
見事な処世術に感服です!リサ、カッコいいなぁ~。

3話の視聴者のつぶやき

壇ノ浦リサの処世術に感服

まあ3話もしょうもない話でしたが、なんとなく今回が一番見応えがあったようにも思います。壇ノ浦リサ(宇野実彩子)の処世術に感服しましたね。実は彼女すごくできる女なんじゃないでしょうか?
3話見てきて、ようやく『癒さられたい男』の楽しみ方が分かってきたような気がします。

『癒されたい男』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『癒されたい男』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

課長補佐の秋山寛(鈴木浩介)は、上司と部下の板挟みにあい日々ストレスを抱えていた。
健康診断で尿酸値の高かった秋山は、体の改善と癒しを求め、スポーツジムに通うことに。スタイル抜群の美人トレーナー唐田きた恵(春花)と、このジムに通う雅なお色気漂わせる・優雅カケ子(葉加瀬マイ)に囲まれ脳内の妄想が止まらない。
しかし、そこにやってきた中年男・神崎部長(森岡豊)に妄想を妨害され因縁までつけられる。
美女を巡る中年男二人のバトルが勃発…秋山は妨害に負けず、体の改善と癒しを満喫できるのか!

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/iyasaretai/story/