ドラマル

『Iターン』4話のネタバレ感想!次週の竜崎さんの眼鏡姿にネット湧く!

2019年8月3日に放送されたドラマ『Iターン』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、狛江が竜崎の甘ーいお誘いに乗ってしまう!
竜崎に渡されたカバンの中からは白い粉が。そこに刑事が現れ…。

関連記事

『Iターン』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『Iターン』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『Iターン』4話のあらすじネタバレ

岩切猛(古田新太)に命じられて、狛江光雄(ムロツヨシ)は借金返済のため、土沼昭吉(笹野高史)にキックバックの取引を依頼しに行くと、快く引き受けてくれました。

岩切組と竜崎組は同じ極道ですが、その考え方はかなり違うようで、竜崎組は金を儲けることしか考えていないようで、岩切組は内職のような仕事もしていて堅気の人を食いものにするようなことはしないようです。しかし狛江は納得していません。

狛江は、土沼から受け取った返済予定の金を、待ち伏せしていた闇金北島(アントニー)に奪われてしまい、岩切に返すお金がなくなった狛江は、竜崎剣司(田中圭)が提案してくれていた甘い誘惑に乗ってしまい、500万円を借りることにします。

岩切との待ち合わせ場所のホルモン屋の前に行った狛江は、直前に500万円の入ったバッグを渡され、ホルモン屋に入ると女店主2人(阿佐ケ谷姉妹)の素敵な歌声が流れていたのですが、お腹の具合が悪くなってトイレに行き、渡されたバッグの中を見ると金は偽物でしかも白い粉までが入っていました。

岩切がホルモン屋に来ると、刑事城島(河原雅彦)が現れ持ち物を探られ、狛江も持ち物を調べられますが、岩切に目が向いている間に、白い粉はウーロン茶に溶かして飲んでしまっていました。この粉が何だったのかは定かではありません。

刑事と竜崎は通じていて、仕込んだ白い粉で岩切を陥れようとしていたようです。

スポンサーリンク

『Iターン』4話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

同じような組織でも、そこのトップの考え方、生き方次第で大きく違う組織になってしまいます。

そして、長く続いていく組織は、関係先から心底理解してもらえるトップの考え方に沿って活動をしている組織でしょう。
表面的な損得だけでは、一時的には栄華を誇ったとしても近い将来には必ず淘汰されてしまいます。
これは、これまでの人類の歴史だけを見ても明らかなことですね。自然界ではごく自然なことです。
その真髄をこれからの展開で魅せてもらえると嬉しいですね。

次週の竜崎さんの眼鏡姿にネット湧く!

竜崎さんが狛江を「あのガキ」って言うシーンと、次週のサングラスから眼鏡姿に変えた姿で話題は持ち切り!

今から外向きの竜崎社長を見たくてワクワクする人達で溢れかえりました。

それにしても、竜崎さんは警察ともグルなんでしょうかね?なんだか、岩切を応援したくもなってきてしまいました。

『Iターン』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『Iターン』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

上司(相島一之)から、新規の仕事がなければ阿修羅支店は閉鎖と言われ、難攻不落の大手銀行に営業へ向かう狛江(ムロツヨシ)。銀行で竜崎(田中圭)が支店長といるのを目撃してしまう。しかも、そこに岩切(古田新太)も現れ一触即発に…。
そんな中、狛江の心のオアシス、部下の美月(鈴木愛理)から相談があると言われ、舞い上がる狛江。一方、柳(渡辺大知)はスナック来夢来都のめぐみ(森田望智)に夢中で…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/iturn/story/