ドラマル

2021年6月13日

『イタイケに恋して』ネタバレ!最終回までのあらすじ・視聴率・結末考察

ドラマ『イタイケに恋して』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

渡辺大知さん、菊池風磨さん、超新塾・アイクぬわらさん主演の連続ドラマ『イタイケに恋して』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※『イタイケに恋して』全話ネタバレ完了済み(2021年9月10日)。

見逃し配信をチェック

当記事には、『イタイケに恋して』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「Hulu」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。またHuluでは、オリジナルストーリー『イタイケに恋して、に恋して』も独占配信中
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『イタイケに恋して』の基本情報

概要(見どころ)

『イタイケに恋して』は、『おっさんずラブ』『私の家政夫ナギサさん』『恋はDeepに』を手掛けた脚本家・徳尾浩司による、完全オリジナルのイタきゅんラブコメディドラマです。

売れないシンガーソングライター・影山信博(渡辺大知)、売れない劇団俳優・飯島将希(菊池風磨)、売れない米国人少女漫画家・マリック・ジョンソンJr.(アイクぬわら)の3人が、恋愛インフルエンサーである弘田佐知(石井杏奈)の助手として、恋愛の悩みを抱えてやってくる相談者を相手に、悪戦苦闘しながら解決へと導いていく物語です。

シェアハウスで共に生活している3人が、多種多様な恋に悩む人々と向き合っていくなかで、自らのいたいけな恋を実らせていく姿も描きます。

キャスト一覧

  • 影山信博:渡辺大知
    とにかく売れないシンガーソングライター、動画サイトで【KORUKU】の名義で匿名アーティスト活動
  • 飯島将希:菊池風磨
    とにかくプライドが高くて売れない劇団俳優、劇団『爆裂バナナハンターQ』の看板役者
  • マリック・ジョンソンJr.:アイクぬわら(超新塾)
    とにかくピュアで売れない米国人少女漫画家、日本の少女漫画を愛するヲタク、『放課後エターナル』という少女漫画の大ファン
  • 弘田佐知:石井杏奈
    大学院で恋愛心理学を研究する大学院生、通称『ブル美』として人気の恋愛インフルエンサー、こじらせ男子3人をスパルタ教育する
  • 谷村結花:石川恋
    影山の元彼女、暴力的で歯に衣着せぬ性格
  • 恋愛AIシミュレーター・六郎:升毅
    佐知が作り上げた恋愛AI

1話ゲスト

  • 橘果帆:大友花恋
    女子大生、12秒ぐらい同じスピードで並走する電車の窓際に立つ男性に恋をした相談者
  • 西脇洋二郎:結城琳久也
    24歳の大学院生
  • 繁田篤彦:吉岡睦雄
    アニメシティ日比谷本店の副店長

2話ゲスト

  • 石渡麒一:オラキオ
    交通事故で記憶を失った相談者
  • 芦沢日奈美:山崎紘菜
    石渡の恋人→元恋人と判明
  • 権田瑠華:瀬戸さおり
    石渡の現在の彼女

3話ゲスト

  • みなみ:黒川智花
    同じ顔の人を好きになった相談者
  • 猪俣悠也、城ノ内聖里矢:笠原秀幸(一人二役)
    悠也はみなみの高校時代の恋人、聖里矢は悠也と顔が瓜二つの現恋人

4話ゲスト

  • エレナ:尾崎由香
    「結婚式で私を奪って、できるだけ遠くに連れ去ってほしい」という相談者
  • 酒井郁夫:中山卓也
    エレナの結婚相手
  • イエロー・ゴッド:布川ひろき(トム・ブラウン)
    よく当たるという占い師
  • 岡部拡輝:坂口涼太郎
    一年前にエレナと別れた恋人

5話ゲスト

  • 清水:山村紅葉、田崎:千葉雅子、瀬戸口:石野真子
    影山に付いて研究所に来た3人組の女性
  • 充:高橋ジョージ
    3人組の初恋の人

6話ゲスト

  • 菜野花:仁村紗和
    「秀雄とたまみを別れさせてほしい」という相談者
  • 秀雄:濱津隆之
    32歳、菜野花の兄
  • 福本たまみ:片山萌美
    ゴルフ愛好家連続殺人事件の容疑者

7話ゲスト

  • 宮部羽月:北香那
    「レモン侍という着ぐるみのキャラクターに告白したい」というデパートのイベント企画部に勤める相談者
  • 萩原慎介:松本利夫/EXILE
    45歳、着ぐるみのキャラクター「レモン侍」の中の人

8話ゲスト

  • 常楽寺:奥野瑛太
    ドイツの証券会社に勤務する「自分にふさわしい女性を探し出す手伝いをしてほしい」という相談者

9話ゲスト

  • 花巻健太郎:上川周作
    写真家・映像クリエイターとして活躍する大学生
  • 反町美咲:塩川菜摘
    花巻が恋をした仲のいい女友達

スタッフ一覧

  • 原作:なし
  • 監 督:豊島圭介
  • 脚本:徳尾浩司
  • 主題歌
    曲名:ドライバーズ・ライセンス
    歌手:オリヴィア・ロドリゴ
    レーベル:ユニバーサル ミュージック
  • チーフプロデューサー:沼田賢治(ytv)
  • プロデューサー:福田浩之(ytv)、坪ノ内俊也
  • 制作協力:R.I.S Enterprise
  • 制作著作:読売テレビ

各話の視聴率

『イタイケに恋して』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※『イタイケに恋して』は、ビデオリサーチによる視聴率の発表がないため、SNS(Twitterつぶやき数など)の反響をもとに、視聴熱を5段階(★)で発表します。

各話放送日視聴率
1話7月1日★★★★★
2話7月8日★★★★★
3話7月15日★★★★★
4話7月22日★★★★★
5話7月29日★★★★★
6話8月12日★★★★★
7話8月19日★★★★★
8話8月26日★★★★★
9話9月2日★★★★★
10話・最終回9月9日★★★★★

『イタイケに恋して』の最終回ネタバレ・結末考察

『イタイケに恋して』は原作なしの脚本家・徳尾浩司による完全オリジナル作品です。
そのため、正確な最終回および結末はわかりませんが、公開されている情報から1話完結型の物語で進むと予想されます。

以下は最終回までの展開予想です。

教会をリノベしたシェアハウスを舞台に、イタかわ男子の影山信博(渡辺大知)、飯島将希(菊池風磨)、マリック・ジョンソンJr.(アイクぬわら)たちが、『ブル美』として人気の恋愛インフルエンサー弘田佐知(石井杏奈)の助手として、恋に悩む人々を救っていくと共に、自分たちの恋愛スキルも向上させていきます。

物語後半。
恋に不器用で、売れないシンガーソングライター、売れない劇団俳優、売れない米国人少女漫画家だった3人が、恋とは何かを知ることで覚醒!
各々、才能を発揮して、夢を叶える一歩を踏み出し始めます。

最終回、まず将希とマリックが恋を成就させます。そんな中、信博が憧れの【KORUKU】であると知った佐知。元よりお互いを意識していた2人も付き合うことに。
こうして、恋愛相談を通じて成長し、売れた3人は、いたいけな恋を実らせます。

『イタイケに恋して』各話のあらすじ

2021年7月1日から読売テレビ・日本テレビ系にて放送開始された渡辺大知さん・菊池風磨さん・超新塾・アイクぬわらさん主演の連続ドラマ『イタイケに恋して』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

自称シンガーソングライター(動画サイトでは【KORUKU】の名義で匿名アーティストとしても活動)の影山信博(渡辺大知)、劇団「爆裂バナナハンターQ」に所属している売れてない俳優の飯塚将希(菊池風磨)、少女漫画ヲタクのマリック・ジョンソンJr.(アイクぬわら)は、シェアハウスで共同生活を送っています。
彼らは、恋愛を研究する大学院生・弘田佐知(石井杏奈)(「ブル美」のニックネームで人気の恋愛インフルエンサーでもある)が運営する『恋愛サイエンス総合研究所』の住み込みアルバイトに採用されたのです。

なぜ彼らがこのバイトに応募したかというと…
マリックは、恋愛を題材にした少女漫画が大好きで興味があったから。
影山は、失恋の痛手を恋愛相談することによって紛らわせたかったから。
それは半月ほど前、付き合っていた彼女・谷村結花(石川恋)にプロポーズしようと自宅マンションを訪れた時のこと。
結花への愛を込めた自作の歌をプレゼントしようとした時、ちょうどインターホンが鳴り、ベランダへ隠れるよう命じられました。カーテンの隙間から中の様子を窺うと、なんと、結花が見知らぬ男性(勝村周一朗)とキス。そしてベランダには、もう一人、ギターを持った男性(ほしのディスコ/パーパー)が隠れていました。このことから、結花が複数人と付き合っていることがわかり、破局したのでした。
飯塚は、ヒモ状態で彼女と同棲していたある日、突然、もう限界を感じたのか彼女が飯塚の私物を全てアパートから放り出し、別れを告げました。行き場を無くした飯塚は、「住み込みのバイト」という触れ込みに惹かれ応募したのでした。

さっそく、相談者として女子大生の橘果帆(大友花恋)が訪れます。
果帆は毎朝乗る電車で東京から秋葉原に向かう間、ほんの12秒ぐらい同じスピードで並走する電車の窓際に立つ男性を見かけるようになり、その男性に恋しているという。
しかし、ある日を境に、ぱったりと彼の姿が見られなくなり、気になって仕方ないという果帆。
3人は、その男性を捜すことに。与えられた期限は3日間。
果帆が電車の車内から向かい側の電車に乗る男性を写した写真をもとに、捜査を開始します。

1日目。
影山とマリックが秋葉原駅に張り込みし、写真正面に写っている男性を見つけることに成功。
その男性は、24歳大学院生の西脇洋二郎(結城琳久也)。

2日目。
西脇と果帆を対面させると、果帆は「違います」と一言。
果帆が一目惚れした男性は、正面のイケメンではなく、その背後にいる冴えない中年男性でした。
その男性は、姿が見えなくなる日の直前、果帆に向かって「君は本当に美しい」と話しかけたという。もちろん声は届かなかったから、口の動きからそう読み取ったという果帆。
このことから、両者は相思相愛に違いないと確信した3人は、なんとか捜してあげたいと捜査にも熱が入ります。

写真の中年男性をじっと見つめたマリックは、その人物がアニメシティ秋葉原店の店長であることに気付きます。
以前、アニメのサイン会で見かけたことがあるという。さっそく、秋葉原店に向かうマリック。
しかし、秋葉原店は既に閉店。電車で見なくなった日が、閉店日であったことが判明しました。

唯一の手掛かりを無くし、途方に暮れる3人。
そんな3人を見かねて、佐知は自作の恋愛AIシミュレーター・六郎(升毅)を披露。
六郎は、男性が「君は、本当に、美しい」と言ったのではなく、転勤先を告げようとしたのではないかと指摘しました。
このアドバイスにより、「日比谷、本店に、移ります」と言ったのではないかと気付く3人。

3日目。
現在は日比谷本店の副店長をしている繁田篤彦(吉岡睦雄)を連れてきて、果帆と対面。
果帆は念願だった想い人との対面に顔を赤らめますが、繁田は果帆の顔を見たとたん素っ気無い態度を見せます。というのも、繁田がメッセージを伝えたかった女性は、果帆の背後にいたゴスロリファッションのぽっちゃり女性(橋本一愛)だったのです。秋葉原店の常連客だったという。
あからさまに冷たい態度でその場を去ろうとする繁田。その繁田に、果帆は思いっきりビンタを食らわせました。

なんとも切ない結果に、肩を落とす果帆。
そんな果帆に、惚れっぽい飯塚は「好きです!付き合ってください」と告白。しかし、即答で「ごめんなさい」とフラれてしまう飯塚でした。

2話のあらすじネタバレ

研究所に、相談者・石渡麒一(オラキオ)が訪れます。
石渡は最近、交通事故に遭って入院。幸い軽傷で済んだのですが、意識を取り戻した時に見知らぬ女性が涙を流して喜んでいたという。その女性は芹沢日菜美(山崎紘菜)。彼女曰く「石渡の恋人」とのことですが、石渡は記憶を失っており、まったく身に覚えがありませんでした。
ただ、石渡のスマホには日菜美と一緒に映っている写真が残っており、石渡が友人たちにも確認したところ、日菜美と付き合っていたことは間違いない、とのことでした。

石渡の入院中、日菜美は献身的に世話をしてくれたという。けれど、石渡は日菜美に感謝しながらも、恋人としての愛情は持てなかったため、石渡の相談は「どうしたらもう一度、日菜美に恋することができるのか?」というもの。
影山信博(渡辺大知)、飯塚将希(菊池風磨)、マリック・ジョンソンJr.(アイクぬわら)は、難題に頭を抱えます。記憶を失い、生まれ変わった状態になった石渡は、もう一度同じ人に恋をするのか?と。
飯塚は、石渡と日菜美は別れるしかないと断言。しかし、影山は再び恋をすることはありうると言い、マリックは運命的なめぐり合わせを信じました。

影山は、人が恋に落ちるには何かのきっかけとタイミングが重要なのではないか、と思いつきます。
3人は、石渡と日菜美が付き合うことになったきっかけとタイミングを調べて、それを再現することに。
友人同士で集まったバーベキューをきっかけに、付き合うようになったとのこと。影山らと弘田佐知(石井杏奈)は、石渡を呼んで実際にバーベキューをしながら当時の出来事を再現します。
けれど、どのシチュエーションにも石渡がトキメクことはありませんでした。

その夜、恋愛インフルエンサー「ブル美」(佐知が正体を隠してやっているSNSのニックネーム)のもとに、権田瑠華(瀬戸さおり)という女性から相談メールが届きます。
「彼氏が突然失踪し、どうしたらいいか…」といった内容で、その彼氏とは、なんと石渡でした。

翌日、瑠華を研究所に呼んで詳しく話を聞く佐知。
石渡の恋人だという瑠華のスマホにも、親密そうなツーショット写真がありました。ただ、石渡が事故に遭ったことは知らなかったという。

瑠華と話をしている最中、元々予定してた石渡と日菜美が研究所にやってきます。
とりあえず、修羅場回避のため瑠華を隠すことに。

石渡は、日菜美と二人きりで話がしたいということで、二人は公園へ。
やはり日菜美には恋愛感情が持てない、と正直に告げます。すると、泣きじゃくりながら「やっぱりダメか…」と漏らす日菜美。じつは、石渡を歩道から突き飛ばして事故に遭わせたのは自分だと告白。
日菜美は、石渡の元恋人で、別れた後も未練を断ち切れず凶行に至ってしまったという。そして、石渡が運よく記憶喪失を発症したため、今でも付き合っているフリをしてよりを戻そうと画策したのでした。
しかし、記憶喪失になってもなお、日菜美を愛せないという石渡に絶望。日菜美は刃物を取り出し、石渡に襲い掛かります。
が、駆け付けた影山らに取り押さえられ、佐知とともに警察に出頭しました。

騒動が収まった後、瑠華と話をした石渡は記憶を取り戻し、彼女の優しさにあらためて恋心を抱くのでした。

3話のあらすじネタバレ

ある朝、飯塚将希(菊池風磨)が、夜中にキッチンで物音がして誰かの影が見えたと言い出します。
しかし、影山信博(渡辺大知)、マリック・ジョンソンJr.(アイクぬわら)、弘田佐知(石井杏奈)は物音を聞いていないし、身に覚えがないという。飯塚は、不気味な現象に怯えます。

そんな中、依頼人の日向みなみ(黒川智花)が研究所を訪問。
みなみは、高校時代に付き合っていた猪俣悠也(笠原秀幸)と結婚の約束までしていたのですが、卒業してすぐ、一方的に別れを告げられました。そして数年後、みなみは城ノ内聖里矢(笠原秀幸・一人二役)という男性と出会います。彼は、悠也と顔が瓜二つ。けれど、悠也と聖里矢はまったくの別人で、血縁関係も無し。
みなみは、聖里矢と付き合い始めますが、聖里矢は悠也と性格がまったく違い、だらしない男でした。そのため、みなみは、友人や親から、聖里矢の顔が好きなだけで付き合っているのだろうと言われ、交際を猛反対されているとのこと。

みなみは3人に向かって、同じ顔の人を好きになっても別に構わないはずだと主張します。
けれど影山とマリックは、みなみが聖里矢に悠也の姿を重ねて幻影を追っているのではないかと心配します。すると、みなみは怒り出して帰ってしまいました。
佐知は、そんな依頼人に寄り添えなかった3人を叱責。
3人の役割は、正論を述べることではなく、依頼人に寄り添い、共感し、気持ちを晴れやかにしてあげることだ、と。
そこで3人は、「顔で好きになるのは、悪いことか?」「なぜ人は顔で好きになるのか?」とあれこれ考え始め、とりあえず、またみなみの話を聞くべく、飯塚がみなみの自宅を訪ねてみることに。

翌日、みなみの自宅を訪問した飯塚から、「同棲している聖里矢が出てきて因縁をつけられたから慌てて逃げてきた。もしかしたら、そっち(研究所)に行くかもしれない」との連絡を受けます。
その鬼気迫る物言いに、恐れおののく影山とマリック。その時、玄関のチャイムが鳴り、マリックが恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは、聖里矢ではなく、なんと悠也でした。
じつは昨夜、「ブル美」宛に「10年前に別れた彼女とよりを戻したい」との相談があり、佐知が研究所に案内したのです。

そして間もなくして、予想通り、聖里矢も研究所に乱入。
聖里矢は、海外から戻ったエリートサラリーマンの悠也とは真逆で、ヤンキーのような出で立ちと振舞い。今現在、みなみはこんな輩と付き合ってるのかと、悠也は頭を抱えます。
どちらがみなみにふさわしい男性かを巡り、聖里矢と悠也が一触即発となりそうなところを何とか止めて、みなみ本人に選んでもらうことに。

見た目で判断できないように、二人には同じジャージを着せて、それぞれ30分ずつ、料理やゲームなどしてみなみと過ごしてもらいます。
傍から見ると、どちらもラブラブカップルそのもので、どちらが聖里矢か悠也なのか判別がつきません。
しかし、みなみははっきり違いが分かったという。その上で選択したのは、聖里矢。
匂い(雰囲気のようなもの)に違いがあり、聖里矢のほうが好ましいと感じたとのこと。

みなみと聖里矢は、顔だけじゃない理由で選べた・選ばれたことに満足し、晴れやかな笑顔で研究所を後にしたのでした。

4話のあらすじネタバレ

「結婚式で私を奪って、できるだけ遠くに連れ去ってほしい」と、エレナ(尾崎由香)という女性から依頼されます。
エレナは、親同士の決めた縁談で酒井郁夫(中山卓也)という男性と結婚を決めてしまったものの、式の準備を進めるうちに、彼とは考え方や価値観が違うことに気付いてしまったという。一番の決定打は、郁夫に嘘をつかれていたこと。
郁夫に勧められて、よく当たるという占い師・イエロー・ゴッド(布川ひろき/トム・ブラウン)に「2人の相性はピッタリ」と言われたのですが、後になって、その占い師は郁夫が仕込んだニセモノ(じつは郁夫の友人)と判明したのです。

弘田佐知(石井杏奈)は、恋愛相談以外は受け付けられないとして、エレナの依頼を断ろうとします。が、エレナに一目惚れした飯塚将希(菊池風磨)が、佐知を無視して引き受けてしまいました。

結婚式当日の朝、飯塚、影山信博(渡辺大知)、マリック・ジョンソンJr.(アイクぬわら)の3人は、式場への潜入計画を練ります。
その中でいつしか、「好きだからつくウソはありか?」という話題に。
例えば、仕事で異性と二人きりで打ち合わせをしなければならない時に、恋人に正直に話すか、もしくは「男友達と…」といった具合にウソをつくか。
飯塚は恋人を安心させるための白いウソならあり派で、一方、マリックは嘘がバレたら結局傷付けてしまうから正直に話す派で、意見が衝突。そこで、佐知が作った恋愛AIシミュレーター・六郎(升毅)に意見を聞いてみることに。
六郎が話しはじめたところで、飯塚の不注意でコンセントを抜いてしまいます。が、それでも話し声が続き、その声を辿ってみると、冷蔵庫を漁る不審な人影が。見た目は、ヘッドマイクをつけたふつうのおじさんで、その人物こそ、飯塚がここ最近、夜中に目撃していた怪しい人影の正体でした。
飯塚たちは、六郎に佐知との関係を問い詰めますが、時間が迫っていたため、答えを聞き出すことはできませんでした。

影山が搬入業者、マリックがカメラマン、そして飯塚が新郎に扮して式場への侵入を試みます。
トラブル続きで四苦八苦しながらも、なんとか侵入に成功。
いよいよ、新郎に扮した飯塚がチャペルに突入しようかという直前で、岡部拡輝(坂口涼太郎)という男に絡まれます。岡部は、一年前にエレナと別れた恋人で、エレナを奪いにきたという。飯塚は、岡部の情熱に絆され、奪う役を託すことに。
岡部は三人の協力を得て、無事、エレナの奪取に成功しました。
がしかし、式場から逃げた後、岡部のことをもうなんとも思っていなかったエレナは、結婚を阻止できたことに満足して笑顔でバイバイしたのでした。

後日、影山に「何か悩んでいることがあれば聞くよ」と声をかける佐知。
影山が、元恋人・谷村結花(石川恋)との過去の思い出に囚われ続けているのを見抜いていたのです。実際、式場潜入の時も、結花と下見に来た式場だったため、チャペルまで踏む込むことができませんでした。
しかし、強がって「もう完全に吹っ切れてますから」と強がる影山。
そんな折、結花から「今度、私も相談しに行こうかな」とのメッセージが届くのでした。

5話のあらすじネタバレ

買い物の帰り道、影山信博(渡辺大知)は、3人組の女性・清水(山村紅葉)、田崎(千葉雅子)、瀬戸口(石野真子)から、歩き疲れたから近くに休める場所はないかと声を掛けられ、とりあえず研究所に案内しました。
その結果、影山は彼女たちのおしゃべりに付き合わされるハメに。

彼女たちは高校の同級生で、同窓会から帰るところでした。
同窓会では、卒業式の時に埋めたタイムカプセルをみんなで開けることになり、当時書いた手紙や懐かしい写真がたくさん出てきたという。その中には、彼女たちの初恋の人・充(高橋ジョージ)が書いた手紙も。
充の手紙の最後には「俺はT・Sが好きだ。40年後、必ず会おう」と書かれていました。
T・Sとは一体誰なのか?充は同窓会を欠席していたため、本人に聞くことはできませんでした。
じつは、3人ともイニシャルがT・S。彼女たちは、自分こそが、充が好きだというT・Sだと言って譲りません。
言い争う3人を前に、影山は困惑するばかりでした。

飯塚将希(菊池風磨)とマリック・ジョンソンJr.(アイクぬわら)は、影山から、女性3人組との一部始終を聞きますが、とるに足らない話だと一蹴。
しかし、彼女たちが忘れていった40年前の写真を見た飯塚は、コロリと態度を変えます。18歳の頃の3人は、とてもかわいかったのです。
飯塚は、「彼女たちの力になってあげよう!」と口火を切ったのでした。

翌日、研究所に、彼女たちがバラバラにやってきます。
飯塚が清水の、影山が瀬戸口の、マリックが田崎の対応をし、彼女たちはそれぞれ、卒業式の日に第二ボタンを貰ったとか、交換日記をしていたとか、手を繋いで下校したことがあるとか、充の想い人が自分である証拠を挙げ連ねました。
飯塚たちはそれを以て、T・Sとは誰か?議論を繰り広げますが、決定打に欠け、結論に至りません。

そんな中、重い病気を患って入院していた充が危篤状態だという連絡が入ります。
清水たち3人は急いで病院へ。
一方、3人の証拠品をじっくり眺めていた影山はあることに気付き、影山もまた病院へ向かいました。

影山は彼女たちに、T・Sとは3人全員のことを指していると告げます。
3人仲良く写っている写真の裏に「チーム・そばかすよ、永遠に」と書かれていたのです。この「チーム・そばかす」は、日誌等にも書かれている浸透した彼女たちの通称で、これをイニシャルにすると「T・S」。
これに気付かされた3人は、当時のようなそばかすを頬に描き、意識の無い充へと懸命に話しかけます。
すると充は、一瞬だけ意識を取り戻すと幸せそうな微笑みを浮かべ、そして息を引き取ったのでした。

先日、影山に「今度、私も相談しに行こうかな」とメッセージを送った谷村結花(石川恋)は、今度は「別れられると思う?」と送信。
これに影山が「もう別れたつもりです」と返すと、ついに結花が研究所に乗り込んできたのでした。

6話のあらすじネタバレ

研究所に、影山信博(渡辺大知)の元恋人・谷村結花(石川恋)が押しかけてきたところ、ちょうどマリック・ジョンソンJr.(アイクぬわら)が出てきて「おお、ナナちゃん!」と声を上げます。
マリックが大好きな漫画「放課後エターナル」の登場人物・ナナにそっくりだったのです。しかも、ナナはマリックの一押しキャラ。
結花は、テンションを上げて迫ってくるマリックが怖くなって、影山に会わないまま研究所を後にしたのでした。

後日、大町菜野花(仁村紗和)という相談者が研究所を訪問。
飯塚将希(菊池風磨)、影山、マリックは、彼女の悩みを聞きます。
30過ぎまで恋愛経験がまったく無かった兄・秀雄(濱津隆之)が恋をし、その相手が、世間を騒がせているゴルフ愛好家連殺人事件の容疑者・福本たまみ(片山萌美)だと言うのです。
たまみをキャディに付けてゴルフコースを回った男性が数日後、遺体で発見される事件が発生。しかも死因はゴルフクラブによる撲殺。3年で8人が亡くなりました。
不可解な連続死は、ゴルフ愛好家連続殺人事件として注目を集め、たまみが殺人容疑で逮捕。ただし、彼女が犯人という決定的な証拠はありませんでした。

スポーツ紙記者の秀雄は、取材で勾留中のたまみと面会して恋に落ち、結婚の約束までしたという。
もしも、たまみが証拠不十分で不起訴になったら、秀雄が彼女のターゲットとなって殺されてしまうのではないかと菜野花は心配し、影山たちへ、秀雄とたまみを別れさせてほしいと依頼したのでした。

影山、飯塚、マリックは、「どうして獄中の人を好きになるのか?」をテーマに話し合います。
が、いくら話し合っても、連続殺人を犯したかもしれない女性に惹かれる理由が皆目分かりません。
そこで弘田佐知(石井杏奈)は、秀雄本人に聞いてみることを提案。3人は、研究所に秀雄を呼んで、彼の思いが本物かを確かめようとします。秀雄は、たまみと実際に会えば、たまみの魅力が分かると告げました。

たまみに興味を持った飯塚は彼女に会うため、拘置所へ。
面会を終えて帰ってきた彼は、たまみにすっかり魅了されてしまいます。すると、影山とマリックも、たまみがどんな女性なのか、興味津々。二人もたまみと会ってみることに。
たまみは、それぞれの好みに合わせてあざとく誘惑し、影山たちもメロメロ。そんな彼らは、「二人の愛は本物だ」と結論付けたのでした。

すると時を同じくして、たまみが嫌疑不十分で不起訴になったという速報が。
釈放の日、秀雄はたまみを出迎えに行きます。影山たちも様子が気になって、ついて行きました。
秀雄と釈放されたたまみは、熱い抱擁を交わし、それを見ていた影山たちは「やっぱり二人の愛は本物だ」と確信。

数日後。
菜野花が血相を変えながら、「兄に危険が迫ってます…!」と研究所に助けを求めにやってきます。
秀雄とたまみが、二人きりでゴルフ場へ行ったというのです。きっと、たまみが犯行に及ぶに違いないと心配する菜野花。
影山たちは、急いでゴルフ場へと向かいました。

ゴルフ場に到着すると、秀雄とたまみが帰り支度をしているところに出くわします。
このときの秀男の表情はなぜか沈んでおり、「やっぱり私が本物の殺人犯じゃないと、あなたは私を見てくれないのかしら…」と漏らすたまみ。秀雄に向けて、静かにゴルフクラブを構えます。
すると、嬉々として「そうだよ!そうでなくっちゃ、たまみは!」と、顔を輝かせながらスマホのカメラを向ける秀雄。「どうして8人も殺したの?殺したとき罪悪感はなかったの?」と矢継ぎ早に質問を投げかけます。
そんな秀雄に、たまみはゴルフクラブを振り落としました。が、それはおもちゃのゴルフクラブで、全く痛くありません。
たまみは、「わたしが本物の殺人犯ならよかったのに…残念だったわね。好きだった…。さようなら」と告げて立ち去りました。
その様子を見ていた影山たちは、結局そこに愛は無かったのか…と切ない気持ちになるのでした。

7話のあらすじネタバレ

影山信博(渡辺大知)、飯塚将希(菊池風磨)、マリック・ジョンソンJr.(アイクぬわら)は金欠で、弘田佐知(石井杏奈)に払う電気代も無くなり、猛暑なのにエアコンがつけられずグッタリ。
そんな中、佐知が2つの仕事を持ってきて、どちらかを選ぶようにと告げます。
1つは、比較的簡単に解決できる相談だけど報酬が少ない。もう1つは、難しい相談だけど報酬が多い。3人は、難しくて報酬の多い相談を引き受けると即答しました。

依頼者は、デパートのイベント企画部に勤める女性・宮部羽月(北香那)。
好きになった相手に告白して思いを伝えたいという、一見ふつうの相談。けれど、告白する相手は「レモン侍」という着ぐるみのキャラクターでした。
羽月は、デパートで開催する物産展の企画を担当しており、物産展開催中のある日、仕事でミスをして上司に叱られてしまいました。そんな落ち込む羽月の前に、物産展に参加していたレモン侍が現れ、慰めてくれたのです。
その後、羽月は自分がレモン侍に恋をしていることに気付きます。しかし、レモン侍に入っている中の人ではなく、外見と中身を含めた「レモン侍そのもの」に恋したのだという。

そこで羽月は、レモン侍とデートがしたいと依頼。
ただし、レモン侍との恋は結ばれないものだと認識しており、気持ちに区切りをつけて前に進むためにも、最初で最後のデートをして告白したい、とのこと。

3人は羽月の願いを叶えるべく、羽月が恋したレモン侍を手分けして捜すことに。
中に入っていたのは、萩原慎介(松本利夫/EXILE)という45歳の男性でした。
羽月のことを聞かされた萩原は、自分も彼女が気になっていたという。しかも、萩原はこれまで恋愛経験が全くなかったため、舞い上がり、萩原慎介として付き合いたいと言い出します。
けれどあくまで羽月は、「レモン侍」に恋しているのであって中の人には興味がない。3人はそのことをしっかり萩原に伝え、くれぐれもデート中に着ぐるみを脱ぐことはしないようにと釘を刺したのでした。

3人の手引きで、羽月とレモン侍(萩原)は遊園地デートへ。
真夏の暑さになんとか耐えながらもデートを楽しむ萩原。トイレ休憩後、付き添いに来てくれた3人に「やっぱり萩原慎介として会いたい」と言い出します。が、3人から猛反対され、レモン侍を貫き通すことに。
デートの終わりに、羽月から告白された萩原は、筆談で「ありがとう」と返します。
そして、泣きながらなんとか気持ちに踏ん切りをつけた羽月は「さようなら」と告げて立ち去り、二人の短い恋は終わったのでした。

その夜、いつものように『KORUKU』としてライブ配信をする影山。
その時、目隠しの布がめくれ、部屋の一部が映ってしまいます。そこには、3人と佐知だけしか持っていない限定キーホルダー(萩原が、発売前のものを「特別に…」と言ってくれたもの)が。その配信を見ていた佐知は、目を丸くして驚くのでした。

8話のあらすじネタバレ

影山信博(渡辺大知)は、研究所に押しかけてきた谷村結花(石川恋)を、もう話すことはないと突き放します。
しかし結花は帰らず、六郎(升毅)の許可を得て研究所に泊まることに。

翌朝、結花と顔を合わせた飯塚将希(菊池風磨)とマリック・ジョンソンJr.(アイクぬわら)はびっくり。
とくにマリックは、大好きな漫画キャラ・ナナのそっくりさんが結花だと知り、テンションが上がります。

まもなく相談者が研究所に来る予定でしたが、劇団の公演が始まる飯塚は欠席。
飯塚に代わって、結花が影山とマリックとともに相談を聞くことになりました。

相談者は、ドイツの証券会社に勤務する常楽寺清太郎(奥野瑛太)。
常楽寺は2ヵ月間、一時帰国しており、ドイツに戻る前に結婚相手を見つけたいという。
マッチングアプリを使って2000人の女性とマッチし、そこから20人まで絞り込んだものの、誰が本当の「運命の人」なのかが分からないから、自分にふさわしい女性を探し出す手伝いをしてほしい、とのこと。
研究所には、常楽寺とともに20人の女性が集結。影山たちは、常楽寺の「運命の人」を見極めるため、女性たちを観察する役目を任されました。

まずは、ハードな海外生活を乗り越えられる知性と体力を試すクイズで、20人から10人に絞ることに。
女性たちは、まるで恋愛リアリティーショーのように、常楽寺を射止めようと火花を散らすバトルを繰り広げます。
続いての課題は、常楽寺と2ショットデート。
10人になった女性たちは、自分の特技を使って常楽寺にアピールしました。

そうして過酷な戦いを勝ち抜いたのは、3人。
最終審査はグループデートで、飯塚が属する劇団「爆裂バナナハンターQ」を観劇することに。
そして、観劇を終えて常楽寺が選んだのは、最終審査に残った3人ではなく、なんと結花でした。
その理由は、笑いのツボが一緒だったから。観劇中、3人の女性はクスリともせずつまらなそうにしていたのに対し、結花は楽しそうに笑っていたのです。
けれど結花は、自分には好きな人がいるからと、断りました。

結花の好きな人というのは、もちろん影山のこと。
結花曰く、影山が鉢合わせたという浮気相手の男二人は、浮気相手ではなくただのストーカーだという。これを影山に伝えようとするも、一向に話を聞こうともしてくれないため、弘田佐知(石井杏奈)にだけ伝えました。

その佐知はというと、いつしか影山に恋心を抱いていました。
しかし、影山がマリックとの雑談で、結花のことがまだ好きだと言い放っているのを聞いてしまい、ショックを受けます。

そして、公演を終えた飯塚は、影山とマリックに、佐知のことが好きになってしまったと明かしたのでした。

9話のあらすじネタバレ

影山信博(渡辺大知)がいまだ谷村結花(石川恋)のことが好きだと知った弘田佐知(石井杏奈)は、ショックのあまり、眠らずに一晩中SNSでつぶやき続けて、アカウントを凍結されてしまいます。
疲れ切った佐知は、翌朝、倒れてしまいました。
そこで六郎(升毅)は、研究所を休みにして、佐知をゆっくり休ませてあげようと提案。

そんな矢先に、相談者・花巻健太郎(上川周作)が訪れます。
大学生の花巻は、学生の傍ら、写真家であり映像クリエイターとしても活躍。いかにもモテそうな男性で、恋愛に悩んでいるようには見えませんでした。
花巻が恋をしたのは、仲のいい女友達・反町美咲(塩川菜摘)。
告白に失敗して今までの関係が壊れるのが怖いという。
とりあえず、花巻と美咲がどれだけ親密なのかを知るため、花巻のスマホに残っているSNSのやりとりや写真をチェックすることに。すると、美咲が「ブル美」のファンだと判明。
佐知は、美咲と電話で話しをすると申し出ました。

佐知が「親友から恋愛に発展することってあると思いますか?」と尋ねると、美咲は「あると思います」と回答。
美咲も、花巻を恋愛対象として意識し始め、彼との関係を恋愛に発展させていいのか悩んでいたのです。
花巻と美咲は、すでに両思い。後は、お互いにその思いを伝えればいいだけでした。
けれど、美咲からアドバイスを求められた佐知は、つい自分の心情と重ねてしまい「私だったら、友達のままでいい」と答えてしまいます。行き場のない影山への思いで自分自身をコントロールできなくなった佐知は、大切な人だからこそ関係を変えたくない、と考えていたのです。
尊敬してやまない「ブル美」からそう言われてしまったら、花巻から告白されても受け入れなくなるんじゃないかと、影山たちは心配し頭を抱えました。

一方、引き続きSNSのやり取りを分析していた六郎と花巻。
六郎は、花巻と美咲との関係を「ただの知り合い」と鑑定。友人でもなかったことにショックを受けた花巻は「告白どころじゃない…まずは友人として信頼を得られるように出直します!」と言って研究所を立ち去りました。
けれど実際の鑑定結果は、ちゃんと「親友」。花巻が告白しても失敗する可能性が高いと踏んだ六郎が、告白を断念させるために、わざと違う鑑定結果を告げたのでした。

その夜、佐知は、結花をバーに呼び出し二人きりで飲みます。
影山への想いを正直に告白し、自身の厄介な恋愛体質についても明かしました。
佐知は、好きな人ができると、その人のことで頭がいっぱいになって、猪突猛進にアタックしてしまう傾向があるという。そのせいで失恋ばかり。そんな中、影山扮する「KORUKU」に出会いました。画面の中の存在ならば、どんなに好きになっても自分が傷付くことはないだろうという安心感もあり、好きな気持ちがどんどん膨れ上がります。そんな矢先、「KORUKU」の正体が影山だと分かり、影山への「好き」が止まらない状態に。
その想いを結花に伝えた上で、でも影山は結花のことが今でも好きだと明かしました。
結花は、ライバルにそんなことまで明かすなんて…と驚きながらも、正々堂々と「わたしも本気でいくから」と告げたのでした。

一方、影山、飯塚将希(菊池風磨)、マリック・ジョンソンJr.(アイクぬわら)も、もどかしい恋心を抱いて眠れぬ夜を過ごします。
そんな中、飯塚が、佐知に明日告白すると宣言。飯塚とマリックは、それを応援します。
そして、3人は六郎も含めて、その日は飲み明かしたのでした。

翌朝。
突如として、佐知から一方的に、研究所を解散するとの一報が告げられました。

10話(最終回)のあらすじネタバレ

突然の解散宣言に、影山信博(渡辺大知)、飯塚将希(菊池風磨)、マリック・ジョンソンJr.(アイクぬわら)は混乱。
そんな彼らに、六郎(升毅)は、弘田佐知(石井杏奈)が恋愛の研究をすることになった経緯を語りました。

2年前、佐知は、六郎こと「愛川六郎」教授の心理学研究所を訪れます。
その時の佐知は、失恋した直後で精神的にボロボロな状態でした。そこで六郎が提案したのが、「ブル美」という架空のキャラクターになってSNSに毒を吐き出すこと。おかげで、佐知の精神状態は徐々に安定。
佐知は、六郎の指導のもと、自分を苦しめる恋愛について研究することに。その一環として、この恋愛研究所を立ち上げたのでした。

その佐知が今、修士論文を放り出して姿を消してしまったという。
六郎は、苦しんでいる佐知を救ってほしいと3人に頼みました。

3人と六郎は、佐知の行方が分かる手掛かりが残っていないか、手分けして探します。
そんな中、書きかけの修士論文を発見。そこには佐知の苦しみが感じられる言葉が綴られていました。
それを見て、何としてでも佐知の力になりたいと必死に捜す3人。
海辺に佇む佐知を見つけ、影山は「僕たちに佐知さんの悩みを解決させてください!」と告げました。

佐知は、3人と一緒に研究所に戻ってきますが、影山に恋してしまったとは言えず、悩んでいないと言い張ります。
3人は、手を変え品を変え何とか佐知の悩みを聞き出そうと試行錯誤するも、うまくいきません。
そこで影山は「やっぱり解散しよう」と言い出し、飯塚とマリックを驚かせます。ただし、解散前にお別れパーティーを開くことを条件に。最後にみんなで言いたいことを言って楽しく騒いでいるうちに、佐知も悩みを言いたくなるかもしれない、と考えたのです。

そうして、お別れパーティーを開くことに。
谷村結花(石川恋)も会に招待しました。
宴もたけなわになったところで、みんなの告白タイムを実施。
マリックは、ナナ似の結花に恋してると打ち明けた上で、でも結花には自分よりふさわしい人がいるから身を引くと宣言。
飯塚は佐知に告白。すぐに「ごめんなさい」とフラれます。
佐知は、3人との思い出と感謝を述べるに留めました。
影山は「KORUKU」となって登場。結花のことを忘れたいけど忘れられない、嫌いになりたいけどなれない、そんなもどかしい想いから、この「KORUKU」が生まれたと明かします。今は、「KORUKU」として音楽と向き合い、自分の恋愛観をじっくり考えたいとし、結花のもとへはまだ戻れないと告げました。

散会となり、結花を見送りに出る影山。
飯塚は、佐知に、影山のことが好きなんでしょ?と問い掛けます。「KORUKU」を見つめる佐知の熱い眼差しを見て察したという。
飯塚は、解散前に影山に告白することを強く勧め、もし玉砕してしまったら自分が受け止めてあげるから、と言い募ります。その言葉に勇気をもらった佐知は、戻ってきた影山に告白。
影山は困惑しつつも、「ごめんなさい」と返答しました。
案の定、玉砕してしまい灰と化す佐知。そのどさくさに紛れて、飯塚がそっと抱き締めます。
すると佐知は我に返り、飯塚を盛大に平手打ち。その後、「ブル美」として切ない気持ちをSNSにぶちまけました。
「ブル美」の復活を待ちわびていたフォロワーたちは、それを喜び、歓迎したのでした。

翌朝、3人が研究所を出て行く支度をしていると、大勢の女性が研究所前に押し掛けます。
「ブル美」の復活により、依頼者が殺到したのです。
佐知は、この迷える女性たちを放っておくわけにもいかないと、研究所の続行を決意。
さっそく一人目の依頼者(安達祐実)を、3人の前に通したのでした。

『イタイケに恋して』を無料視聴する方法

『イタイケに恋して』は、以下の見逃し配信サービスで、最新話に限り安全に無料視聴できます。

  1. Tver
  2. Gyao
  3. ytv MyDo!(読売テレビ公式無料動画)

『イタイケに恋して』を1話から最新話まで動画で見る方法

最新話だけでなく、『イタイケに恋して』の1話から最新話までの全話を動画で見る方法をご紹介します(無料視聴も可能)。

まずは、国内の主な動画配信サービスでの、『イタイケに恋して』の配信状況をご覧ください。

配信状況:〇=定額視聴、△=PPV(1話購入)、×=配信なし

動画配信サービス配信状況
FODプレミアム×
Paravi×
TERASA×
Hulu
U-NEXT×
dTV×
Netflix×
Amazonプライム・ビデオ×
ひかりTV×
TSUTAYA TV×

以上のように、『イタイケに恋して』は「Hulu」でのみ配信されています。
そのため、放送が終了した全話を見たい時は、「Hulu」での視聴一択となります。

Huluとは?

  • 日本テレビ系ドラマを配信
  • 日テレドラマのオリジナルストーリーを配信
  • 人気映画やドラマ70000本が見放題
  • 海外ドラマ作品や子ども向け番組が豊富
  • ダウンロード機能でオフラインでも視聴可能
  • 初回2週間は無料視聴可能

「Hulu」では、『イタイケに恋して』だけでなく、渡辺大知さん出演のドラマ『捨ててよ、安達さん。』『べしゃり暮らし』、菊池風磨さん出演のドラマ『バベル九朔』『時をかける少女』も配信されています。

Hulu公式サイト

「Hulu」のサービス内容および作品の配信状況は、記事の公開日(更新日)時点の情報です。正確な情報は公式サイトでご確認ください。