ドラマル

石原さとみが魅力的なドラマランキング!100人が選んだおすすめの役柄は?

石原さとみの出演するドラマの中で、100人が選んだおすすめの作品をランキング形式でご紹介しています。

魅力的な石原さとみの姿を見れるドラマを200%楽しむために、ドラマ概要や石原さとみの役柄、視聴者レビュー(批評・口コミ)、全話平均視聴率も合わせてお届けしていきます。

本記事掲載の「ランキング順位」は、石原さとみの出演するドラマを視聴している100人を対象に、最も好きなドラマを調査した結果に基づきます。
【調査の概要】
調査内容:一番好きな石原さとみの出演ドラマを調査
対象:100人(石原さとみの出演ドラマ視聴者)
調査期間:2020年7月15日~7月16日
調査方法:記述式

スポンサーリンク

石原さとみが魅力的なドラマランキング

100人に「一番好きな石原さとみの出演ドラマ」を調査した結果に基づき、2020年7月までに放送された石原さとみの出演するドラマをランキングで発表します。

1位.失恋ショコラティエ(24票)

失恋ショコラティエ
出典:amazon

『失恋ショコラティエ』は、水城せとなの同名漫画を原作とする恋愛ドラマです。
ショコラティエの爽太(松本潤)と婚約者がありながら爽太を翻弄する紗絵子(石原さとみ)との恋愛模様を描いた物語。
石原さとみの小悪魔っぷりが可愛すぎる作品です。

  • 主演:松本潤・石原さとみ
  • 脚本:安達奈緒子、越川美埜子
  • 原作:水城せとな『失恋ショコラティエ(漫画)』
  • 放送局:フジテレビ系
  • 放送時間:月曜 21:00 – 21:54
  • 放送開始日:2014年1月13日

失恋ショコラティエの視聴者レビュー

小悪魔な魅力全開の「失恋、ショコラティエ」。石原さとみの小悪魔感がいい意味で満載のドラマです。
自分の事を想っているのを知りながら振り回し、いい様に使う彼女は同性から見ても最低な女なはずなのに石原さとみが天真爛漫で可愛すぎて全く憎めない不思議。
悪役のいない、平和で気楽に観れる楽しいドラマです。

執筆者:ゆりな

石原さとみの可愛さが思いっきりつまった作品だと思います。小悪魔的な役柄に石原さとみを好きになった男性も多いのではないのでしょうか。美味しそうにチョコレートを食べるので、つられて高級チョコレートを購入したりもしました。

執筆者:9Syk8

失恋ショコラティエでの松潤とのやり取りがたまらなく可愛いです!たださえ顔面偏差値高すぎて同性の私でも可愛い!こんな顔になりたい!と思うさとみちゃんの芝居がたまらなく好きです。きゅんきゅんさせてくれます。

執筆者:sayuri

とにかく可愛い可愛らしくて仕方ない。小悪魔全開なのですが、清々しいくらい女子力が高いです。少々計算高い所はありますが、婚活女子のお手本になるくらい魅力的です。
石原さとみさんの可愛らしさ全開のキャラで、何度可愛い!と言ったことかわかりません。松潤とのカップルも最高です。

執筆者:reina

最高に可愛くて小悪魔で思わせぶりな石原さとみをみられます。主人公のサエコは守ってあげたくなるような雰囲気ですが、いつの間にか彼女に振り回されてしまう、そんな魔性の女感が全面に出ていてたまらないです。お洒落で女の子らしいファッションにも注目です。

執筆者:your

今まで石原さとみと言われてもすごく可愛いという印象は受けませんでしたが、このドラマをきっかけに石原さとみみたいになりたいという女性が増えたと思います。
恐らく女性の大半が苦手なぶりっ子役ではありましたが、こんなにも可愛いんだという演技にとても魅了されたと思います。
石原さとみの1番の可愛さをみるにはこのドラマが1番かと思います。

執筆者:stpve

まさに、石原さとみの為にあるドラマじゃないかと思います。主人公の松本潤も、妄想癖があり、見た目は良いのに、中身は3枚目的な役回りが面白いのですが、ヒロインの石原さとみについては、終始可愛らしくてキレイでオシャレで、この作品からファンになった人も多いと思います。話し方も可愛らしかったり、切なそうだったりと魅入ってしまう、さとみ最強ドラマです。

執筆者:iida

石原さとみの「小悪魔っぷり」が世間に浸透したドラマではないでしょうか。
ドラマが放送されるたびに、劇中での石原さとみのかわいさが話題になっていました。
ファッションや小物も女性らしさを際立たせるものばかりで、放送後には同じ衣装が売り切れるなんて減少もありました。
松本潤演じるオーナーショコラティエとの恋の駆け引きも、妖艶な魅力を放つ石原さとみに、毎回ドギマギさせられました。

執筆者:rockers

2位.アンナチュラル(20票)

アンナチュラル
出典:amazon

『アンナチュラル』は、野木亜紀子が脚本を手掛けた法医学ミステリードラマです。
法医解剖医の主人公・三澄ミコト(石原さとみ)が、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で、共に働く仲間たちと死者の死因を究明し、未来の誰かを救命していく物語です。

  • 主演:石原さとみ
  • 脚本:野木亜紀子
  • 原作:なし
  • 放送局:TBS系
  • 放送時間:金曜 22:00 – 22:54
  • 放送開始日:2018年1月12日

アンナチュラルの視聴者レビュー

法医学というドラマでは珍しい職業を石原さとみが演じています。仕事も恋も頑張りますが仕事熱心すぎて恋愛はいまいち進展しません。でもそこが今どきのがんばる女性って感じで素敵です。
仕事にもあるていど慣れている役で変に前向きすぎてついていけないとかはありません。厄介な裏事情も知りつつアンニュイな感じで仕事をこなす役が石原さんの新しい魅力を引き出していると思います。

執筆者:huduki

髪の毛をバッサリ切っていたさとみちゃんはとても可愛かったです。
かなり役に入り込んでいて私は特に泣くシーンがこんなに美しく涙を流せる人そういないだろうと感じました。演技力は年々素晴らしいものになっていて見る人の心を虜にしてしまうと思います
さとみちゃんは今までは恋愛ものの作品が多めでしたが、新たな一面を見ることが出来てファンとしては嬉しかったです。
主題歌も未だにランキングに入るくらい人気でかなり話題になった作品だと思います。続編も期待してます!

執筆者:mmini

失恋ショコラティエ等の多数の恋愛ドラマで可愛らしいヒロインを演じてきた石原さとみの、新たな魅力が出たドラマだと思います。当時は珍しかった法医学をテーマとした内容で、法医学を通して事件の真相を暴く、悲しい真実はもちろん、後味の悪い結末もありましたが、毎回ハラハラしながら、真実に涙しながら観ていました。
医学のドラマなので、可愛らしい服装やメイクではないですが、石原さとみの深い演技を堪能できるドラマだと思います。

執筆者:piano

石原さとみさんは、他のドラマでは可愛いらしい、女の子らしい役のイメージが強いのですが、このドラマの三澄ミコト役では、とても自然体で仕事熱心で正義感のある素敵な女性を演じています。
日々原因不明の死体と向き合う解剖医たちのドラマなので、内容的に暗くなりがちですが、ミコトが同僚と交わすテンポのいいセリフや真面目に仕事に向き合うシーンなどで、そういった印象は薄くなり、ポジティブに感じることが出来ます。
自然な演技の石原さとみを見たいなら「アンナチュラル」をおすすめします。

執筆者:まこと

アンナチュラルは、石原さとみさんの明るくて華やかな雰囲気を前面に出さず、内容で勝負した作品だからです。普段と違う法医解剖医という難しい役柄を演じている彼女に釘付けになりました。専門用語が多いセリフ、一家心中の生き残りというどこか暗い雰囲気を漂わせ方も上手でした。共演者の井浦新さんとの掛け合いも良かったです。彼女の1番は演技で勝負したアンナチュラルだと思います。

執筆者:みるみこ

脚本・監督・音楽、レベル高い製作陣による『俳優ファースト』の現場は、石原さとみの魅力をマックス引き出していました。ソフトな外見と聡明な頭脳と凄絶な過去を背負った『ミコト』はハマり過ぎでした。痛みを知っているからこそ親身に寄り添える、『過去』に納得いかなくても生きる、ハンパない努力(と叔母の愛情)で身につけた強くて優しいミコトの『言葉』の説得力=演技力は日本ドラマ史に残ると確信しています。

執筆者:konnohumiko

3位.地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(16票)

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
出典:amazon

『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』は、宮木あや子の小説『校閲ガールシリーズ』を原作とするお仕事ドラマです。
おしゃれ大好きな主人公・河野悦子(石原さとみ)が、ファッション誌の編集者を目指すも超地味な校閲部に配属されてしまい、編集部への異動を目標に仕事に恋に大暴れする物語です。

  • 主演:石原さとみ
  • 脚本:中谷まゆみ、川﨑いづみ
  • 原作:宮木あや子『校閲ガールシリーズ(小説)』
  • 放送局:日本テレビ系
  • 放送時間:水曜 22:00 – 23:00
  • 放送開始日:2016年10月5日

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の視聴者レビュー

夢にまっすぐで、明るく前向きで努力家で、おしゃれで一途!超がつくほと魅力的な主人公の役で、演技次第では、わざとらしくなったり、嫌味に思えてしまいそうな役でしたが、女子から見ても、心から応援したくなる完璧女子を、完璧に演じられていました。毎回かかさず見ており、録画も何度も見直すほど、大好きなドラマでした。脚本が素晴らしかったのはもちろん、飛び抜けておしゃれな衣装(でも一般人には到底手が届かなそうな、、、)を着こなす石原さとみさんの外見的魅力が印象的でした。ドラマとしてはアンナチュラルも大好きですが、こちらは暗く思い内容なので、石原さとみさんの魅力が引き立つドラマとしては、5→9時までと1,2を争うドラマだと思います。

執筆者:choco

やっぱり石原さとみさんが演じる主人公のファッションが毎回おしゃれで、髪型から身につけてる小物まで毎回楽しんで見てました。
その華やかな格好とは似合わない、地味な職場でコツコツと校閲の仕事をバリバリこなす姿もかっこよかったです!
真っ直ぐ情熱的に仕事に向き合う彼女と、堂々とした性格でサバサバしたところもあるキャラクターは本当に可愛くて格好よくて、石原さとみさんにとても合っている役だと思いました。

執筆者:rinet

石原さとみ扮する「えっちゃん」こと河野悦子の着ている衣装コーディネートがどれもとてもかわいく、一話ごとに何パターンも用意されていてファッションショーのように見せてくれるので、華やかな姿を見ているだけでも気分が上がり目の保養になりました。
えっちゃんのキャラクターもとてもチャーミングで、恋に揺れ動く乙女な様子から仕事に対する熱い姿勢、時にビシッと鋭くツッコミを入れたりなどくるくると変わる表情が常に楽しませてくれて彼女の魅力にどんどんハマってしまいます。

もちろんビジュアル面だけでなくストーリーも毎話興味深く、タイトルの通りに普段は目につかないけれど地味にスゴイ、出版業界を裏方で支えている校閲という仕事の大変さや努力を知ることができ感動しました。
本来の自分の望んだ仕事ではなくとも、置かれたその場で真摯に人と仕事に向き合い、自分らしく輝いていくえっちゃんの姿に誰もが心を打たれることと思います。

執筆者:kan_na

なんと言っても石原さとみさんの滑舌の良さと記憶力!!!
このドラマは本の校閲のお仕事を題材にしているのですが、そこでの作家への不満?を語るシーンは格別です!
そして、毎週楽しみにしていた石原さとみさんのお洋服!!
石原さとみさんだけが似合う!!というわけでなく、一般の方でも似合いそうな服装が毎週放送されていて、とても楽しみでした!

執筆者:Marimo

ドラマを見るまでは「校閲」って何?という職業でした。ドラマから今まで見ていた雑誌や小説においてはなくてはならない職業だと分かり、今まで以上に小説の楽しさが増えたようにおもいます。また地味だと言われる校閲の仕事の中で、石原さとみの可愛さがより際立っていました!ファッション紙に携わって働きたい悦子が校閲という職について、地味にではなくオシャレに奮起する姿がより可愛く、また行動的で天真爛漫の石原さとみの姿に毎週ウキウキしました!Huluでも全話見直すほど可愛いです!さとみ最高!

執筆者:KG11HSK

とっても印象に残っているのは、やっぱり石原さとみさんのファッションセンスです。
毎回独特な服装なのに石原さとみさんが着ると全部おしゃれに着こなしていて、こんな着こなしがあるんだ!など驚かされていました。
レトロ感があるのに古臭くなく、今期のファッションと組み合わせて着ていて、真似してみたくなるようなファッションでいつも楽しく観ていました。
柄物が多いのに、統一されていて見た目がとても素敵で憧れました。
本作では、主人公の河野悦子はファッション誌の編集者を目指していたのに入ったところは全然違う校閲部でした。
しかし、やりたかった仕事ではないのに仕事に取り組むひたむきな姿がカッコイイなと思いました。
何事も一生懸命取り組めば楽しくなりそうだと、自分と重ねてみたりもしました。
石原さとみさんの可愛さがたくさん詰まったドラマでした。

執筆者:my121

毎話毎話の石原さとみさんの衣装が本当におしゃれでかわいくて、それを楽しみに見ておりました。私自身もファッションの参考にしておりましたし、周りの友人達の間でもすごく話題になっていました。
見どころはファッションだけでなく、疑問に思ったことをとことん突き詰めて解決する姿に、すごく感化されましたし、最後憧れの雑誌編集部に移動できたことから、夢に向かって努力し続ければ報われるということに励まされました。

執筆者:nena4s

4位.リッチマン、プアウーマン(13票)

リッチマン、プアウーマン
出典:amazon

『リッチマン、プアウーマン』は、安達奈緒子が脚本を手掛けたシンデレラストーリー。
リッチだけど性格に難あるIT企業社長の主人公・日向徹(小栗旬)が、プアなヒロイン・夏井真琴(石原さとみ)と出会い衝突を繰り返す中で、互いに成長を遂げていく物語です。

  • 主演:小栗旬
  • 脚本:安達奈緒子
  • 原作:なし
  • 放送局:フジテレビ系
  • 放送時間:月曜 21:00 – 21:54
  • 放送開始日:2012年7月9日

リッチマン、プアウーマンの視聴者レビュー

『リッチマン、プアウーマン』では、自分が信じたことに一生懸命な石原さとみさんを見ることができます。表情がころころかわる役なので、笑ったり、怒ったり、泣いたり、キュンキュンしたり…いろいろな表情の石原さとみさんを見ることができて、可愛すぎました。
また本作では、石原さとみさんのお仕事ファッションも見ることができます。就活スーツから、だんだんおしゃれなお仕事着になっていく姿は必見です。
石原さとみさんの可愛さが詰まった『リッチマン、プアウーマン』ぜひ見てほしいです。

執筆者:minia

就職活動中の東大生の役を演じている、あどけない石原さとみが可愛すぎます!社長の日向徹(小栗旬)に振り回されながらも成長をしていき、ひたむきに彼を思う姿はとても素敵でした。
泣いたり怒ったり笑ったり、喜怒哀楽が多い役でしたが、どんな時も可愛いです。いろいろな表情がだせ、それを見てて不自然じゃないのが石原さとみの魅力ですね。

執筆者:arimotoa

まず第一に驚くほどビジュアルがいい。本当にとても可愛い。最初社畜みたいなスーツばかり着ているのだが、だんだん可愛い私服を着るようになって、満足。とても可愛い。相手役が小栗旬なのだが、美男美女なので、見ていて楽しいし、最終回のキスシーンとかも含め演技が上手すぎて最高。正直失恋ショコラティエと迷ったのだがこっちを推します。

執筆者:まなまな

小栗旬との共演で話題になったこのドラマ。
頭がよく仕事ができる美人OLを熱演しています。英語を話すシーンあり、仕事をバリバリこなすシーンあり、恋に悩むシーンあり…。石原さとみの魅力がぎゅっと詰まった今作は、ストーリー自体もとても面白く、毎週夢中になって観ていました。
特に最終話の空港でのシーンは必見です!!ブラジルに行く寂しさと、小栗旬さん演じる日向徹が空港まで見送りにきてくれた喜びとが混ざった表情は、なぜあんなにも惹き付けられてしまうのでしょう。
空港のシーンだけでも何回リピートして観たことか(笑)
石原さとみの魅力をドラマで堪能する時に『リッチマン プアウーマン』は外せません!!

執筆者:kaneko

石原さとみ演じるプアウーマンが、回を重ねるごとに成長していく姿に、彼女の演技力のすごさを感じました。
初回とか、リクルートスーツ姿でダサダサの感じを出していたところとか、演技に全力な姿が感じられ、好印象でした。
回を重ねると、自分に自信を持て始め、服装も垢抜けてきて、石原さとみって、本当に綺麗だなあ、とドラマを観ながらうっとりしてしまう瞬間もありました。

執筆者:MITSUKE

5位.Ns’あおい(7票)

Ns'あおい
出典:amazon

『Ns’あおい』は、こしのりょうの同名漫画を原作とする医療ドラマです。
清天会総合病院の救急救命センターに勤務する看護師の主人公・美空あおい(石原さとみ)が、周りを巻き込みながら、患者のことを第一に考えて仕事に励む姿を描いた物語です。

  • 主演:石原さとみ
  • 脚本:吉田智子
  • 原作:こしのりょう『Ns’あおい(漫画)』
  • 放送局:フジテレビ系
  • 放送時間:火曜 21:00 – 21:54
  • 放送開始日:2006年1月10日

Ns’あおいの視聴者レビュー

石原さとみ演じる看護師の美空あおいの奮闘と成長を描くドラマ。当時のリアルな医療問題も描きながらそれぞれの人間関係も描く引き込まれるものです。
漫画が原作にはなっていますが、ドラマはドラマで楽しめるものになっていました。制服姿がみられるというのも貴重だと思いますが、杉田かおる、柳葉敏郎など名だたる俳優との演技を通して石原さとみの成長も見ることができるドラマだと思います。

執筆者:namidarm

私は看護師をしていますがどこの看護師も知識、やる気、勇気がない看護師がほとんどです。しかしナースあおいの主人公あおいは人の命を救いたいという使命感を強く持ち数々の救命を行なっていました。現役の看護師でも勉強になり感動する内容です。

執筆者:理☆

現在は大人の男性も虜にできるぐらい女の魅力に満ち溢れている石原さとみさんですが、当時は純粋な女の子という感じでした。利益優先で患者の立場になって運営されていない病院で、あおい(石原さとみさん)は立ち向かっていきます。理事、医師や同僚などと軋轢を生じますが、あおいの揺らがない真面目な態度に、周囲が少しずつ変化していきます。かわいいとか、きれいとか、感じる必要がないほどの社会派のドラマであり、看護師を通して医療現場の実態を描いた作品として高く評価します。真剣、本気、真面目といった部分を、石原さとみさんが見事に演じられたと思います。その意味では、最新作「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」と共通点があるかもしれませんね。

執筆者:がんばる人

スポンサーリンク

石原さとみの出演する人気ドラマ一覧

2003年からドラマ出演を開始した石原さとみの、本調査で票を獲得したドラマ一覧を「投票数、放送年、全話平均視聴率、役名」と共にお届けします。

100票の内、2票は映画名の投票だったため、記載しておりません。

ドラマ名投票数放送年視聴率役名
失恋ショコラティエ24票2014年12.3%高橋紗絵子
アンナチュラル20票2018年11.1%三澄ミコト
地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子16票2016年12.4%河野悦子
リッチマン、プアウーマン13票2012年12.4%夏井真琴(澤木千尋)
Ns’あおい7票2006年14.2%美空あおい
てるてる家族3票2003年18.9%岩田冬子
WATER BOYS23票2004年16.8%矢沢栞
5→9~私に恋したお坊さん~2票2015年11.7%桜庭潤子
ディア・シスター2票2014年11.3%深沢美咲→桜庭美咲
パズル2票2008年10.0%鮎川美沙子
高嶺の花2票2018年9.5%月島もも
Heaven?~ご苦楽レストラン~2票2019年8.7%黒須仮名子
H21票2005年11.6%古賀春華
坂の上の雲1票2009年14.5%稲生季子

2020年7月現在、『リッチマン、プアウーマン、ディア・シスター、WATER BOYS2、アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋(現在放送中)』は「FODプレミアム」で、『アンナチュラル、Heaven?~ご苦楽レストラン~』は「Paravi」で、『パズル』は「TERASA」で、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子、高嶺の花』は「Hulu」で、『てるてる家族、坂の上の雲、アンナチュラル、パズル』は「U-NEXT」で視聴できますので、気になる作品があった方はご覧になってみてください。

それでは、石原さとみの出演作品がまた増え次第、改めて調査を行い本記事を更新する形でお届けさせていただきます。