ドラマル

『イノセンス~冤罪弁護士~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

坂口健太郎さん主演の連続ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『イノセンス~冤罪弁護士~』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「hulu」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『イノセンス~冤罪弁護士~』の基本情報

キャスト一覧

  • 黒川 拓(坂口健太郎)
  • 和倉 楓(川口春奈)
  • 城崎穂香(趣里)
  • 指宿林太郎(小市慢太郎)
  • 登別次郎(正名僕蔵)
  • 石和徳則(赤楚衛二)
  • 鳴子恭輔(中島広稀)
  • 別府長治(杉本哲太)
  • 湯布院和人(志賀廣太郎)
  • 有馬聡子(市川実日子)
  • 黒川 真(草刈正雄)
  • 秋保 恭一郎(藤木直人)

1話ゲスト

  • 阿蘇重雄(あそ しげお):吉田栄作
  • 阿蘇恵美子(あそ えみこ):中島ひろ子
  • 阿蘇幸雄(あそ ゆきお):岩田琉聖
  • 下呂東馬(げろ とうま):阪田マサノブ
  • 十津川勝義(とつがわ かつよし):久保酎吉
  • 北村晴男(きたむら はるお):北村晴男

2話ゲスト

  • 十勝睦美(とかち むつみ):仙道敦子
  • 十勝岳雄(とかち たけお):山田裕貴
  • 原田健(はらだ けん):前原滉
  • 韮山 雄二(にらやま ゆうじ):長村航希
  • 瀬波(せなみ):渡辺憲吉
  • 松本(まつもと):小松和重

3話ゲスト

  • 磐梯輝典(ばんだい てるのり):山本耕史
  • 雲仙一彦(うんぜん かずひこ):平岳大
  • 洲本佳織(すもと かおり):遊井亮子
  • 洲本篤(すもと あつし):桜井聖
  • 赤城健太(あかぎ けんた):市川知宏
  • 白山美紀(しろやま みき):青野楓
  • 昼神祿郎(ひるがみ ろくろう):篠井英介

4話ゲスト

  • 小笠原奈美(おがさわら なみ):ともさかりえ
  • 姫島理沙(ひめしま りさ):入山法子
  • 鶴見啓介(つるみ けいすけ):村上新悟

5話ゲスト

  • 高松洋介(たかまつ ようすけ):豊原功補
  • 藤里瞬(ふじさと しゅん):清水尋也
  • 田代智樹(たしろ ともき):柾木玲弥
  • 森吉直也(もりよし なおや):木村風太
  • 高松良子(たかまつ りょうこ):岩橋道子
  • 藤里美恵(ふじさと みえ):舟木幸
  • 池田(いけだ):久松信美
  • 六連(むつれ):菊池均也
  • 浅間大輔(あさま だいすけ):鈴之助

6話ゲスト

  • 樽前裕也(たるまえ ゆうや):須賀健太
  • 有珠田(うすた):吹越満
  • 新島彰の母を名乗る女性・丸山依子:山下容莉枝

7話ゲスト

  • 乗鞍満里奈:川島海荷
  • 乗鞍権三郎:団時朗
  • 権三郎の前妻の息子・肇:六角慎司

8話ゲスト

  • 式根大充(しきね・ひろみつ):片岡鶴太郎
  • 大充の娘の松ケ下玲子:星野真里
  • 榛名由美:酒井美紀

9話ゲスト

  • 秋保恭一郎の妹・彩花(伊藤梨沙子)
  • 彩花の恋人・浅間大輔(鈴之助)
  • 花巻京香(山崎あみ)
  • 富士田順平(坂本真)
  • 拓の母・麗(榊原郁恵)
  • 那須亜里沙(木崎ゆりあ)

10話(最終回)ゲスト

  • 楓を刺した男・神津一成(武田真治)
  • 元刑事・草津(佐藤B作)

スタッフ一覧

  • 脚本:古家和尚
  • 音楽:UTAMARO Movement
  • 音楽プロデュース:岩代太郎
  • 主題歌
    曲名:白 日
    歌手:King Gnu
    所属:ソニー・ミュージックレーベルズ/アリオラジャパン
  • チーフプロデューサー:池田健司
  • プロデューサー:荻野哲弘、尾上貴洋、本多繁勝(AXON)
  • 演出:南雲聖一、丸谷俊平
  • 制作協力:AXON
  • 制作著作:日本テレビ

各話の視聴率

『イノセンス~冤罪弁護士~』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話1月19日8.3%
2話1月26日8.7%
3話2月2日9.4%
4話2月9日8.3%
5話2月16日9.0%
6話2月23日9.4%
7話3月2日9.5%
8話3月9日9.5%
9話3月16日8.9%
10話・最終回3月23日9.6%

スポンサーリンク

『イノセンス~冤罪弁護士~』各話のあらすじ

2019年1月19日から日本テレビ系にて放送開始された坂口健太郎さん主演の連続ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』のネタバレ込みのあらすじを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

1話では、ゲストに吉田栄作(役:阿蘇重雄)が登場!敏腕弁護士・黒川拓(坂口健太郎)は、自宅に放火をした容疑で逮捕された阿蘇の弁護を受ける。

関連記事

『イノセンス』1話のネタバレ・感想と2話のあらすじ!ゲストで吉田栄作が登場

2話のあらすじネタバレ

2話では、黒川の以外な行動が、依頼者の無実を証明する鍵に…

関連記事

『イノセンス』2話のネタバレ感想!和倉(川口春奈)のイライラキャラがきつい

3話のあらすじネタバレ

3話のテーマは、医療ミスの弁護。
医療ミス案件の弁護は難しいというが、遂に黒川に黒星が付いてしまうのでしょうか?

関連記事

『イノセンス』3話のネタバレ感想!平岳大が演じる清い医師の生き様に感動!山本耕史には騙されました

4話のあらすじネタバレ

4話では、登別(正名僕蔵)が逆潜流の検証に奮闘。
実験くん秋保(藤木直人)のドSが炸裂に登別は生き残れるでしょうか?

関連記事

『イノセンス』4話のネタバレ感想!逆潜流には気を付けろ!秋保(藤木直人)のドSが炸裂

5話のあらすじネタバレ

5話では、現代社会を象徴するような教師のパワハラ疑惑に、黒川が奮闘する。

関連記事

『イノセンス』5話のネタバレ感想!生徒と教師の心のズレが裁判にまで発展!怒る坂口健太郎がカッコいい

6話のあらすじネタバレ

楓(川口春奈)は、穂香(趣里)に東央大学殺人事件についてうちで話さないかと誘われます。
黒川(坂口健太郎)のファイルによると、事件の被害者は秋保(藤木直人) の妹で、その彼氏である学生が有罪判決後に自殺していました。
その弁護を担当したのが別府(杉本哲太)の兄、担当検察官は黒川(坂口健太郎)の父親の真(草刈正雄)でした。
穂花は、冤罪の可能性があったから関係者はみんな引きずっているけど、黒川がこだわってる理由は別にあると言います。

黒川と楓が、フリーター男性射殺事件の刑事弁護を任されます。
容疑者は、樽前物産の社長の息子、樽前裕也(須賀健太)で、被害者の新島彰(松本卓也)とは大学の友人でした。
樽前の自宅からは、犯行に使われた改造エアガンと靴が発見されますが、本人は、犯行時刻には部屋でベースを弾いていたと容疑を否認します。
使用人の有珠田(吹越満)は、犯行時刻、樽前は部屋にこもっていたが、ベースの音は聞こえなかったと言います。
樽前のベースの音は近所の人に迷惑がられていましたが、事件当日ベースの音を聞いた人は見つかりません。

新島の母(山下容莉枝)が事務所に樽前の弁護をやめてくれとお願いにきます。
母親は、息子は樽前に学生時代の女性への暴行事件のことで金銭を要求されていたから樽前の犯行に違いないと訴えます。
しかし、黒崎たちや息子の晴斗(森優理斗)を連れた穂香が姿を見せると、突然帰って行ってしまいました。

公園にて、穂香が目を離した隙に、晴斗がいなくなります。
「裁かれるベき者が裁かれないと少年は死ぬ」という文章が事務所に届いたことから、新島の母親の犯行じゃないかと疑います。
しかし、新島の家に行くと、事務所に現れた女性とは別の女性がいて、事務所に来たのは新島の母親ではないことが発覚します。
樽前の暴行事件は実名報道されたことがないことから、新島の母親だと事務所を訪れた女性は被害女性の母親じゃないかと疑います。
被害女性の中には自殺した人もいたと、有馬聡子(市川実日子)が突き止めました。

裁判当日、穂香たちは犯人である丸山依子(山下容莉枝)の家に行き、無事晴斗を保護します。

黒川は、樽前宅から30m離れた家で野鳥を撮影していた人の犯行時刻の動画からベースの音が聞こえたことを樽前のアリバイ証拠として出します。
しかし、向かいに住んでいる女性には聞こえなかったのに、なぜ30m離れた場所ではベースの音が聞こえたのかという疑問の声が上がります。
そのことを検証するため、黒川はマスクをつけ、自分の声が聞こえるかどうかを尋ねます。
全員が聞こえると言ったところで、次にノイズを流しながら同じ質問をすると、近くの人は黒川の声が聞こえませんでしたが、遠くの人には声が聞こえました。
これは、高いノイズのせいで黒川の低い声が消されてしまったせいで、それと同じことが事件当日行われていた工事の音のせいで起こっていたのだと、秋保が説明します。

真犯人は、有朱田でした。
有朱田は、樽前に乱暴され、それを苦に自殺した丸山ユキの父親だったのです。
娘の復讐のため、新島を殺し、罪を樽前に着せようとしていたのでした。
「こんな男を助けるために弁護士になったのか?」と言う有朱田に、黒川は涙声で、「彼は被害者を殺していない、それが本当の姿です」と言います。

楓は穂香から、黒川が東央大学殺人事件にこだわっている理由は、犯人が黒川の幼馴染だからと聞かされていたため、後日、秋保に妹と付き合っていた犯人はどんな人だったのか尋ねます。
秋保が見せた犯人の写真の顔は黒く塗りつぶされていました。

関連記事

『イノセンス』6話のネタバレ感想!須賀健太の迫真演技が大好評!

7話のあらすじネタバレ

黒川拓(坂口健太郎)は、秋保恭一郎(藤木直人)の妹を殺して自殺した(とされている)浅間(鈴之助)の幼馴染でした。拓は友の浅間の免罪を信じていて、そのことについて、秋保は複雑な感情を抱いています。妹を殺した男が確定して、それで気持ちの整理を付けようとしているのに、それを拓は許していません。そのあたりの複雑な拓と秋保の関係性を、和倉楓(川口春奈)は秋保から聞き出します。

さて、今回は、資産家の乗鞍権三郎(団時朗)を殺したのではないかと疑われている若妻、満里奈(川島海荷)の弁護をすることになります。本当は、湯布院(志賀廣太朗)を指名しての依頼でしたが、突然、ギックリ腰で倒れた湯布院に代わって、拓と楓の出番になります。

事件は、権三郎が練炭(一酸化炭素中毒死)での無理心中を図り、それで生き残ったことになっている満里奈が、実は権三郎殺しを仕組んだものと疑われています。拓は、真実を暴くべきか、それとも、真実は伏せておいて、あくまでも弁護人の利益を守るべきか迷います。父親の黒川真(草刈正雄)には、「真実の追求は弁護士の仕事ではない。弁護士というのは依頼人を守ること」と、たしなめられます。

聞き取り調査では、権三郎の前妻の息子、肇(六角慎司)が、満里奈が一度、窓から脱出しているはずと推察します。が、庭のセンサーライトが反応しておらず、窓から庭への脱出は否定されます。その他、様々な疑いが晴れるにつれ、満里奈は無罪だろうという雰囲気になります。

が、拓は、逆に、満里奈が真犯人であるという形に向かいます。実は、その昔、一家心中事件があり、その時、生き残った幼い兄弟がいました。それが、満里奈と弟でした。満里奈の一酸化炭素中毒からの生還は、これで2度目のことになります。で、その生き残った弟、高志とは最近会ってないと満里奈は証言していましたが、それは嘘でした。満里奈は、こまめに弟の病室に行っていました。「あいつのせいで両親は死んだ」ということで、満里奈と弟にとって、権三郎殺しは「仇討ち」であり、悲願でした。あいつとは、権三郎です。権三郎の仕打ちが、両親に無理心中を強いていました。それを知らずに、権三郎は、満里奈を妻として迎え入れたのです。

公判中、弟は大病を患って入院中でしたが、容態が急変し、弟は死にます。姉の満里奈による「仇討ち」が完結したのを待って、弟は死んだことになります。

そういう「仮説」を打ち立てた拓は、一酸化炭素中毒死も辞さない命懸けての実証(人体)実験を、秋保の協力のもと行ないます。ドアに目張りし練炭に着火、一酸化炭素を発生させます。そして、かねて用意の粒状の二酸化マンガンによる「酸素」供給で、助かるという実験が成功します。

真実を告げ、権三郎の悪行を開陳することで、罪を軽減させようとする拓の弁護方針に満里奈は怒り、担当弁護を解任します。が、その後の公判中、「私が夫を殺しました」と証言台で言い出します。そして、傍聴席の片隅で裁判の行方を見守っていた拓を発見して、再任を依頼します。

湯布院が復活して、拓は、その補助役に回ります。満里奈の指名で再任されたのは拓ですから、拓がその後の弁護活動の責任者でも良かったのでしょうが、拓は一歩下がります。湯布院は、満里奈一家が無理心中に至った原因が、権三郎の理不尽な金儲け主義によるもののであることを知っている弁護士です。だからこそ、それを胸の内に隠しておいて、自分の「無罪」を勝ち取ってくれると考え、満里奈は湯布院に弁護を依頼したのでした。が、真実を隠すことでのデメリットを考え、湯布院はギックリ腰を演じ、拓と楓に出番を与えたことになります。

関連記事

『イノセンス』7話のネタバレ感想!川島海荷の演技に賛否両論!あなたはどう思った?

8話のあらすじネタバレ

8話では、やはり、式根大充役・片岡鶴太郎さんの渾身の演技が見どころ。人を惹きつける力があって上手いです。お笑い出身者にありがちな、ややクサい演技というものの影は微塵も感じなかったですね。

関連記事

『イノセンス』8話のネタバレ感想!星野真里と片岡鶴太郎の親子役演技が大好評!

9話のあらすじネタバレ

事務所にやって来た拓の母、麗(榊原郁恵)が、楓にかけた言葉。「あの事件が拓の人生を決めたの」が、よく理解できて印象的でした。拓の浅間大輔への思いを楓に語る母。ファンが良く知っている榊原郁恵さんの人柄の柔らかさとか、優しさが生かされた言葉が、第9話での見どころです。

関連記事

『イノセンス~冤罪弁護士~』9話のネタバレ感想!楓が刺された!真犯人は武田真治?

10話(最終回)のあらすじネタバレ

最終話最大の見どころは、ラストの10分法廷のシーン!
自分の妹を殺した真犯人を目の前に秋保准教授は…

関連記事

『イノセンス』10話(最終回)のネタバレ感想!武田真治の怪演が上手すぎと話題に!