ドラマル

2019年3月17日

『イノセンス~冤罪弁護士~』9話のネタバレ感想!楓が刺された!真犯人は武田真治?

2019年3月16日に放送されたドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、拓(坂口健太郎)と秋保(藤木直人)の間に亀裂が!
そんな中、いよいよ11年前の事件の真相に迫っていきます。

関連記事

『イノセンス~冤罪弁護士~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『イノセンス~冤罪弁護士~』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「hulu」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『イノセンス~冤罪弁護士~』9話のあらすじネタバレ

11年前の「東央大学生殺人事件」の被害者、彩花(伊藤梨沙子)。恋人だった彩花を殺したとされた浅間大輔(鈴之助)。大輔は有罪判決(無期懲役)を受け、拘置所内で首吊り自殺しています。黒川拓(坂口健太郎)は加害者、大輔と幼馴染でした。そして、秋保恭一郎(藤木直人)は、被害者、彩花の兄です。

さて、今回は、都内大田区の河川敷で美大生殺しが発生します。殺された美大生の名は花巻京香(山崎あみ=愛称「あーみん」の日テレお天気キャスター)。保駿堂法律事務所に有馬聡子(市川実日子)がその情報を持ち込みます。
この「女子大生ストーカー殺人事件」の被害者の刺し傷が、彩花のものと一緒だったのです。首の左側、殆ど同じ位置に鍵状の突き傷です。

とりあえず、拓と和倉楓(川口春奈)は、被害者へのストーカー行為を繰り返していた為に殺害を疑われ拘留されている富士田順平(坂本真)に接見します。血の付いたスケッチブックと京香の学生証が発見され、更には富士田のパソコンには多くの京香の画像と、物証が揃い過ぎています。が、殺害を「否認」している富士田の弁護を拓はすることになります。

その後日、拓の母、麗(榊原郁恵)が事務所を訪れて、楓に、今後とも拓を支えて欲しいと懇願します。「大ちゃん(浅間大輔)の事件は、私たち母親同士、仲良しだっただけにショックでした。あの事件が拓の人生を決めたの。大ちゃんは、拓より2つ年上で引っ込み思案だった拓の兄的存在でした」「あの子が、苦しんでいる時は支えてあげてください」と言って、麗は拓の戻るのを待たずに帰ります。

拓は事務所に戻ると、いまの胸の苦しみを楓に打ち明けます。「浅間先輩の無実を信じたいという思い込み自体、真実を本当に追求しようという本来の姿勢とは違うのではないのか」と。楓は、それで良いと諭します。今までも、これからもそれで良いと後押ししていると、再び、聡子から新たな遺体発見の報があります。山中で若い女性の遺体が発見されたとのこと。これも、富士田による連続殺人ということになってしまいました。

ここで、秋保の実験が始まります。上空に巨大バルーンを飛ばす秋保。上空の温度を測り、斜面温暖帯化現象の検証です。それで、遺体発見場所の気温が思った以上に高かったことが分かります。それで大幅に山中での遺体の死亡推定時刻が変動します。こちらの殺害は、富士田逮捕の2日後の犯行と判明します。富士田が拘留されてからの殺人だと分かります。
秋保、これで協力は最後だと拓に告げます。拓の父、黒川真(草刈正雄)から検察側の科学機関に誘われていることを明かします。秋保から、拓への決別宣言です。

法廷では、連続殺人事件の裁判が始まり、那須亜里沙(木崎ゆりあ)が、証言台に立ちます。その裁判終了後、裁判所から出る拓の前を素通りして秋保が歩きます。拓になど、秋保は目もくれません。秋保の向かう先には、拓の父が立っています。拓と秋保の距離が決定的に離れてゆきます。

その日の夜、暴漢が拓を襲います。その前に楓が飛び出して腹部を刺されます。

スポンサーリンク

『イノセンス~冤罪弁護士~』9話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

最初の被害者の美大生、京香役は、「あーみん」こと、山崎あみさんだったのですね。この人、日テレ「ズームイン!!サタデー」のお天気キャスターです。足長ミニスカ姿のセクシーキャスターで、本来はファッションモデル。現、音大在学中ということで、美大生役のオファーがあったのでしょうかね。顔が良く見える形での死体役で、そのあたりはちょっと不自然かなとも思いましたが、まあ、こういうのは熱烈な「あーみん」ファンへのサービスなのでしょうかね。

それにしても、今回は全てが急展開で忙しいです。なにより、河川敷での事件より先に山中での事件の裁判が先になっているのも、良く分かりませんでしたが、河川敷での京香の殺人については、最終話に詳しくやるのだろうということで、次回の最終話に期待したいと思います。

50代男性

濱本哲治

11年前の事件の死後再審をするつもりの黒川拓(坂口健太郎)は、類似の事件の担当になり被疑者の無実の突破口を開こうとしますが、今まで仲間だと思っていた科学者の秋保恭一郎(藤木直人)が検察に取り込まれようとしていました。
被害者家族の心情と、友人の無実を信じたい心情の大きな隔たりは埋めようがない溝のように感じられますね。
そんな中で和倉楓(川口春奈)が黒川を庇って刺されてしまいます。

「悪魔の証明」関係があったことを証明するのではなく、なかったことを証明することは不可能に近いのですが、それでもその証明もできる可能性はゼロではありません。
何事においても可能性がゼロでない限り希望はありますから、果敢にチャレンジしていきたいですね。
そんなことを考えさせられたストーリーでした。

40代女性

ふゆふゆ

黒川拓(坂口健太郎)の母親(榊原郁恵)の登場が面白かったです。明るくて場が和むし可愛らしいし、でも拓のことを心配しているのがよく伝わりました。
拓の幼なじみの事件がいろいろと明かされて、興味深いストーリーでした。
秋保恭一郎(藤木直人)が拓の父親の黒川真(草刈正雄)と手を組んで、拓とは敵対することになるなんて!拓にとってはピンチの状況をどう乗り切るのか期待しています。
でも、秋保は妹を殺されていて拓はその犯人の無実を証明しようとしているわけで、そんな秋保が検察庁側につくのはルール違反のような気がしました。絶対個人的な感情がわいてくると思うから。
ラストで拓が刺されそうになるのを和倉楓(川口春奈)がかばって逆に彼女が刺されちゃったけど、あれは拓、自分で防げるでしょ。ちょっと間抜けに見えちゃいました。

9話で最も話題になった出来事

楓が刺された!真犯人は武田真治?

楓を刺した男・神津一成(武田真治)がまさかの11年前に殺された彩花(伊藤梨沙子)殺害の真犯人なのか?

武田真治が自慢の筋肉を封印?して、どんな犯人役を演じるか今から楽しみですね。

ただ、今回、あ~いった形で真犯人である武田真治が登場したのは、いささか微妙さを感じました。しかし、あくまで本ドラマ『イノセンス』は、冤罪をどう弁護するかということなので、犯人捜しに主を置かないところが、このドラマらしいのかもしれませんね。

『イノセンス~冤罪弁護士~』10話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『イノセンス~冤罪弁護士~』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

謎の男から拓(坂口健太郎)をかばい刺された楓(川口春奈)。一方聡子(市川実日子)は、殺された京香と殺人を疑われている富士田(坂本真)のSNS上の共通の“友達”である『KooZ』という人物が、11年前に殺された彩花と自殺した浅間(鈴之助)の両方のブログにもコメントを残していることに注目していた。『KooZ』のSNSの画像に被害者の傷と同じ形“勾玉まがたま”の模様があるのを見た秋保(藤木直人)は、勾玉が英語で所有を表す「’(アポストロフィ)」に似ていることから「被害者は自分の所有物だ」という犯人の主張かもしれないと推測。

そんな中、楓を刺したという男・神津一成(武田真治)が自首をする!拓は、神津が京香の通う大学の職員だということと、『こうづ』が『KooZ』に似ていることが単なる偶然ではないと感じ、接見を願い出る。翌日、接見室での何気ない会話に11年前の事件との関係を匂わせる神津は、立会いの警察官が席を外した隙を狙い、今回の2件と11年前の事件で被害者を殺したのは自分だと拓に囁く……!!

証拠がないため真犯人を前に何もできないことに苛立つ拓は、11年前捜査に当たっていた元刑事・草津(佐藤B作)に会い、現場の遺留品だった煙草の吸殻が、浅間が喫煙者でなかったために証拠として採用されなかったことを知る。地裁に対し証拠品の開示と再審請求に踏み出す拓だが、そんな矢先検察が想定外の暴挙にでる!!果たして閉ざされた真実への扉は開くのか!?それぞれの思いを胸に真実に迫る衝撃と感動の最終回!!

出典:https://www.ntv.co.jp/innocence/story/