ドラマル

『インハンド』9話のネタバレ感想!藍沢先生がトレンド入り!

2019年6月7日に放送されたドラマ『インハンド』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、高家が恩師を救うために紐倉と共に因縁の病院を調査する。
一方で、牧野は福山が意外な人物と密会していることを掴み…。

関連記事

『インハンド』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『インハンド』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『インハンド』9話のあらすじネタバレ

紐倉哲(山下智久)の元植物園の研究所に、突然、高家春馬(濱田岳)の母、良子(宮崎美子)がやって来ます。
そして、高家は、故郷相羽村の病院長、小泉陽子(市毛良枝)が入院したことを知らされます。陽子は、高家の人生の師匠とも言うべき人。

後で知れますが、陽子は、厚労省医政局長の瀬川幹夫(利重剛)の元を訪れ、瀬川が関わる施設建設の為の土地を絶対に売らないと通告していた折りに、セリアック病(自己免疫疾患)を発症させて倒れます。
で、瀬川により、なんとよりによって高家が懲戒解雇された台田病院に搬送され、そこに入院しています。

心配な状況にある陽子の見舞いに、高家は紐倉を伴って訪れます。中村京子医師(安藤聖)が病室に案内してくれて、陽子の病状を説明します。
担当医が黒野秀之院長(正名僕蔵)ということで、心配が倍増します。

紐倉と高家は、夜間、病院に潜入。もともと陽子の病状回復に関して疑いを持っていた京子医師の協力で、陽子を病院から運び出すことに成功します。紐倉に言わせますと、誘拐ではなく、栄和記念病院への積極的転院です。

一方で、牧野巴(菜々緒)が働く内閣官房サイエンスメディカル対策室では、福山和成(時任三郎)がCEOを務めるフューチャージーンの怪し気な計画、「BSL4(Bio Safety Level 4)研究所」建設の進捗状況を掴みます。
そこで、福山と厚労省医政局長の瀬川幹夫(利重剛)との癒着が浮上します。
各種ウィルスなど病原体の危険レベルの最高位が4です。危険な病原菌を扱う為、こういう施設は、どこにでも建設できるものではないのですが、福山は瀬川を巻き込み危険なBSL4施設を作ろうとしているのです。

紐倉は、陽子の難治性セリアック病について福山に相談しますが、多忙を理由に協力を拒否されます。が、福山の息子、新太(磯村勇斗)、そして、その仲間の柏木亮(夕輝壽太)ら若い研究者が紐倉に協力を申し出ます。

ほどなくして、陽子の転院先の栄和記念病院に台田病院の黒野院長が乗り込みます。それを紐倉らが迎え撃ちます。
セリアック病を知りつつ、点滴の中に病状を悪化させる物質を混入させていた行為が、医師としての重大な犯罪行為であると紐倉は指摘します。そこに、牧野が警官を伴ってやって来て、黒野院長は警察に連行されます。

陽子との面会時、瀬川は、眼の前で倒れた陽子を台田病院に搬送させます。そして、黒野院長に何もするなと言い含めていました。悪化して、陽子が静かに死に行くのを期待していました。
アレルギーの権威である黒野院長がセリアック病に気付かないはずが無く、瀬川の意向に沿って陽子を放置するどころか、毒を盛っていたことになります。

高家がバンドエイド状のものに「アメリカこう虫」混入液を浸み込ませて陽子の腕に貼り、免疫異常を解消させます。「アメリカこう虫」効果が表れて、陽子は目覚めます。目覚めた陽子に内閣官房の牧野が、厚労省の瀬川との間に何があったのか尋ねます。
で、建設予定地が、栃木県相羽村だと判明します。また、瀬川厚労局長に対する「相羽村BSL4施設建設の中止を求める会/代表者」としての小泉陽子ということで、以前から、敵対関係にあったことも分かりました。

厚生労働大臣、金子盛夫(内場勝則)が、瀬川の裏にいる黒幕でした。
瀬川は所詮官僚ですから、ひとりでは何もできません。裏に次期首相とも言われる金子大臣がいることになります。金子の地盤は相羽村。金子の了承を得ずに、瀬川が危険施設建設などできません。

そうこうする中、テレビ中継です。フューチャージーン福山CEOによる緊急会見です。彼は、2025年までにBSL4施設を稼働させると確約します。
建設予定地が相羽村であることも明言します。その決定を受け、相羽村村長・市原正幸(遠山俊也)が、「旧相羽小学校/土地売買契約書」に署名押印します。
売主は村長で、買主は、㈱岩浜建設社長・岩浜信二です。その契約現場に、金子大臣がいます。瀬川局長もその横にいます。

厚労省に入る紐倉。厚労省の一室で待ち構えていた福山CEOが「よく来てくれた」と紐倉を迎えます。「始めまして紐倉博士」と瀬川局長がにこやかに近付きます。

スポンサーリンク

『インハンド』9話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

フューチャージーンCEOの福山の計画が何だか怖いですね。これまで、さまざまな悪事を働いてきた瀬川厚労省医政局長と組んで、何をするにせよ、地域住民の了解も無しにことを進めてしまう強引さが怖い。

相羽村の村長も完全に瀬川局長サイドに組み込まれているようで、簡単に土地売買契約書に署名押印しています。
病が癒えて故郷に戻ることになる小泉陽子先生も、これからが大変。

次回は、高家も故郷の危機を救うべく帰省するということで、そこで、幼馴染の憧れの女性に再会するようです。福山の無謀な計画を阻止しようという住民運動の成り行きとともに、憧れ女性との関係も、果たして、どうなるのでしょうかね。

藍沢先生がトレンド入り!

ブルーのスクラブに白衣を着た藍沢先生ならぬ紐倉博士が話題を集めました。

まるでコードブルーの藍沢耕作がインハンドの世界に舞い降りたかのような演出に、感激の声が殺到しました!

それにしても、(博士もいいけど!)ドクターの山Pはカッコいいですね。

『インハンド』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『インハンド』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

紐倉(山下智久)は高家(濱田岳)と共に、高家の故郷・相羽村を訪れる。村では、福山(時任三郎)が計画する危険な病原体を取り扱う科学研究所・BSL4施設の誘致をめぐって反対運動が行われていた。

自然豊かな相羽村を堪能する紐倉だったが、ある日、福山と話をするために施設の拠点となる予定の場所を訪れる。施設の建設をやたらと急ごうとする福山に、紐倉は疑念を抱く。

そんな中、高家の幼馴染・美園(石橋杏奈)の父・実喜男が吐血をして倒れ、病院へ搬送される。その症状を聞いた紐倉は、エボラ出血熱の可能性を指摘。村は封鎖され、日本中を巻き込む事態へと発展する…。

出典:https://www.tbs.co.jp/inhand/story/