ドラマル

『インハンド』6話のネタバレ感想!遺伝子ドーピングが話題!

2019年5月17日に放送されたドラマ『インハンド』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、朝ドラ『なつぞら』の照男兄ちゃん役で話題の清原翔が登場!
アスリート・野桐(清原翔)のドーピング使用を探る紐倉との変人同士の掛け合いに注目。

関連記事

『インハンド』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『インハンド』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『インハンド』6話のあらすじネタバレ

内閣官房サイエンスメディカル対策室のアドバイサーになった紐倉哲(山下智久)は、就任の挨拶に高家春馬(濱田岳)と出掛けます。
そこで、牧野巴(菜々緒)が2人を紹介し、早速、網野肇室長(光石研)から、国民栄誉賞の授与が検討されている日本陸上界(1万M走)のエース、野桐俊(清原翔)のドーピング疑惑に関する調査を依頼されます。

野桐はレース前後に雄叫びを上げたり、妙なダンスを踊るなど素行が注目される陸上界の異端児。紐倉、高家、牧野は、野桐俊の疑惑調査に向かいます。で、野桐のルーティンを見た紐倉は、大いに彼に興味を示し、高家を伴って、長野県湯の丸高原での高地トレーニングに入った野桐を追います。

野桐は、血液検査、尿検査では判明しない遺伝子ドーピングをしていると、紐倉は推察します。遺伝子組み換えでは筋肉増強のほか、血流の酸素運搬機能が向上します。近年では、「クリスパーキャスナイン(遺伝子編集)」という医療技術もあります。
野桐のこの数年のルーティン変化、好みの変化は、遺伝子ドーピングの影響と思われます。遺伝子ドーピングでは、ヘマトクリット値(赤血球の割合)の増加を伴います。野桐は血液がドロドロにならないよう、多量の水分摂取が必要になっていました。

その頃、野桐のコーチ東野潔(石井正則)から深谷スポーツクリニック(深谷明人院長)に不自然な金の動きのあることが、牧野の調べで分かります。
スポーツ貧血でこのクリニックに通っていた野桐。紐倉、高家、牧野がクリニックの調査に向かいます。巧みな連係プレーで、パソコンデータを収集しますが、確かな証拠は発見できません。

高地トレーニング場所近くに住む野桐の父、俊昭(温水洋一)から桃が届きます。紐倉と高家と牧野が、改めて野桐の実家を訪ねます。
そこで、単行本「かもめのジョナサン」とピアノ曲CD「バラ色の人生」を目にします。それに「国立がん総合センター」の「HLA適合検査部」の封筒を見ます。

時変わって、全日本選手権大会の当日。練習走路にいる野桐に紐倉が言います。「君は遺伝子ドーピングをした。自分でも体の異変に気付いているはずだ。クリスパーキャスナインを使った遺伝子ドーピングは、諸刃の剣。狙っていない遺伝子に傷を付ける。それはオフターゲット効果。君は、それで悪性リンパ腫になった」。それに続けて「レースには出るな」と言う高家を振り切って強行出場する野桐。
野桐は、造血幹細胞を移植すれば助かることは知っていましたが、既に、「HLA適合検査」で、肉親の父親とさえ適合しないと分かっていました。
野桐は、自身の限界を超えて、少しでも速く走りたかっただけでした。「限界を超えたその景色を見てみたい。後悔はしていない」と語る野桐。「見て来いよ、その景色」と言って、紐倉は、野桐をレースに送り出します。

野桐、最後のレースで倒れます。緊急に病院搬送され、翌日のテレビでは、野桐が意識不明で重篤な状態にあると報じられます。

彼にとってスピードは力だった。スピードは歓びだった。そしてそれは純粋な美ですらあった。野桐の愛読書、「かもめのジョナサン」の一節。そして、遺伝子ドーピング後に野桐が好きになった「バラ色の人生」のピアニストの八田真一は、アルコール依存症でした。
皮肉だねと牧野。アルコール依存症だろうが、曲が素晴らしいことに変わりは無いと紐倉が言って、エンディングです。

『インハンド』6話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

野桐俊役の清原翔さんと、紐倉哲役の山下智久さんの変わり者同士の友情が面白かったです。野桐は傲慢な性格で、最初から紐倉に突っ掛かって行きますが、それが全く気にならない様子の紐倉。初対面の野桐にシューズを後頭部にぶつけられ、無礼にもほどがあるのに、特に意に介さない紐倉。そして、リンパ腫の野桐が命の危機に晒される中、彼を最後のレースに送り出す紐倉の狂気性。変わり者同士で分かり合えていることでの連帯感は常人には良く理解できませんが、天才同士ですと、そういうことになるのでしょうね。

遺伝子ドーピングが話題!

今話のテーマであったドーピング(遺伝子ドーピング)について、放送後、ネットではさまざまな意見がつぶやかれました。

遺伝子ドーピングというのは初耳でしたが、そんなことが本当にできるみたいですね。それを行うことがいいのか悪いのかは、ルールがある世界ではNGなんでしょうが、ジャックハンマー(漫画バキ登場人物)の生き方を否定する人は少ないでしょう。

ただ、野桐俊(清原 翔)選手が遺伝子ドーピングのせいで悪性リンパ腫になったように、本好意が人体へ与える危険性が非常に高いものなら、如何なる理由においても禁止すべきであると考えてしまいます。

『インハンド』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『インハンド』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

牧野(菜々緒)に娘がいることを知った紐倉(山下智久)と高家(濱田岳)は、入院している牧野の娘・美香(吉澤梨里花)のお見舞いに来ていた。生まれつき免疫に欠陥があるPID(原発性免疫不全症候群)で入院している美香。PIDの有効な治療法は骨髄移植しかないが、ドナー提供者も見つかっておらず、母親の牧野とも一致しなかったという。そして、美香の父親で牧野の夫・賢一(永岡卓也)はすでに他界していた…。

牧野は紐倉に、美香のためにPIDの治療法を見つけてほしいとお願いする。珍しくすんなり引き受けた紐倉だったが、それは牧野がやろうとしている“あること”に気づいたからだった。

紐倉はPIDの研究を始めるため、元上司の福山(時任三郎)に協力を仰ぐが…。

出典:https://www.tbs.co.jp/inhand/story/