ドラマル

『インハンド』5話のネタバレ感想!紐倉博士(山P)の一筋の涙に感動!

2019年5月10日に放送されたドラマ『インハンド』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、5年前に起こった過去がついに明きらかに!紐倉の義手の秘密も!
紐倉が過去に働いていたCDCで一体何が起こったのか?入谷は本当に紐倉が殺したのか?

関連記事

『インハンド』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『インハンド』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『インハンド』5話のあらすじネタバレ

紐倉哲(山下智久)は、5年前に亡くなった助手、入谷廻(松下優也)との辛い記憶がフラッシュバックするたびに幻肢痛に悩まされます。義手メンテナンスの技肢装具士、陣内志保(菜葉菜)が、牧野巴(菜々緒)と高家春馬(濱田岳)に、そう説明します。
それを聞いた高家は何かと紐倉を気遣うのですが、それが却って紐倉には辛いわけで、それで高家が来て以来、幻肢痛が酷くなったことを理由に、高家を研究所から追い出してしまいます。高家、カプセルホテル暮らしを余儀なくされます。

牧野は高家に、「危険な実験をしていた日本人科学者H?」「助手が謎の自殺!」という海外ネットニュースを見せます。
内閣官房サイエンスメディカル対策室では、紐倉をアドバイザーとして雇うという話もあり、御子柴隼人(藤森慎吾)が紐倉の過去情報を調べては、それを牧野に伝えていました。
牧野と高家は、最先端科学技術を持つフューチャージーンCEOであり、かつて、紐倉のCDC(アメリカ疫病予防管理センター)勤務時代の上司だった福山和成(時任三郎)を訪ねます。

紐倉のCDC在勤当時、東南アジアの村(フィリピン沖の島)を襲ったのがエボラウイルスでした。7歳の少女、マリアが最初の犠牲者で、その後、どうやら島全体の住民は全滅しています。
が、米軍はそれをひた隠しています。
アメリカ軍の島の指揮官だったキャラウェイ(ドン・ジョンソン)は、当初から感染者の選別優先で治療を許さず、病院へのマリア搬送を拒否していましたから、それが島の全滅に繋がったものと思われます。

マリアが倒れた近くの河川に米軍機墜落の痕跡あり、そこに化学兵器と思しきものの残骸が散乱しているのを姫倉は発見します。
紐倉は、化学兵器としてのエボラウイルスをアメリカ軍が空輸していたのではないかと気付きます。紐倉が島でのエボラ発生の真相に近付く頃、紐倉らには島からの撤退命令が出ます。
しかし、アメリカ本土に戻る際、入谷は、秘かにエボラの病原菌を持ち帰っていました。入谷は、島の住民を見捨てることが出来ず、即刻の生ワクチン作りをしたかったのです。
で、自ら免疫性のクローン病に苦しみながら、エボラの生ワクチン作りに励んでいた入谷は、その過程でエボラにも感染していました。

アメリカ軍のキャラウェイ(ドン・ジョンソン)は、狙撃兵を引き連れて紐倉の研究室に突入します。助手の入谷が標的です。生ワクチン作りの意味が知られれば化学兵器の存在が世間にバレますから、これを阻止しないといけないわけです。
向かいのビルから狙撃兵に狙われる中、入谷は投身自殺します。
その直前、大声でキャラウェイにも聞こえるように叫びます。「紐倉、お前と出会わなければこんなことにはならなかった。I hate you!(お前が憎い!)」と言って高所から飛び下り、それを阻止しようと紐倉は右手を差し出したのですが、入谷は落下します。

高家は、福山の話を全部聞き終えてから、入谷の遺品を受け取ります。それを紐倉に届けます。「あいつが何時か世界を救う」と言った入谷の言葉を共有できる高家。「紐倉哲の助手で良かった。哲、ありがとう」という言葉が入谷の手帳に残されていました。一度は追い出してしまったものの、高家が優秀な助手で仲間であることを紐倉は認めます。

『インハンド』5話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

紐倉の腕が引き千切られるというシーン、ドラマでは割愛されていましたね。「紐倉、お前と出会わなければこんなことにはならなかった。I hate you!(お前が憎い!)」と入谷が言って飛び下り、それを阻止しようと紐倉が右手を差し出すというところまでは原作と一緒ですが、ドラマでは腕は引き千切られていません。狙撃兵に撃たれて落下して行きます。

そして更に、「君の幸運の右腕を貰って行くよ」と言う言葉もありませんでしたね。入谷が紐倉の右手を天国に持って行ったという描写もありません。「いや、あいつは人を殺めているから地獄だな。腕があった頃の僕は最高の科学者だった。あいつに腕を奪われただけで、僕は科学者ではなくなった」という、原作での「決め台詞(セリフ)」もありませんでしたね。なにより、入谷が人を殺めている場面、ありませんね。

――ドラマでは、腕が引き千切られるというグロテスクな場面を避けようということなのでしょうね。 良い子に対する就寝前の配慮として、適切な処置ということかと思いました。

紐倉博士(山P)の一筋の涙に感動!

紐倉と入谷の友情に心震える回でしたね。
ラストの紐倉博士こと山Pのひとすじの涙には号泣する人が殺到しました。

今まで抱えていた紐倉博士の辛い痛みがあの涙とともに流れていくように感じましたね。あの山下智久さんの涙は、ドラマ前半を締めるのに相応しい最高の感動を呼びました。

『インハンド』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『インハンド』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

正式に内閣官房サイエンス・メディカル対策室のアドバイザーとなった紐倉(山下智久)は、助手の高家(濱田岳)を連れて内閣府にあるSM対策室を訪れる。牧野(菜々緒)は対策室のメンバーに、紐倉と高家を紹介。網野(光石研)は早速、紐倉に相談を持ちかける。

国民栄誉賞の授与が検討されている日本陸上界のエース・野桐(清原翔)のドーピング疑惑について調べてほしいというのだ。最初は拒否した紐倉だったが、高家の必死過ぎる頼みによって渋々受けることに。

紐倉と高家、そして牧野は、ドーピング疑惑の真相を探るため、練習中の野桐に会いに行く。陸上界の異端児と言われるだけあって、レース前後に野獣のような雄叫びをあげたり、謎のダンスを踊り出すなど、謎めいた行動が多い野桐。変人な上に傲慢な性格で、紐倉にも執拗に突っかかる。

そんな中、紐倉は野桐の”ルーティン”に目を付ける。そこからあることに気付いた紐倉は、さらに詳しく調べるため、野桐の高地トレーニングを観察するために高家を連れ出すが…。

出典:https://www.tbs.co.jp/inhand/story/