ドラマル

『インハンド』4話のネタバレ感想!紐倉の元助手・入谷が自殺した真相と義手の謎を解明!

2019年5月3日に放送されたドラマ『インハンド』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、人を自殺させる病原体の調査に紐倉らが挑む!
そして今回、紐倉の過去に大きく関わる元助手・入谷廻の存在が明らかに…。

関連記事

『インハンド』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『インハンド』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『インハンド』4話のあらすじネタバレ

紐倉哲(山下智久)の元に、内閣官房サイエンスメディカル対策室の牧野巴(菜々緒)がやって来ます。外務事務次官の源田創子(紫吹淳)宛に「自殺誘発の病原体」を拡散させるという脅迫状が届き、その対応策を紐倉に求めます。
脅迫状の目的としては「日米外相会議を中止せよ」ということのようなのですが、そこに名前が記載されている水原舞(益田恵梨菜)は既に自殺しています。また入院している菊池香織(河合優実)は今までに自殺未遂を2度も繰り返しています。その他、緒田貴成(岐州匠)が行方不明になっています。
そして次のターゲットは創子の娘、恵奈(吉川愛)だとされています。脅迫状に記載されている4人は同じ大学の学生で友達です。
――自殺に誘導する病原体が実在するのかを確かめたくて牧野は紐倉を訪ねたわけで、それに対して「可能性はゼロじゃない」と紐倉は積極的に協力を申し出ます。高家春馬(濱田岳)は、何故、紐倉が素直に牧野の依頼を受けたのか気になります。

紐倉の元にやってきた恵奈と会って、脅迫状を書いたのは恵奈自身だと、紐倉は即座に見破ります。自殺を誘発する薬などということを誰に言っても取り合ってくれないので、大事にして、誰か、ちゃんと分かる人に動いて貰いたかったのが脅迫状作成の狙いでした。
――彼らは、製薬会社の治験モニターとして恵華医科大学病院で「非ステロイド性鎮痛薬」を飲んでいます。その鎮痛剤が怪しいと睨む紐倉。

高家、紐倉に命じられるままに製薬会社セクメト・ジャパンに潜入です。新薬(鎮痛薬)の治験モニターになります。治験場所は恵菜医科大学病院です。
高家は治験データ室に侵入、症例ファイルをスマホで撮り紐倉に送ります。データ室を出てしばらく歩くと、鍋島智樹(山中崇)に遭遇。鍋島は高家が紐倉の助手だと知って「紐倉は人殺しなんですよ」と高家に警告します。
――鍋島によれば、5年前、入谷廻(松下優也)という研究者を紐倉がCDC(アメリカ疫病予防管理センター)に引き抜いています。その結果、当時、入谷と共同で新薬開発していた鍋島はパートナーを失い、当時の共同研究は白紙に戻されていました。
で、その頃の紐倉は、東南アジアの村を対象に危険なウイルス実験をしていました。それを嗅ぎ付けたアメリカ陸軍が紐倉の調査を開始したのですが、その時、助手の入谷に責任の全てを押し付けたのが紐倉だというのが鍋島の主張です。結局、罪を背負って入谷は自殺しましたので、彼は紐倉を殺人者呼ばわりするわけです。

紐倉は恵奈を連れ出し、子供の頃、4人で何をして遊んでいたかと問い、その場所に向かいます。4人は幼馴染みで、20歳になったら再会しようと約束していて、それが東京の大学で叶っていたのでした。
――タイムカプセルを埋めたこと、4人で集合写真を撮ったこと、度胸試しで馬小屋に侵入したことなど恵奈は思い出します。で、その時、馬からウイルス感染していたことを突き止めた紐倉。医学生の緒田も馬からの感染に気付き、そこに辿り付いていました。倒れている織田を発見、病院に収容します。

あとは、鍋島の元に紐倉、牧野、高家が向かいます。治験が原因だとはっきりしています。非ステロイド性鎮痛剤にはウイルス感染時に服用すると脳症にかかる場合があります。脳症にかかると異常行動を起こして、自殺を誘発させる可能性が高くなります。
しかも新薬には急速に脳症を悪化させる成分が入っていました。治験者へのウイルスチェックをやってはいましたが、ボルナ病ウイルス(スローウイルス)の検査は漏れていました。ずっと身体の奥で眠っていた感染源ということになます。

鍋島は、ボルナ病ウイルス(スローウイルス)の存在を知っていました。が、治験者とは不起訴の契約を結んでいる関係で、法では裁けません。しかし、事が公になれば「研究者としてのあんたは死んだも同然なのだ」と高家が告げます。
――そんな遣り取りの最中、背後にいたはずの恵奈がいなくなっています。屋上から、まさに飛び下りようとしている恵奈を牧野と高家が止めます。友達1人、水原舞が死んだことは事実であり、生き残ったことに対する罪悪感、PTSDの一種の症状で飛び下り自殺衝動に駆られてしまった恵奈に、「笑って生きよ」と諭す紐倉。

牧野の運転でセクメト・ジャパンを去る恵奈。2人を見送っていて、大事なことを思い出す紐倉。紐倉は、パスポートを彼女の母親のコネで発行して貰う予定だったのでした。それで、今回の依頼を快諾していたのでした。

最後は、セクメト・ジャパンを厚生労働省が強制捜査です。データ改ざんの疑いで、SQ-61の研究開発は中止に追い込まれます。

スポンサーリンク

『インハンド』4話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

今話では、アメリカ在住時の紐倉の様子が見えてきましたね。滞米中に失った右手。紐倉には常に幻肢痛があり、脳が腕を失ったことを受け入れていないということが分かりました。今後、更に、牧野の同僚、御子柴隼人(藤森慎吾)による紐倉の調べも進むのでしょうが、とりあえず、いまのところ、5年前まで、紐倉がアメリカ疫病予防管理センター(CDC)で働いていたことが分かりました。そしてアメリカ陸軍との揉め事によりクビになったというのが御子柴の調べでした。

前話のラストシーンでも見られた紐倉の脳裏にフラッシュバックする辛い過去の記憶。かつてFBI捜査に関わるバイオテロ対策の専門家としてアメリカ在住当時、良き友人であり助手だった入谷廻(松下優也)が自殺しました。入谷を自らの元に引き抜いたのが紐倉で、その結果、入谷は何らかのテロ事件に巻き込まれて自殺に追い込まれているようです。前では、紐倉と入谷が談笑している画像がフラッシュバックしていました。今後、入谷とのアメリカでの交流場面が楽しみです。

紐倉の元助手・入谷が自殺した真相と義手の謎を解明!

紐倉の義手と深い関わりがある5年前に亡くなった紐倉の元助手・入谷廻(松下優也)の存在が遂にわかりましたね。
そして、何やら紐倉が義手となったこと、アメリカ各研究施設から締め出されたことすべてに入谷の死が関係してそうです。

予告編では、アメリカ軍の姿、銃声と共にビルから落下する入谷、その入谷に手を差し伸べる紐倉、エボラウイルスが感染拡大していく様子が伺えました。
また予告編の中で、紐倉のCDC(アメリカ疫病予防管理センター)時代の元上司福山和成(時任三郎)「アジアで発生したなんて聞いたことがないぞ」といっています。
このことから考えて、アジアでエボラウイルス研究をしていたアメリカ研究施設が、エボラウイルスを施設外に漏らしてしまい感染拡大→隠ぺいしたのではないかと考えます。

入谷はその事実を知ってしまう。更に自分と紐倉の命が狙われていることに気づいた。だから、自分の死と引き換えに、何も知らない紐倉を救ってほしいと交渉して、自殺したのではないでしょうか?

また、入谷が飛び降りる時に銃声が聞こえたので、助けようと手を伸ばした紐倉の腕に玉があたり、右腕重傷→日本へ強制送還→義手になった。
そして、アメリカ政府は、真実を闇に葬るため(紐倉が真相に迫らないように)アメリカのあらゆる研究施設から紐倉を追放したと考えます。

『インハンド』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『インハンド』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

紐倉(山下智久)は、5年前に亡くなった元助手・入谷(松下優也)との辛い記憶がフラッシュバックするたびに、ないはずの右手が痛む幻肢痛に苦しんでいた。そんな紐倉の様子を見かねた高家(濱田岳)は治療を勧める。だがそんな高家に、紐倉は激しく当たる。

ある日、牧野(菜々緒)は高家に、紐倉について書かれた海外のネットニュースを見せる。そこには『危険な実験をしていた日本人科学者Hとは?』『助手が謎の自殺!』など、気になる記述が……。

実は、牧野が務める内閣官房サイエンス・メディカル対策室では、紐倉をアドバイザーとして雇う話が持ち上がり、紐倉の過去を調べていたのだ。そして牧野は、最先端の科学技術を駆使したビジネスで大成功しているフューチャージーンという会社の情報を手に入れる。CEOを務めているのは紐倉のCDC(アメリカ疫病予防管理センター)時代の元上司・福山和成(時任三郎)。福山なら紐倉の過去について知っていると考えた牧野は、高家を連れてフューチャージーンを訪ねる。

福山の口から語られた紐倉の過去とは…。
そして、ついに紐倉の義手の秘密が明らかになる!!

出典:https://www.tbs.co.jp/inhand/story/s5.html