ドラマル

『インハンド』3話のネタバレ感想!不老不死テーマに観月ありさ登場!山Pも不老と話題に!

2019年4月26日に放送されたドラマ『インハンド』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、謎の美容団体で連続不審死が発覚!
美容団体CEO・瀬見まき子(観月ありさ)のアンチエイジング治療の実態とは…。

関連記事

『インハンド』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『インハンド』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『インハンド』3話のあらすじネタバレ

寄生虫学者の紐倉哲(山下智久)は、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室で、助手の高家春馬(濱田岳)と居住しています。

紐倉の大学時代の教授であり、アンチエイジング治療を行う会社(パナシアンビューティー)のCEO・瀬見まき子(観月ありさ)の講演に、紐倉は高家を連れて出掛けます。内閣官房サイエンスメディカル対策室の牧野巴(菜々緒)も調査目的で講演会場に来ています。
パナシアンビューティー上級会員向けの「不老不死」アンチエイジング治療(点滴投与のテロメラーゼ治療)を受けた会員4名に認知症に似た症状が現れた後に死亡している(謎の美容団体で起きた連続不審死!)ことが発覚しており、その調査目的の講演会参加です。
まき子の独自手法は、ベニクラゲから抽出された物質の利用というのが謳い文句。ベニクラゲは成熟の過程で「赤ん坊状態」に生まれ変わるというのがヒントになっています。

講演会から戻った紐倉は高家の協力で学術論文を捏造し、それが、まき子の眼に届くよう手配します。まき子が論文に目を止めて紐倉に会いたい旨を伝えて来ます。求めに応じて、紐倉と高家が、まき子に会いに行きます。
ただし、論文を書いたのは高家博士で、紐倉はその助手という設定で会います。
高家が別室でまき子と話をしている間、紐倉は社内を探索します。そして、まき子の部屋のデスク内にあった「治療データ」を発見します。
が、その現場をパナシアンビューティー社員(鈴木正吉)に見られて逃亡します。高家に「バレた、逃げろ」とスマホ連絡しますが間に合いません。

まき子は社員を使って逃げ遅れた高家を拉致します。
そして、「データ」を返せと紐倉に迫ります。

高家が縛り付けられているのは、上級会員の治療台です。治療の実態は、若者の血液の「輸血」というものでした。
特に目新しい治療というものではなく、ただ「輸血」するというのが実態でした。
人体ブローカー(小林千治)を介して、海外の安い血液を買い集めていたのが、社員の鈴木正吉でした。実は、紐倉と小林は旧知です。

公安警察が小林と紐倉が一緒にいる写真を持っていて、公安はその事実を掴んでいます。紐倉は、秘かに小林に会いに行きます。そして、取引をします。

内閣官房サイエンスメディカル対策室長の網野肇(光石研)と牧野が先頭に立って大勢の係員と共に小林を確保をしようと取り囲む中、小林をバイクで逃がすというのが紐倉が持ち掛けた取引でした。

情報屋として、もう少し世間を泳がせておこうというのが紐倉の狙いです。取引により、小林はパナシアンビューティーに海外の血液(血清)を売っていたことを白状します。その海外から不正に持ち込まれた血液の中にクロイツフェルト・ヤコブ病を発症させる要因物質が入っていたことになります。
このクロイツフェルト・ヤコブ病というのは、認知症に症状は良く似ていますが、発症すれば必ず死に至るとう恐ろしい病です。まき子には、既に認知症に似た症状が現れていて自覚症状もあります。

拉致され治療台に括り付けられている高家。まき子によって、高家は血を抜き取られてゆきます。あとひとパックを抜き取られれば死ぬという場面で紐倉が登場します。
室内には煙が立ち込め始めていて、どうやら火災が発生している模様です。社内スタッフが火災ということで退去する中、紐倉のことを思い出せないまき子に「先生の部屋(研究室)にコーヒーを飲みに行っていた学生」であることを告げますと、まき子は学生時代の紐倉を思い出します。
瀬見まき子は、科学者としての知性に溢れ、紐倉が学生だった頃の10年前よりも更に若く美しい永遠の美を体現しています。が、それと引き換えに、クロイツフェルト・ヤコブ病を得ていたのでした。
まき子が若さに執着したのは、既に他界している妹の瀬見みき子(松本若菜)がいたからでした。みき子はウェルナー症候群で、これは一種の早老症。若くして老人の身体になって死んでいった妹の姿がトラウマになっていたのでした。

しかしながら、不老不死への希求は間違いで、「死」があるからこそ地球上での適応が可能なのです。「不老不死」で人間が一切変わらなければ、人類は自然環境などの変化に対応できずに絶滅します。
死ぬことでの「新陳代謝」、次世代の「身体適応(変化)」が、地球上での固有の生命の維持を可能にしています。そういうことを、まき子先生に、かつての学生、紐倉が教えます。

煙が立ち上がって消防車が大挙して駆け付けますが、その「不老不死」の治療施設現場に残されていたのは、紐倉が仕掛けた大量の発煙筒だけでした。
火災発生偽装に紛れ、施設内に忍び込んだ紐倉は、間一髪で高家を救出したのでした。
「現代のドラキュラ伝説、輸血ビジネスの全貌。パナシアンビューティー解体」の文字が週刊誌に踊ります。

スポンサーリンク

『インハンド』3話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

やはり、最後の観月ありささんと山下智久さんの対話場面が印象に残ります。

「死ぬのが怖いですか?」と問う紐倉に「当たり前でしょ。死を恐れない生物などいません。だから私は不老不死を研究していたのよ」と答えるまき子。その間違いを指摘するのに、紐倉は生命進化の歴史を話します。
不老不死は、生命科学の到達点ではないことを説き、環境変化への対応が不能になれば、生命体は絶滅すると言います。「死」を受け入れ、命を次世代に繋ぐことで、身体適応がうまく機能します。確かに妹が老女になって死に至ったのは哀しいことなのですが、死に抗うという感性というものは、そもそも科学者の態度ではないことになります。
そういう当たり前のことを失念してしまっているまき子に再生の道があるとすれば、老女の姿で死んでいった妹を忘れることです。

妹の件がキッカケになって始めた不老不死研究なのに、既に「時々妹のことを忘れそうになる」と言って苦しんでいるまき子。そんなまき子に「忘れて良い」と紐倉は言います。
まき子教授の助手を務めていたみき子と廊下ですれ違った学生時代の紐倉が、「こんな姿になった私を覚えていて欲しくない」と言われていたことを、まき子に伝えます。姉は、妹のみき子を忘れることで、不老不死の呪縛から解き放たれるものと思われます。

ただ、まき子の病状回復の可能性とか、彼女の刑事的処罰がどういうことになるのか、良く分からないままでしたので、ちょっと物語の座りが悪くなっているように見えました。あるいは、紐倉が、まき子もみき子のことも「忘れる」と最後に言ったのは、まき子の最終着地点を示さないということとリンクしているのでしょうかね。忘れる前提の人物、その周辺の事情や事柄を明示する必要は無いということなのでしょうかね。

3話で最も話題になった出来事

不老不死テーマに観月ありさ登場!山Pも不老と話題に!

今回は不老不死がテーマでしたが、実年齢を逆に10歳サバ読んでドラマ設定で52歳の瀬見まき子を演じた観月ありささんが話題となりました。どう考えても、52歳には見えませんが、そこはドラマ上若返っているということで辻褄を合わせていましたね。

さて、不老といえば、回想シーンで学生時代の紐倉が登場したことで、山Pの不老にも注目が集まりました。30過ぎると、老ける人は一気に老けますが、山P(2019年現在:34歳)は大学生役でも全く違和感ないですね。

『インハンド』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『インハンド』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

右手が義手の天才寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、自宅兼研究所で義手のメンテナンスを受けていた。お人よしの助手・高家春馬(濱田岳)は、そんな紐倉の横で研究所の中をせっせと掃除している。そんな2人の元へ、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴(菜々緒)がある相談をしにやって来る。

外務事務次官・創子(紫吹淳)宛に「“人を自殺させる病原体”をバラまく」という脅迫状が届いたというのだ。ただの嫌がらせのようにも思えるが、脅迫状に名前が記載されている女性の1人は実際に自殺しており、もうひとりは自殺未遂、男性も2日前から行方不明になっていた…。そして次のターゲットは創子の娘・恵奈(吉川愛)だという。

本当に“人を自殺させる病原体”などが実在するのかを確かめるため、牧野は紐倉を訪ねてきたのだった。「可能性はゼロじゃない」という紐倉は、珍しく自ら調査協力を申し出る。

一方で、少しずつ明かされてくる紐倉の過去。牧野の同僚・御子柴(藤森慎吾)の調べによると、5年前までアメリカ疫病予防管理センター(CDC)で働いていた紐倉は、ある事件が原因でクビになったという。5年前の紐倉に、一体何があったのか?
紐倉の脳裏にフラッシュバックする過去の辛い記憶とは…。

出典:https://www.tbs.co.jp/inhand/story/s4.html