ドラマル

『インハンド』1話のネタバレ感想!面白いと絶賛の声多数!山Pは変人がハマり役?

2019年4月12日に放送されたドラマ『インハンド』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、日本では滅多に見られないシャーガス病の感染調査をするため、寄生虫学者・紐倉哲、医師・高家春馬、エリート官僚・牧野巴がコンビを結成!
そして、シャーガス病で1人娘を亡くした父親に会いに行く…

関連記事

『インハンド』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『インハンド』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『インハンド』1話のあらすじネタバレ

紐倉哲(山下智久)の元に、内閣官房サイエンメディカル対策室の牧野巴(菜々緒)が訪れます。サイエンスメディカル対策室とは、科学機関や医療機関で起きるあらゆる問題に対処するチームです。内閣官房の副長官補が山崎裕(田口トモロヲ)、危機管理官が大谷透(松尾貴史)、そして、厚生労働省の医政局長が瀬川幹夫(利重剛)。事なかれ主義で面倒な官僚が上にうじゃうじゃいます。

従来の概念を超える未知の病気等に対処する部署。そんなサイエンスメディカル対策室に、匿名の告発状が届きます。その内容は、心筋梗塞で亡くなった複数の患者が、シャーガス病という感染症にかかっている可能性があるというもの。
対策室は、牧野に、寄生虫や未知の生物に詳しい紐倉を訪ねて話を聞くよう命じます。最初から協力要請を拒む紐倉でしたが、海外の猿を違法に国内に持ち込もうとしてパスポートを取り上げられている紐倉に、もともと外務省の牧野は、パスポートの再発給を約束。そういう交換条件を提示して、牧野は紐倉の完全協力を取り付けます。

紐倉と牧野は早速、感染者の処置にあたった医師、高家春馬(濱田岳)に会いに行き、序に黙って感染者の血液を入手。その直後に感染者が死亡すると、病院長の黒野秀之(正名僕蔵)は、秘かに、倉井雄一厚労省局長(相馬一之)にそれを報告しています。
かつて食品安全委員会の総括課長補佐だった倉井は、局内委員会での寄生虫事件の幕引きを図っています。それに加担して、シャーガス病については、カルテ改竄を高家がやったことにしたい黒野病院長。

紐倉と牧野と高家は、シャーガス病で1人娘を亡くした父親、江里口新(風間杜夫)の存在を知り、その自宅で話を聞きます。
10年前、飲料品販売会社ヒノワボトリングが販売した特定保健用食品のオイルがシャーガス病を引き起こし、複数の死者を出すという事件が起こりました。皮膚炎に悩んでいた江里口の娘もその1人でした。彼女は感染を苦にして自殺しています。江里口は、娘を亡くした後、妻と離婚、未だに悲しみから立ち直れないでいました。

感染者の血液改竄(かいざん)をデッチ上げられた高家が病院を懲戒解雇された頃、倉井局長がタクシーで帰宅中に、運転手から顔に水鉄砲を浴びせられ拉致されます。水にはシャーガス病の原因物質が混入されています。タクシー運転手は江里口です。
その拉致事件前から、江里口を怪しみ、そして彼は不在だろうと思い込んでいる紐倉と高家は、彼の自宅に不法侵入します。そこで、寄生虫を育てる装置を発見しますが、不在と思っていた江里口に紐倉と高家は背後から襲われ、電気ショックを加えられ失神します。

目を覚ますと、江里口は倉井局長を椅子に縛り付けていて、シャーガス病水を浴びせ続けています。それを見守る他ないと思われた紐倉でしたが、義手を外すことで後ろ手に縛り上げられていた身が自由になり、そして「憎むべきは人ではなく病」なのだと江里口を説得します。説得することで倉井局長を救出します。
救出されはしたものの、一連の悪事が露見し倉井局長は辞職、天下りを果たします。どこまでいっても、官僚というのは上手く立ち回ります。

事件解決後、紐倉はパスポート(制限付き)を、牧野から約束通りに与えられます。一方、病院を解雇されている高家の行く末が定まりません。
河原の土手に寝そべっている高家に紐倉が近付きます。「医者、辞めるの?」という問いに、「結局、江里口さんを窮地に陥れただけ」だったと医者としての虚しさを語る高家。紐倉に「給料倍額」を提示されて、一旦は固辞するものの、結局、高家は、医者を辞めて紐倉の助手になります。紐倉の元に少々の荷物を運び込んで、広い研究所内で一緒に暮らすことになりそうです。

スポンサーリンク

『インハンド』1話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

江里口新を演じた風間杜夫さんが上手いです。最愛の娘を無くした父親の悲しみが上手く表現されていると思いました。年齢を重ねて、幅広い演技が可能になっていて、今後、更に新境地が開けそうです。

あとは、高家が「そんなに悪い人は世の中にいるわけではなく、様々な人たちが、つい、止むに止まれぬ人生の流れの中で悪事に走る」と、悪党の倉井局長を擁護する言葉を江里口に向けて言い放つのが、高家のキャラとして面白いと思いました。そう言って、生来の完全な悪党などいないよということで、ちょっとだけでも悪人を救ってゆくという優しい役どころが高家ということなのでしょうかね。

また、紐倉、牧野、高家の、互いに言いたいことを言い合う掛け合いも面白いですね。今後、ますます、そんなところにアドリブが入り込んで、更に面白くなるものと期待します。

1話で最も話題になった出来事

面白いと絶賛の声多数!山Pは変人がハマり役?

インハンド1話を見た視聴者からはかなり高評価のようですね。特に、変人寄生虫学者・紐倉哲を演じる山Pこと山下智久さんがハマり役と大絶賛を受けています。

確かに、はまってますよね。濱田岳さん、菜々緒さんも素晴らしくいい味を出していて、3人がかなりいい感じで回っています。

開始前はそこまで期待はされていませんでしたが、インハンド面白い!これは視聴率も伸びて行っていい作品となりそうですね。

『インハンド』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『インハンド』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

変わり者だが、天才的な頭脳を持つ寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。
一方、医者としての道を断たれて紐倉の助手になったお人好しの高家春馬(濱田岳)は、早速ドSな紐倉からいいように使われていた。

ある日、病院から紐倉の元に感染症の疑いがある意識不明の女性について、調べてほしいという依頼が来る。紐倉がその女性の血液を調べてみると、“ハートランドウイルス”という日本ではまだ発見例のないウイルスが検出された。紐倉と高家は感染ルートを調べることに。感染女性の自宅を訪ねてみると、出てきたのは9歳の息子・渉(込江大牙)だった。母親について話を聞くが、渉には心当たりはないようで……。

そんな中、新たな感染者が出たという連絡が入る。情報を聞きつけた内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野巴(菜々緒)が、紐倉たちの元へ飛んでくる。紐倉、高家、牧野は、再び3人で力を合わせて問題解決に挑んでいく。だが調べを進める中で、予想外の事実が明らかになり……。

出典:https://www.tbs.co.jp/inhand/story/s2.html