ドラマル

『家売るオンナの逆襲』10話(最終回)のネタバレ感想!サンチーが遂に社長!そしてママに?

2019年3月13日に放送されたドラマ『家売るオンナの逆襲』10話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

最終回は、万智 VS AI三軒家万智!暗躍する壊れた留守堂を前に新宿営業所は消滅の危機に!
そして、遂にテーコー不動産社長が明らかになる!

関連記事

『家売るオンナの逆襲』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『家売るオンナの逆襲』10話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「hulu」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』10話(最終回)のあらすじネタバレ

留守堂謙治(松田翔太)は三軒家への恋心を怒りや復讐心に変え、姿を消しました。

それから一年後。

新宿では外資系のリッチブラスト不動産が急激にシェアを拡大し、テーコー不動産新宿営業所は消滅の危機を迎えていました。
新宿営業所の面々は危機を回避すべく一心不乱に営業しますが、ことごとくリッチブラストに横槍を入れられ物件販売数は差が開くばかりでした。しかもリッチブラストのやり方というのが、三軒家万智(北川景子)のものに酷似していたのです。

足立聡(千葉雄大)と庭野聖司(工藤阿須加)は不自然さを感じ、リッチブラストへ偵察へ行くことに。客のフリをして訪ねると、AI端末の設問に答えていく形で物件探しが進められ、その設問には今まで三軒家が家を売る際に言っていたことばかりが盛り込まれており、足立と庭野は不信感を募らせました。
そんな中、二人はリッチブラストのCOO(最高執行責任者)に呼ばれます。そこで姿を現したのは、一年間行方をくらましていた留守堂でした。留守堂は、三軒家を潰すためにAI三軒家万智を開発し、三軒家が目をつけている新宿ガーデンハイツ(今はほとんど住む人のいない寂れた団地)を買い取り、都市型リゾートタウンとして再開発すると明かしました。まるで人が変わったかのように、手段を選ばないやり方、そして血の通っていない対応をする留守堂に、足立は困惑したのでした。

リッチブラストは、新宿ガーデンハイツで唯一残る二人の住人、藤見明(笹野高史)とその弟・譲(本田博太郎)へと何度目かの買取交渉をしていました。けれど二人の意思は固く、団地を離れる気はないと、きっぱりと拒否します。そこへ三軒家がやってきて、二人がかつて一世を風靡したマジシャングループ・マジックセブンの一員であることを言い当て、熱弁を振るいながら大ファンだと伝えます。三軒家は、マジックセブンを復活させて団地復活の起爆剤にしたいと考えました。けれどそこへ留守堂がやってきて、それは無理だと切捨て、破格の立ち退き料を藤見兄弟へと提示しました。明はそれでも頑なに拒みましたが、ついに譲は心が揺らぎ退去を決意してしまいます。

そこで三軒家は対抗措置として、100億で団地を全て買い取ろうと提案します。
あまりの額に驚くも、三軒家の案を支持すると手を挙げる営業所の面々。それに背中を押され、三軒家は社長(舘ひろし)へと直談判に赴きます。社長は三軒家を信じ快諾するも、ある条件を提示します。それは三軒家が次の社長になるということ。三軒家は現場で働けるチーフという立場との兼任ならと引き受けるのでした。

三軒家は方々に散っていた元マジックセブンの面々を集め、藤見兄弟にショーの開催協力を仰ぎます。はじめは及び腰だった藤見兄弟も、次第に仲間の熱意にほだされ、譲は退去を取りやめて再び活動することを決意するのでした。

そしてイベント当日。
一時はSNSにデマの悪評が流れ窮地に立たされたものの、それを逆手にとった宣伝が功を奏し、千客万来となりました。しかしトラブルが発生。譲が怪我をしてショーに出られなくなってしまったのです。
そこで三軒家は自ら代役に名乗り出るも、緊張でしゃっくりが止まらなくなります。このままではショーが成り立たない、そう感じたとき、一人の救世主が。男は華麗な剣捌きを披露すると、ショーを成功させたのでした。その男こそ、フェンシングの名手・留守堂でした。
ショーの大成功と、人々からの歓声を受けて表情を輝かせるマジックセブン。そしてその様子を見た社長は、100億回収できそうだと手ごたえを確信したのでした。

三軒家は約束通りチーフ兼社長に就任し、三軒家の進言で屋代は部長へと昇進、足立も課長へと昇進しました。そして本来の優しさを取り戻した留守堂は、真の初恋相手・ヤマダカズコとともに海辺の小さな町で不動産屋を起こし、不動産屋への道を導いてくれた三軒家へ感謝の意を伝えたのでした。

そしてもうひとつ、おめでたいことが。
三軒家のお腹には、屋代との新しい命が宿っていました。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』10話(最終回)のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

恋人のフリをして潜入調査する庭野と足立に、思わずドキドキ。心の動揺を隠そうとして、でもつい表に出てしまう、そんな絶妙な表情を見せる足立の顔から目が離せませんでした。とくに、一年ぶりに再会した留守堂を見つめる視線。かつての切ない恋心と、好きだった優しさや温かさを無くし人が変わってしまったことに対する寂しさ、そういった感情がないまでになった視線には、見てるこちらが胸締め付けられました。
千葉雄大くんの演技力に脱帽!またラストシーンの、助っ人にきてくれた留守堂を、涙を浮かべながら「けんじー!」と呼び止めるシーンは、まるで月9ラブストーリーでも見てるような気分に。足立の恋が実ったらよかったのになぁ、なんてつい思っちゃいました。

団地復活の起爆剤として披露された昭和のアマチュア感満載のマジックに、年々グレードアップしてスマートなマジックをテレビで見慣れてる若者や子供にとってはウケが悪いのではないかと思ってしまいましたが、でもよくよく考えてみると、そのゆるさやアットホームさが、古きよき団地のあったかさを再現して現在人を癒してくれるのかもしれません。そういうことを三軒家は言いたかったのかなと感じました。

50代男性

濱本哲治

今回はいきなり冒頭のフェンシングのシーンで、北京オリンピックフェンシング銀メダリストの太田雄貴さんが出てきたのには驚きました。
Twitterのツイートがきっかけのようですが、素晴らしいサプライズでしたね。

「AI三軒家万智が三軒家万智を潰す。」と挑んできた留守堂謙治(松田翔太)も改心させて、さすが生三軒家万智は無敵ですね。

そして元祖天才的不動産屋と言われるテーコー不動産の社長が、舘ひろしさんというのも驚きました。
舘さんの「私に売れない家はありません。」も素敵でした。

そしてそして、100億の資金を出す代わりに、三軒家万智(北川景子)がテーコー不動産の社長になったのは最高でした。
それも、新宿営業所のチーフをやりながらというのも三軒家らしいと感じましたね。

さらに、屋代チルドレンではなく、三軒家チルドレンのおめでたの報告もあり、全てがめでたしめでたしですね。

40代女性

ペコリ

最終回も盛りだくさん、面白かったです。ゲストも豪華でした。
最後になって突然、留守堂謙治(松田翔太)が三軒家万智(北川景子)に牙をむいてきたのも、面白かったです。今まで、留守堂は三軒家に恋い焦がれていたり、一緒に家を売ったりのハッピーなムードから一転したけれど、険悪ムードが長引かずに最終回だけだったのがよかった!
三軒家の子供の頃の特技のマジックや留守堂の特技のフェンシングがここで役立つなんて、ストーリー展開がうまいなあと感心しました。
テーコー不動産のメンバーがひとつにまとまっていて、今までには見られなかった団結力が見られてうれしかったです。
最後は三軒家が社長になり、屋代大(仲村トオル)、足立聡(千葉雄大)も昇進、しかも三軒家がご懐妊と、とってもハッピーなラストでした。
もうすでに続編が見てみたい!と思いました。

最終回で最も話題になった出来事

最終回の放送後、早くも続編待望の声殺到!

放送後、その満足いく最終回およびドラマ内容から続編を待望する人達が殺到しました。
所長で子持ちで家売るサンチー見たいですよね?

屋代課長も部長になったし、足立王子も課長になった新生新宿営業所の大活躍のシーズン3を熱望します。白洲美加も宅間さんとより戻したし、次は新宿営業所を飛び出して国家のプロジェクトやワールドな舞台で家売るサンチーが見たい。

そういえば、庭野は出世しませんでしたね(泣)

まとめ

今回も前作同様に個々のキャラが光るドラマでしたね。

毎回、現代の社会問題も織り交ぜてあったりと見ごたえのあるものでした。サンチーは、前作よりもド派手でロボみたいになった?っと思いましたが、後半に進むにつれて、課長や新宿営業所メンバーとの共同作業などもあり、人間味がでてきたなっと感じました(前作はほぼ1人相撲でしたので)。

最終回、緊張してしゃっくりが止まらないサンチーは、人間的で可愛かったですね。留守堂のフェンシングをマジックショーで回収してくるとは、ドラマ全体としての流れも最高でした。

サンチーが社長になったり、子供ができたり、課長が部長、足立がチーフから課長になったりと続きもめっちゃ見たくなる内容でのラストでした。

またいつか、楽しい水曜の夜を送らせていただける家売るオンナの続編を待ちたいと思います。