ドラマル

『家売るオンナの逆襲』1話のあらすじネタバレと感想!松田翔太と千葉雄大の関係が話題

ドラマ『家売るオンナの逆襲』1話のあらすじネタバレと感想、視聴率、次回放送話(2話)のあらすじ、今後の展開(予想)をご紹介します。

1話の見どころは、なんといっても、本作からライバルとなる松田翔太(留守堂謙治)の役どころ。千葉雄大が演じる足立と恋仲に?

関連記事

『家売るオンナの逆襲』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『家売るオンナの逆襲』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』1話のあらすじネタバレ

矢代(中村トオル)と三軒屋(北川景子)は期待されてテーコー不動産の新宿営業所に戻って来た。

三軒屋は庭野(工藤阿須加)の客の花田に会う。妻のえりこは夫の定年に当たって家を欲しがっていたが、結論を出したがらない。事情を聞くと、本音では夫と離婚したいと言う。しかし三軒屋は、えりこがコンビニででも働いて自立すると言うと、えりこには無理だと言う。そうすると、江里子は夫と同じ墓に入りたくないと言うと、三軒屋は家の前に墓を用意したと言い、納得させて家を売った。

一方、足立(千葉雄大)はフェンシングクラブで留守堂(松田翔太)に会い、不動産屋だと知る。他方、足立は、ユーチューバーのにくまる(加藤諒)から安全な物件を依頼されるが、マンションに行ってもSNSで情報がバレてしまう。そこで三軒屋がボロ屋を紹介するが、にくまるが視聴者に冷やかされたのを刑事を装った留守堂が追い払ったので、にくまるは留守堂に紹介された祖母の家に似た家を買うと言い、隠遁生活に入ってしまう。初めて、矢代は三軒屋がライバルに負けたと知り、驚く。

しかし三軒屋は、ユーチューバーとして売りたかった丸美屋でデビューするとマスコミの注目を浴びる。すると、にくまるがライバル心を燃やして現れる。三軒屋は、にくまるに注目を浴びてこそ、にくまるだと、挑発して家を買わせる。

【公式】3分でわかる!家売るオンナの逆襲 第1話

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』1話の感想

50代男性

ポエム

矢代(中村トオル)と三軒屋(北川景子)が夫婦の関係でありながら、主導権を三軒屋が握っているのが、可笑しいです。明らかに、自分より妻の方が優秀だと認めているのが気の毒なくらいです。

それにしても、三軒屋は、てこずる花田の妻えりこが離婚してコンビニでも働くと言ったのを、甘いと指摘して、家事にも手抜きをする怠惰な主婦だと、こき下ろしたのは、痛快でした。その上、えりこの本音を上手く利用して、夫と同じ墓には入りたくないと言ったのを逆手に取って、墓の見える家を売ったのは見事でした。

それでも留守堂(松田翔太)には負けたと思わせておいて、あっと驚く逆転を演じたのは流石でした。留守堂(松田翔太)が刑事を装って、視聴者にからかわれる、にくまる(加藤諒)を救出して、祖母の思い出にふける家に隠遁した時は、本当に負けたと思いましたが、本当は目立ちたがり屋の、にくまるの自尊心とライバル心を、三軒屋は自分がユーチューバーとして目立つことで上手く利用したのは、上手い演出でした。

30代女性

もこ

前作の家売るオンナ北川景子さんの三軒屋と、口調も表情も変わらずそのまま、あのキャリアウーマンの三軒屋を見るとスカッと爽快な気分になります。けどほんとに実際にいたらパワハラになりかねない、怖い上司と思いますが…。ドラマとしては面白い!

今回から加わった松田翔太さんの役どころも、まだ謎なので気になる存在です。

ユーチューバーの話はちょっと考えさせられました。みんなが見たくなるような面白いことを考えて、自分で動画を作り出すことは大変だなと感じました。

20代女性

ami

あんなボロ屋を一億円で売ってしまう三軒家万智が、やっぱりすごかった!その人が潜在的に求めているものを提供できるなんて、営業マンとして本当に優秀だなって感動した!

にくまる(加藤諒)はネタ切れだったはずなのに、本当に良かったのかなと少し思ったけど。

あと、足立(千葉雄大)が留守堂(松田翔太)になんだかボーイズラブの予感でドキドキ!ハンカチの匂いかいでウットリするなんて、もう乙女じゃん!これからの2人の関係から目が離せない!

『家売るオンナの逆襲』1話の視聴率

『家売るオンナの逆襲』1話の平均視聴率は、12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

人気作の続編ですので、期待通りの高視聴率発信です。実はわたくし、本作から視聴をはじめたので、1話のかなりの面白さに衝撃でした!これから前作&SPを即効で視聴します。

『家売るオンナの逆襲』2話のあらすじと展開予想

公式サイトが発表している『家売るオンナの逆襲』2話のStory(あらすじ)は以下の通りです。

万智(北川景子)の前に突如現れ、お客を奪った新たな家売る天才・留守堂(松田翔太)!最終的には万智が鮮やかに家を売ったものの、ミステリアスな留守堂の登場に新宿営業所はざわついていた。

そんな中、気まぐれな高齢のひとり客・神子巴(泉ピン子)に振り回される庭野(工藤阿須加)は決まりかけた契約をドタキャンされ、神子の家探しのために残業の毎日を送る。そして、ちちんぷいぷいにはフェンシング帰りの足立(千葉雄大)と留守堂が来店。店で顔を合わせた屋代(仲村トオル)は、にこやかな留守堂に何か不穏なものを感じるが、話題は万智が会社で鼻歌を歌っていたことへ。鼻歌のメロディーを聞いた留守堂は何かに気づいた様子だが…。その夜、終電を逃してしまった庭野は生まれて初めて訪れたインターネットカフェの狭い個室で隣室のいびきに苛まれ、眠れぬ一夜を過ごしていた。

翌日、苦労して見つけた物件を神子に案内する庭野だが、この日も神子は首を縦に振らず…。しかし、突然現れた万智が「何を恐れているのでしょうか?」と意味深な言葉をかけると自分が神子に家を売ると宣言!

その夜、神子に付き合わされる庭野は行きつけの店に連れて行けと迫られちちんぷいぷいへ。仲良く来店していた留守堂と足立まで巻き込み酒を楽しむ神子だが、家まで送るという庭野の言葉に、なぜか怒りだして一人で帰ってしまう…。一方、スーパーマーケットでは、インスタントラーメンを物色していた屋代が、仕事の合間に買い出しに来ていた万智と鉢合わせる。万智の本格的すぎる手料理に疲れていた屋代は家庭の在り方を巡って万智と議論をするものの、二人の会話はどこか噛み合わず…。

再び終電を逃した庭野はその夜もインターネットカフェへ。一人用の個室を選ぼうとしたその時、突然万智が現れカップルシートに泊まるよう指示する!!狭い部屋に万智と二人、あまりの緊張に鼻血を出した庭野だが、シャワールームに向かおうとすると、なんと常連風情の神子に遭遇する!!十分な預金を持っているはずの神子は実は訳あってネットカフェの住人だったのだ!さらに、混乱する庭野の前に現れたのはまたしても留守堂!気まずさから個室にこもってしまった神子だが、独自の家哲学を披露する留守堂に心を開き…。果たして万智は宣言通り、神子の家探しに終止符を打つことができるのか!?

出典:https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu/story/02.html

【公式】3分でわかる!家売るオンナの逆襲 第2話

『家売るオンナの逆襲』2話の展開予想

三軒屋(北川景子)の前にネットカフェで暮らす老婆が家を探しているとの話が入る。しかし老婆は、わがままでネットカフェの空間がすきだから、ネットカフェを買い取りたいと言う。

足立(千葉雄大)が最初は担当だったが、老婆にお手上げとなり、留守堂(松田翔太)に助けを求める。留守堂はネットカフェの店長と交渉し、老婆に売却交渉をまとめようとする。そして、ビル全体をネットカフェ化しようと画策する。しかし、三軒屋は老婆の今後の生活を心配して高専賃住宅を買わせて仲間を作って、豊かな老後を補償させる更正の人生を歩ませ、留守堂の野望を打ち砕きます。