ドラマル

『いだてん』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

中村勘九郎、阿部サダヲさんW主演の連続ドラマ『いだてん』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『いだてん~東京オリムピック噺~』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「U-NEXT」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

目次

『いだてん』の基本情報

キャスト一覧

  • 金栗 四三(かなくり・しそう):中村勘九郎
    日本で初めてオリンピックに参加した男
  • 田畑 政治(たばた・まさじ):阿部サダヲ
    日本にオリンピックを招致した男

東京高師・大日本体育協会

  • 嘉納治五郎(かのう・じごろう):役所広司
    四三の恩師
  • 兵蔵の妻・大森兵蔵(おおもり・ひょうぞう):竹野内豊
    日本選手団監督
  • 大森安仁子(おおもり・あにこ):シャーロット・ケイト・フォックス
    兵蔵の妻
  • 永井道明(ながい・どうめい):杉本哲太
    東京高師 教授
  • 野口源三郎(のぐち・げんざぶろう):永山絢斗
    四三の後輩
  • 黒坂辛作(くろさか・しんさく):ピエール瀧
    足袋の播磨屋 店主
    ※14話以降は三宅弘城が代役
  • 可児 徳(かに・いさお):古舘寛治
    東京高師 助教授
  • 田島錦治(たじま・きんじ):ベンガル
    京都帝大教授
  • 内田定槌(うちだ・さだつち):井上 肇
    駐スウェーデン公使

三島家・天狗倶楽部

  • 三島 弥彦(みしま・やひこ):生田斗真
    四三の盟友
  • 三島弥太郎(みしま・やたろう):小澤征悦
    弥彦の兄
  • 三島和歌子(みしま・わかこ):白石加代子
    弥彦の母
  • シマ/増野シマ:杉咲花
    三島家の女中
  • 吉岡信敬(よしおか・しんけい):満島真之介
    天狗倶楽部
  • 中沢臨川(なかざわ・りんせん):近藤公園
    天狗倶楽部
  • 押川春浪(おしかわ・しゅんろう):武井 壮
    天狗倶楽部
  • 本庄(ほんじょう):山本美月
    記者

熊本の人びと

  • 春野 スヤ(はるの・すや):綾瀬はるか
    四三の幼なじみ
  • 金栗実次(かなくり・さねつぐ):中村獅童
    四三の兄
  • 金栗信彦(かなくり・のぶひこ):田口トモロヲ
    四三の父
  • 金栗シエ(かなくり・しえ):宮崎美子
    四三の母
  • 池部幾江(いけべ・いくえ):大竹しのぶ
    スヤの義母
  • 美川 秀信(みかわ・ひでのぶ):勝地 涼
    四三の親友
  • 金栗スマ(かなくり・すま):大方斐紗子
    四三の祖母
  • 春野先生(はるのせんせい):佐戸井けん太
    スヤの父
  • 池部重行(いけべ・しげゆき):髙橋 洋
    幾江の息子

孝蔵をとりまく人びと

  • 美濃部孝蔵 (みのべ・こうぞう):森山未來
    若き日の古今亭志ん生
  • 橘家円喬(たちばなや・えんきょう):松尾スズキ
    伝説の落語家
  • 万朝(まんちょう):柄本時生
    噺家の仲間
  • 小梅(こうめ):橋本 愛
    浅草の遊女
  • 清さん(せいさん):峯田和伸
    人力車夫
  • 清水りん(しみず・りん):夏帆
    孝蔵の妻

志ん生一家と弟子たち

  • 古今亭志ん生(ここんてい・しんしょう):ビートたけし
    昭和の大名人
  • おりん:池波志乃
    志ん生の妻
  • 美津子(みつこ):小泉今日子
    志ん生の長女
  • 五りん(ごりん):神木隆之介
    志ん生の弟子
  • 知恵(ちえ):川栄李奈
    五りんの彼女
  • 今松(いままつ):荒川良々
    五りんの兄弟子

1964東京招致チーム

  • 東 龍太郎(あずま・りょうたろう):松重 豊
    東京都知事
  • 岩田幸彰(いわた・ゆきあき):松坂桃李
    JOC常任委員
  • 平沢和重(ひらさわ・かずしげ):星野 源
    ジャーナリスト

14話以降の追加キャスト

  • 二階堂トクヨ(にかいどう・とくよ):寺島しのぶ
    東京女子高等師範学校 助教授
  • 岸 清一(きし・せいいち):岩松 了
    第2代大日本体育協会会長
  • 武田千代三郎(たけだ・ちよさぶろう):永島敏行
    大日本体育協会副会長
  • 黒坂辛作(くろさか・しんさく):三宅弘城
    足袋の播磨屋 店主

    ※ピエール瀧さんの代役
  • 村田富江(むらた・とみえ):黒島結菜
    四三の教え子
  • 村田大作(むらた・だいさく):板尾創路
    村田富江の父
  • 増野(ますの):柄本 佑
    シマの夫
  • 人見絹枝(ひとみ・きぬえ):菅原小春
    日本人女性初のオリンピック選手
  • 永田秀次郎(ながた・ひでじろう):イッセー尾形
    東京市長
  • 白石:百瀬さつき
    四三の教え子
  • 溝口:松浦りょう
    四三の教え子
  • 梶原:北香那
    四三の教え子
  • 徳重:榊秀雄
    強面のヤクザ者
  • 内田正練:葵 揚
    アントワープオリンピックで惨敗した水泳選手

第2部・田畑政治篇からの追加キャスト(25話以降)

  • 高石勝男(たかいし・かつお):斎藤 工
    日本水泳界の大スター
  • 大横田 勉(おおよこた・つとむ):林 遣都
    1932年ロサンゼルス銅メダリスト
  • 野田一雄(のだ・かずお):三浦貴大
    1932年ロサンゼルス アシスタント・コーチ
  • 鶴田義行(つるた・よしゆき):大東駿介
    日本人初のオリンピック連覇者
  • 前畑秀子(まえはた・ひでこ):上白石萌歌
    日本人女性初の金メダリスト
  • 松澤一鶴(まつざわ・いっかく):皆川猿時
    1932年ロス・1936年ベルリン 日本代表水泳監督
  • 河西三省(かさい・さんせい):トータス松本
    NHKスポーツアナウンサー
  • 酒井菊枝(さかい・きくえ):麻生久美子
    田畑政治の妻
  • 河野一郎(こうの・いちろう):桐谷健太
    新聞社の同僚・記者
  • 杉村陽太郎(すぎむら・ようたろう):加藤雅也
    外交官・IOC委員
  • 副島道正(そえじま・みちまさ):塚本晋也
    伯爵・IOC委員
  • 緒方竹虎(おがた・たけとら):リリー・フランキー
    田畑政治の上司・政治部長
  • 村山龍平:山路和弘(25話・27話出演)
    朝日新聞社・社長
  • マリー:薬師丸ひろ子
    バー「ローズ」のママ
  • 高橋是清(たかはし・これきよ):萩原健一
    第20代内閣総理大臣、大蔵大臣
  • 犬養 毅(いぬかい・つよし):塩見三省
    第29代内閣総理大臣
  • 尾高(おだか):じろう(シソンヌ)
    新聞社の同僚・記者
  • 宮崎康二:西山潤
    水泳男子日本代表選手
  • 小池礼三:前田旺志郎
    水泳男子日本代表選手
  • 松澤初穂:木竜麻生
    水泳女子日本代表選手
  • 小島一枝:佐々木ありさ
    水泳女子日本代表選手
  • ナオミ:織田梨沙
    ロサンゼルスに住む日系2世の女性
  • 三浦梧楼:小林勝也(25話出演)
    枢密院顧問官
  • 田畑庄吉:内村遥(26話出演)
    田畑家の長男
  • 田畑うら:根岸季衣(26話出演)
    田畑政治の母
  • 正明:久野倫太郎(27話出演)
    9歳になった四三の長男
  • 小松 勝(こまつ・まさる):仲野太賀
    四三の弟子・マラソン選手
  • 三遊亭圓生(さんゆうてい・えんしょう):中村七之助
    落語家・昭和の大名人
  • 山本忠興:田中美央(28話出演)
    陸上総監督
  • 三上卓:小久保寿人(28話出演)
    五・一五事件を実行した青年将校の一人
  • 牛塚虎太郎:きたろう(32話より出演)
    新東京市長
  • 川島正次郎(かわしま・しょうじろう):浅野忠信
    自民党幹事長・初のオリンピック担当大臣
  • 大松博文(だいまつ・ひろぶみ):徳井義実
    1964年東京オリンピック・女子バレーボール日本代表監督
  • 河西昌枝(かさい・まさえ):安藤サクラ
    東洋の魔女の異名を持つ女子バレーボール日本代表チーム主将
  • りく:杉咲花
    シマちゃんの娘
  • 梅津美治郎:千葉哲也(36話登場)
    陸軍次官
  • 喜美子:坂井真紀
    志ん生の次女(38話登場)
  • 森繁久彌:渡辺大知
    放送局の社員(39話登場)
  • 勝が所属する隊の分隊長:村杉蝉之介 (39話登場)
  • 東照子:筒井真理子
    東京都知事・東龍太郎の妻
  • 東博彦:荒井敦史
    東龍太郎の息子

1964年東京オリンピックに関わる人びと

  • 市川 崑(いちかわ・こん):三谷幸喜
    公式記録映画『東京オリンピック』総監督
  • 丹下健三(たんげ・けんぞう):松田龍平
    日本建築界の巨匠
  • 津島寿一(つしま・じゅいち):井上 順
    東京オリンピック組織委員会会長
  • 池田勇人(いけだ・はやと):立川談春
    内閣総理大臣
  • 坂井義則(さかい・よしのり):井之脇 海
    最終聖火ランナー
  • 「水明亭(すいめいてい)」店主:カンニング竹山
  • 亀倉雄策(かめくら・ゆうさく):前野健太
    グラフィックデザイナー
  • 黒澤 明(くろさわ・あきら):増子直純(怒髪天)
    映画監督
  • 三波春夫(みなみ・はるお):浜野謙太
    昭和を代表する国民的歌手
  • 森西栄一(もりにし・えいいち):角田晃広
    タクシー運転手・聖火リレー踏査隊員
  • 村上信夫(むらかみ・のぶお):黒田大輔
    東京オリンピック選手村 料理長
  • 大島鎌吉(おおしま・けんきち):平原テツ
    東京オリンピック組織委員会選手強化本部 副本部長
  • 国旗のスペシャリスト、組織委員会式典課
    吹浦忠正(ふきうら・ただまさ):須藤 蓮
  • 大河原やす子(おおがわら・やすこ):川島海荷
    ボランティア通訳
  • 田畑あつ子(たばた・あつこ):吉川 愛
    田畑政治の娘
  • 松下治英(まつした・はるひで):駿河太郎
    航空自衛隊パイロット
  • 大松博文(だいまつ・ひろぶみ):徳井義実
    1964年東京オリンピック 女子バレーボール日本代表監督
  • 河西昌枝(かさい・まさえ):安藤サクラ
    “東洋の魔女”の異名を持つ女子バレーボール日本代表チーム主将
  • 古橋廣之進(ふるはし・ひろのしん):北島康介
    “フジヤマのトビウオ”の異名を持つ国民的ヒーロー
  • 円谷幸吉:菅原健
    1964年東京オリンピックのマラソン銅メダリスト
  • 与謝野秀:中丸新将
    与謝野晶子の次男、田畑の後任・事務総長

スタッフ一覧

  • 脚本:宮藤官九郎
  • 音楽:大友良英
  • 題字:横尾忠則
  • ナレーター:ビートたけし(噺) / 森山未來(語り)
  • プロデューサー:訓覇圭(制作統括)、清水拓哉(制作統括)、岡本伸三、吉岡和彦(プロモーション)
  • 演出:井上剛、西村武五郎、一木正恵、大根仁
  • 制作:日本放送協会

各話の視聴率

『いだてん』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

関連記事

ドラマ視聴率ランキング【2019年4~6月期(春ドラマ)】

各話放送日視聴率
1話1月6日15.5%
2話1月13日12.0%
3話1月20日13.2%
4話1月27日11.6%
5話2月3日10.2%
6話2月10日9.9%
7話2月17日9.5%
8話2月24日9.3%
9話3月3日9.7%
10話3月10日8.7%
11話3月17日8.7%
12話3月24日9.3%
13話3月31日8.5%
14話4月14日9.6%
15話4月21日8.7%
16話4月28日7.1%
17話5月5日7.7%
18話5月12日8.7%
19話5月19日8.7%
20話5月26日8.6%
21話6月2日8.5%
22話6月9日6.7%
23話6月16日6.9%
24話6月23日7.8%
25話6月30日8.6%
26話7月7日7.9%
27話7月14日7.6%
28話7月28日7.8%
29話8月4日7.8%
30話8月11日5.9%
31話8月18日7.2%
32話8月25日5.0%
33話9月1日6.6%
34話9月8日9.0%
35話9月15日6.9%
36話9月22日7.0%
37話9月29日5.7%
38話10月6日6.2%
39話10月13日3.7%
40話10月20日7.0%
41話11月3日6.6%
42話11月10日6.3%
43話11月17日6.1%
44話11月24日6.1%
45話12月1日6.1%
46話12月8日6.9%
47話・最終回12月15日

スポンサーリンク

『いだてん』各話のあらすじ

2019年1月6日からNHK総合にて放送開始された中村勘九郎さん・阿部サダヲさんW主演の連続ドラマ『いだてん』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

いよいよ大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」がスタート!
1月6日(日)に放送された1話は、1959(昭和34)年、オリンピック招致が決まる目前の東京を舞台に、ビートたけし演じる落語家の古今亭志ん生が日本のオリンピック初参加にまつわる噺(はなし)を披露。

関連記事

『いだてん』1話のあらすじネタバレと感想!スピード感ありすぎ?金栗は最後に登場

2話のあらすじネタバレ

2話の舞台は熊本。いよいよ金栗四三(中村勘九郎)の物語がはじまりました。

関連記事

『いだてん』2話のあらすじネタバレと感想!太陽のような綾瀬はるかに癒される

3話のあらすじネタバレ

3話では、遂に四三がマラソンという競技と出会う。
そして、気になる四三とスヤの恋路はどうなるのでしょうか?

関連記事

『いだてん』3話のネタバレ・感想と4話のあらすじ!遂に四三がマラソンと出会う

4話のあらすじネタバレ

4話では、金栗四三のマラソンへの情熱が描かれる。
水抜き・油抜きでフラフラになる四三が最後にとる行動とは?

関連記事

『いだてん~東京オリムピック噺~』4話のネタバレ感想!四三のマラソンへの身体を張った情熱が凄い

5話のあらすじネタバレ

5話では、遂にオリンピック羽田予選会が開催!
最下位で出発した金栗四三の結果は?

関連記事

『いだてん』5話のネタバレ感想!金栗四三(中村勘九郎)の羽田予選会の走りが見事!

6話のあらすじネタバレ

6話では、嘉納治五郎の巧みな話術により、オリンピック参加に導かれる金栗四三。
肝心のお金は用意できるのだろうか?

関連記事

『いだてん』6話のネタバレ感想!治五郎先生のうんちくからのお願いに四三が騙される?とどめのハグで四三メロメロ!

7話のあらすじネタバレ

7話では、「おかしな二人」という題名の通り、四三と弥彦(生田斗真)の関係が面白く描かれました。
三島家でテーブルマナーを学ぶ四三に、恐怖の指導が行われる!

関連記事

『いだてん』7話のネタバレ感想!テーブルマナーに悪戦苦闘!お金はスヤが用意した?

8話のあらすじネタバレ

8話では、オリンピックの出場に向け旅立つ四三や弥彦。
感動の出発(別れ)のはずが思わぬ落ちが…

関連記事

『いだてん』8話のネタバレ感想!四三や弥彦を思う人々の愛を感じる!

9話のあらすじネタバレ

9話では、オリンピック開催地であるストックホルムへの珍道中が描かれた。
未だに出国出来ずにいる嘉納治五郎は開催に間に合うのでしょうか?

関連記事

『いだてん』9話のネタバレ感想!三島弥彦の痛快男子っぷりに惚れる回

10話のあらすじネタバレ

10話では、当時日本人が世界でどう言う風に見られていたか、日本人が海外に行き、西洋人と戦うことがいかに大変であったかが描かれています。当時の苦労がしのばれますが、随所に思わず笑ってしまうシーンや、心温まるシーンもあり目が離せません。

関連記事

『いだてん』10話のネタバレ感想!四三と弥彦の感動シーン!アングル引けばBL?

11話のあらすじネタバレ

11話では、悩める弥彦が新生します!胸を張り、堂々と世界と戦う姿に惚れ惚れします。まさに気高き天狗の姿がそこに…!

関連記事

『いだてん』11話のネタバレ感想!三島天狗の「日本人に短距離は百年早い」の言葉が話題!

12話のあらすじネタバレ

天狗に続き、今回は気高き韋駄天の勇姿が!
何事も諦めない大和魂に心が震えます。

関連記事

『いだてん』12話のネタバレ感想!「大和魂はどうした!」と発言した田島教授は私たちの反面教師?

13話のあらすじネタバレ

13話では、ポルトガル代表のラザロの死が衝撃的…。
孝蔵の破天荒っぷりの面白さが光る回です。

関連記事

『いだてん』13話のネタバレ感想!ラザロの悲劇に絶句!東京は大丈夫か?

14話のあらすじネタバレ

14話では、オリンピックを終えた後、それぞれの想いでそれぞれの人生を歩み出す四三たち。
時代の変化を感じます。

関連記事

『いだてん』14話のネタバレ感想!ドッジボールを日本に持ち込んだ可児に怒りの声殺到!

15話のあらすじネタバレ

15話では、四三(中村 勘九郎)とスヤ(綾瀬 はるか)が、ついに祝言を挙げます。
ところが、その翌朝、四三はベルリン五輪に向け帰京します。

一方、孝蔵(森山 未來)は、旅巡業先の浜名湾で自らを河童と呼ぶ日本泳法の集団に出くわします。
その中には、後に「水泳ニッポンの父」と呼ばれる田畑 政治が居ました。

関連記事

『いだてん』15話のネタバレ感想!四三とスヤ(綾瀬はるか)が遂に結婚!冷水浴夫婦の誕生

16話のあらすじネタバレ

16話では、厳しい猛特訓に身を投じた四三が、スヤとの甘い生活もかなぐり捨て、ベルリンオリンピックに人生の全てを注ぎ込みます!そうして選手として最も脂の乗った四三に、まさかの悲劇が…。
美濃部孝蔵にも師匠・円喬の死という悲劇が襲います。けれどそれを乗り越えた孝蔵、噺家として新たに覚醒します…!

関連記事

『いだてん』16話のネタバレ感想!森山未來の高い演技力に感動!落語もうまい!

17話のあらすじネタバレ

17話では、ベルリンオリンピックの中止で失意のどん底にいた四三が、愛する妻・スヤから力を得て立ち直ります。そして新たな目標を掲げ、『駅伝』を生み出します。
駅伝のルーツがここに!記念すべき日本初の『東海道五十三次駅伝』は波乱だらけで、とてもドラマチックですよ。

関連記事

『いだてん』17話のネタバレ感想!驛傳(駅伝)の誕生秘話に感無量!

18話のあらすじネタバレ

18話では、女子体育の歩みを披露。
イギリス留学から帰ってきたトクヨと、アメリカ留学から帰ってきた可児が変革をもたらします。二人の功績と、強烈なキャラが面白いです!
そして久しぶりにお調子者の美川(勝地 涼)も登場!

関連記事

『いだてん』18話のネタバレ感想!Mr.クラブこと可児先生のアメリカかぶれが面白い!

19話のあらすじネタバレ

19話では、箱根駅伝の誕生秘話と第一回の模様が明かされます!
箱根駅伝はアメリカ横断駅伝の予選会として作られた?!ロッキー山脈…もとい、箱根を走る熱きドラマに目が離せません!
駅伝噺を披露する森山未來の、一人三役の見事な演じ分けも見ものです。

関連記事

『いだてん』19話のネタバレ感想!森山未來の一人3役+語りが見事!

20話のあらすじネタバレ

20話では、いよいよ2度目のオリンピック、ベルギーのアントワープへ!
気合十分に挑むも四三の結果は…。スヤの深い愛情に涙です。
そしてこのオリンピックで日本人初のメダルが…!

関連記事

『いだてん』20話のネタバレ感想!美川ついにスヤに忘れられゴキブリ扱い!

21話のあらすじネタバレ

21話では、ベルリンで女性が逞しくスポーツを楽しんでいる姿を見て、日本でも女子体育を発展させようと四三が一念発起します!
しかし、女子が運動することへの偏見は男性にも女性自身の中にも根深く有り…。その壁を破るべく四苦八苦する四三。果たして打ち破ることができるのか?!

関連記事

『いだてん』21話のネタバレ感想!大正時代JKの略語が話題!

22話のあらすじネタバレ

22話では、スポーツに目覚めた富江たちが、全国から注目を集めることに。
けれど、女性への偏見は根深く「女性が生足を見せてもいいのか?」問題が発生。この問題で四三が教師を解任される危機に。これに富江たちが反旗を翻します…!
一方、孝蔵の破天荒っぷりも炸裂!

関連記事

『いだてん』22話のネタバレ感想!二階堂トクヨ劇場!実はズラだった?

23話のあらすじネタバレ

23話では、関東大震災に被災した東京の様子が語られます。
そして、五りん(神木隆之介)の出自について驚きの事実が明かされます。

関連記事

『いだてん』23話のネタバレ感想!関東大震災で被災したシマちゃんは五りんの祖母だった!

24話のあらすじネタバレ

24話では、関東大震災に被災した人々が逞しく復興していく姿が描かれています。
その中で、食料を皆に運ぶべく東京中を走り回る四三。その姿はまさに韋駄天!
そしてまたスポーツのチカラ「復興運動会」が、被災して沈み苦しむ人々を元気付けてくれます。
金栗四三主人公の第一部、完結です!

関連記事

『いだてん』24話のネタバレ感想!復興運動会に感動!これでシマちゃんも成仏できた?

25話のあらすじネタバレ

25話では、新聞社に就職した田畑政治(阿部サダヲ)が、水連を立ち上げたり、アムステルダムオリンピックの資金調達をしたりと、水泳競技を盛り立てるため大活躍をはじめます。
田畑のぶっとんだキャラに目が離せません!
日本にオリンピック招致した男・田畑政治編のスタートです。

関連記事

『いだてん』25話のネタバレ感想!「口が韋駄天」まーちゃんの行動力が半端ない!

26話のあらすじネタバレ

26話では、人見絹枝がアムステルダムオリンピック(1928年)の陸上女子800mで日本人女性初のメダル(銀)を獲得!
その華々しい舞台裏では、絹枝の辛い挫折と苦悩がありました。
また、男子も初金メダルを競泳200m平泳ぎや陸上三段跳で獲得するなど、日本人選手が大活躍します!

関連記事

『いだてん』26話のネタバレ感想!人見絹枝が日本の女子スポーツを変える!

27話のあらすじネタバレ

27話では、ロサンゼルスオリンピックに向けて、田畑が必勝計画を打ち立て、精力的に活動をはじめます。
一方、四三のもとに兄・実次の危篤の報が。東京での後進の育成を退き、熊本へ帰る決意をするきっかけに。
オリンピックを盛り立てるバトンは四三から田畑の手へ…!

関連記事

『いだてん』27話のネタバレ感想!四三の五輪の思い出は「紅茶と甘いお菓子」

28話のあらすじネタバレ

28話では、日米対抗水上競技大会が開催され、日本がアメリカに圧勝し、ロサンゼルスオリンピックへと勢いのつくなか、満州事変が発生。
そして五・一五事件へと続くなか、内閣総理大臣となった犬養 毅と接触する田畑。犬養の名言に心打たれます…!

関連記事

『いだてん』28話のネタバレ感想!五・一五事件(犬養毅の殺害)に大河を観たの声!

29話のあらすじネタバレ

29話では、日本選手団がロサンゼルスに到着し、大会までの間の暮らしぶりが描かれます。
当時の日系人差別の問題や、世代交代に苦心する選手の様子など。蔑視にもめげない田畑の強さが輝きます!そして、人種の壁を越えた感動シーンも…!

関連記事

『いだてん』29話のネタバレ感想!まーちゃんの想いに涙!日本水泳団が一つに!

30話のあらすじネタバレ

30話では、金メダル有力候補の大横田 勉(林 遣都)にトラブル発生。腹痛を起こしてしまいます。そして、前畑秀子(上白石萌歌)までも腹痛に。さらには日本にいる美濃部孝蔵までも…?!
「疝気(せんき)の虫」が暴れまわる第30話です!

関連記事

『いだてん』30話のネタバレ感想!まるでアイドル?嘉納治五郎ファン感謝デー開催!

31話のあらすじネタバレ

31話では、合計12個のメダルを獲得した大健闘の日本水泳チーム。エキシビションで日本泳法や水書を披露します。
阿部サダヲさんや皆川猿時さん、斎藤工さんらが猛特訓したというエキシビション。見ものです!

関連記事

『いだてん』31話のネタバレ感想!前畑の活躍に泣く四三!銀を叩く都知事(庶民)

32話のあらすじネタバレ

32話では、嘉納治五郎を中心となって東京招致の活動が本格化。あたらしい仲間も加わります。
そして田畑が、ついに酒井菊枝(麻生久美子)と結婚!
そんななか、悲しい出来事も。日本のスポーツ発展に尽力してきた岸が急逝してしまいます。

関連記事

『いだてん』32話のネタバレ感想!岩松了と岸清一がソックリと話題に!

33話のあらすじネタバレ

33話では、なんとイタリアの独裁者・ムッソリーニに開催地を譲ってもらうことに成功!しかし、このムッソリーニの介入が後の火種に…。
みんな大好き、四三の幼馴染・美川くん(勝地 涼)も久しぶりに登場!

関連記事

『いだてん』33話のネタバレ感想!美川くん生きてた!カフェニューミカワが話題に!

34話のあらすじネタバレ

34話では、陸軍青年将校らによるクーデター、二・二六事件が起こります。
高橋是清大蔵大臣など閣僚が暗殺され、混迷する中、田畑の心にも迷いが…。しかし、覚悟をきめた田畑、訪日するIOC会長の全力接待作戦に乗り出します!

関連記事

『いだてん』34話のネタバレ感想!ラトゥールの心を動かしたのは「目黒のさんま」?

35話のあらすじネタバレ

35話では、遂に1940年のオリンピック開催地が東京に決定!
そして、ベルリンオリンピックが開幕。マラソンで日本が悲願の金メダルを獲得!その模様が描かれます。

関連記事

『いだてん』35話のネタバレ感想!シマの娘・りく役で杉咲花が再登場!

36話のあらすじネタバレ

36話では、このベルリンオリンピックで前畑秀子(上白石萌歌)が、ロス五輪の雪辱を果たして、ついに金メダルを獲得!
NHK河西アナ(トータス松本)の「前畑がんばれ!」の連呼が日本中をさらに熱狂させます!

関連記事

『いだてん』36話のネタバレ感想!前畑がんばれ!ヤーコプの死は史実

37話のあらすじネタバレ

37話では、日中戦争が激化していく中、オリンピック反対論が沸き起こります。
そんな中、悲願の日本開催を何としてでも実現したい治五郎は単身、カイロのIOC総会へ。その帰国の途に、ついに力尽きてしまう。
その死の間際、外交官・平沢和重(星野 源)と語り合うシーンに涙…!

関連記事

『いだてん』37話のネタバレ感想!嘉納治五郎先生が氷川丸にて逝去!

38話のあらすじネタバレ

38話では、戦争真っ只中の日本。その中でオリンピックを目指す選手・小松勝は悲しい運命に翻弄されます。
五りん(神木隆之介)の出自が明らかに!

関連記事

『いだてん』38話のネタバレ感想!学徒出陣の悲しみを打ち消す美川?

39話のあらすじネタバレ

39話では、終戦直前から終戦後までの満州の様子がクローズアップ。
警備隊に配された小松勝と、慰問興行に来ていた孝蔵が運命の出会いを果たします。

関連記事

『いだてん』39話のネタバレ感想!終戦後の悲劇!小松勝の言葉が『富久』に宿る!

40話のあらすじネタバレ

40話では、終戦から東京招致を決めたミュンヘン総会までの14年間、招致に全力を注いだ田畑たちの苦悩と情熱が描かれます。
『フジヤマのトビウオ』こと古橋廣之進役として、平泳ぎの金メダリスト北島康介選手が登場!

関連記事

『いだてん』40話のネタバレ感想!北島康介×浜松弁「気持ちいいじゃんね!」が炸裂

41話のあらすじネタバレ

41話では、1964年東京オリンピックへの準備を進めていく中で、日本の名だたる巨匠(映画監督の黒澤明、建築家の丹下健三、グラフィックデザイナーの亀倉雄策)が続々と登場。豪華絢爛です!

関連記事

『いだてん』41話のネタバレ感想!徳井義実の出演配慮を案内するもガッツリの登場にビックリ!

42話のあらすじネタバレ

42話では、選手村の場所を、決定していた朝霞(埼玉)を覆し、念願だった代々木での実現を果たします。
NHKが代々木に建てられた理由はコレだった!

関連記事

『いだてん』42話のネタバレ感想!五りんが東京オリンピックの広告塔に!

43話のあらすじネタバレ

43話では、五りん(神木隆之介)がオリンピック宣伝部長に!
オリンピックの前哨戦となるジャカルタのアジア競技大会では、大問題が。政治が大きく絡み、参加するか否かで2年後のオリンピックにも影響を与えかねないと、悩む田畑。川島の黒い策略が迫ります!

関連記事

『いだてん』43話のネタバレ感想!ラスボス?寝技師・川島正次郎(浅野忠信)が怖すぎ!

44話のあらすじネタバレ

44話では、これまで東京オリンピックのために尽力してきた田畑が、オリンピックを前にして、事務総長を解任されてしまいます。
田畑のオリンピックにかけてきた想いが、強く伝わってきます!

関連記事

『いだてん』44話のネタバレ感想!若き日のブーメランで田畑政治が事務総長解任に!

45話のあらすじネタバレ

45話では、田畑が裏の組織委員として復活!ひそかに開催準備を操ることに。
そんな中、「東洋の魔女」と言われた最強女子バレーチームが辞意表明。田畑が必死の説得にあたります。

関連記事

『いだてん』45話のネタバレ感想!「いだてん最高じゃんねぇ」がトレンド入り!

46話のあらすじネタバレ

46話では、1964年東京オリンピックイヤーの出来事が描かれます。
沖縄での日章旗掲揚や、最終ランナーの人選で、また田畑が持ち前の行動力を示し、平和への想いを込めます。

関連記事

『いだてん』46話のネタバレ感想!2人のコンゴ選手にかつての金栗四三と三島弥彦を見る!

47話(最終回)のあらすじネタバレ

『いだてん~東京オリムピック噺~』47話(最終回)のあらすじネタバレは、2019年12月15日(日)20:00の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。