ドラマル

『いだてん』42話のネタバレ感想!五りんが東京オリンピックの広告塔に!

2019年11月10日に放送されたドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』42話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

42話では、田畑の意を受けた平沢が、代々木の米軍基地を返還するようアメリカに訴える!
代々木の立ち退きに60億円を請求するアメリカ。追い込まれた田畑はある名案を思い付き…。

関連記事

『いだてん~東京オリムピック噺~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『いだてん~東京オリムピック噺~』42話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『いだてん』42話のあらすじネタバレ

昭和36(1961)年。
高度経済成長で、暮らしぶりが随分変わってきた日本。
家電の普及で生活が便利になったり、車の普及で渋滞に悩まされたり。
そんな日本の渋滞に辟易していたタクシー運転手の森西栄一(角田晃広)は、運転手を辞めて、「聖火リレー踏査隊」の一員に。
「聖火リレー踏査隊」というのは、聖火をギリシャのアテネから日本に運べるか調査するために、シンガポールまでの2万km、13か国にわたる道のりを自動車で走破するというものでした。

一方その頃、鬼の大松(徳井義実)率いる女子バレーボール実業団の日紡貝塚は。
昨年の世界選手権で、強豪・ソ連に負けを喫した悔しさで、さらに過酷な練習に励んでいました。
主将の河西昌枝(安藤サクラ)は、左でも攻撃できるようにと、右手を縛って日常生活を過ごすという特訓も。
そして大松は、次の世界選手権では雪辱を晴らすべく、もう2年、選手たちをこの日紡貝塚に預けてほしいと、各選手の実家に挨拶回りをしたのでした。

選手村については、組織委員会会長の津島寿一(井上順)主導のもと、着々と朝霞(埼玉)への建設準備が進められていました。
しかし、それでも代々木を諦められない田畑政治(阿部サダヲ)。
元外交官で招致の最終スピーチを担当した平沢和重(星野 源)に知恵を借ります。
すると、交渉事では相手側にメリットを感じさせることが肝要だという平沢。昨今、安保闘争が各地で起きており、アメリカは、日本人の反米感情の高ぶりに頭を悩ませていました。そこで、都内一等地の基地を返還すれば、反米感情を緩和できるとアピールする作戦を提案。

さっそく平沢は、その作戦にてアメリカ大使のライシャワーを訪ねることに。
平沢の言い分が聞き入れてもらえて、交渉は概ねうまくいきました。しかし、アメリカは立ち退き料として60億もの金を要求してきたのです。
そんな大金、さすがに出せないと、自民党幹事長の川島正次郎(浅野忠信)たちは難色を示します。
けれど、それでも諦めきれない田畑。津島に取り次いでもらって、池田勇人(立川談春)総理に直談判することに。
しかし池田は、5~6年もすればタダで手に入るのだからと、60億もの拠出を渋ります。それではオリンピックに間に合わない、今でなければ駄目だと田畑は訴えますが、聞き入れてはもらえず、挙句の果てには、そんなに選手村と競技場を近場にしたいのなら、競技場を朝霞に作ればいい、などと言い出す始末。
これにはがっくりと項垂れる田畑でした。

その後、どうにかして池田の心を動かせるアイデアはないかと、頭を捻る田畑。
国に予算を出してもらえそうな「オリンピックが終わったあとでも使えるもの」で、所得倍増計画を打ち出した池田が飛びつきそうな「カラーテレビの普及」につながる案を思いつきます。
それは「放送局(NHK)を代々木に作る」という案でした。
競技場のすぐ近くに放送局があれば、鮮明で臨場感溢れる放送をお茶の間に届けることができる。結果、このオリンピックを機に、白黒からカラーテレビに買い替えようとする人が続出するだろうという田畑。そして、今のカラーテレビの相場は1台60万円。これをたった一万台売れば60億になるから、すぐに元が取れる経済効果を生み出せる、とアピールします。
この田畑のアイデアには池田も興味を引かれ、代々木の返還要求を決定。選手村は、朝霞から代々木へと変更されたのでした。

一方その頃。
自伝「走れ25万キロ」の出版記念会(サイン会)を開いた金栗四三(中村勘九郎)。
その列の中には、後に1964年東京オリンピックのマラソンで銅メダルを獲る円谷幸吉(菅原健)の姿が。
そして、五りん(神木隆之介)の姿も。五りんは本名の「小松金治」でサインをお願いし、「父がお世話になりました」と挨拶します。すると、目の前の青年がかつての弟子・小松勝(仲野太賀)の息子だと気づいた四三は、腰を抜かしたのでした。

昭和37(1962)年。
聖火リレー踏査隊の森西たちが帰ってきました。
森西たちは疲弊しきった様子で、聖火を持って走るなんて無理だ、と訴えます。とくにタクラマカン砂漠は「帰れない場所」や「死」を意味する砂漠。とても人が走れるような場所じゃなく、車でも抜けるのに半年かかったという。
何はともあれ、とりあえず、過酷な調査を終えて帰ってきた森西たちの慰労会を開くことに。支払いは田畑のポケットマネー。
食事は、選手村の食事を担当する料理長・村上信夫(黒田大輔)が腕を振るい、各国の料理を、当時では珍しいビュッフェ形式で供したのでした。

その様子を醒めた目で見遣る川島。
池田首相に「あんな奴らに任せておいては駄目だ。しっかりと政府が舵取りすべき」と進言します。
そこで、総合的なまとめ役として「オリンピック担当大臣」というポストが作られ、川島が初代オリンピック担当大臣に就くことに。
さらに川島は、田畑や東 龍太郎(松重 豊)に「津島さんではオリンピックはやり遂げられない。どうにか退いてもらわないと」と囁き、不穏な動きを見せ始めます。
田畑はそんな川島を警戒し「津島さんは俺が守る!川島の言いなりにはならない」と心に誓うのでした。

デザイナーの亀倉雄策(前野健太)によるポスター第2弾が出来上がりました。
短距離走者のスタートダッシュを見事に捉えており、そのポスターはたちまち大評判に。
けれど、今一つ、若者たちにオリンピックが浸透していないと嘆く田畑。
そんなとき、偶然テレビで流れていた寄席が目に止まります。
そこには、オリンピック噺を披露する五りんの姿が。そのオリンピックに関する知識の豊富さ、熱量に惚れ込んだ田畑は、五りんを「オリンピックの広告塔にしよう」と提案。
すぐさま五りんをスカウトすべく、岩田が遣わされたのでした。

スポンサーリンク

『いだてん』42話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

NHKが代々木競技場のすぐそばにあるのは、田畑の悲願だった「選手村を代々木に」を実現させたことと密接な関係があったんですね!
もしかして今回の大河ドラマで田畑政治が主役として抜擢されたのも、そういう理由がちょこっと関わってたりするんでしょうか?
代々木に変更となって、当時の埼玉の人は残念だったかもしれないけれど、選手にとっては最善の場所となったでしょうし、おかげでカラーテレビも普及して、田畑の粘りが良い結果を生み出してくれたようですね。田畑さん、すごい!

今回も、嘉納治五郎が声にて元気に登場。
生きていれば100歳という治五郎さん。相変わらず年を感じさせない(もう亡くなってますが…)、迫力がありました。
やっぱり、治五郎さんの喝はいいですね!気持ちが引き締ります。
このまま、1964年のオリンピックも見守ってほしいです。
そして、もちろん来年の2020年オリンピックも!

五りんが東京オリンピックの広告塔に!

神木隆之介さん演じる五りんこと小松金治が名前の通りオリンピックの表舞台にでてきましたね。

ミスターオリンピック・嘉納治五郎に見出された金栗四三。
そして、その金栗四三の弟子・小松勝の息子・小松金治(五りん)が遂に出会う…泣。
さらに、オリンピック男・田畑政治の目に五りんが!神がかった流れですね。

さすがマーちゃん!
目の付け所、最高じゃんねぇ!

確かに五りんほど、名前負けしないぐらいオリンピックを愛し、精通している若者はいませんよね?
果たして、五りんが東京オリンピックを盛り上げる切り札になるのか?
まだまだ試練が待ち受けていそうですが、日本で行われた1回目のオリンピックにワクワクしてきました。

『いだてん』43話のあらすじ

公式サイトが発表している『いだてん~東京オリムピック噺~』43話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

開催まで2年。国民のオリンピック熱は盛り上がりに欠けていた。テレビ寄席の「オリンピック噺ばなし」に目を付けた田畑(阿部サダヲ)は五りん(神木隆之介)を呼び、広告塔に任命する。組織委員会では準備が本格化。アジア各都市を回る聖火リレーの最終ランナーの候補に金栗四三(中村勘九郎)が浮上する。田畑はジャカルタで開催されるアジア大会を席巻し、五輪開催にむけ勢いをつけようともくろむが、開幕直前に大問題が発生する。

出典:https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/