ドラマル

『いだてん』15話のネタバレ感想!四三とスヤ(綾瀬はるか)が遂に結婚!冷水浴夫婦の誕生

2019年4月21日に放送されたドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』15話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

15話では、四三とスヤが祝言を挙げる。新婚初夜に注目!
一方、孝蔵は旅巡業で浜松へ!孝蔵と万朝が浜名湾で見たものは…。

関連記事

『いだてん~東京オリムピック噺~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『いだてん~東京オリムピック噺~』15話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『いだてん』15話のあらすじネタバレ

春休み、熊本に帰省した四三(中村 勘九郎)は、いきなり見合いをすることになります。
驚くことに相手は、スヤ(綾瀬 はるか)でした。
逃げ出そうとした四三の前に、池部 幾江(大竹 しのぶ)が現れます。

スヤは、病弱の夫・重行(髙橋 洋)を昨年の夏に亡くし、春野家に戻っていました。
跡取りを失った池部家に、兄・実次(中村 獅童)が四三を養子に出すことを申し出ます。
しかし、四三はスヤとの縁談を頑なに拒みます。
順序に拘り、縁談より前に池部家に入るべきだと考えていました。
何よりストックホルムの雪辱を果たすべく、4年後のベルリン五輪を目指していました。
四三の気持ちを察したスヤも縁談を断ります。

そんな四三に業を煮やした幾江は、破談を言い渡します。
幾江にとって四三は関係なく、望んでいるのはスヤだけです。
理屈抜きにスヤが好きでした。

金栗家では、四三を学校部屋に閉じ込め、家族総出で説得します。
四三がどんなに五輪の思いを語ろうとも、実次は聞く耳を持ちませんでした。
同じ頃、スヤは、四三以外の相手とは池部家に入る気がないことを、幾江に伝えていました。
翌朝、四三はいつものように水を浴び、スヤのお陰で今の自分があることに気がつきます。

大正2年春。
四三は、池部家に養子に入りスヤを娶ります。
2人は、初夜を迎えますが、枕をともにすることはありませんでした。
四三は、何はさておき、ベルリン五輪。
スヤは、何はさておき、義母・幾江。
互いに、頑張ることを誓います。
翌朝、四三は帰京しました。

四三は、治五郎(役所 広司)にも誰にも結婚の報告ができず、夏を迎えます。
炎天下の砂浜で、暑さに強い体を作るべく、耐熱練習を連日行います。
暑さで倒れても、再び立ち上がり走る練習です。
倒れずに40km走破することを目指していました。
1ヶ月かけ、ついに倒れることなく走破します。

卒業間近の四三は、マラソンに集中するため、教員にならないことを決断します。
四三は退路を断つため、絶縁を覚悟の上で熊本に戻らないことを手紙に認め、池部家に送りました。
腹の虫が治まらない幾江は、金栗家に怒鳴り込みます。
報告を受けた治五郎は、四三をプロフェッショナルと評し、衣食住の面倒を大日本体育協会でみることを約束します。
理解を示すスヤは、四三を支える手紙を返します。
そして、四三が勧める冷水浴を試してみました。

一方、孝蔵(森山 未來)は、三遊亭 小円朝(八十田 勇一)とその弟子・万朝(柄本 時生)と旅巡業で浜松に赴きます。
孝蔵は、勝鬨亭で前座を勤めます。
演目は付き馬でした。
造り酒屋八百庄の次男・まーちゃん(山時 聡真)が、孝蔵の付き馬を酷評します。
同調した小円朝と大喧嘩になり、孝蔵は一座を追い出されました。

孝蔵と万朝は、浜名湾で自らを河童と呼ぶ日本泳法の集団に出くわします。
浜松は古くから水泳が盛んな土地柄で、毎年、夏に浜名湾で旧制中学の生徒たちが合宿をしていました。
その中には、まーちゃんも居ます。
後に「水泳ニッポンの父」と呼ばれる田畑 政治でした。

スポンサーリンク

『いだてん』15話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

以前の船で池部家に嫁ぐシーンも良かったですが、今回の綾瀬 はるかの白無垢が最高。
取り敢えず、四三と結婚出来て良かったです。
四三が、養子、縁談の順序に拘る理由が、全く理解できずイライラしました。

ドラマが始まる前は、キャラクター紹介からスヤの再婚が予測できたので、どんな展開になるのか期待していました。
敢えて、史実を変えて再婚設定にした割に、ドラマティックな展開がないのは非常に残念。

まーちゃんの正体を思わせぶりに、中途半端に隠すのは何故だろう。
主役の1人なので、もっとオープンにしてもらいたいです。

15話で最も話題になった出来事

四三とスヤ(綾瀬はるか)が遂に結婚!冷水浴夫婦の誕生

急展開でしたが、やっと四三とスヤが結婚しましたね。15話は、ほぼ綾瀬はるか祭りで魅力前回で楽しい回でした。

「ひやぁぁぁーーーー!!!」と東京と熊本で冷水浴をする四三とスヤの姿が最高でしたね。「スヤさんが可愛すぎてたまらない」という声殺到です。

『いだてん』16話のあらすじ

公式サイトが発表している『いだてん~東京オリムピック噺~』16話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

1914年、教員になる道を捨て、足袋の播磨屋に居候しながらプロフェッショナルのランナーとしてベルリンオリンピックを目指し始めた四三(中村勘九郎)。野口(永山絢斗)や徒歩部の後輩と共に、水しぶき走法など、より過酷な状況でも走り続ける修行に励む。そのころ、旅の師匠・小円朝(八十田勇一)に一座を追い出された孝蔵は、無銭飲食をして警察に逮捕される。獄中で偶然目にしたのは円喬(松尾スズキ)死去の記事。牢名主ろうなぬし(マキタスポーツ)に芸を見せろと挑発されながら、孝蔵は円喬に教わった噺をこん身の力で披露。師匠との悲しすぎる別れが、彼を噺家として奮い立たせる。四三が練習に打ち込む一方で、ヨーロッパでは第一次世界大戦の規模が拡大していた──。

出典:https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/