ドラマル

2019年3月11日

『いだてん』10話のネタバレ感想!四三と弥彦の感動シーン!アングル引けばBL?

2019年3月10日に放送されたドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』10話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

10話では、四三愛用の足袋にロッカールームが騒然!
いつの間にか選手たちの間で四三は人気者になってしまいます。

一方、日本では負け知らずの弥彦は、外国人との体格差やレベルの違いを目の当たりにして、自信を喪失した弥彦は追い詰められ…

関連記事

『いだてん~東京オリムピック噺~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『いだてん~東京オリムピック噺~』10話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『いだてん』10話のあらすじネタバレ

長旅を経て、いよいよストックホルムに到着した四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)。北欧の白夜で夜になっても明るい環境になかなか馴染めず苦労します。

オリンピックにむけて練習をはじめますが、監督の大森兵蔵(竹野内豊)の体調が悪く、四三は弥彦と共に自分たちだけでトレーニングを開始します。

そんな中、他国の選手陣は監督の指導があったり、大勢のメンバーで一緒に練習に励むなどの姿を見て、記録の違い、体格の違い、指導者不在など、だんだんと孤独に滅入っていきます。

四三のほうは、ワールドレコード保持者として、ストックホルムの新聞記者などの取材をうけたり、他国のマラソン選手が四三の足袋に興味をもったりと多少の交流が生まれる一方、記録に悩み西洋人にはかなわないと実感している弥彦は、精神的に参ってしまいとんでもない行為(窓から飛び降りようとする)に出ます。

四三は必死に励まし、二人で日本の未来のために頑張ろう!と弥彦を説得し、二人の友情もより強いものになっていきます。

大森の体調も少し回復し、二人に指示を出せるようになり、四三と弥彦は新たな気持ちで練習に励み出します。

一方、「朝太」になった孝蔵(森山未來)も、師匠の円喬の落語を必死に盗もうとしますが、とうてい追いつけないその技の凄さに改めて気がつきます。

治五郎(役所広司)もようやくストックホルムに到着し、一同ホッとします。

オリンピックの開会式に向けて。出場国のプラカードの表記について話し合う中、四三は「JAPAN」ではなく「日本」と言う表記でなかれば出場しないと言い出します。

スポンサーリンク

『いだてん』10話のネタバレ感想

50代女性

ドンキー

長旅を経てようやくストックホルムに着き順調に練習をスタートできると思いきや…いろいろと立ちはだかる難題や差別的ともいえるな状況など、今では想像もできない当時の苦難を改めて知りました。一番の敵は孤独と戦う状況だったとはドラマで見て初めて知ることができました。

そんな中、言葉の壁を超えて感じられる心の交流などホッとするシーンも描かれていて苦しいなかでも救われる思いです。

たった二人の選手で励ましあいながら深まっていく四三と弥彦も友情も描かれながら、感動と笑いがあり、これからの展開が楽しみです。

40代女性

ひろ

日本にいたら寝るときは暗いのが当たり前ですが、そうでないところで何日(この人達は数日どころではないですが)もいないといけないとなると、精神的にきついだろうなと思いました。

そのうえに海外の選手たちとの力の差を思い知らされ、とてもトップを争うどころではないという現実に、日本からの期待が重いプレッシャーとなっていたと思います。

日本から初めて参加するオリンピック選手、その重圧は今の時代に生きる私には想像しきれるものじゃないと思います。

40代女性

ナナバン

長旅がようやく終わりストックホルムに到着したのに大森兵蔵(竹野内豊)が体調を崩してコーチ無しで練習しなくちゃいけないなんて、かわいそうでした。オリンピックに向かう考えが甘いというか、はじめはこうっだったということが分かり驚くことばかりでした。金栗四三(中村勘九郎)の習慣の水浴びが禁止されたのが面白かったです。

三島弥彦(生田斗真)が自信を無くしてしまってもしょうがないなと思えるくらい、当時の日本はいろんなことが遅れていたんだと分かりました。

弱音を吐く弥彦を励まし、練習の相手をする四三が素敵!本当に良い人だと思いました。
遅れて嘉納治五郎(役所広司)がストックホルムに到着してどんなに心強かったか。見ていてもホッとした瞬間でした。

30代女性

hinatan

いよいよオリンピックまであと1ヶ月というところで、金栗四三(中村勘九郎)や三島(生田斗真)は練習に励み始めましたが、日本人ということで西洋人から何かと馬鹿にされてしまうような雰囲気で気の毒だなぁと感じました。

しかし、そんな辛い環境の中で、心が折れそうになりながらも負けないで練習を続けていく姿は見ていて、とても応援したくなりました。ところどころに時代解説もあり、理解をしながら視聴することができました。今までの大河ドラマにはないドラマになっていますが、約100年以上も前にオリンピックに向けて努力した人たちの姿を知れて面白いです。来週の回は、いよいよ開会式なので、どんな活躍が見られるのだろうか、また四三がとんでもないことをしてしまうのではないだろうかとドキドキします。

50代女性

ワラビ

ストックホルムでのオリンピックの出場に向けて奮闘する、四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)。
色々な困難に悩みながらも精一杯ぶつかる二人にとても好感が持てました。

今を生きている自分らですら、外国人に話しかけられると英語が喋れなくてしどろもどろ。
四三の、身振り手振りと笑顔で奮闘する姿には、感心させられました。
そしてナーバスになって自暴自棄になりかけた弥彦の気持ちはよくわかります。

しかし、大河ドラマとしては苦戦を強いられていて視聴率が右肩下がり。
時代が明治と昭和を行ったり来たリして、大河ドラマを観る高い年代の方にわかりづらい?
四三や弥彦がふんどしでうろちょろして見づらい?
なんか日本人が馬鹿にされているみたいで悲しくなってしまうから?

そんなことを考えると少し寂しくなってきますが、
東京オリンピックにたどり着くまで、楽しみに見続けたいと思える回でした。

10話で最も話題になった出来事

四三と弥彦の感動シーン!アングル引けばBL?

世界記録をたたき出した人気者の四三をしり目に、外国人との体格や記録の違いに落ち込む弥彦。遂に落ち込んで部屋にこもってしまう。

そこに四三が劇を飛ばしにいき、「我らの一歩は、日本人の一歩ばい。速かろうが遅かろうが、我らの一歩には意味があるったい…!」という感動の言葉を放つ!

と、感動シーンだったのですが…
ちょっとアングルを引いてみてみると、美しい男の友情のシーンが、とんでもなくあやしいシーンに見えてしまいます…。

そんな状況の部屋を訪れた安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)は、二人がBLの関係にあると思い込み「Sorry」と告げ、大森兵蔵(竹野内豊)のメモを置くと走りさります。

感動シーンを一瞬で笑いのシーンにしてしまう展開が最高でした。

『いだてん』11話のあらすじ

公式サイトが発表している『いだてん~東京オリムピック噺~』11話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

1960年東京オリンピックを控える田畑政治(阿部サダヲ)は開会式を研究すべく、ストックホルムオリンピックの記録映像に見入る。時は1912年7月のストックホルムオリンピック開会式。「NIPPON」のプラカードを持ち、四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)が日本初のオリンピック選手として入場。そして競技が始まる。大森兵蔵(竹野内 豊)に緊張を解された弥彦は100メートル短距離走で好タイムでゴールするも順位は惨敗し、200メートルも惨敗に終わる。プレッシャーと戦い続けた弥彦だったが、晴れやかに最後の400メートルの走りへと向かう!

出典:https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/