ドラマル

『警視庁・捜査一課長2020』16話(最終回)のネタバレ!ナイツが持ちネタを披露!谷保健作とブランクに笑う

2020年9月3日に放送されたドラマ『警視庁・捜査一課長2020』16話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、クルーズ船のデッキで謎の消しゴムを握った遺体が発見される!
事件の夜、人気の消しゴムはんこ作家・松代成実(島崎遥香)が乗船していたことが発覚し…。

関連記事

『警視庁・捜査一課長2020』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『警視庁・捜査一課長2020』16話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『警視庁・捜査一課長2020』16話(最終回)のあらすじネタバレ

警視庁捜査一課長室、大岩純一(内藤剛志)に事件を知らせる1本の電話、港区日の出桟橋で消しゴムはんこを握った女性の遺体が見つかったのです。

犯行現場は東京湾シンフォニークルーズのデッキ、臨場した大岩は遺体に手を合わせます。
被害者は中葉美智(鳥居みゆき)40歳、ビデオ通話アプリの開発で急成長を遂げたベンチャー企業・ニュータイプテクノロジーのプログラマー。
金目のものは残されており、金品目的の犯行とは思われませんでした。
死亡推定時刻は昨夜9時前後、死因は細い刃物で胸を刺されたことによる出血性ショック死。
傷口の形状から、凶器は遺体の傍にあったデザインナイフとみられ、クルーズ船の船内では使われておらず、外から持ち込まれたものと思われました。
デザインナイフは消しゴムはんこに関係するとみられました。
消しゴムはんこには女性の似顔絵が彫られていましたが中葉には似ておらず、デザインナイフからは中葉の指紋は見つかりませんでした。

第1発見者は東京湾シンフォニークルーズのクルー塩野香織(小宮有紗)。
クルーズ船は昨夜7時に日の出桟橋を出港、午後9時半まで東京湾を周遊、乗客は60名で特にトラブルはありませんでした。
深夜12時に下船した時には暗くて気づかず、今朝、船内をチェックした際、デッキに白いシートが広がっているのを見つけ、めくると中葉が倒れていたのです。
塩野は消しゴムはんこには見覚えがありませんでしたが、消しゴムはんこの先生に会ったと電話する乗客が居たのを覚えていました。
現場資料班主任・平井真琴(斉藤由貴)のカンでは、消しゴムはんこの先生が鍵でした。
平井のカンを信じない庶務担当管理官・小山田大介(金田明夫)が「たかが消しゴム」と非難。
すると突如、消しゴムに拘りのある大岩の公用車運転担当刑事・奥野親道(ナイツ:塙宣之)が声を荒げます。
平井は消しゴムはんこの先生を捜しに向い、大岩は小山田に命じ芝浦署に捜査本部を設置、捜査会議を開きます。

中葉はデジタルタトゥー(ネット上の誹謗中傷)を消す画期的なアプリの開発に携わっていました。
莫大な利益を生むと言われていたそのアプリの機密データが外部に流出しているとの噂があり、中葉は会社からスパイ容疑を掛けられていたのです。
今朝、金庫から機密データの入ったディスクが盗まれていたことが判明。
スパイは他に居ると言っていた中葉でしたが、開発部部長・根布則夫(東根作寿英)は黒のアタッシュケースに入れ中葉が持ち出したと断言します。

中葉は黒のアタッシュケースを持ち夕方6時半に芝浦の本社を出た後、クルーズ船の出港する10分前に日の出桟橋に到着、防犯カメラに映っていました。
しかし、クルーズ船の船内からは、黒のアタッシュケースは見つかりませんでした。
犯人が持ち去った可能性があり、中葉は何者かと密会するためクルーズ船を利用したと考えられました。
消しゴムはんこ作家・ナルミ先生に遭遇したという、クルーズ船の乗客のSNSの投稿が見つかります。
ナルミ先生とは、毎週日曜日に原宿で消しゴムはんこの即売会を開き、若者に人気のカリスマ消しゴムはんこ作家。
顔認証システムで投稿された写真と社員の集合写真を照合した結果、ナルミ先生がアプリ開発に携わっていたニュータイプテクノロジーのプログラマー・松代成美(島崎遥香)と判明。
そして、その松代と接触したと、平井から小山田に電話が来ました。
小山田は、クルーズ船の乗客の中から不審者を特定、並びに黒のアタッシュケースの捜索を捜査員たちに指示。
捜査会議が終わり大岩が檄を飛ばすと、捜査員たちは捜査に向かうのでした。

渋谷区原宿、若い女性たちが行列を成す中、平井はナルミ先生こと松代に消しゴムはんこを作って貰っていました。
松代はトレーシングペーパーを忘れ、替わりにクッキングシートを使用していました。
平井が中葉が握っていた消しゴムを見せると、松代は絵柄や彫り方が似ていると認めたもののその後は忘れたの一点張り。
警察の身分を明かした平井が、昨夜9時のアリバイを尋ねても、同僚の中葉と写る写真を見せても分からないと言う始末。
SNSに投稿された写真に松代と写る後ろ姿の男性について尋ねても、松代は分からないと言います。
指紋の提出を松代に拒否された平井は、彫って貰った消しゴムはんこをハンカチで包むのでした。

夜、警視庁に戻った平井は、捜査一課長室を訪ねます。
松代の指紋がついた消しゴムはんこを鑑識に出す前に1度だけ押させて欲しいと大岩に懇願。
押して見ると小鼻が開き口をとがらせており、平井は気に入りませんでした。
松代が頭の中を消しゴムで消したかのように、全て分からないと答えたことを平井は報告。
そこへ、管理官・板木望子(陽月華)と刑事・天笠一馬(鈴木裕樹)も捜査報告に現れます。
松代と中葉は1カ月前から口論が絶えず、アプリの発案者である松代はスパイ疑惑のある中葉を警戒。
その一方で、同じく1カ月前、松代は社内の人事データを誤って削除、その始末書をシャープペンシルで書き根布に提出、根布が読み終えると取り上げ消しゴムで消していました。
自分の痕跡を消しているかのようで、松代の方がスパイに思える奥野でしたが、大岩は自分だけとは限らないと、後ろ姿の男性と一緒に写る松代の写真を見つめるのでした。

翌日、芝浦署・取調室で松代は平井と小山田の取り調べを受けます。
凶器のデザインナイフから松代の指紋が出たのです。
松代の家は貧しく夜逃げを繰り返し、友達は居ませんでした。
8年前、クラスメイトが捨てた消しゴムを集め消しゴムはんこを作っていると、興味を持ったクラスメイトと仲良くなります。
そんな中、松代はイジメに遭い、庇ってくれた友人の1人がネットで中傷され転校、この件をきっかけに松代はプログラマーを目指しデジタルタトゥーを消すアプリを発案したのです。
松代は中葉の殺害を否認、写真に写る後ろ姿の男性は知らないと言います。
男性を庇っていると追求する平井と小山田に、家でも会社でも調べろと松代は開き直るのでした。

奥野の運転する車で芝浦署に着いた大岩は、壁の落書きを消す刑事部長・笹川健志(本田博太郎)に遭遇。
笹川は失敗を恐れるなと、大岩たちにアドバイスを送ります。

芝浦のニュータイプテクノロジー本社に捜査に訪れた平井と小山田は、根布に松代と写る後ろ姿の男性の写真を見せます。
男性はニュータイプテクノロジーに出向中のプログラマー・城宝渉(木村了)と判明、仕事中の城宝を訪ねた平井と小山田は別室に案内されます。
中葉の周辺を捜査してもスパイの痕跡はなく、城宝がスパイだと平井と小山田は追及します。
松代の自宅には城宝との関係を示すものはありませんでしたが、平井と小山田は松代を利用するために城宝が近づいたと思っていました。
中葉の殺害を機に城宝がスパイと暴かれ、城宝に協力し人事データを削除した松代にまで捜査が及ぶと考え城宝と松代は関係を断ち切ったと、小山田は城宝に推理を披露。
すると、スパイであることを中葉が気づき強請られたため、城宝は中葉を殺害したと自供します。
しかし、城宝は凶器を答えることが出来ませんでした。

その夜、芝浦署・取調室で松代は再び平井と小山田の取り調べを受けます。
小山田が、城宝が中葉の殺害を自供したと松代に明かすと、松代は否定します。
城宝に騙されたと言う松代は、クルーズ船で城宝から別れを告げられたと認めます。
自宅にあった食器を捨て、スマホにあった写真も削除しました。
ところが、松代は中葉を殺害したと自供、しかし黒のアタッシュケースが何処にあるのかは答えられませんでした。

大岩が官舎に戻ると、今晩のおかずは蒸し鶏でした。
クッキングシートで包むとしっとり仕上がると言う妻・小春(床嶋佳子)は、消しゴムはんこにクッキングシートがトレーシングペーパー替わりに使えると大岩に教えます。
クッキングシートとトレーシングペーパーが同様に使えると知り、大岩は何かに気づきます。

翌日、現場資料班に大福を手土産に小山田が現れ、怪訝そうな顔をする平井。
平井は城宝について調べていました。
城宝は中堅商社に勤め、経営が悪化した会社を立て直すためスパイをしました。
すると、大岩から小山田に電話があり、全捜査員に招集が掛かります。

一方、サイバー事件対策室の谷保健作(ナイツ:土屋伸之)を訪ねていた奥野が、検索が終わったことを大岩に電話で報告します。
クルーズ船の外で殺害された場合の殺害場所の範囲を、谷保が絞り込んでいました。

芝浦署に捜査員たちが集まり、再び捜査会議が開かれます。
松代は凶器のデザインナイフと消しゴムはんこ、そしてトレーシングペーパーは事件当日の夕方以降、何者かに盗まれたと供述。
トレーシングペーパーで傷口を覆うことで血痕をまき散らすことなく遺体を運べると、鑑識課主任・武藤広樹(矢野浩二)が見解を述べます。
クルーズ船の外で殺害された場合の殺害場所の範囲が絞り込まれた地図が捜査員に配られ、小山田は中葉の足取りと犯人の特定を指示。
「必ず星を挙げる」
大岩は捜査員たちに檄を飛ばします。

捜査員たちが懸命に捜査する中、芝浦重工第2倉庫前の宇多野松子(GLIM SPANKY:松尾レミ)と弦野亀太郎(GLIM SPANKY:亀本寛貴)のライブに平井は見とれていました。
そこへ、捜査中の大岩と小山田も現れます。
宇多野と弦野は夏の間、いつも芝浦重工第2倉庫前でライブをしていました。
小山田が写真を見せると、2人は写真に写る人物に見覚えがあったのです。

港区日の出桟橋に関係者を集め、中葉殺害の犯人が根布だと大岩は明かします。
大きなカートを押しクルーズ船に向う根布の姿が、走行中の車のドライブレコーダーに映っていました。
経営が悪化し役員人事を見直すこととなり、根布は機密データを外部に売ることを思いつきます。
1カ月前、松代が人事データを削除した時、城宝がスパイだと根布は気づいていました。
スパイの件を会社に報告せず、城宝からデータを奪うつもりでいた根布でしたが、中葉に気づかれ口止め料を要求され殺害を決意。
中葉は城宝も強請っていました。
松代は社内で中葉に強請られる城宝を目撃、城宝は今は話せないと松代をその夜の7時に出港するクルーズ船に誘います。
根布はふたりの話を聞き、罪を着せようと企てたのです。
夕方6時、退社前の松代のデスクから消しゴムはんこ、デザインナイフ、そしてトレーシングペーパーを、根布は盗みます。
黒のアタッシュケースに機密データの入ったディスク入れ中葉に持たせ、取引き場所と嘘をつき中葉をクルーズ船に向わせました。
根布は中葉を人目のつかない場所に連れ出し、この時の様子を宇多野と弦野が目撃、そして根布は中葉を殺害します。
遺体の傷口をトレーシングペーパーで覆いカートに乗せ、深夜にクルーズ船に遺棄したのでした。
根布は板木に連行されて行きます。

城宝は松代を庇うためクルーズ船で別れを切り出し、松代は城宝のことを忘れないと誓います。
城宝は罪を償って会いに来ると松代に告げ、ふたりは大岩たちに頭を下げます。

警視庁に戻った大岩が刑事部長室を訪ねると、笹川は奥野の悩みに耳を傾けるようアドバイスを送ります。
その夜、奥野は大岩の官舎に居ました。
リビングのテーブルの椅子に並んで座る大岩と奥野、大岩は奥野から悩みを聞きます。
谷保がボランティアで消しゴムサッカーの大会を開くことになり、手伝おうとした奥野が試しに試合をしたところ完敗。
奥野は休みを貰い、消しゴムサッカーの特訓をしようとしていたのです。
最近の奥野の様子がおかしく気にかけていた大岩は、ホッと一安心するのでした。

スポンサーリンク

『警視庁・捜査一課長2020』16話(最終回)のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

肩透かしな2020の最終回、まんまと騙されました。

2週に渡り消しゴムがフリになっていたのに、ナイツ:土屋伸之の消しゴムサッカーに気づきませんでした。
保谷が登場しても、奥野の最期にコンビで出演させた程度に思っていましたが、流石に人の形をした消しゴムがアップになった時は「あれっ」と思いました。

笹川まで心配させて、奥野はろくでもない奴です。
有休取りたいだけなら、思わせぶりな言い方するな。
またいつか「表情筋が殉職」したナイツ:塙宣之が観られるのだから、良しとします。

ナイツが持ちネタを披露!谷保健作とブランクに笑う

最終回で更に殻を破り、刑事ドラマからギャグドラマへとまた一歩、歩を進めましたね。

マジマジと事件解決に関わる形で、持ちネタを披露してくるナイツ。
谷保健作(土屋伸之)に笑わされましたし、ブランクの卒業フラグが、谷保健作に消しゴムサッカーでボロ負けしたから、休みをもらって特訓したかったという訳の分からぬもので、少々パニックになりました。

笹川刑事部長も絡めて、あんなに神妙にしてたのに、「そんなことかよ!」と思わず突っ込んでしまいました。
そんなしょうもない部下の報告をしっかりと聞いてくれる大岩は上司の鏡ですね。

まとめ

今シーズンは2クールでしたが、あっという間でした。
コロナの影響で途中、会議室での捜査会議がなくなったりしましたが、変わらぬルーチンに毎週楽しませてもらえました。

最終回、やはりスランプではなくブランクこと奥野親道(塙宣之)は辞めませんでした。奥野も大事なルーチンの一部なので、欠かせないですよね。

また「星をあげる」ことが懐かしくなった頃に、次シーズンを放送して欲しい!