ドラマル

『警視庁・捜査一課長2020』3話のネタバレ感想!まるで昼ドラのキャスト?犯人は意外な人物!

2020年4月23日に放送されたドラマ『警視庁・捜査一課長2020』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、団地の一室で、スーパーの3割引シールを貼られた遺体が発見される!
第一発見者の琴田七海によると、殺された桃山は有名なクレーマーらしく…。

関連記事

『警視庁・捜査一課長2020』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『警視庁・捜査一課長2020』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『警視庁・捜査一課長2020』3話のあらすじネタバレ

江東区豊洲の団地で、3割引きのシールがついた遺体が見つかります。
被害者は警備員・桃山辰徳(尾崎右宗)、死因は後頭部を棒状の鈍器で強打されたことによる脳挫傷、凶器は見つかっていません。
引き出しの現金は手つかずで、スマホと財布が失くなっていました。
自炊する様子はなく、それとは不釣り合いなほど多くの調味料が並べられていました。
第1発見者は隣人の専門学生・琴田七海(青山めぐ)。
桃山はクレーマーで、事件直前にも「熱々のロクテン」と大声で電話するのを七海が聞いていました。
クレーム相手が特定されないように、電話をしたスマホとレシートの入った財布が盗まれたかのようでした。

警視庁捜査一課現場資料班主任・平井真琴(斉藤由貴)は、何時もの勘でクレーム相手を見つけます。
サイコウスーパー豊洲店、「熱々の6点盛り」の揚げ物といえば、サイコウスーパーだったのです。
しかし、3割引きではなく桃山は定価のまま買っていました。
桃山は1年前まで同店で警備員として勤務、しかし店長・岩並加奈(小沢真珠)は覚えていませんでした。
お客様のご意見賜ります係・九条菊子(杉田かおる)が桃山のクレームに対応しましたが、桃山が勤務していたことは菊子も知りませんでした。

菊子はマメを潰し、受話器には血が付着していました。
スーパー裏の遊歩道で、ソフトボール経験者の菊子は、よく昼休みにマメが出来るほどバットで素振りをしていました。
ところが、そのバットが何時も置いている場所から失くなっていました。

本部のエリアマネージャー・釜原巧(徳井優)の話では、菊子は1年前まで湾岸地区を管轄する本部のマネージャーでした。
ところが、豊洲店で2千万円紛失事件があり、その責任を取り菊子は降格、内部犯行の可能性が高く、対面を気にしたサイコウスーパーは被害届を出しませんでした。
犯行時、警備員が事務室の施錠を怠り侵入を許し、その時の警備員が桃山だったのです。

桃山を訪ねていないと言っていた菊子でしたが、団地に入る姿を七海が目撃していました。
嘘をついた菊子を平井が追求するも、菊子は桃山殺害を否定します。

調味料が全て豊洲店からの謝礼品と判明。
半月前、2千万円紛失事件の件で、桃山が菊子に言いがかりをつけているのを加奈が目撃。
事件当時、桃山の責任を強く追求していたのは菊子ではなく加奈でした。
1週間前、加奈は謝礼品を持って、菊子への嫌がらせをやめるよう桃山を訪ねたのです。

1年経った今になり、桃山が菊子に嫌がらせを始めたのは何故か、平井は犯人の狙いが元々菊子であると気づきます。
桃山と菊子の2人を同時に消したい人物が犯人と目星をつけ、捜査本部は団地から豊洲店までの経路周辺だった凶器の捜索範囲を、湾岸地区一体に広げます。

バットと鉄パイプが公園に埋められていたのが見つかり、バットのグリップから菊子の血痕が見つかります。
捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、釜原が犯人であると明かします。
公園の防犯カメラに、棒状の物を隠し持つ釜原が映っていたのです。
釜原には借金があり、1年前、桃山を2百万円で買収、豊洲店から2千万円を盗みました。
しかし、その後も度々、桃山に金を要求され、困った釜原は、菊子が桃山を訴えようとしているとでっち上げ、菊子に桃山を差し向けました。
釜原の言う通り、桃山はクレームで菊子を呼び出し追い返します。
菊子に何時も監視されている気がするのが釜原には苦痛で、菊子に罪を着せるため、菊子が部屋を出た直後、釜原は犯行に及んだのでした。

スポンサーリンク

『警視庁・捜査一課長2020』3話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

犯人側の釜原巧、桃山辰徳、2人の名前にあからさまに原辰徳と、現巨人監督の名前が仕込まれていて、どうも製作サイドに巨人もしくは原のアンチが居るようです。
菊子と菊子を真似る平井の素振りは左打ち、原は右打ちなので、これは何を意味するのか、色々勘ぐってしまいました。
紛失事件の金額が2千万円だったのは、1億円で揉み消そうとした原への優しさでしょうか。
巨人ファンとしては複雑ですが、ファンとしても原には含むところがあるので、笑わせてもらいました。

正義というのか被害を受ける側が、逆にクレームをつけそうな杉田かおると小沢真珠という個性派2人のキャスティングにも笑えました。
そんな杉田ですが、亡き母の介護以来、あまり見かけることがありませんでしたが、ブランクを感じさせない演技には感心しました。

まるで昼ドラのキャスト?犯人は意外な人物!

杉田かおるさん、小沢真珠さん、斉藤由貴さんという豪華キャスト陣の登場に、「昼ドラ?」「濃い」「圧が凄い」と話題に!

結局、フルスイングは、杉田かおるさんでも小沢真珠さんでもなかったですね。
この二人が互いを庇い合ういい人役とは、完全に裏をかかれました。

そして、3話の笹川本部長も全く意味不明だった…笑。

『警視庁・捜査一課長2020』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『警視庁・捜査一課長2020』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 中華料理店の裏の空き地で、店の主人・堤太蔵(野添義弘)が刺殺されているのが見つかり、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は現場に駆けつけた。遺体の右手にはギョーザの皮が握りしめられていたが、その皮は普段、太蔵が店で使用していた業務用のものではなく、手作りされた皮だった。また、店の片隅に、太蔵の筆跡で“くるめ ふじ”と記された意味不明なメモも発見された。
 実は、太蔵の店は月末に暖簾を下ろすことが決まっており、その土地は息子・泰春(小早川俊輔)が勤める不動産会社に売却されることになっていた。地域一帯には商業ビルの建設が予定されているという。
 現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、遺体が握りしめていた手作りの皮を探るため、付近の中華料理店めぐりを開始。すると、ギョーザだけを注文して食べ歩いている女・韮崎久仁子(三倉佳奈)に遭遇する。
 やがて、久仁子はかつて太蔵の店とライバル関係にあった中華料理店のひとり娘であることが判明。太蔵に居抜きで店を譲ってほしいと持ちかけていたこともわかり、太蔵に恨みを抱く久仁子が店舗の売却を断られ、殺意を抱いたのではないかという見方が浮上する。常連客だった近所の住人・猪俣喜久斗(上島竜兵)らによると、久仁子の父の店には、腕のいいギョーザ職人・水田秀次(内田朝陽)がいたというが…!? そんな中、久仁子のアパートのゴミ集積所から、太蔵の血痕が付着した包丁が発見されて…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho2020/story/0004/