ドラマル

『警視庁・捜査一課長2020』2話のネタバレ感想!笹川刑事部長(本田博太郎)が笑える!

2020年4月16日に放送されたドラマ『警視庁・捜査一課長2020』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、大岩が「大福」とよぶ、平井真琴(斉藤由貴)が第一発見者の事件が発生!
現場はお台場で、現場近くにいた芦田雪子(武田玲奈)に疑惑がかかる…。

関連記事

『警視庁・捜査一課長2020』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『警視庁・捜査一課長2020』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『警視庁・捜査一課長2020』2話のあらすじネタバレ

大きな事件も無く全ての捜査に一様の目処がつき、大福を手土産に現れた警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)。
珍しく管理官・小山田大介(金田明夫)の奢りで呑みに行くことになり、現場資料班主任・平井真琴(斉藤由貴)は胸騒ぎを覚えパトロールに出ます。
運転担当刑事・奥野親道(ナイツ・塙宣之)を自宅に誘い大岩が帰宅した矢先、事件の連絡が…。
レインボーブリッジ近くのお台場で、平井が勘で遺体を見つけたのです。

遺体発見直後、平井は現場から走り去る人影を見たものの見失います。
第2発見者の看護師・芦田雪子(武田玲奈)は1ヶ月前に入院した共通の友人を介し被害者・鴨川咲良(大関れいか)と知り合い、会う約束をしていました。
遺体を見ても動じず冷静に応対する雪子に不審感を抱き、平井は雪子を尾行します。

咲良はお台場に本社を置く日本甘党化計画の企画開発部の社員で、勤務態度が悪く上司の企画開発部部長・芳山千昭(遊井亮子)とは折り合いが良くありませんでした。
雪子の証言は曖昧で、走り去った人物を見ていたものの、年齢は20から50代、身長は150から170cm、男性か女性かも分かりませんでした。
しかし、別の目撃証言から、身長160cm前後の痩せ型の女性と絞り込まれ、お台場海浜公園駅の防犯カメラにその女性が映っていました。
咲良の遺留品の中に、「YA」とイニシャルが刺繍されたハンカチがあり、大量の血液を拭き取った跡がありました。

任意同行を求められた雪子は素直に応じ、防犯カメラに映った女性の画像を見た途端、酷く動揺し咲良の殺害を認めます。

現場から逃走したと見られた女性は、雪子の同僚の看護師・藤谷友梨(沢井美優)と判明、被害者との接点はありませんでした。

雪子の不可解な目撃証言は捜査対象から外したい人物が居たからと睨み、防犯カメラから背の高い人物を捜した結果、深町和夫(佐野岳)を特定。
深町はファイナンシャル・プランナーを騙り、多くの女性から金を集め蒸発、融資詐欺で捜査二課が追っていました。
深町が1ヶ月前に入院した時、看護を担当したのが雪子だったのです。

深町は入院中にも周囲の女性から金を集め、友梨もその内の1人でした。
事件前日、雪子は深町とデートの約束をします。
その様子を見て嫉妬した友梨は事件当日に深町を尾行、しかも深町と会うのを邪魔するため、雪子の財布を隠していました。

直前になり深町に電話でデートを断られ、雪子は胸騒ぎを覚えます。
電話の向こうからゆりかもめのアナウンスが聞こえ、雪子はお台場に向かいました。
財布が無い雪子はレインボーブリッジの遊歩道を、徒歩で渡ります。
しかし、徒歩で事件現場に行くには20分以上も掛り、雪子が犯行に及ぶのは不可能でした。

ハンカチには深町の血痕が付着、8年前、深町が雪子から貰ったものだったのです。
当時、目標を失い大学を辞めた深町は、福島でボランティアをしていました。
空き巣に襲われそうになった雪子を助け、切りつけられた深町は雪子にハンカチで手当てをして貰ったのです。
「ここからは良くなる一方」
雪子に諭された気がした深町は、やり直すため上京、しかし闇金に手を出し逆に回収屋にさせられました。
咲良は闇金の社長の娘で、深町を闇金に落とした張本人です。
深町の大切にするハンカチを取り上げ、咲良は雪子と3人で会うと言い、直前に雪子に来るなと電話し、咲良と2人で会い殺害したと深町は告白。
しかし、どの逃走経路にも深町の姿は見当たりませんでした。

犯行時刻に水陸両用・KABAバスが通過、乗客の撮った写真に千昭が写っていました。
咲良を殺害したのは、千昭だったのです。

9年前、千昭の娘・昭美が亡くなり、8年前のボランティアで知り合った雪子に昭美の姿を重ね、千昭は「YA」のイニシャルが刺繍されたハンカチをプレゼントしました。
東京で8年ぶりに雪子と再会、雪子の気になる人が、日本甘党化計画を裏で操る闇金の社長の娘・咲良が想いを寄せる深町と千昭は気づきます。
事件当日、無断で早退する咲良の落としたハンカチに「YA」の刺繍があり、胸騒ぎがした千昭は後を追います。
雪子を脅そうとしていた咲良の説得を試み揉み合いとなり、千昭は弾みで突き飛ばしてしまい咲良は後頭部を強打。
この時、深町が現れ、2人は咲良を放置し逃走、千昭は深町と会社の裏口から戻り、容疑が掛からないよう人目のつかないところで深町を匿ったのでした。

深町の殺害容疑は晴れましたが、詐欺の罪は償う必要がありました。
「未来で待ってる」
雪子は深町に告げるのでした。

スポンサーリンク

『警視庁・捜査一課長2020』2話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

4月15日放送の同局の『太田伯山~悩みに答えない毒舌相談室~』にナイツがゲスト出演。
「流れるような棒読み」
「表情筋が殉職している」
「棒読みが2回続いた時には、棒棒鶏(バンバンジー)」
ネットでdisられ、演技を勉強するためドラマをよく見るようになった塙でしたが、劇中どう立って良いのか分からず常に棒立ちだそうです。
そんな塙が気になり本編を注目していましたが、やっぱり棒立ちでした。

「10~20代、もしくは30~40代、または50代以上の人物」
今は亡き迷プロファイラー・田宮榮一の有名なプロファイリングの1つです。
「20から50代」という、武田玲奈演じる雪子の目撃証言が、田宮をオマージュ(?)していてツボりました。

「刑事ドラマは壮大なコント」と太田伯山で塙が言っていました。
演技が下手なのをパロディーにしようとしても、本気の放送の時が一番面白くて、あの空気が作れずパロディーには出来ないそうです。
「20から50代」は雪子が深町を庇おうとして真剣に言った証言です。
刑事に囲まれた緊張感のあるシーンだからこそ、笑いが止まりませんでした。
確かにコントでは、ドラマのようなあの空気感は作れません。

笹川刑事部長(本田博太郎)が笑える!

2話の笹川刑事部長(本田博太郎)は弾けてましたね。まさか海上から登場・応援をするとは予想外過ぎて笑えました。

「何も言うな!!」と言われましたが、笹川刑事部長の話題で盛り上がってしまいましたね。「笹川刑事部長のコーナー」という視聴者もいて、完全にギャグシーンとして定着した感があります。

3話以降も、笹川刑事部長がどんな奇行を見せてくれるのか楽しみすぎます。

『警視庁・捜査一課長2020』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『警視庁・捜査一課長2020』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 「割引シールを貼られた遺体が見つかった」という知らせが届き、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は団地の一室に臨場する。後頭部を鈍器で殴られて死んでいたのは、その部屋に住む警備員の桃山辰徳(尾崎右宗)。遺体の右手には、たしかに3割引きのシールが貼られていた。
 第一発見者の隣人・琴田七海(青山めぐ)によると桃山は近所でも有名なクレーマーらしく、午前中から「値引き」や「謝罪しろ」などどこかに電話をかけて大声で文句を言っている様子が断片的に聞こえたという。そして2時間後、大きな物音がして誰かが部屋を飛び出していく気配がしたため、恐る恐る部屋を覗き込むと桃山が倒れていたと打ち明ける。
 桃山は割引シールが貼られていた商品を購入、その件でどこかの店にクレームを入れ、謝罪に来た相手とトラブルになったのではないか…!? 捜査を開始した現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)はクレーム電話の相手が近所のスーパーマーケットだと突き止める。また、桃山は1年前警備員としてその店で働いていたこともわかった。
 店長の岩並加奈(小沢真珠)やクレーム担当の九条菊子(杉田かおる)によると、桃山は前日の夕方、定価で総菜を購入したにもかかわらず、翌日になって「値引きされていなかった」とクレーム電話をかけてきたという。しかし、菊子の電話応対で納得してくれたため、直接、謝罪に出向くことはなかったと話す。
 その矢先、真琴はエリアマネージャーの釜原巧(徳井優)から、菊子が1年前まで本部のマネージャーとしてバリバリ働いていたことを聞く。さらに、菊子が昼休みの日課にしている“素振り”用のバットがなくなっていることもわかり…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho2020/story/0003/