ドラマル

『ひとりキャンプで食って寝る』9話のネタバレ感想!タイカレー焼きそばが「バカうま!」即実践者も?

2019年12月14日に放送されたドラマ『ひとりキャンプで食って寝る』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、木更津のキャンプイベントへ来た健人が、苦手とする課長と遭遇する!
健人は、課長と一緒にチキンカレーを作り、食事を共にすることになり…。

関連記事

『ひとりキャンプで食って寝る』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ひとりキャンプで食って寝る』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ひとりキャンプで食って寝る』9話のあらすじネタバレ

田舎の母親から送られて来た餅を焼き、鍋に湯を沸かし『ホテイ ゆであずき』を入れ一煮立ちさせ、焼き上がった餅を入れます。
出来上がったぜんざいを食べ、ホットコーヒーを飲み、和菓子にコーヒー、そんなフレーズを何かのCMで聞いたような気がする大木健人(三浦貴大)。
餅の入った袋には手紙が添えられていました。
「理恵子さんとは仲良くやってる?」
最近仕事が忙しく、キャンプどころではありませんでした。
今日も午前中は休日出勤で、東京近郊で気まぐれに開催されるキャンプイベントを思い出し、東京からアクアラインで直ぐの木更津にキャンプに訪れたのです。

今週、健人は仕事で凡ミスをやらかしてしまいました。
課長に怒鳴られた声が甦り、課長を苦手だと思います。
ネガティブな思考に陥りそうになり楽しもうと、踊る中年グループの方に目をやると、見物人の中に課長・鈴村徹(田口トモロヲ)が居たのです。
慌てて逃げようとしましたが、鈴村が気づき声をかけられました。

健人は鈴村と缶ビールで乾杯、社交辞令的な会話の後、鈴村の手作りカレーをご馳走にされることになります。
手伝いを申し出て、鈴村の指示通りナスを7mm角に切り、切ったナスを炒め、ターメリック、カイエンペッパー、そしてコリアンダーを順に入れ、更にその都度炒めます。
「俺は今いったい何を作っているんだろう」
そんなことを思っていると、ナスのアチャールと鈴村に教えられます。
インドのピクルスのようなもので、カレーの付け合せでした。
チキンカレーが出来上がり鈴村と食べましたが、辛いを通り越し痛いだけでした。

鈴村とワインを酌み交わしながら、木を削ります。
鈴村はカレーは好きではなかったのですが、家族がチキンカレーが好きで作るようになったのです。
しかし、妻と娘は出て行ってしまいました。
鈴村が完成した笛を吹きましたが音が出ず、「クソッ」と叫び投げ捨てると、突如泣き出したのです。
健人が驚いていると、ホイッスル吹く中年男(守屋文雄)がやって来て、泣き崩れる鈴村を引き起こします。
そして、健人と鈴村の周りを回りながら踊り始めたのです。
健人と鈴村は、何故かその男のフリを真似し踊ったのでした。
健人が鈴村と釣りをしていると、鈴村が凡ミスした時の件を言い過ぎたと健人に謝罪、健人も鈴村に謝罪しました。

夜になり、鈴村と別れ『いなば チキンとタイカレー』の缶詰を手に、「やっと食える」と健人は思わず声が漏れます。
一日一緒にいて、健人は鈴村が優しい人だと思います。
袋麺の『明星 鉄板焼きそば』を鍋で煮て、水分を飛ばしたところに『いなば チキンとタイカレー』を混ぜ合わせ、ネギを散らして完成です。
激辛カレーで酷使した舌が、ココナッツミルクの甘さで癒やされます。
民族楽器の音に誘われ、焚火を囲みセッションをする若者たちを見に行きます。
ポケットに手を突っ込むと、鈴村と作った笛があり、試しに吹くとピーッと音が出てしまい、バツが悪くなる健人なのでした。

スポンサーリンク

『ひとりキャンプで食って寝る』9話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

ホイッスルを吹き、踊る謎の中年男を演じていたのは、ドラマ『ディアスポリス 違法警察』の脚本でも有名な守屋文雄です。
ぶっちゃけ何の意味があったのか分からない役でしたが、守屋文雄、田口トモロヲ、そして三浦貴大の3人のダンスは面白かったです。

このシュールなダンスが、田口トモロヲ演じる家族に出て行かれた健人の上司の鈴村には、淋しさを忘れるために必要だったのかもしれません。

仕事が忙しくて、やっとの思いで近場にキャンプにやって来た健人にとっては、上司との遭遇は最悪だったかもしれません。
が、苦手だった上司の仕事では見られない一面が見られ、親睦を深められたという点では良かったのではないでしょうか。
とはいえ、やっぱり上司との遭遇は嫌かな。

タイカレー焼きそばが「バカうま!」即実践者も?

木更津でひとりキャンプを楽しむはずが、偶然あった上司に泣かれたり、恋ダンス踊ったりと大変な一日を過ごした健人。(でも、上司と心を通わせられてよかったのかな?)

激辛タイカレーをナンで食べた締めに、一人タイカレー焼きそばを食べて「バカうま!」という表情が、今日の苦労を埋めたような幸せいっぱいの顔でした。

いなばのタイカレー缶詰×明星の焼きそば。
健人は、視聴者の食欲をそそるシンプルながら絶妙な料理をあみ出しますよね。

『ひとりキャンプで食って寝る』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『ひとりキャンプで食って寝る』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

キャンプ道具を持って海岸へとやってきた冬子(山下リオ)と順平(中島歩)。ひとりキャンプを楽しみたい冬子とは違い、何事にも人の意見を求め一人では何も出来ない順平の行動に、冬子は鬱陶しさと不満を感じていた。しかも、冬子が不満に感じることは他にもあり…ついに二人は大喧嘩をしてしまう。
その頃、同じ海岸で釣りを楽しんでいた七子(夏帆)は、昼間に自分で釣ったメジナを調理していた。そこへ、テントを被ったまま歩く謎の男が…

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/hitoricamp/story/