ドラマル

『ひとりキャンプで食って寝る』7話のネタバレ感想!コンビーフユッケが飯テロ!キャンプは一人が一番?

2019年11月30日に放送されたドラマ『ひとりキャンプで食って寝る』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、飲み会で意気投合した健人と早希(黒川芽以)がキャンプデートへ行く事に!
2人キャンプに戸惑う健人だったが、次第に早希との距離が近づき…。

関連記事

『ひとりキャンプで食って寝る』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ひとりキャンプで食って寝る』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ひとりキャンプで食って寝る』7話のあらすじネタバレ

同僚とのつき合いで参加した飲み会で、大木健人(三浦貴大)は酒好きの遠藤早希(黒川芽以)と意気投合。
互いにソロキャンパーと知り、酔った勢いでソロキャンプ・デートを約束します。

キャンプ当日、早希から届くメッセージに急かされるように健人が出かけようとすると、理恵子の残した赤い靴が目につきます。
ザ・ハイローズの『日曜日よりの使者』を口ずさみ、車で西伊豆のキャンプ場に向かい、現地で早希と合流します。
早希は生地からパンを作り、健人は早希の仕切りでホットワインを作ります。
ホットワインで乾杯する健人と早希のツーショット、アツアツのパンを頬張る健人、皮ごと焼いたバナナを早希に食べさせられる健人。
ことある毎に、早希はスマホで撮影しました。

日も暮れ始めた頃、早希は健人に8年交際した元カレの話を打ち明けます。
半年前、結婚に煮え切らない元カレに、籍を入れないなら別れると期限を切り、期日の前日になり別れを告げられたのです。
ひとりになり、何をして良いか分からず始めたのがソロキャンプでした。
健人が積み上げた石を早希が蹴飛ばすと、波打ち際で早希が靴を脱ぎ健人に放り投げます。
座って海を眺める早希を、困った感じに健人は待つのでした。

ランタンの灯りのもと、焚き火を囲みワインを酌み交わすふたり。
水を汲みに行った健人が戻ると、早希は健人のテントで寝ていました。
早希のテントから寝袋を持ってきて、早希にかけます。
そして、焚き火に戻り、ひとりカップヌードルを啜るのでした。
もう1杯いきたくなり、ウィスキーを片手に缶詰の中から『ノザキのコンビーフ』を手に取ります。
コンビーフを炒め、窪ませた真ん中に卵黄を落としコンビーフユッケを作ります。
食べ終えると、ウィスキーをお湯で割り一口啜り、日曜日よりの使者を口ずさみます。
外に出ていた早希の足を靴を脱がさずそのままテントに入れ、寝袋をかけ直します。
早希の頬にかかった髪をそっとかき上げ、テントのランタンを消し入り口のファスナーを閉じました。

朝食にパンケーキを焼く早希は、楽しそうにはしゃぐカップルを眺めます。
早希のテントから出てきた健人が、「おはよう」と早希に声をかけます。
早希の用意した朝食のパンケーキに、健人が黄桃を添えます。

健人は温泉に行く早希を車で送り、良いと言うので途中で降ろします。
早希が角を曲がるまで見送り、車に乗り込みます。
歩きながら日曜日よりの使者を口ずさむ早希が振り返ると、健人の車が早希とは逆に走り去ります。
車が見えなくなると、続きからまた歌い出し歩いて行きました。

後日、早希からキャンプの日の動画が健人に届き、それっきり連絡が途絶えたのでした。

スポンサーリンク

『ひとりキャンプで食って寝る』7話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

ひとりキャンプも終わりかと思うほど、飲み会からキャンプ場で会うまでの健人と早希は、本当に良い感じでした。
早希の撮影攻めの辺りから徐々に健人から漂い始めた「何か違う」感が、凄くリアリティーがありました。
デートしてみたけど違うというのは、よくあることだし、壁のような離れて行くような、あの何とも言えない空気感が画面からも伝わり、「こういうのあるある」と楽しめました。

テントの中で、眠る早希の頬に垂れた髪を、健人がそっとかき上げるシーンはドキッとしました。
半年前まで結婚を考えていた女性と軽くつき合えるはずもなく、ふたりが上手くいかなかったのは当然の結末です。

交差点で別れ左右にそれぞれ進んで行く、健人と早希の物悲しい感じもとても良かったです。
その後、大声で早希が『日曜日よりの使者』を歌い、切り替えて次に向かって進む感じは本当に見ごとでした。

コンビーフユッケが飯テロ!キャンプは一人が一番?

コンビーフユッケの飯テロが半端なかったですね。
ただ卵を落とすだけの簡単レシピだけど、非常に美味しそうでした。

そして今回は、キャンプでの過ごし方は人それぞれというのを強く感じました。
意気投合してキャンプデートに来た健人と早希(黒川芽以)。
仲良さそうと思う場面もありましたが、お互いなんか違うと感じ、疎遠になるオチがリアルでしたね。

でも、健人が早希の髪をかきあげたのは何だったんだろう…。
健人のキャンプスタイルとは合わなそうでしたが、それでも健人としては少し気になっていたのかな?
でも絶対に合わなそうな二人、勢いって怖いですね。

『ひとりキャンプで食って寝る』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『ひとりキャンプで食って寝る』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

海や山をひとりで訪れては、地場食材を自ら獲って食べる七子(夏帆)。渓流でヤマメ釣りをしていた七子だったが、全く釣れない。ふと水辺を見ると大量のクレソンを発見!早速、調理するためクレソンを洗っていると、会社の人とキャンプに来ていた由紀(柳英里紗)と出会う。
さらに、由紀の上司・健介(川瀬陽太)も登場。ひとりでキャンプを楽しみたい七子は逃げるようにその場を後にする。そして翌日、健介のアドバイスを聞きヤマメ釣りに再度挑戦すると…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/hitoricamp/story/