ドラマル

『ひとりキャンプで食って寝る』6話のネタバレ感想!猫がゲストに!キャンプというより釣り番組?

2019年11月23日に放送されたドラマ『ひとりキャンプで食って寝る』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、プロ釣り師・久保野孝太郎が配信するメジナ釣り動画を見て釣りに挑戦することに!
七子は道具一式を揃え、さっそく釣りを始めるがメジナはなかなか釣れず…。

関連記事

『ひとりキャンプで食って寝る』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ひとりキャンプで食って寝る』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ひとりキャンプで食って寝る』6話のあらすじネタバレ

プロ釣り師・久保野孝太郎(本人)の『メジナ・グレ攻略』動画に触発された七子(夏帆)。
早速、つり具の『ブンブン相模原店』を訪れます。
商魂逞しい店員(杉山ひこひこ)の勧める、高額な竿には目もくれず、餌も含めた今日使う道具一式を1万5千円以内で見繕ってもらいます。
そして、その足で車を駆って城ヶ島を訪れました。

テントを設営し、おにぎりを食べ終わると、七子は動画に習い釣りの準備を始めます。
「美味しくなーれ」と唱えながら、オキアミと配合エサを混ぜコマセ(寄せエサ)を用意します。
岩場からコマセを撒き、糸を垂らしましたが思うように釣れません。
釣り座を変えましたが、会いたいメジナではなく、エサ取りのスズメダイとフグが釣れます。
そんな中、バーベキューを楽しむ宏美(朝倉あき)から、挑発的なメッセージが届きます。
「どうせ釣れてないんでしょー」
「こっちくればー」
「行かねーよ」と七子は絶叫。
近くにいた地元の中学生・宗太(青山和也)は、七子をヤバい人と思ったのか逃げるようにその場を離れます。

メジナは釣れず、七子は岩場の間に竿を突っ込む宗太に声をかけます。
宗太は、『ひっこくり』でカニを獲っていました。
あっという間にカニが獲れ、驚く七子に竿を貸します。
七子が岩の間に竿を突っ込むと、宗太の言う通りアホでも簡単に獲れました。

七子に代わり釣りをする宗太に獲れたカニを見せに行くと、メジナを釣り上げていました。
メジナが集まっていると宗太に言われ、釣りを始めると直ぐにアタリが来ます。
引きが強く宗太に手伝ってもらいましたが、タモがなく逃げられてしまいます。
ケチって、タモは買いませんでした。
岩場から海を覗き、逃したメジナを惜しむ七子でしたが楽しく思えるのでした。
写真部の宗太は、そんな七子の笑顔をカメラで捉えます。

七子はカニに白ネギ、そして豆腐で味噌汁を作ります。
宗太が帰り際に大声で挨拶してきたので、手を振って返します。
出来上がった味噌汁を飲んでいると、猫がテントに寄って来ます。
持っていた煮干しを猫にあげようと、放り投げました。

七子が両手にカニを持った写真を送ると、宏美は「虫?」と返して来たのでした。

スポンサーリンク

『ひとりキャンプで食って寝る』6話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

七子バージョンは、キャンプというよりは漁や採取を楽しむ番組になっています。
今回の場合は、完全な釣り番組と化していました。
とって食うとなると、メインがキャンプでなくなってしまうのも、やむを得ないといったところでしょうか。
そうなると、もともとストーリー性の乏しいテーマなので、マナーが問題になります。

公式ツイッターにも指摘がありましたが、釣りをするならライフジャケットは必須です。
岩場から七子が海を覗いていましたが、うっかり落ちると危ないです。
ドラマ25の前作『サ道』では、本編中で汗を流さず風呂に入るかけず小僧や番組の最後で高血圧の方への注意喚起をしていました。

あくまでドラマなので見た目の問題もあるのでしょうが、釣りの回は番組の最後にライフジャケットの着用を喚起した方が良いです。

それにしても、テントに寄って来た猫は可愛かったです。

猫がゲストに!キャンプというより釣り番組?

タイトルは『ひとりキャンプで食って寝る』です。
あれ?まあキャンプはしたということにしても、"寝てない"。

前回、健人も家キャンだったし、もう細かいことは抜きってことなんでしょうかね。

釣りキャンしてたら、蟹釣り少年や猫と出会ったという釣り番組?
ゲストの猫とアドリブで会話をする夏帆さん。

毎回、何が飛び出すかわからないのも、『ひとりキャンプで食って寝る』の見どころの1つかな?

『ひとりキャンプで食って寝る』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『ひとりキャンプで食って寝る』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ひとりキャンプ場を訪れ、缶詰を使った料理を作り食べる事が何よりも好きな大木健人(三浦貴大)。同僚の付き合いで参加した飲み会で、健人と同じくひとりキャンプが趣味の遠藤早希(黒川芽以)と出会う。
意気投合した2人は酔った勢いでキャンプデートへ行く事に。当日、ひとりキャンプに慣れすぎて誰かとキャンプをすることに戸惑う健人。しかし、パン生地からパンを作るなど本格的な料理をする早希を手伝ううちに、健人と早希の距離も近づいていき…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/hitoricamp/story/